アスペルガー症候群はエンジニアに向いている?向いていない?

アスペルガー症候群 エンジニア 向いている 向いていない

アスペルガー症候群は、エンジニアに向いているのか、エンジニアに向いていないのかを本記事では説明したいと思います。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の人に向いている職業の1つとして、「コミュニケーションをあまり必要としない職業」というものが挙げられます。

結論から申し上げると、エンジニアは若干向いています。

何故若干かというと、似たような仕事でプログラマーというものがありますが、プログラマーの方が向いているといえます。

プログラマーが向いている理由は下記記事を参考にしてください。

アスペルガー症候群 プログラマー 向いている 向いていないアスペルガー症候群はプログラマーに向いている?向いていない?

プログラマーとエンジニアの違いが分からない方は下記記事を参考にしてください。

システムエンジニア プログラマー 違いシステムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いは何ぞや?

なぜアスペルガー症候群はエンジニアに若干向いているのでしょうか。

アスペルガー症候群はなぜエンジニアに若干向いているのか?

1.基本的にはプログラミングなどの集中力を必要とする作業だから

アスペルガー症候群がなぜエンジニアに若干向いているかの理由の1つ目は、基本的にエンジニアはプログラミングなどの集中力を必要する作業だからです。

アスペルガー症候群は自分の興味がある分野に関してものすごい集中力を発揮します。
没頭して何時間も作業をしてしまったというアスペルガー症候群の方も多いのではないかと思います。
本に没頭してしまった、ゲームに没頭してしまったということは、集中力があるということです。

アスペルガー症候群は集中力を必要とする仕事が得意です。
定型の人(アスペルガー症候群以外の人)よりもエンジニアで集中力を発揮できるので向いているといえるでしょう。

2.アスペルガー症候群は記憶力があるから

アスペルガー症候群がなぜエンジニアに若干向いているかの理由の2つ目は、アスペルガー症候群は記憶力があるからです。

記憶力があるのでプログラミングなどを勉強して暗記することが得意です。

プログラミング言語は無数にありますが、仕事に使うプログラミング言語を覚えれば仕事では事足ります。

エンジニアでは資格試験なども基本情報技術者試験、応用情報技術者試験など様々な試験がありますが、記憶力があるアスペルガー症候群の人は暗記をしてなんなく資格試験をクリアするでしょう。

3.エンジニアには人と関わる仕事もあるから

アスペルガー症候群がなぜエンジニアに若干向いているかの理由の3つ目は、エンジニアは人と関わる仕事もあるからです。

この部分が、アスペルガー症候群がエンジニアに完全に向いているといえない理由です。

エンジニアは、プログラミングをカタカタ行うイメージもある人もいると思いますが、エンジニアには人と関わる仕事もあります。

例えばエンジニアはシステムを作るお仕事ですが、お客様からこんなシステムを作って欲しいという要望が来ます。

その時、エンジニアはお客様の要望をヒアリングして、どうやってシステムを作るかを考えていかないといけません。
ということは、コミュニケーションを通じて相手のニーズを読み取る必要があるのです。

アスペルガー症候群は人と関わる仕事が苦手な側面もあるので、こういったお客様とのやり取りでストレスを感じてしまう人もいます。

ただし世間一般のイメージとしてプログラマーやエンジニアの人は物静かでコミュニケーションをあまり得意としないというイメージも多いものですから、お客様事態も気を使って、コミュニケーションを合わせてくれる人もいるので、特段コミュニケーションが全然取れないから困るということはあまりないと思います。

もちろんお客様の中には癖の強いお客様もいる時があるのでそういう時はしんどいですが、そうでないお客様は気を使ってくれますよ。

こういった意味で、社外の人とのコミュニケーションを取る機会も多少あることから、アスペルガー症候群の人にとって苦手な分野の仕事も少しあります。

従って、上記の理由から、アスペルガー症候群はエンジニアに若干向いていると結論付けることが出来ます。

人見知り エンジニア 向いている人見知りにはエンジニアが向いている??果たしてコミュ力は必要あるのか?

プログラマーを選んだとしてもその後エンジニアになる人は多い

であれば、アスペルガー症候群はより自分に適性のあるプログラマーを目指す人が多いのでは?と考える人もいると思います。

実際、アスペルガー症候群の人でプログラマーという仕事を選ぶ人は多いです。

ただ、ずっとプログラマーを続けるかというとそうではありません。
プログラマーを続けているうちに、エンジニアの仕事をするようになる人も多いのです。

これは何故かというと、プログラマーよりエンジニアの方がやれる仕事の領域の幅が広いからです。

プログラマーとしてプログラミングを極めることで、専門スキルは相当高まりますが、やれることはプログラミングのみです。

エンジニアは、お客様とのやり取り、お客様から引き出した要望をもとに設計、プログラミングなど様々な仕事をすることが出来ます。

カバーできる範囲が多いことから一般的にプログラマーよりエンジニアの方が給料は高いと言われています。

つまり、コミュニケーションは若干苦手な部分があるけども給料を上げるためにエンジニアの仕事をやるようになる人と、コミュニケーションは本当に嫌だからエンジニアにはならずにプログラマーとして生きる人に別れるんですね。

後々エンジニアになりたいと考えるのであれば、転職すると決めた時に、最初からエンジニアへの転職を目指したほうがいい場合もあるんですよね。

勿論アスペルガー症候群の人が全員コミュニケーションが苦手というわけではありませんから、コミュニケーションに抵抗がない人はむしろエンジニアを目指してもよいと思います。

未経験からの転職であれば先にプログラミングを学ぶべき

もしあなたがプログラミング未経験でエンジニアに転職をしたいと思っている場合は、先にある程度のプログラミングを学んでおくべきです。

やはり適性があるからエンジニアに転職をしたいと思っていたとしてもある程度の専門スキルが求められる仕事なので、経験者と未経験者だと、経験者の方が転職に有利です。

もしあなたが全くプログラミングを学んだことがないのなら、オンライン学習サービスを使うのがオススメです。

無料でプログラミングを学べるサービスとしてProgate(プロゲート)があります。
下記記事を参考にしてください。

転職したい スキル ない転職したいけどスキルがない人はプログラミング無料学習Progateがおすすめ

プログラミングを学べるサービスとしてプログラミングスクールという形態もあります。
独学でプログラミングをやっても挫折してしまったとかエンジニア職の仕事を転職前に経験したいという人にオススメです。

プログラミングスクールは、最初は無料体験を使うことが出来るので、無料体験をやってみてどんな感じかとり合えず試してみて自分に合いそうであればそのまま続けてみるというのがいいと思いますよ。

合わないのであれば、無料体験だけで終わることも勿論可能です。

プログラミングスクールで無料体験が出来るものは、TechAcademyやCodeCampがあります。

どちらか試してみてどんな感じか把握してみましょう。

・TechAcademy 無料体験
・ CodeCamp 無料体験

TechAcademyの口コミ・感想と評判まとめ。どんな人に向いている?

経験者の転職であればキャリアアップを目指すべき

もしあなたがプログラミングの経験者でありプログラマーやエンジニアをやっていたのであれば、キャリアアップの転職もありです。

一つの職場で身につけられるスキルって実は限られています。

やはり職場によっては、この言語のプログラミングが多いとか仕事内容が偏ります。

どんなところでも通用するエンジニアになりたいのであれば、スキルアップのために転職というのは有効な手段です。

勿論今の職場の人間関係が嫌で辞めたい、上司が嫌いだから環境を変えたい、残業が多すぎるから残業の少ない職場に行きたいという理由で転職を考える人も多いと思います。

ただそういう理由だけでなく、キャリアアップというポジティブな志望動機を心の中に持っていれば精神的にも余裕が持てますし、転職活動も上手く行きやすくなりますよ。

アスペルガー症候群 転職 方法アスペルガー症候群(ASD)が転職する方法と注意点まとめ【保存版】

まとめ アスペルガー症候群の人は仕事選びが本当に肝心

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の人は本当に仕事選びが肝心です。

アスペルガー症候群の人は仕事で向き不向きがありますから、自分が今やっている仕事が本当に向いているか分からないと考えたら一度転職相談をすることをおすすめします。

なぜか思ったように仕事が進まない、仕事ができないと感じているのであれば、あなたの適性とずれた仕事を現在行っているのかもしれませんよ。

一人で悩んでいても、悩み続けてしまうだけです。

違う仕事をやってみたいという方は一度転職エージェントに相談してみましょう。

IT業界 転職エージェント まとめIT業界に強い転職エージェント、転職サイトまとめ。経験者未経験者用

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。