アフィリエイト200記事書いても稼げないしPV伸びないよ~><

200記事 アフィリエイト 稼げない

アフィリエイトに挑戦して何か月かたち、ようやく200記事に到達。

だけどASPからの収入は全然上がらずに落ち込む日々。

特化ブログのほうがいいから特化にしたんだけどなとか。
トレンドブログがPV伸びそうだからトレンドブログにしたんだけどなとか。

それぞれ悩みは違うとは思います。

いや、200記事書いても稼げないのは本当にきつい。

今回の記事では、アフィリエイトで200記事書いたけど稼げない人向けに

  • アフィリエイト200記事書いても稼げない理由
  • ここからどうやって挽回すればよいか

についてまとめます。

アフィリエイト200記事書いても稼げない理由

アフィリエイト200記事書いても稼げないのはなんででしょうか。

  1. ターゲットを絞れていないから
  2. 市場選びをミスったから
  3. ニーズと広告があってないから
  4. ダラダラやりすぎている

それぞれ見ていきましょう。

1.ターゲットを絞れていないから

アフィリエイト200記事書いても稼げない理由の1つ目は、ターゲットを絞れていないからです。

記事を書くときにターゲットを絞っていないと、誰のために書いた記事か分からなくなります。

常に書き手の先に読み手がいることを考えて、書かないと何を伝えたいかが分からなくなってしまいます。

また40代男性とか50代女性とか漠然としすぎるターゲットではなく、

  • どうして悩んでいるのか
  • 他に悩んでいることはあるのか
  • どういう風に解決したいのか

など無数にある細かなニーズを考えていく方がより絞ったターゲットに訴える文章になります。

2.市場選びをミスったから

アフィリエイト200記事書いても稼げない理由の2つ目は、市場選びをミスったからです。

市場が大きすぎても小さすぎてもミスる場合があります。

大きい市場を選んだ時には、競合、ライバルがたくさんいます。いまだと企業も参入しているので、個人が企業とまともに戦っても勝てません。

大きい市場の中でもニッチな分野を攻めていく戦略を取る必要があります。

そのニッチな部分もベテランアフィリエイターが少しずつ埋めていっているので、初心者がその市場を見つけることはなかなか難しいです。

とはいっても、探すしかないので最初は記事を書いていき、お宝キーワードをみつけていくしかありません。

また小さい市場を選んだ時は、そもそも検索がほとんどされなくて、全然売り上げにならない場合があります。

自分が今どこの市場を攻めようとしているかを考えてみましょう。

3.ニーズと広告があってないから

アフィリエイト200記事書いても稼げない理由の3つ目は、ニーズと広告があってないからです。

記事を読む人のニーズと広告がマッチングしていないと、広告を見てもクリックすらされません。

もし仮にクリックしたとしても、求めているものと違ったら、戻られてしまいます。

この記事を読んでいる人はどんな解決策を欲しているのかを考えながら書くことが大切です。

広告は、ASPを調べればたくさんあるので、一度調べてみましょう。

思いがけない広告が見つかる場合もあります。

4.ダラダラやりすぎているから

アフィリエイト200記事書いても稼げない理由の4つ目は、ダラダラやりすぎているからです。

継続は力なりという言葉があります。確かに続けることは非常に重要です。

続けることが出来ずに多くの人が挫折します。それくらい記事を書き続けることは、慣れていない人にとっては大変なんです。

ですが、週1更新で記事を書いていたら、1か月に4記事、1年に48記事です。

200記事書くのに5年かかります。

期間があくと、何事も思い出すという作業が必要になります。

例えば、ブログを作る時、ドメイン取って、wordpressの基本設定やって、デザイン変えて、google analliticsやsearch console登録してって一連の流れってやらないと忘れてしまいませんか?

思い出すために再びやり方を見返すのって時間が勿体ないんですよね。

「どういう風にタイトル決めていたっけ?」
「リンクの貼り方忘れてしまった」
「どういう構成が刺さりやすいんだっけ?」

普段から記事を書いておけば、すぐに分かることが期間があくと忘れてしまったりします。

「短期間に集中して記事を書く」と決める戦略の方が成功確率が高いです。

ジャンルに向き不向きがあるかもしれないですし、そもそもアフィリエイトに不向きであると短期間で決着をつけられるかもしれません。

見切りをつけて他のことに挑戦をするためにもやりこむんだったら、ダラダラやらずに期日を切って一気に駆け抜ける方が、違う道を選びやすくなりますよ。

ここからどうやって挽回すればよいか

では200記事書いて稼げずにPVも伸びなかった場合、どうやって挽回すればよいでしょうか。

いくつか選択肢があるので、考えてみます。

1.300記事書こう

200記事書いてダメだったら、300記事書きましょう。

200記事はまだまだ途中経過です。

200記事をやった自分をまず褒めてください。ですが、ここからが正念場だということを自分に言い聞かせてください。

富士山を登るなら八合目と言ったところでしょうか。

もしかしたらようやく五合目くらいかもしれません。

アフィリエイトで稼ぐにはもうひと踏ん張り必要だ。

ここで諦めたら、今までやってきたことが無駄になってしまうと言い聞かせてさらにひたすら記事を書きましょう。

ただしやり方が間違っている可能性はあるので、少しずつアフィリエイトの最新の知識は入れていった方がいいかもしれません。

ただしインプットばかりしていて、アウトプットできなくなったら本末転倒。

インプットもしつつしっかり記事を書くアウトプット作業を忘れないようにしましょう。

消費者側ではなく、記事を生産して価値を生み出す生産者側を目指していきましょう。

2.違うジャンルに取り組んでみよう

勇気のある選択ですが、200記事書いてダメだったジャンルを捨てて、別のジャンルに挑戦します。

ただ200記事書いてネタ切れでなければ、そちらを続けたほうが早く結果が出るかもしれません。

ネタ切れ感があって、記事を更新するのが辛いと感じている場合は、どういうジャンルなら記事をたくさん書けそうか考えてみましょう。

もちろん違うジャンルに手を出すなら、同様に200記事書いても結果が出ない可能性も覚悟しなければいけません。

アフィリエイトをやる人が増えて、状況は毎日のように変わっています。

上位表示するのも難しくなっているので、ジャンル選びを間違えないように気を付けなければいけません。

3.環境を整えよう

そもそもアフィリエイトをやる環境が整っていない場合があります。

以下の場合は注意が必要です。

  • 時間を取れない職場で働いている
  • 専業でアフィリエイトをやっているが稼げていなくて金がヤバい

時間をとれない職場で働いている場合

時間を取れない職場で働いている場合は、アフィリエイトに使える作業時間がなかなか取れないです。

とは言っても、200記事書ける体力があったなら、ぶっちゃけもっと時間のある仕事に転職したら、使える時間が何倍にもなります。

それくらい職場環境はアフィリエイトに影響します。忙しい中でもできる人もいますが器用な人です。

忙しすぎる職場の場合、自分は本気でアフィリエイトに取り組みたいかを考えて仕事との兼ね合いも考えてみましょう。

専業でアフィリエイトをやっているが稼げていなくて金がヤバい

専業でアフィリエイトをやっているが稼げていなくて金がヤバい場合も起きる可能性が高いです。

実家暮らしで専業アフィリエイトだとしても、収入が0ならいずれ貯金はつきます。

保険代とか年金とかかかりますからね。

一人暮らしで専業アフィリエイトだとしたら猶更かかります。

アフィリエイト 専業 一人暮らしアフィリエイト専業で一人暮らしは辞めておけ。きついし地獄だぞ

金がヤバくなってきたら結局のところアフィリエイトを続けることは出来ません。

社会人に戻らないといけないです。

ある意味挫折を味わうことになりますが、それもまたいい経験だと割り切ったほうがいいです。

アフィリエイトは甘くない、舐めていたと猛烈に反省するというのもすごく人生の財産になると思います。

死ぬ前に後悔することは何か?と聞くと、挑戦しなかったことを後悔していると答える人が多いです。

挑戦しない人生を選んだ人は、挑戦しなかったことを後悔する人生が待っています。

専業でアフィリエイトに取り組んで、結果を出せなくても、挑戦した自分に誇りを持って欲しいです。

挑戦した人は、「挑戦したけどダメだった」と思うことが出来ます。

その場合はいったん社会人に戻って副業としてゆっくりとやっていきましょう。

お金がないと生活できないですからね。

まとめ

今回の記事では、

  • アフィリエイト200記事書いても稼げない理由
  • ここからどうやって挽回すればよいか

をまとめました。

稼げなかった時には、諦めずに続けるか違う選択肢を取るしか方法がありません。

アフィリエイトはそもそも稼ぐまではしんどいです。

稼ぐまでの忍耐が試されていると思って踏ん張っていきましょう。

環境を変えるために新しい仕事を探すなら、転職エージェントを使ってみつけるのが良いですよ。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

今すぐリクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

退職を言い出せないという方には退職代行サービスというものがあるので下記記事を参考にしてください。

退職代行サービス EXIT SARABA 比較退職代行サービスのEXITとSARABAどっちを使えばよいか比較してみた

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。