怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法4選。そんな奴はこう撃退せよ

怒鳴る パワハラ 社長

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェント
リクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

あなたの会社では怒鳴るパワハラ社長がいたりしませんか?

耳元で怒鳴る社長、社員の前で怒鳴る社長、本当にウザいですよね。
正当な理由があるならばまだしも、勢いでブちぎれる場合は本当に勘弁してほしいですよね。

パワハラ社長は、中小企業や零細企業に多く存在しています。
社長と社員の距離感が近いと、それだけ社長に監視され、揉め事になりやすいのです。

今回の記事では、怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法をまとめます。

怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法4選

1. パワハラ社長に物申す

怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法の1つ目が、「パワハラ社長に物申す」方法です。

社長との距離感が近い場合に有効です。

毎度毎度頭ごなしに怒鳴られてこちらもキレそうになる場合、「聞こえないです」「怒鳴りすぎです」と反論します。

こういう風に実際に対処している人もいますが、怒鳴るパワハラ社長は、基本的にへこたれません。
自分のことが悪いと思っていることが皆無です。

物申して効果があるとしたら、普段静かな社員が、パワハラ社長の胸ぐらをつかんで「うるせえ!くそじじい!」と言わないと効果がないかもしれません。

社長というのは、会社でいうと立場が一番上なので、正直なかなか社長に対して意見を言いづらいので、この方法はなかなか使いにくいです。

2. 他の社員に相談する

怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法の2つ目が、「他の社員に相談する」方法です。

「社長が怒鳴ってくるのだがどうすればいいのか分からない」と一度相談してみましょう。

社員同士が結託して、社長の悪口や陰口を言い始めたりして、怒鳴られてもみんなが無視するようになったら、効果があるかもしれないですが、これもなかなか得策であるとは言えません。

一応パワハラ社長とはいえ社長なので、社員が社長のいうことを聞かなくなったら会社としては終わりなわけです。

社長をのけ者にして、社員全員が結託して、「会社の売り上げを上げてやろうぜ」という方向性になることは少ないです。

また他の社員が既にパワハラ社長が怒鳴ることを受け入れている場合があります。
この場合、相談しても「まあ社長だからね」とか「社長だし変わらないよ」と言われて相手にされない場合もあります。

会社に残り続けているということは、他の社員はすでにパワハラ社長が怒鳴ることを受け入れて、仕方ないと思いながら働いているかもしれません。

そうなると他の社員は、怒鳴る社長を何とかしたいとは思っているけど、行動しても無駄だと思っているから実際には何も手助けしてくれないことも多いです。

他の社員も社長より下の立場なので、社長に意見を言っても突っ返される可能性があります。

3. 労働基準監督署に訴えると脅す

怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法の3つ目が、「労働基準監督署に訴えると脅す」方法です。

自分が言ってもダメ、他の社員の力を借りてもダメとなっては公的機関を頼るしかありません。

怒鳴るということも立派なパワハラになります。怒鳴り声の録音などもしておいたほうがいいですね。

労働基準監督署に訴えることで、パワハラをなくせる可能性があります

労働基準監督署に訴えるぞと言えば、パワハラ社長も黙る人もいると思います。

労働基準監督署に訴えた時のデメリットは、結局社長とあなたとの人間関係が一層こじれてしまうということです。

結局その場合、あなたが将来取る選択は、二択です。

  • 会社を辞める
  • パワハラを辞めさせて職場に居残り続ける

パワハラを辞めさせて、今の職場に居残り続けることも可能かもしれないですが、パワハラ社長は訴えられたことを腹いせに労働条件を悪くするかもしれません。

業績不振や社員の出勤状況などあらゆることを理由につけて、賃下げや賞与カットなどをしてくる危険性があります。

パワハラするような人間が訴えられて、そのあと心底反省してパワハラをに呶々しないというのはあまり考えにくいです。

心の中で復讐心を煮えたぎらせて仕返ししてくる可能性があります。

労働基準監督署に相談すればパワハラを訴えることは出来ても、時間も費用も掛かるし精神的にも負担がかかるのでかなり疲れます。

4. 転職する

怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法の4つ目が、転職をする方法です。

上記3つの方法を検討して難しかったら、あなたが選択する道は、パワハラを受け入れて働くか、転職してパワハラのない職場に行くかしかありません。

怒鳴るパワハラ社長に耐えきれない場合、パワハラ社長のいる職場からはとっとと脱出しましょう。

パワハラ社長が存在する職場で働き続けるのってかなり苦痛ですよ。

転職することは逃げではありません。
新しい会社にあなたの大切な時間を注いで貢献する。
そういう考え方でいいと思います。

毎日のように怒鳴り散らす社長にあなたの貴重な時間を使って働くのって勿体なくないですか?
あなたの貴重な人生の時間を怒鳴るパワハラ社長に捧げる。

勿論、家庭がある人、貯金がなくて辞めたら困る人は覚悟がなかなか決まらないかとは思います。

ですが、一度きりの人生でパワハラ社長に永遠と向き合い続けることのしんどさと比べると転職で一定期間努力する方が全然しんどくないと思います。

パワハラ社長はもう無理だと感じたら転職というのも視野に入れるべきだと思いますよ。

転職をするなら転職エージェントが最も効率がいい方法です。

リクルートエージェントは大手の転職エージェントなので特におすすめです。

下記から5分で登録できます。

・リクルートエージェント

なぜパワハラ社長はパワハラをするのか

パワハラ社長はなぜパワハラをするのでしょうか。

パワハラをする背景には、その人に対して、精神的にも肉体的にもダメージを与えたいという心理があります。

あなたが、パワハラ社長の言動に悪意を感じるのであれば、それはパワハラの可能性があります。

ある特定の人にしかパワハラをしない場合、パワハラ社長は下記のような理由でパワハラをしていることが多いです。

  • その人のことが嫌い
  • その人を役に立たない社員だと思っている
  • 会社を辞めて欲しいと思っている

今のご時世は、正社員を簡単にクビには出来ないので、パワハラによって自主退職に追い込むパターンも少なくありません。
どちらにしろパワハラをされる人は、パワハラ社長からは良い印象があまりないからされていることが多いです。

その状況を改善するのはなかなか難しいことです。

「嫌われたかも?」と感じたら、何が原因だったかを考えてみましょう。
何か原因があるかもしれません。

もし単純に相性が悪かった場合はもう仕方がないと割り切るしかありません。

パワハラ社長の心理は誰にも理解できないのです。

怒鳴るパワハラ社長は堅物で変わらない

怒鳴るパワハラ社長は堅物であることが多く変わらないです。

社長の気分によって、怒る日があったり、あまり怒らない日があったりと振り回されるのって嫌ですよね。

社長という立場もあって、他の人のいうことを聞きません。
社内の力関係を悪用して、立場の弱い相手に対して精神的に苦痛を与えます。

怒鳴るパワハラ社長は、嫌われていることが多いです。

社長が嫌われている会社ってよほど商品力があったり、コネがあったりしないと、社員のやる気もあんまりなかったり、人はどんどん辞めたりするんですよね。

将来性のことを考えると潰れずに生き残るのだろうかと疑問に思ってしまいます。

変わらないパワハラ社長と関わり続けるのって本当に時間の無駄です。

そういう会社を辞めるためにも、早めに転職活動をスタートさせておくというのをおすすめします。

転職先が見つかっていないと強気な態度が取れませんが、ある程度候補が定まってきたら、それなりに自信を持つことが出来ます。

転職活動は、それなりに時間がかかるので1か月くらいはかかります。

早めに初めて抜け出せる状況を作り出しましょう。

転職エージェントは5分もあれば登録できるので、登録して転職活動をスタートさせましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。