明日会社を辞める方法。辞めたい時の注意点も合わせて解説【保存版】

明日 会社 辞める

明日会社を辞めたいなと思ったことはありますか?
明日会社を辞められたらどんなに楽だろうかと考えたことがある人もいるんではないでしょうか?

ブラック企業すぎて辛い。このままだと精神的にも参ってしまう。

明日自主退職をしたいけど方法が分からないという方に向けて、今回の記事では明日会社を辞める方法をまとめます。

明日会社を辞める方法まとめ

明日会社を辞める方法をまとめます。即日退職したい方は参考にしてください。

STEP1.退職代行サービスを利用する

明日会社を辞める場合、退職代行サービスというサービスを利用します。

業界最安値のSARABA又は一番老舗のEXITが良いです。

下記にサービスの比較記事を乗せています。

退職代行サービス EXIT SARABA 比較退職代行サービスのEXITとSARABAどっちを使えばよいか比較してみた

料金で選ぶなら下記からSARABAを使えます。

\退職代行サービス業界最安値/

SARABAで退職相談する

相談は無料。スマホ一つで退職可能です…!

一番老舗ということで選ぶなら下記からEXITを使えます。

\安心の退職を。100%退職できます/

EXITで退職相談する

相談は無料。スマホ一つで退職可能です…!

どちらかのサービスを使用するかを決めましょう。

STEP2.LINE又はメールで連絡

退職代行サービスでどちらを利用するかを選んだあとは、LINEまたはメールにて無料相談できます。

SARABAの場合、24時間対応で年中無休の電話相談も行っています。

すぐに対応して欲しいという急ぎの場合は電話でも良いですが、LINE又はメールでもすぐ対応してくれます。

退職したいと思ったら退職の相談をしましょう。

「会社の責任者の名前」「会社の連絡先」「退職希望日」等を伝えます。

もちろん連絡したから退職がすぐさま確定するわけではないので、安心してください。

職場に連絡がいきなり行くようなことはありません。

STEP3.代金の振り込み

退職するという旨を退職代行サービスに伝えた後、退職代行サービスの費用を振り込みます。

EXIT、SARABAの代金の払い方は、振込でもいいですし、クレジットカードも使用可能です。

STEP4.退職代行をしてもらう

料金が支払われた後、退職代行サービスが退職をあなたの代わりにやってくれます。

会社への連絡は、退職代行サービスが全て行ってくれるので上司と話す必要はありません。会社への連絡一切不要です。

退職代行サービスが、「○○さんが御社を退職したいと申しております。今日から本人は会社に行けません。何か連絡事項があれば我々からご本人に伝えさせていただきます」という形で、代行の電話をします。

退職届の提出や、貸与品の返却なども郵送で大丈夫です。

会社から拒否をされたとしても、本人が「辞める」という意思を明確に表明した場合、会社の了承は必要ないので問題ななく辞められます。

これにて会社を辞めることが出来ます。

STEP5.転職の準備を始める

会社を辞めた後、ニートやフリーターになると決めている人もいるかもしれませんが、転職の準備を始めておきましょう。

早めに転職先を探す

転職活動をなるべく早く始める場合は転職エージェントがおすすめです。

転職活動は、2、3か月かかるものであり、いざ働こうと思ってもすぐに働くことが出来るわけではありません。生活費もかかるので無職の期間はしんどいです。

最短で転職先を見つけるなら転職エージェントを使った転職が効率的です。

リクルートエージェントなどの転職エージェントを使いましょう。下記から利用できます。

転職エージェント業界第一位!

今すぐリクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

ゆっくりと転職先を探す

精神的に疲れておりすぐさま転職を始める気がない場合は、転職サイトのみの登録をおすすめします。

転職サイトから連絡が来ることはないので、自分が転職活動を始めたいと思ったタイミングで見ることが出来ます。

求人内容もゆっくりと見れるのでマイペースに探したいという方におすすめです。

リクナビネクストなどの転職サイトを使いましょう。

転職サイト人気No1!

今すぐリクナビNEXTで求人を探す

5分で登録。しかも無料です…!

自分に合った転職サービスを利用しましょう。

ちなみに両方登録することで、推薦状付きで求人に応募できるなどのメリットがあるので、転職をしっかりと成功させるなら転職サイト、転職エージェントのどちらのサービスも使うことをおすすめします。

下記にリクナビNEXTとリクルートエージェントの違いについて詳しくまとめています。

リクナビNEXT リクルートエージェント 比較 違いリクナビNEXTとリクルートエージェントの比較!転職初心者にも分かる違いを解説します

以上が明日会社を辞める方法です。

明日会社を辞める前に確認すべき注意点

明日会社を辞める時に、実際他に注意すべきことはないでしょうか?

明日会社を辞める前に確認すべき注意点について説明します。

  • 出来れば会社の就業規則を見ておく
  • 会社に荷物を置いている場合気まずい
  • 円満退職出来ない可能性がある

それぞれ確認しておきましょう。

1.出来れば会社の就業規則を見ておく

明日会社を辞める前に確認すべき注意点の一つ目は、出来れば会社の就業規則を見ておくことです。

それによって心理的に安心します。見なくても退職することは可能ですが、見ておいた方が安心だと思います。

会社によっては退職の届け出は、何日前までと書かれています。

法律上は、2週間前に退職の意思を伝える必要があると言われています。

民法第627条では、労働契約解除時には解約の申し入れた日から二週間が必要と定められています。

民法第627条 1.当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

会社がすぐに辞めていいよと言ってくれれば、即日退職もOKですが、基本的には引継ぎなど最低限のことをやらないといけないので、すぐに辞めていいと言ってくれる会社はほとんどありません。

認めてくれない場合、2週間は退職出来ないということになりますね。

ただこの2週間と言うのは、有休休暇を使って2週間経過という形でもOKです。

つまり明日会社を辞めたい時に、有休が2週間分くらいあれば、退職届を出して、明日から有休休暇を使いますという形でスピード退職することが出来ます。

しかし間違いなく会社と揉めることは覚悟したほうが良いでしょう。法律上は問題ないですが、なにせ引継ぎする間もなく会社に行かなくなるわけですから会社には迷惑がかかります。

上司にぼろ糞に言われる可能性があります。

でも有休がないけど、会社には二度と行きたくないという場合はどうすれば良いでしょうか。その場合退職代行サービスの出番です。

退職代行サービスであれば即日で会社を辞めることが可能です。

2.会社に荷物を置いている場合気まずい

明日会社を辞める前に確認すべき注意点の二つ目は、会社に荷物を置いている場合気まずいということです。

明日から会社に行かない、または明後日から会社に行かない場合、会社に荷物を置いている場合気まずいです。

色々荷物を置いていると退職の時に割と面倒くさいです。

会社に取りに行くわけには行かない場合、荷物を持って帰れないですよね。もし郵送してもらうにしろ、机がごちゃごちゃしていたりして持ち帰りたい荷物がよく分からないかもしれません。

退職を言い出す前に荷物はなるべく整理しておいたほうが無難です。

3.円満退職出来ない可能性がある

明日会社を辞める前に確認すべき注意点の三つ目は、円満退職出来ない可能性があるということです。

これが特に注意すべき点かもしれないですね。

退職代行サービスを使うことで、自分からは会社に一切連絡を取らずに辞めることが出来ますが、やはり円満退職という形は難しくなると思います。

ただし、そもそも会社からパワハラやいじめを受けていた、ブラック企業でこき使われていた等、もう会社に連絡を取りたくない場合は、円満退職じゃなくてもすぐに辞めたいと思っている方もいると思います。

そういう状態だとそもそも円満退職は望めません。

明日会社を辞めたいという場合は、円満退職は難しい可能性があるということを心得ておきましょう。

音信不通は辞めておきましょう

明日会社辞めたいとしても、音信不通で仕事をばっくれたり、無断欠勤をするのは辞めましょう。

音信不通で無断欠勤などをして会社を辞めた場合、懲戒解雇扱いになり、本来もらえるはずの退職金がもらえなくなったり、退職理由も自己都合ではなく、重責解雇と離職票に書かれて転職で不利になる可能性があります。

何も言わないで辞めるということは、やはり良くないので、もし会社を辞めると言いづらい場合は退職代行サービスで「会社を辞めたい」ということを代わりに言ってもらいましょう。

明日会社を辞めるは基本的にはオススメはしません

明日会社を辞める方法をまとめましたが、基本的に次の日に会社を辞めるというのはあまりオススメはしません。

法律的には2週間前に伝えるということもあるので、辞めるとしても2週間後を退職希望日にするのが無難です。

もちろん2週間前に退職の意思を伝えてその後有休消化で会社に全くいかないということをすることも可能ですが、引継ぎなしで会社を辞めるということは会社から怒られる可能性もあります。

ですが、精神的に本当に病んでいる、鬱状態になりかけているというあなたのピンチの場合、退職代行サービスを使ってでもすぐに退職したほうが良いです。

退職代行サービスを使う人の中には、自殺未遂の人もいます。

仕事のストレスで自分が壊れる前に対処しないといけないので、限界が来ていると感じるなら退職代行サービスを使って会社を脱出しましょう。

料金で選ぶなら下記からSARABAを使えます。

\退職代行サービス業界最安値/

SARABAで退職相談する

相談は無料。スマホ一つで退職可能です…!

一番老舗ということで選ぶなら下記からEXITを使えます。

\安心の退職を。100%退職できます/

EXITで退職相談する

相談は無料。スマホ一つで退職可能です…!