仕事疲れで朝起きられない人が起きる方法【光目覚まし】

朝 起きられない 寝起きが悪い

仕事で毎日しんどいなあ。
朝が早くて起きるのが辛い。
夜が遅くて睡眠時間が短い。
でも仕事があるから絶対に起きないといけない。

そういう思いで毎日過ごしていたりしませんか?

私自身本当に寝不足で疲れていた時に、会社に遅刻してめちゃくちゃ怒られた経験があります。社内での評価や信頼も失うし社会人になって寝坊はタブーだなと感じました。

寝坊して遅刻とか絶対したくないんだけど、最近寝坊して会社に着くのがぎりぎりになってしまったりするとひやひやしますよね。

社会人として働いていると睡魔との戦いだったりします。

朝なかなか起きられないというのは体内時計が狂っていることが原因の場合があります。

体内時計は、夜更かししたり、朝ご飯を抜いたりすることによってそのリズムが乱れてしまい睡眠不足になったり睡眠過剰になったりしてしまいます。

現代社会で生活していて忙しいとついつい夜更かししてしまったり朝ご飯を抜いてしまったりするのではないでしょうか。

なかなか一定のリズムを作ることは難しいです。

寝る時間も日によって様々なはずなので、起きる時間も様々になるはずですがそれでは困ってしまいますよね。

決まった時間になぜか目が覚めてしまうタイプであれば何も使っていないかもしれませんが、私たちは基本的に朝目覚まし時計を使って起きている人が多いのではないかと思います。

あなたは現在何を使って朝起きていますか?

今だとスマホのアラームを使っている人も多いかもしれないですね。

スマホのアラームでスヌーズ機能と呼ばれる機能を使えば、5分置きにアラームが鳴る設定にもできたりしますが、それでも寝ぼけたまま何度もアラームを止めるボタンを押して二度寝、三度寝をしてしまう可能性もあります。

実際何を使うのが一番ベストなのでしょうか?

仕事で疲れていて寝起きが悪いなら光目覚ましが一番起きられる

仕事で疲れていていつも寝起きが悪い、起きられないなら光目覚ましが一番起きられます。

目覚ましというと音を鳴らして人を起こすイメージが強いかもしれませんが、実際光によって起きる方が自然に起きられるのです。
音の目覚ましの場合、聴覚刺激により無理やり起こされることになりますが、光目覚ましの場合、光刺激により起きるので自然に目を覚ますことが出来ます。

光目覚ましの中にもいろいろな種類がありますが、その中でもinti4が特に起きられる光目覚まし時計だと思います。

他の光目覚ましとの決定的な違いは、普通の光目覚ましは2000ルクス(光の単位)程の光しか出ませんが、inti4は20000ルクスと約10倍の光を出すことが出来ます。



inti4の公式サイトはこちら

何故光目覚ましが起きられるのか

何故光目覚ましが起きられるのでしょうか。

体内時計を調整できるから

一番大きな理由は体内時計を調整できるからです。

人間の体の体内時計は光によってリセットされます。
体内時計が狂うことによって、人は寝すぎてしまったり、早く起きてしまったりします。

その狂いを調整するのが光を浴びることです。

光を浴びるとセロトニンという分泌が活性化されます。セロトニンが正常に分泌されると、脳が覚醒状態になってしっかりと目覚めることが出来ます。

それ以外にセロトニン分泌には

  • 集中力が上がる
  • ポジティブになる
  • 精神を安定させてくれる
  • 姿勢を安定させる

というようなメリットがあります。

光目覚ましを使うことで、正常なセロトニン分泌を促し、体内時計を調整できるので、起きることが出来ます。

Inti4の光目覚ましの唯一の弱点としては、普通の目覚まし時計よりも値段が高いことだと思います。

普通の目覚まし時計であれば数1000円で買えますが、光目覚ましinti4は24,800円となっています。

ただ価格が高くなっているのは、朝日と同等の光の量を出すためにお金がかかっているからです。
朝日と同等の光が出ていなければ、朝日を浴びたような感覚を得ることが出来ません。

また目に優しいLED設定にしているので、そういう部分でも原価が高くなっています。

人を目覚めさせる光の量が出ていない
明るさはあるけど目に刺激が強すぎる

そういう目覚まし時計では意味がないので、品質にこだわり、「本気で朝起きたい」という人向けになっています。

使ってみて効果が無かったら、3か月以内なら全額返金できます。

二度寝防止のアラームなども付いているので起きれないことはまずないです。

起きられる起きれないでは人生が変わる

私は起きる、起きられないということだけで人生が変わると思っています。

私の知り合いで、深夜まで毎日忙しく働いていた友人がいます。
頑張り屋なんですが、何度も寝坊して会社に遅刻して会社をクビになりました。
遅刻だけが原因ではないですが、遅刻の一つの原因だったとはっきりと言われたそうです。

起きることが出来ないと時間を有効に使うことが出来ません。
休みの日でも遅くまで寝ていて、起きた後時間があまりないなんてことだとせっかくの休みも台無しにしてしまいます。

起きたい時に起きることが出来るようになると、時間も有効に使えるようになるので、生活のリズムを自分で作ることが出来るようになります。

寝坊して上司からの評価が下がるということもなくなります。

会社に時間通りいくということが当たり前のような感じになっていますが、ストレスや不規則な生活習慣によってリズムが崩れてしまいやすい人もいると思います。

起きられないことに悩んでいた時期もありますが、今思えば起きられないことに悩んでいたことが勿体なかったと感じます。

私自身光目覚ましを使って、朝起きられるようになりました。
朝決まった時間に光によって起きることが出来るので、今までよりも目覚めが良くなりました。

昔は、音が大きい目覚まし時計を使っていましたが、隣の家にも響き渡るような大音量だったので迷惑だったと思います。

下に乗せた目覚まし時計を使っていました。

「うるさい」と思いながら、ストップのボタンを叩いて止めていたので途中から動作しなくなりました。
音で起きることが常識でしたが、今思うと音で起きるのはストレスにもなっていたと思います。

なので起きるためであれば、他の目覚まし時計よりも光目覚ましがいいです。

一度買えばその後仕事で疲れて寝起きが悪い、起きられないということで悩む必要がなくなるので、悩み続けるよりは光目覚ましを使って目覚めの良い社会人生活にすることをおすすめします。

がらっと生活の睡眠の質も変わると思うので、睡眠不足や過剰睡眠で悩んでいる人は光目覚ましを試してライフスタイルを変えてみてください。



inti4の公式サイトはこちら