AIで消える職業まとめと考察【この時代で必要な3つの要素】

AI 消える職業

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのリクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

AI(人工知能)で消える仕事、職業はなんだろうか?と疑問に持った方はこの記事をお読みください。

将来が不安で自分の仕事がどうなるだろう?私の仕事は取って代わられるのだろうか?と一度は頭によぎったこともある人も多いのではないでしょうか。

AIで消える職業まとめ

AIで消える職業をまとめました。

機械が奪う職業・仕事ランキング

ダイヤモンド社の機会が奪う職業ランキングの引用です。

参考 機会に奪われそうな仕事ランキング1~50位!会計士も危ない!激変する職業と教育の現場ダイヤモンドオンライン

イギリスのオックスフォード大学のオズボーン准教授らの論文「THE FUTURE OF EMPLOYMENT」が元ネタです。

オズボーン氏は、今後10年から20年で47%の仕事が自動化されるって事も述べています。

  1. 小売店販売員
  2. 会計士
  3. 一般事務員
  4. セールスマン
  5. 一般事務
  6. 飲食カウンター接客係
  7. 商品レジ打ち係や接客係
  8. 箱詰めや積み下ろしなどの作業員
  9. 帳簿係などの金融取引記録保全員
  10. 大型トラック・ローリー車の運転手
  11. コールセンター案内係
  12. 乗用車・タクシー・バンの運転手
  13. 中央官庁職員など上級公務員
  14. 調理人
  15. ビル管理人
  16. 建物の簡単な管理補修係
  17. 手作業による組立工
  18. 幹部・役員の秘書
  19. 機械工具の調整を行う機械工
  20. 在庫管理事務員
  21. 広告・市場調査の専門職
  22. 自動車整備士・修理工
  23. 建設作業者
  24. 保険販売代理人
  25. 在宅看護担当者
  26. 窓口対応係
  27. コンピュータサポートデスク
  28. 食器洗い作業者など
  29. 警備員
  30. 郵便集配、取り扱い作業員
  31. 保険・証券担当事務員
  32. 権利ビジネス代行者
  33. ローン審査担当者
  34. 庭師、園芸作業者
  35. 不動産鑑定士
  36. 通関士、荷送人
  37. 大工、健具職人
  38. 不動産業者、資産管理人
  39. バスの運転手
  40. 産業用機械の整備・組立工
  41. 事務管理サービス
  42. 品質検査係
  43. 法務関連の事務又は支援係
  44. 土工機械運転工
  45. 財務・投資顧問
  46. 料理人
  47. リフト付きトラックの運転手
  48. 教師補助員
  49. バイヤー
  50. 会計・経理事務員

主な消える職業、なくなる仕事

週刊現代の雇用の未来よりの引用です。

参考 オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」講談社
  • 銀行の融資担当者
  • スポーツの審判
  • 不動産ブローカー
  • レストランの案内係
  • 保険の審査担当者
  • 動物のブリーダー
  • 電話オペレーター
  • 給与・福利厚生担当者
  • レジ係
  • 娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
  • カジノのディーラー
  • ネイリスト
  • クレジットカード申込者の承認、調査を行う作業員
  • 集金人
  • パラリーガル、弁護士助手
  • ホテルの受付係
  • 電話販売員
  • 仕立屋(手縫い)
  • 時計修理工
  • 税務申告書代行者
  • 図書館員の補助員
  • データ入力作業員
  • 彫刻師
  • 苦情の処理・調査担当者
  • 簿記、会計、監査の事務員
  • 検査、分類、見本採取、測定を行う作業員
  • 映写技師
  • カメラ、撮影機器の修理工
  • 金融機関のクレジットアナリスト
  • メガネ・コンタクトレンズの技術者
  • 殺虫剤の混合、散布の技術者
  • 義歯制作技術者
  • 測量技術者、地図作製技術者
  • 造園、用地管理の作業員
  • 建築機器のオペレーター
  • 訪問販売員、路上新聞売り、露店商人
  • 塗装工、壁紙貼り職人

これらの職業・仕事リストを見てあなたの職業は入っていたでしょうか。

AIとIoTの進展により2040年には今の仕事は65%なくなると言われています。

アメリカのデューク大学の研究者であるキャシー・デビットソン氏が2011年の8月にニューヨークタイムズ紙インタビューで語った言葉が下記内容です。

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子供たちの65%は大学卒業時には今は存在していない職業に就くだろう」

確かに少しさかのぼればスマホなんてなかったですし、電子決済もメジャーではありませんでした。

youtuber、アプリ開発者という職種もなかったですし、フリーター、ニート、ノマドワーカーといった生き方もほとんど認知されていませんでした。
NPOや社団法人も今ほどは盛んではありませんでした。

これからの時代は本当にどうなっていくのでしょうか。

今の時代は仕事についてしっかりと向き合うことが大切です。仕事を悩んでいる人は転職相談ができる転職エージェントも使ってみてください。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

AIで消える職業考察

AIで消える職業というのを見て考察したいと思います。

資格のある仕事

機械が奪う職業ランキング2位に入っている会計士、35位の不動産鑑定士、36位の通関士などを見ていると、資格を持つことで必ずしも人生イージーモードになるとは言えないと感じます。

ここには乗っていないですが、行政書士、公認会計士なども分からないですよ。

簿記、Web関連、情報処理技術者などの資格も取ったけれど将来は何も役に立たなくなる可能性があるということを心にとめておかないといけません。

現代の社会ではTOEICの点数も就職や転職の際も評価の対象になりますが、今はコンピュータの自動翻訳機能がどんどん発展していってますし、いずれは英語を全く使えなかった人でも自動翻訳で外国の人の言葉を聞き取れるような時代が来るかもしれません。

「手に職を身につけたい」と思って専門職に就いたから人生安泰とは言えない時代になりつつあります。

営業職

機械が奪う職業ランキング4位に入っているセールスマン。
つまり営業職も仕事がなくなっていくと予想されていますが実際はどうなんでしょうか。

私の予想は、実力のある営業マンは生き残り、そうでない営業マンは淘汰(とうた)されていくと思います。

営業マンが仮に少なくなったとしても全てがロボットに変わるとは思えません。
マネジメント側の経営者は自ら動き営業をかけに行き大きな案件を取ってきます。

今だと保険の営業とかもそうですね。外資系生命保険などは口コミ紹介でどんどん広げていくビジネスモデルなので、ロボットが人とアポを取って保険の良さを伝える時代っていうのは来ないんじゃないかと思います。
生命保険の営業マンは情に訴えるパターンも結構多いと思いますが、ロボットが情に訴えるということはないんじゃないでしょうか。

プルデンシャル生命 営業 転職プルデンシャル生命の営業に転職すべきかどうかの判断方法

感情を持ったロボットが開発されたりしたらどうなるか分かりませんが、そんな時代が来たら怖ろしいとは思います。

ネット販売が広がっているので、そういったもので販売されるものは減っていくかもしれないですが、ネット販売で購入するのが難しいもの、特に価格が高いものに関しては営業職は必要なんじゃないかと思います。

具体的には、住宅、土地、自動車、保険等ですね。

事務職

機械が奪う職業ランキング3位に入っている一般事務員。パソコンで完結できる事務処理業務はどんどんAIに置き換えられるといっても過言ではありません。
事務職は女性の割合が大きいですが、結婚まで働いてそこからは専業主婦を決めているという方は事務職がなくなる前に引退しても大丈夫かもしれないですが、結婚して出産後も共働きしていきたいという場合は、違う職種も視野に入れてよいと思います。

思いやり、優しさ、いつくしみなどのホスピタリティが必要な秘書や営業事務、クレーム対応の仕事は、残ると思いますがそうでない一般事務の仕事は間違いなく減っていきます。

特にUFJ銀行もここ10年で一万人削減すると大々的に発表していますし転職するなら早めに行動していくのが吉です。

UFJ銀行 1万人 削減三菱UFJ銀行1万人削減で銀行員は早めに転職するのが正解なのか?

販売職

機械が奪う職業ランキング1位に入っている小売店販売員

販売員も減ってしまうのかという感じです。私はお客様のニーズに合った商品提案ができ売り上げを大きく上げることのできる販売員は生き残れると思いますし、そうでない場合はなかなか厳しくなってくるのではないかと考えます。

アパレル店員さんや美容部員さんでもあなたに合った服や化粧品提案をしてくれる人がいたりしませんか?

AIだとしても相手に合わせた商品提案が出来るようになるのはまだまだ時間がかかるのではないでしょうか。

人の好みは千差万別ですし、営業職と同様、能力がある人が生き残っていくのではないかと感じます。

公務員

機械が奪う職業ランキング13位に入っている中央官庁職員など上級公務員。

え、「安定と言えば公務員」だったのにその公務員までもがなくなる職業に入っているというのは驚きです。

法案の作成、予算案の作成、人事、重要案件の指揮監督などを行ったりしますが、AIによって過去のデータを分析して最適な決定を行うようになるということも十分考えられます。

公務員が行う事務作業などもAIに取って代わられる可能性があります。

運転手

機械が奪う職業ランキング10位に入っている大型トラック・ローリー車の運転手、12位に入っている乗用車・タクシー・バンの運転手、39位に入っているバスの運転手、47位に入っているリフト付きトラックの運転手などを見ても分かるように運転手は今後なくなっていく仕事だと予想されます。

さんざん自動運転、自動運転言われているので、実際に運転手なしで自動車が動く時代、事故が起きない時代に変わって行くと思います。

いざ運転手から転職しようと思っても、10年20年運転手をやった後に他の仕事に切り替えるのはなかなかしんどいかもしれないです。

運転手という仕事は今後なくなる可能性があると考えて、高速道路を運転しながらどんな仕事が良いかを考えてみてはいかがでしょうか。

技術職

機械が奪う職業ランキングには多くの仕事がランクインしています。

工場系の仕事もそうですね。

既に工場のおける生産工程の自動化は結構進んできていると思います。

ファクトリーオートメーション(FA)と呼ばれており、ロボットやセンサ、情報システムを用いて、受注、生産、出荷などを管理しています。

自動化が出来ている所は自動化できているので、すぐさま技術職の仕事がどんどん減っていくとは考えにくいですが、トヨタ系列の企業も人員削減を検討しているようですし、工場の技術者も段々と減っていくと考えられますね。

プログラマー

機械が奪う職業ランキングには乗っていなかったのですが、気になるのがプログラマー。

IT業界は右肩上がりで需要も伸びていると言われていますが実際どうでしょうか。

あらゆるシステムはプログラマーがコードを書いて作られます。

その「コーディング」という部分が少しずつ自動化されるようになってきているのです。

ともあれ、プログラムを新しくデザインするという事はAIには出来ないので完全に取って代わられることはないと思います。

また2020年は小学校でプログラミングの学習が義務化されると言われているほどエンジニアの需要は増えています。

人件費の問題からゆくゆくは海外のエンジニアに国内の仕事が外注されるようになる可能性はありますが、すぐに仕事がなくなってしまうということはないように思えますね。

下記にはIT業界へ転職する場合の転職エージェントを記載しています。

IT業界 転職エージェント まとめIT業界に強い転職エージェント、転職サイトまとめ。経験者未経験者用

人工知能でなくなる職業の特徴

色んな仕事が人工知能でなくなると言われていますが、どういう仕事が人工知能でなくなっていくのでしょうか。

  • AI(人工知能)だけで完結する仕事
  • 長時間、継続的な監視が必要な仕事
  • 高度な知識が必要な仕事

AI(人工知能)だけで完結する仕事

人間が介入せずにAIだけで完結する仕事はなくなっていきます。

事務職などがその例ですね。

長時間、継続的な監視が必要な仕事

24時間人間は働けないですが、AIは24時間作動することが可能です。警備員などのセキュリティ業務や看護、介護の分野でもAIは使われていくのではないでしょうか。

高度な知識が必要とされる仕事

人間が高度な専門知識を覚えて職業にしていたものでも、AIが記憶してAIが変わることが出来るようであれば、切り替えられていきます。

難関資格と言われていた資格だとしてもAIに取って代わられたら、一気に立場を失ってしまうのできついです。

堀江貴文さんがAIに仕事を奪われるダサさについて述べている

実業家の堀江貴文さんがAIについて鋭い切り口でコメントをしていました。

参考 堀江貴文「AIに仕事を奪われると歎くダサさ」東洋経済オンライン

でもはっきり言って、「AIに仕事がとられる」と思っている時点で、あなたはダサい。それは別に今なんの職業についているかにはかかわらない。その理由を、話しておきたいと思う。

AIや技術の発達により、今まで人間がやっていた労働を機械やロボットが肩代わりしてくれる時代が必ずやってくる。たとえば、食器洗浄機やロボット掃除機によって、面倒な手仕事は世の中から消えつつある。また、精密機器の製造もすでに人の手を離れた仕事の1つで、部品作りなどはすでに自動化されたものも多い。

だからこそなのか、人間の労働が機械によって代替される事例が増えるにつれ、「AIに仕事が奪われる」といった悲観論を最近よく聞くようになった。仕事がなくなる、おカネを稼げなくなると、生活に不安を感じている人もいるだろう。

でもそう考えているあなたに問いたい。そう考えてしまう理由は、今あなたがやっている仕事が、AIにとって代わられるようなレベルのものであると、自分で考えているということではないだろうか。

鋭い視点だと思います。

価値を失うことを恐れる前に、価値を生み出すことを考えるという発想がやはり起業家だと感じます。

AIによって仕事がなくなる以上に、AIによって多くの仕事が生み出されます。

仕事がなくなるということは、他のことに使える時間が増えるのでより多くの発明が生まれるかもしれません。AI時代は別に悲観的になりすぎる必要はないのです。

とはいえ、もちろん職を失い、食えなくなったらまずいですよ。

絶対になくならない仕事とは??

絶対になくならない仕事

AIで消える職業が気になったのであれば、逆に絶対になくならない仕事ってなんだろうと疑問に思うのではないでしょうか?

絶対になくならない仕事ランキング

これもオズボーン氏の論文に記載されています。

  1. レクレーションセラピスト
  2. メカニック、修理工、施工業者
  3. 緊急管理取締役
  4. メンタルセラピスト
  5. 聴覚訓練士
  6. 作業療法士
  7. 歯科技工士、技師装具士
  8. 医療ソーシャルワーカー
  9. 口腔外科医
  10. 消防士

レクリエーションセラピストという職業が一位でした。

AIの技術が発展したとしても、人のケアは人にしかできないということの現れでしょうか。日本ではなじみのない職業ですね。

AIは奪う以上に仕事を創り出します

AIは奪う奪う言われていますが、私はそんなことはないと思います。

AIは奪う以上に仕事を創り出します。

20年後なくなる職業もあれば、逆に20年後食える仕事もあると思いますし、将来必要される職業も新しく生まれていくと思います。

もちろん将来なくならない仕事、絶対なくならない仕事は何だろうと考えてもよいと思いますが、そういう風に今ある仕事にしがみつく発想だといざと自分の仕事がなくなった時に切り替えることが出来なくなります。

将来は新しい仕事がたくさんあるわけですから、その新しい仕事に飛び込める自分になっておくというのが一番大事なのでしょうか。

一つの安全な仕事に就くという考え方はもはや安全ではありません。

むしろ、挑戦できる今色んな仕事を経験して自分の人間としての魅力を高めておくのが大切なのではないでしょうか。

シンギュラリティってご存知ですか??

最近シンギュラリティ(技術的特異点)という言葉を耳にする機会も増えましたが、この言葉がどういう意味かご存知でしょうか。

シンギュラリティとは、人工知能が発達して、人間の知性を超えることによって人間の生活に大きな変化が起こるという考え方のことです。

なかなか難しいですね。

AIが人間の知能を超えるということですが、そんなことあり得るんでしょうか。

2045年には、人工知能は人間の脳を超えると言われています。

あと25年くらい先のことですが、その時代に人類の生活はどのように変化しているのでしょうか。私はすごく楽しみです。

私たちの想像のできないような未来が待っているかもしれませんよ。

この時代で必要な3つの要素

AI 必要な要素

さてこのようなAIが進歩している時代で私たちはどのように仕事を選び、頑張っていけばいいのでしょうか。

私はAIに取って代わられない能力を磨いていくことが大切だと感じます。

AIが出来ないことを出来れば、私たち人間が取って代わられるわけがないんです。

1.クリエイティブティ

一つ目に必要な要素は、クリエイティブティ(創造性)です。

今は人工知能がチェスのプロを倒す時代です。チェスの過去のパターンをすべて記憶するので、そこから最善の手を選んでいくので勝てるわけがありません。

ですが、人工知能はルールがあるものに関しては得意ですが、0から1を生み出すことが出来ません。

つまり私たちは、想像力を磨いていく必要があるんです。人工知能はデータの中からしか判断できませんが、人間は日々の生活の気づきから新しい発想を生み出すことが出来ます。

デザイン、企画、このような分野の能力はいつの時代になっても必要なのではないかと感じます。

2.ホスピタリティ

二つ目に必要な要素は、ホスピタリティ(思いやり)です。

思いやり、いつくしみ、優しさなどは、ロボットでは感じさせられない部分があると思います。

相手の求めていることは何なのかを相手の背景や顔の表情などから考えて先回りして対応することは人間じゃないとできないと思います。

だから看護師とか介護士とか思いやりの精神を必要とする患者さんと接する仕事は今後も必要だと思います。

AIが発達しても思いやりのある看護師は職を失わないと思います。

3.マネジメントスキル

三つ目に必要な要素は、マネジメントスキルです。

人間と関わり、人を動かし組織する力はいつの時代でも必要な力です。

これからの時代はリーダーシップを持った主体性のある人間が求められます。

仕事は基本的に、相手ありきですから、人の気持ちを考え、それぞれに対した適切な対応を取って人を動かせる人が今後も生き残っていくと考えられます。

まとめ 将来を見据えた人生計画を

本記事では、AIで消える職業まとめ、考察、この時代で必要な3つの要素等についてお伝えしました。

AIで仕事がなくなると言われる一方で多くの仕事も生まれます。

だから私はどのような業界に行っても通用するように今を全力で生きて実力をつけるというのが正解だと思います。

情報化社会によって、貧富の格差は広がっていますが、AIによる自動化によっても貧富の格差は恐らく広がります。

能力のある人はより必要とされるようになり、そうでない場合、なかなか次の仕事が見つからず転職できないということが起きると思います。

自分が将来、仕事がなくなった時にも次の仕事が見つからないということにならないように今自分がしている仕事に対しては全力で向き合って能力を上げていきたいものですね。

参考になった方は記事のシェアなど宜しくお願い致します。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。