果たしてアスペルガーは営業が向いているのか?向いていないのか?

アスペルガー 営業 向いている 向いていない

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェント
リクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

果たしてアスペルガーは営業職が向いているのか向いていないのかということについて徹底解説していきます。

先に結論から申し上げると、向いている営業もあり、向いていない営業もあります。

向いている営業はどのようなパターンで、向いていない営業はどのようなパターンでしょうか。

営業の種類や、扱う商品によって変わります。

アスペルガー症候群は、現在は自閉症スペクトラムという呼び方に統合されています。
アスペルガー症候群は、社会生活でのコミュニーションの問題や、独特のこだわり、興味などの問題があると言われています。

向いている営業は、新規営業?

アスペルガー症候群に向いている営業は新規営業です。
新規営業は文字通り、全く取引を行ったことのないお客様のところに訪問して、自社の製品を売り込む営業です。

なぜ新規営業が向いているかというと以下の理由があります。

1.テンプレ営業が出来る

アスペルガー症候群の人が、新規営業が向いている理由の一つ目は、テンプレ営業が出来るからです。

アスペルガー症候群は記憶力があり、覚えることが得意です。
型に当てはめることも得意なので、パターンさえ先に考えておけばテンプレ営業が出来ます。
テンプレ営業というのは、お客様がどのように返答をするかをある程度予測してその切り返しを準備しておくということです。

例えば、「今忙しいから」と断られた瞬間に、「本日お忙しいようでしたらまた別日にお伺いいたします。都合のいい時間帯をお聞きできれば幸いです」とか。

「その商品のメリットは何ですか?」と聞かれたときに、答えるメリットをしっかりと用意しておくとか。

新規営業で知り合った後に話す内容は、決まったパターンが多いのです。

どういうことをお客様に聞かれるか、どういう断り文句を言われるかということを、どんどんマニュアル化していけば、テンプレ営業が可能になります。

新規営業の数をこなせば自ずと経験が身について、どんな返しをされるかのデータが蓄積されるので、それをしっかりと覚えて次に生かすのです。

2.関係を築く必要が少ない

アスペルガー症候群の人が、新規営業が向いている理由の二つ目が、関係を築く必要が少ないからです。
全く関係を築く必要がないわけではないですが、ルート営業と比べれば、関係を築く必要がありません。

新規に営業した際に、お客様から信頼を勝ち取り、商品の良さを伝えることが出来れば商品を売ることが出来るのです。

営業で一度失敗したとしても、そこで反省し次は失敗しないようにできれば、新しい新規に訪問して売り上げを立てることが可能です。

向いていない営業はルート営業??

アスペルガー症候群に向いていない営業は、ルート営業です。

アスペルガー症候群の人が、なぜルート営業に向いていないかというと、関係値を深く築くことが苦手だからです。

特にアスペルガーは人の気持ちが分からないという部分が非常に大きく影響しています。

なぜアスペルガー症候群の人が、ルート営業に向いていないかの理由を以下に書きます。

1.相手に余計な一言を言って人間関係を壊してしまう

アスペルガー症候群の人が、ルート営業に向いていない理由の一つ目は、相手に余計な一言を言って人減関係を壊してしまうからです。
基本的にルート営業は、過去の先輩たちが信頼を築いているからこそ、再び訪問が出来たりしています。
先輩が開拓を既にしてくれていたお付き合いのあるお客様なので、最初からある程度信用してもらえます。

ですが、アスペルガー症候群の人が余計な一言を言って、相手を怒らせて、人間関係を壊してしまう場合があります。

新規営業の場合は、失敗したら違う新規を開拓すればよいですが、ルート営業の場合、失敗して次の新規を開拓するという考え方ではないのです。
今まで会社の先輩が築いてきた道をここで壊してしまってはいけないのです。

しっかりと関係を築くために、気遣いなどもしっかりしないといけません。

ルート営業では、人間関係は壊したりせず、むしろ強固なものにしないといけません。

2.悩みに共感をしていないから、相手の共感を得られない

アスペルガー症候群の人が、ルート営業に向いていない理由の二つ目は、悩みに共感をしていないから相手の共感を得られないからです。

アスペルガー症候群は、共感するのが苦手です。
相手の気持ちが分からないので、相手の立場に立って物事を考えることが難しいです。

共感や頷き(うなずき)をすることで、あなたは味方ですよということを示す心理的効果がありますが、それをしないことでなかなか相手との距離が縮まりません。

距離を一向に縮めることが出来ないと、相手の共感を得られないので、ルート営業で売り上げを立てるも難しいですよ。

3.否定や予想外のことに過剰反応してしまう

アスペルガー症候群の人が、ルート営業に向いていない理由の三つ目は、否定や予想外のことに過剰反応してしまうからです。

アスペルガー症候群は、否定されることをひどく嫌います。
アスペルガー症候群は、予想外のことをひどく嫌います。

ルート営業は、お客様との関係によっては、無理難題をふられたり、上から目線でこられたりすることも多いです。ルート営業だといろんな要望が飛んでくるんです。

否定された時に、自分の正当性を主張をしようとしても、良いことは起きません。
かえって問題がこじれるだけです。

しかも予想外に飛んでくることが多いんですよね。

そういうことが起きた時にアスペルガー症候群の人は、うまく対処できず、お客様との関係性を壊してしまう可能性もあります。

4.顔と名前が覚えられない

アスペルガー症候群の人が、ルート営業に向いていない理由の四つ目は、顔と名前が覚えられないからです。

アスペルガー症候群の人は、相手にちゃんと興味を持っていないと、覚えられません。
営業はどんなところでお客様と遭遇しても名前を憶えておかないといけませんが、なかなか興味を持てずに覚えられない人も多いです。

名前を忘れてしまったりするとそれこそ信用を失います。信用は絶対失ってはいけません。

アスペルガー症候群 転職 方法アスペルガー症候群(ASD)が転職する方法と注意点まとめ【保存版】

論理的に説明できる商品であれば、向いている

扱う商品によっても、アスペルガー症候群の人の向き不向きが分かります。

アスペルガー症候群の人は論履歴に話すことが得意です。
論理的に順序立てて話せる商品であれば、しっかりと説明することが出来ます。

しっかりと商品のメリット、デメリットなどをお客様に話すことが出来れば、論理的説明は、しっかりと相手の心に響き、購買意欲を湧き立てるでしょう。

例えば、機械の営業とか、化学品の営業とか。

商品の利点、欠点などをしっかりと論理的に説明できる商品であれば、しっかりと営業で売り上げを立てることが出来るでしょう。

 

下記記事では、産業機械の営業について記載しているので、興味がある方は参考にしてください。

転職に有利な業界 FA業界 産業用機器業界転職に有利な業界はFA、産業用機器業界?専門知識持ちは転職しやすい

論理的に説明できない商品は向いていない

逆に論理的にうまく説明できない商品は向いていません。

これは、どういうことかというと、情熱を持って訴えかけないといけない商品です。
商品のメリット、デメリットを伝えて売っていくというより、相手の感情に働きかけて、心を動かさないといけない商品です。

具体例を挙げると、金融、サービスなどの無形商品です。

保険などって、「あなたに家族が出来た時に、家族を守る保険が必要ではないですか?」「あなたが病気になった時、残された奥さんや子供はその期間どのように生活するのですか?」などと相手の情を揺さぶるような営業をする場合があります。

アスペルガー症候群は無論、こういう営業が苦手です。
相手の気持ちが分かりにくいからです。

また健康食品やサプリメントなどの、曖昧な表現しかできないようなもの営業も苦手ですね。

健康食品は効果があると言い切ることが出来ないので、「らしいですよ」「みたいですね」営業が行われる場合があります。

あいまいな営業ですよね。論理的に、「だから絶対効果があります」と言い切れない営業なのです。

こういう商品に対しては、心の中で本当に良い商品だと思っていない場合、そこに感情をつけて良い商品だと熱意で押し切るのは、アスペルガー症候群の人にとっては至難の業でしょう。

健康食品、サプリメント業界については下記記事にも触れているので興味のある方は参考にしてください。

健康食品 サプリメント BtoB 営業 辛い健康食品、サプリメント業界のBtoB営業が辛い。会社辞めたい人が転職する方法。

営業が向いていないと感じる場合

一般的には、アスペルガー症候群の人は、営業には向いていないと言われています。

完全に新規営業だけという営業は稀ですし、基本的に営業であればお客様と信頼関係を築いていかないといけません。

人の気持ちが分からないと言われるアスペルガー症候群にとっては、人と関係を築くというのはすごく難しいことなのです。

アスペルガー症候群で営業が向いていないと感じるのであれば、違う職種を視野に入れてみてもよいと思います。

アスペルガー症候群は、人と話さない仕事が向いていると言われることも多いです。

実際、アスペルガー症候群は、豊富な知識や記憶力が必要な仕事や、数字を扱う仕事が得意で、淡々と作業をこなすような仕事の方が向いている場合もあります。

例えば、アスペルガー症候群に向いているとされる職業の代表例はプログラマー。

抜群の記憶力でプログラミングスキルを身に着ければ、怖いものはありません。
アスペルガー症候群でエンジニアやプログラマーに転職する人は多いです。

営業に向き合っていても、営業が全然できない、営業は正直もうやりたくない、そう感じてしまうのであれば、本当に営業職が向いていない可能性があります。

その場合、別の職種を検討していったほうがいいですよ。

アスペルガー症候群は、人の気持ちがなかなかわからないという弱点もありますが、その分得意なことは得意という長所があります。才能があるんです。

才能を開花させるために、まずは転職エージェントに相談してみましょう。

営業職以外であなたに合った求人を紹介してくれますよ。

営業職の営業でズタボロになる前に、自分の本当に向いている仕事を探しましょう。

アスペルガー症候群 プログラマー 向いている 向いていないアスペルガー症候群はプログラマーに向いている?向いていない?

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。