コロナの影響で転職活動は今がタイミングではないのか?

コロナ 転職活動 タイミング 今

マス社長です。

コロナが凄く世界中で流行っています。

コロナの影響で転職活動をするタイミングは今ではないのか?と言われています。

今から転職活動を始めたいけど悩んでいる方はコロナがどのような影響を与えるかについてまとめます。

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのdoda。 ◆公式HP:doda ◆ ※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い ※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

Utsuさんチャンネルで今は「絶対転職しちゃダメ」なタイミングと述べている

今は「絶対転職しちゃダメ」なタイミングです

youtube就活チャンネルのUtsuさんが今は絶対転職しちゃダメなタイミングと述べています。

企業の業績がここから悪くなると考えて、希望退職を広く募ることが企業がしていくと予想され、その際に希望退職で手を上げるか、希望退職に応じないというパターンを選ぶことが出来るなら、今は動かない方が良いとのことです。

実は転職しようとしていた、4月に入社の予定だった人が一番困るところだと思っていて辞めたほうが良くて戻れるなら戻ったほうがいいと述べています。

新型コロナウイルスによって、経済が落ち込んで人が移動できない、物が作れないということでeビジネスバブルやリーマンショックを超える世界経済の縮小、原則につながる可能性があり、人員整理の流れで、試用期間中の人を解雇する可能性が出てくるということです。

そうすると半年間切られてもおかしくない試用期間に飛び込むことになるということです。

経済が落ち込んだときは新しい人には普段はチャンスだと言っているが、普通に生きているなら、新しい冒険をしようとしないほうがいい。

転職youtuberのメガネコンサルの池田佑樹さんは

今は転職をしていけないタイミングなのか?

新型肺炎、日経平均株価2万円割れ、オリンピック、消費税増税、働き方改革と様々な出来事が起こっていてこの先、日本経済はどうなるのか?ということについて考察しています。

  • 今転職をしてはいけない?
  • 今転職活動をしたほうがいい理由
  • 今転職活動をしないほうがいい人
  • 僕が一番伝えたいこと

というテーマで話しています。

結論としては早く転職活動をしたほうがいいと述べています。

これからさらにますます求人が減っていくからです。

求人が減ってしまえば、転職をしたいと思っても転職が上手く行かない時期が続きます。

求人は2020年以降減っていくので、良い転職をするためには多くの求人と出会うことが大切だから今すべきだと述べています。

相性のいい企業と出会うためには求人が多い時期にすることがおすすめで、未経験領域に転職したい人は早めに転職すべきで、コロナ(新型肺炎)の影響という局所的な話ではなく、長い目で転職を考えるべきであると述べています。

逆に今転職活動をしないほうがいい人は、

  1. 大量採用している業界に転職しようとしている人
  2. 家族を持つ35歳以上の人
  3. 年収アップを狙った転職をしたい人

とまとめています。

不動産営業や保険営業や転職エージェントなどは、大量採用して大量解雇して優秀な人が残るシステムのところで景気が悪い時に結果を出すのが難しいので、無理して転職する必要はないと述べています。

また家族を持つ35歳以上の人も上げています。経済懸念が多い状態で転職して試用期間中に解雇される可能性もあります。

ただこの時期に求人を出している企業が試用期間中に解雇するというのは、慎重すぎる考え方もありますがリスクとしては存在すると述べています。

またただでさえ、経済悪化している状態なので年収の高いオファー年収を期待できないので、年収アップを転職したい人は時期をずらすべきと述べています。

実際今転職活動をすべきではないのか?

では実際今は転職活動をすべきではないのでしょうか。

結論から述べると、今から転職活動をしても大丈夫です。

理由は3つあります。

  1. 求人が減っていくから
  2. 企業自体は採用活動を継続しているから
  3. 転職できたという結果につながらなくても色んな求人に触れる経験が出来るから

1.求人が減っていくから

1つ目の理由は求人が減っていくからです。

コロナウイルスの影響により、株価は大幅に下落し、景気も悪化し、色んな業界に影響が出ています。

東京出張は極力控える、テレワークの導入、飲み会などは自粛。

まだまだこの流れが終息する様子がありません。

景気が悪くなると企業は人材を採用しにくくなるので、求人が段々減っていきます。

色んな求人に触れることが転職においては重要です。

求人が減っていく前は応募することも可能なので減る前に始めたほうが色んな求人に触れることができます。

2.企業自体は採用活動を継続しているから

2つ目の理由は企業自体は採用活動を継続しているからです。

転職コンサルタントを対象にしたアンケートによると、新型コロナウイルスが流行する中半数以上の企業が採用活動を継続しているそうです。

ベンチャー企業や中堅中小企業やITなどの技術系、営業系の企業は採用活動に力を入れている企業もあるようです。

採用活動は同様に続けている中、今が転職のタイミングではないと捉えて、受ける人が少なくなれば、かえって今の時期は、チャンスの時期になります。

景気の動きに左右されずに、転職をしたいと思った理由を思い返して、どうするべきか考えていくべきです。

3.転職できたという結果につながらなくても色んな求人に触れる経験が出来るから

3つ目の理由は、転職できたという結果につながらなくても色んな求人に触れる経験が出来るからです。

仮にこの時期から転職活動を始めて、なかなか上手く行かなかったとしても、転職活動の一歩を踏み出したという自信を持つことが出来ます。

またその中で求人に触れる中で、本当は自分は何をしたいんだろうということを転職活動を通して向き合うことが出来ます。

転職活動をすることで、自分自身どういう風に働きたいのかということに真剣に向き合うことが出来ます。

大手企業に勤めているから自分の思うように働けているという人は実際のところほとんどいません。

仕事が楽しいと思えるような職場で働くことが出来るようになったら、本当に転職活動に取り組んでよかったと思えるはずです。

面接を突破するしないに関わらず、転職活動をするという行為自体は、今の自分自身の殻を少し破ったともいえるので、時期に関わらず、一歩踏み出してみて、自分自身に向き合ってみるのもいいかもしれません。

働きながら転職活動がオススメ

ただもし可能であれば、働きながら転職活動がオススメです。

今会社を辞めて、転職活動を始めると、なかなか採用が決まらないという可能性も少なくありません。

今の企業に急に派遣切りをされてしまったとかそういう場合でないのなら、企業を辞めて転職活動に取り組むメリットはあまりないです。

自分自身で働きながら転職活動をするのはなかなか大変です。

転職活動では、求人を探す、企業に応募する、面接に応募して日程調整する等やることがたくさんあります。

それで面倒くさくなって結局今の会社のままでいいかと思ってしまう人が多いです。

初めて転職活動をする、今の会社がまあまあ忙しい場合、転職エージェントの利用がオススメです。

転職エージェントと呼ばれる転職のサポートのプロと一度面談をしたのちに、転職エージェントが求人を紹介してくれます。

面接の際も転職エージェントが間に入ってくれるので、一人で面接を受ける時と雰囲気が全然違います。

私自身、転職エージェントを利用しましたが、転職エージェントがこちらのことを話してくれるので、ある意味自分だけの力だけではなく、転職エージェントの後押しもあって、転職活動をすることが出来たと感じています。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントはdoda です。

dodaは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、dodaを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

dodaの登録方法について

転職 異業種

dodaに登録する場合、公式サイトの会員登録して求人をチェックという所から登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

今すぐdodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

退職を言い出せないという方には退職代行サービスというものがあるので下記記事を参考にしてください。

退職代行サービス EXIT SARABA 比較退職代行サービスのEXITとSARABAどっちを使えばよいか比較してみた

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。