新産業フィンテック(Fin tech)業界への転職する前に、業界事情を知れ!特に銀行業界は人員削減前に転職したほうがいい

フィンテック業界 転職

新産業のフィンテック(Fin Tech)の企業が増えつつあります。
フィンテック業界への転職を考えている人、また銀行業界や証券会社で働いている人は、特に業界事情を抑えておいたほうがいいです。

フィンテックは、金融とITの融合された業界です。
フィンテック普及にとって銀行が危ない!と言われています。

それでは、フィンテックにおける業界事情をいくつか見ていきましょう。

ITが変えるお金の未来、フィンテック革命の衝撃

クローズアップ現代でフィンテックが取りあげられた動画があったので、参考までに貼っておきます。時間のある時に見てください。

クローズアップ現代「銀行はもういらない?フィンテック革命の衝撃」The impact of the FinTech revolution

買い物は指紋をかざせば一瞬で完了。数種類のクレジットカードが一枚の端末に。
フィンテックは、テクノロジーを駆使した新たな金融サービスです。

送金や決済、融資などの金融サービスを提供できるのは豊富な資金やシステムを持つ大手金融機関のみに限られていましたが、今はフィンテックと呼ばれるサービスが今まで大手が独占していた金融市場に風穴を開けています。

長崎のハウステンボスでは、レジを指紋認証をすることで、店内では現金を使わず買い物が出来ます。
客は入園の際に指紋を登録し、お金を預けるのです。

ロボアドバイサーと言われる資産運用のサービスも生まれています。
約6000銘柄の金融商品の値動きを人工知能が常にチェックし、客のニーズに合わせて、自動的に銘柄を組み合わせてくれます。

これまで資産運用サービスや銀行や証券会社が行っていましたが、人工知能が行うととチェックできる銘柄が格段に増え、人件費がより安く設定できます。

主に富裕層だけが使っていたサービスが誰にでも使えるようになります。

これって半端ないですよね。
人工知能が資産運用をしてしまうわけです。

フィンテックが急拡大しているのは、アメリカです。
きっかけはリーマンショックで、経営が悪化した大手金融機関が貸し渋り低所得者や中小企業が融資を受けにくくなりました。
そこをチャンスととらえたIT企業が融資などの金融サービスに乗り出したのです。
時代に流れに合わせて、企業が新しいニーズを発見したということですね。

その流れで、資金を借りたい人と、資金を貸したい人をインターネットで仲介する会社が設立されました。
融資を申し込みたい人が、借りたい金額、事業内容、売り上げなどの情報を入力し、融資の申請をすると銀行より金利は高いものの融資を受けるサービスです。
借りたい人は、5段階で格付けされ、金利が5%~22%に設定され、貸し手の人はそこからどこに貸すかを考えて融資します。
貸す人はリスクもありますが高い利回りも期待できるという仕組みです。

Twitterの創業者、ジャック・ドーシーもフィンテックの可能性にいち早く気づき、リーマンショックの翌年新しい会社を設立しました。
「金融サービスの分野では、広大な空き地が広がっているのです」と、ジャック・ドーシーは語ります。

まず手掛けたのは独自の決済システムです。
機器をスマホやタブレット端末につけると、クレジットカードが利用できるという決済システムです。
どこでもカードが使えるので、小さな店でも利用が出来、およそ200万の事業者が利用しています。

飲食店などで、タブレットとその機器を導入するだけで、クレジットカードが自由に使えるようにできるって画期的ですよね。

現金のみのお支払いでお願いしますというお店も多かったと思いますが、現金を持ち歩かない人にとっては、使いにくいお店となりますが、こういうサービスを導入すれば、現金を持ち歩かない人でも使いやすいお店になります。

しかも、ジャック・ドーシー氏は、そこから決済データを集めており、これらのデータを利用し企業への融資も始めています。

事業者の売り上げを日々分析し、事業者が資金を欲しがりそうなタイミングを自動的に判定し、融資可能な金額と金利を計算し、持ちかけます。
それによって、OKだった場合、すぐに振り込まれ、融資がすぐに調達できます。

銀行からの融資が受けられなかった企業が、どんどん融資を受けられるようになりました。

これにより、大手の銀行に打撃を与えないか大手銀行は警戒しています。
銀行よりも便利な融資サービスが生まれると、銀行が今よりも使われなくなってくる可能性があるからです。

より末端まで普及すると一般常識が、銀行の利用ではなく、フィンテックの利用に移り変わっていく可能性があります。

金融機関のライバルが、google、facebookのようなIT企業だ、彼らは多くのユーザーを抱えており、フィンテックのようなサービスを導入していくと大きな影響が世の中にあると考えられています。

自動車の運転者のデータを分析し、その人にあった自動車保険を提供するというサービスなどもできているということです。

以前までは、これまで銀行がIT企業に出資したり買収したりするのは今まで法律で規制されていましたが、金融庁も時代に合わせて、規制を緩和し、新たなサービスの取り組みを促す方向に政策を転換しています。

大手銀行はIT企業の金融事業へ台頭に対してどのような対抗策を行っているのでしょうか。

例えば、顧客のニーズを先取りし融資を提案するサービスで、カード会社と提携し、通販サイトを作って、顧客のデータを集めて、その通販サイトで購入すると銀行にデータが集められ、結婚や出産などのタイミングを見て、ローンなどの提案をするようなものです。

お客様の立場を考えてアプローチをすることが可能になってきます。

他にも、最先端の認証技術を使い、口座開設を簡略し、事務作業の人員削減をして対面サービスなどの人員を増やすということなども検討しているようです。

今後は、大手銀行は、外部の技術を取り入れ、新しいサービスを生み出すというオープンイノベーションを行っていく必要があります。

フィンテックにより銀行や証券会社の人員が削減される??

みずほ銀行の構造改革についての動画では、従業員の削減の計画が発表されています。

【銀行が危ない!?】フィンテック普及で異業種とも競争に

みずほ銀行は、「構造改革」を発表し、1万9000人の人員削減を考えているそうです。ブロックチェーンと呼ばれる新技術が、人件費より安いので、ITの無人化の方が利益が出るので、人員削減を余儀なくされているのです。

資金決済法改正により、法的にも銀行以外の業種が事実上、銀行業務に参入可能になっています。

仮想通貨が、その資金の代表です。

トヨタなどの銀行より大きい規模の大手企業が新規の仮想通貨公開という形で仮想通貨を導入すると、信用創造できるようになるということも、銀行にとっては危機と言われています。

今後は、銀行業務の中で無人化されるもの、無人化されないものに別れていきます。

無人化されるもの
定型事務や窓口業務、定型バックオフィス業務

無人化されないもの
VIP用窓口、財務省、金融庁など当局、株主、他社経営者、メディアなどとやり取り

AIによって自動化できるものは、自動化されていくのです。

フィンテックの影響が甚大なので、銀行業界から転職するなら早ければ早いほうがいいです。

フィンテックのセキュリティが課題

フィンテック セキュリティ 課題 仮想通貨 

フィンテックでは、個人情報をネットワークにデータ化されるので、いかに今後セキュリティを高めていき、顧客のセキュリティを守るかが課題と言われています。

安全性が確保されれば、世の中のお金のやり取りが今まで以上に便利になり世の中が豊かになると言われています。

実際に起きた有名なものは、coincheck(コインチェック)の仮想通貨NEMの不正送金による580億円の流失がありました。ハッキングにより、顧客の仮想通貨が失われてしまったのです。

フィンテックにおける過去最大の仮想通貨ハッキング事件になりました。

こういう部分は今後、フィンテック業界は注力して、セキュリティを高めていかなければならない点です。

フィンテックの中国普及率は84%??

Fin tech 転職 

フィンテック最大の普及率を誇る国は中国です。

中国のフィンテック普及率は84%と言われています。

フィンテックにより、eコマース市場が急激に成長しています。
eコマースというのは、「EC」と言われたり、「ネットショップ」「ネット通販」と言われたり、「電子商取引」等様々な表現をされていますが、つまりインターネットなどのネットワークを介して契約や決済などを行う取引形態のことで、インターネットでモノを売買することの総称です。

eコマースは、維持コストがあまりかからなく、日本で言うと楽天が最大のサービスで、amazonなどもあります。
eコマース市場は、将来はもっと使用が膨らむと言われています。

中国には、フィンテック企業のトップ5のうちの4社が存在し、中国が最も将来性が期待されています。

AppleやGoogle等の世界のIT大手も決済市場として注目している地域であるので、今後もさらなる普及率が期待されています。

昔の銀行、証券会社に就職安泰がフィンテック安泰に取って代わられる可能性が

フィンテック 銀行 人員削減

昔の親世代の時代には、銀行や証券会社に就職すれば、将来は一生安泰と言われていましたが、現在はそういうわけにもいきません。

時代の流れが急速に加速しているため、今後は金融業界の人員削減は避けられないでしょう。

むしろ今後は急速に拡大しているフィンテック業界に勤めることが安泰だよと言われる時代が来るかもしれません。

今はテクノロジーの発展によりITは日常生活から切り離せなくなっています。
今までのお金はやはり海外とのやり取りも不便だったりと色んな弊害もあったので、さらに技術が向上すれば、フィンテックが当たり前になるかもしれません。

それくらいフィンテック業界の影響力は計り知れないのです。

フィンテック業界の可能性は無限大

銀行 人員削減前 転職

フィンテック業界の可能性は無限大です。

フィンテック業界の魅力としては、やはり世の中を非常に便利にする可能性があることです。

フィンテックの普及により、世の中はより便利になります。
お金のやり取りに時間がかからなくなりますし、場所も選びません。
家にいながら支払いが出来たり、お金が借りられたり、投資のアドバイスを受けられたり、今までできなかったことが可能になります。

しかも人件費がかかっていたものがITによる無人化で格安になります。

これほど便利なことはないでしょう。

勿論、業界自体は発展途上ではあるので、なにかと仕事をするにあたって問題が生じやすいかもしれません。
ですが、そういうところに面白みを感じる人は、フィンテック業界に興味を持てるのではないでしょうか。

フィンテック業界への転職は転職エージェントがオススメ

フィンテック業界 魅力

フィンテック業界への転職は、転職エージェントを使うのがオススメです。

既に転職業界でもフィンテック業界については注目されていますし求人もあります。

今後、伸びていく業界なので、伸びていない段階での転職がオススメです。

またフィンテック業界へ転職を考えていないとしても、もしあなたが金融業界に勤めているとするならば、転職を視野に入れることも重要です。

金融業界の人員削減はすでに公開されています。

人員削減の対象にならないと自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか。

金融業界に就職したのちに金融業界の闇の部分を感じ、他の仕事をやってみたいと感じているのであれば、一度転職を視野に入れてみてもよいかもしれません。

転職エージェントであれば、無料登録後、エージェントと呼ばれる人に転職の相談なども乗ってもらえます。

なかなか一人で転職活動をするのは大変なものです。

転職エージェントに相談して、自分の将来について考えてみましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。