エアペイ(Airpay)の営業を断ってしまった後に登録する方法

エアペイ 登録

マス社長です。

エアペイ(Airpay)というリクルートのサービスが最近多くの店舗で導入されています。

飲食店や美容院など個人店舗が導入しているようですね。

エアペイ(Airpay)の営業の電話があったけど、よく分からず断ってしまった方のために、エアペイ導入のメリットや利用方法をまとめます。

本記事を読めば

  • エアペイって何?
  • エアペイで決済可能な物
  • エアペイ導入の際に必要な物
  • エアペイの登録方法
  • エアペイで審査に落ちる原因

が分かります。

下記のボタンからWEB申し込みすることが可能です。

キャッシュレス決済を導入する

カード・電マネ・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス

web申し込み後カードリーダーを受け取る…!

エアペイ(Airpay)って何?

エアペイって何ということについて、説明します。

エアペイは、カード決済、電子マネー決済、QR決済、カードのポイントも一台導入するだけで、出来てしまうサービスです。

日本の国自体がキャッシュレス化を進めているように、今後ますます現金を使わずに、支払いをする事例が増えていきます。

エアペイで決済可能な物

エアペイで決済可能な物は以下があります。

クレジットカード

エアペイでクレジットカードの支払いに対応できます。

  • VISA
  • Mastercard®
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

電子マネー

エアペイは電子マネーにも対応しています。

最近は電子マネーで支払いをしている人も増えていますね。

交通系電子マネーだと以下のようなものがあります。

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR東日本)
  • PASMO(関東私鉄、バス)
  • toICa(JR東海)
  • manaca(名古屋地区私鉄)
  • ICOCA(JR西日本)
  • SUGOCA(JR九州)
  • nimoca(西日本鉄道他)
  • はやかけん(福岡市交通局)

また

  • iD(NTTドコモのサービス)
  • QUICPay(JCBのサービス)
  • Apple pay(Appleのサービス)

等も利用可能です。

Apple payはSuica、iD、QUICPayの審査に通過すると、決済できるようになります。

QR決済

エアペイはQR決済にも対応しています。

  • Alipay
  • We chat Pay
  • d払い
  • PayPay
  • LINE Pay

特に中国ではQR決済は主流となりつつあり、決済のAlipayは53.7%、We chat payは39.1%が使われています。

日本の経済産業省も2025年までにキャッシュレスの比率を40%まで引き上げようとしているので国策として動き出しているのです。

エアペイがあれば、外国人のお客様が来て、言葉が分からなくても、対応しやすくなるかもしれません。

エアペイ導入の際に必要な物

エアペイ導入の際に必要な物はなんでしょうか。

必要な物は

  • ipad
  • iPhone

のどちらかです。

また希望があればIpad貸与という形で貸し出しもしています。

キャッシュレス0円キャンペーンで、カードリーダー代金、貸与代金が0円であるうちがお得です。

初期費用が、現在カードリーダー代金18,334円(税別)となっています。

導入すると、幅広くキャッシュレス決済対応が可能になるので、色んな決済方法に悩む必要がなくなります。

飲食店、美容室、ネイルサロン、食品販売店、宿泊施設など幅広いお店で採用されています。

国はますますキャッシュレスを推し進めていく

キャッシュレス決済のシステムの導入はここ近年大幅に動いています。

QR決済の営業職の求人が多いように、今は国が本格的に取り組んでおり、企業もその動きにのっとって、決済サービスを世の中に導入している最中です。

キャッシュレス決済の市場は数兆円とまで言われています。

ATMなども減少すると言われていて段々現金を持ち歩く人が少なくなるかもしれません。

その時にキャッシュレス決済にほとんど対応していない場合、顧客を取りこぼしてしまうことになります。

現金を使わない支払いとなると、お釣りの手間なども省けるので業務の効率化にも繋がります。

エアペイ(Airpay)の登録方法

エアペイ(Airpay)はネットでも登録することが出来ます。

下記のボタンからWEB申し込みすることが可能です。

キャッシュレス決済を導入する

カード・電マネ・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス

web申し込み後カードリーダーを受け取る…!

最安水準の手数料で決済システムを導入できます。

登録には、

  • 店舗情報
  • 口座情報
  • 法人情報(法人の場合)

が必要です。

最初エアペイの営業があった際にどういうものかよく分からなかったとしてもよくよく調べてみると良いサービスだと感じる人もいると思います。

エアペイは、キャッシュレス、消費者還元事業についての補助金対象サービスになっており、導入に掛かる費用が補助金が出るため一部補助が受けられます。

エアペイの補助金が出ている時期が導入時期としてはベストでしょう。

エアペイの審査に落ちてしまった!

エアペイの審査に落ちてしまった場合はどうすれば良いでしょうか。

以下のようなことが原因の可能性があります。

  • クレジットカードの使用状況
  • 事業年数
  • 銀行との取引状況
  • 業種
  • 事業形態
  • 実店舗の情報が少ない

そのような場合、エアペイの審査に再度通過するのは難しいと言われています。

もしエアペイの審査が厳しくて落ちてしまった場合、他の決済サービスを検討したほうが良いです。

他のサービスとしては楽天ペイ、Square(スクエア)等があります。

キャッシュレス決済の導入

利用者は楽天ポイントがたまる

楽天ペイの公式ホームページ

 

キャッシュレス決済の導入

お会計が便利に

Square公式ページ

キャッシュレス決済の導入でより便利なサービスが提供できるようになるとすごくいいですね。

私自身もキャッシュレスの動きが高まっている中、なるべく普段の会計はキャッシュレスで対応するようにしています。

クレジットカードやQR決済を使う回数が増えました。

今後キャッシュレスに慣れていくと時間短縮できるようになると思っています。

便利なサービスは使っていこうと思います。