2019年の働き方改革なぜ必要?何が変わる?【徹底解説】

働き方改革 なぜ必要 何が変わる

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェント
リクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

最近、働き方改革って騒がれていますね。
2019年に働き方改革が施行されます。
働き方改革っていったい何でしょうか?
働き方改革はなぜ必要なのでしょうか?

働き方改革について知りたい人向けの記事です。

働き方改革は日本経済低下を食い止めるために必要!

働き方改革はなぜ必要なのかの根本的な理由は、日本経済の低下を食い止めるためです。

日本の労働環境の問題を考えた時に、その問題を解決して、生産性を向上させ、日本の経済を発展させようとするのが目的です。

日本は人口が低下しているので、ただでさえ、労働人口が減り続けています。
政府は少子化対策にも力を入れていますが、結局労働人口が減れば減るほど日本経済は衰退していくのは明らかです。
それでは、日本経済が危ない、どんどん力を失っていくということで、何とかその状況を打開しなければならないと打ち出された政策なのです。

特にその中で大きな問題となっているのは、長時間労働や残業です。

働き方がなぜ必要なのかを細かく見ていきましょう。

長時間労働の慣習を改善するために必要

働き方改革は長時間労働の慣習を改善するために必要とされています。
長時間労働による過労問題が現在社会に現れています。

企業が長時間の労働を労働者にさせることで、健康被害を生み出しているのです。

長時間で仕事をこなして業績を何とかしているようでは、海外企業の生産性にはとてもじゃないですが敵わないでしょう。

出来るだけ業務内容を効率化して、労働時間を減らしていく必要があります。
効率の悪い作業を減らしていく仕組みづくりなどを意識して、長時間労働を改善していく必要があります。

残業文化を改善するために必要

働き方改革は残業文化を改善するために必要です。

残業文化は百害あって一利なしです。

長い時間ダラダラ仕事をして、業務を終わらすのと、短い時間短期集中で業務を終わらすのだとどちらが効率的かというと明らかに短い時間で済ますほうが効率的ですね。

残業が当たり前だから、ダラダラと仕事をやる文化というのが日本人の体に染みついているのかもしれません。

ですが、そんな働き方をしているのは日本人くらいです。

海外の人はさっさと仕事を効率的に終わらし、早く家に帰ります。
長期休暇も日本と比べるとはるかに長いです。

色んな人材を積極登用するために必要

働き方改革はいろんな人材を積極登用するために必要です。

子育て中の女性の採用、外国人の採用によって、これまで労働力として力を発揮していなかった人材を積極的に採用するようにして、日本の労働生産性を上げていこうとしています。

外国人を採用することにより、日本だけの技術だけでなく、海外の技術を取り入れられるようになるので、技術の更なる発展が期待されます。
ですが、そのように多様な人材を積極的に採用するには、労働時間や業務の方法を改善していかなければいけません。

だから働き方改革が必要なのです。

働き方改革で何が変わるのか??

働き方改革 ブラック企業 消える

それでは実際に働き方改革では何が変わるのでしょうか。

有休5日取ることが義務化

働き方改革によって有休5日取ることが義務化されました。
労働基準法が見直され、具体的には、年に10日以上有休休暇の権利がある社員は最低5日は必ず有給休暇を与えます。

日本の有給消化率は今まで世界最下位クラスだったのです。
ヤバいですね。

でも働き方改革によってこれからは有休を以前よりも確実にとりやすくなりますよ。

副業解禁される

働き方改革によって、副業が解禁されます。
日本の企業は、副業や兼業を禁止しているところが多く、残業をさせていました。

副業がなぜ今になって解禁されるのかというところですが、表向きの理由は、副業を通じスキルや人脈を広めて、会社の生産性をもっと上げるということです。

実際は、副業が出来るようになると、副業をやる人が増えると予想されますが、残業をしなくなりますが、副業で仕事をするようになれば、日本人はより働くことになるのです。

残業で効率の悪い仕事をしていた状態が、副業で自主的に仕事をやるような状態に変われば、日本経済はより活性化するという裏の狙いがあるのでしょう。

副業をするかしないかは自由ですが、副業をする場合は、結局働く時間は残業をしていたころと変わらないかもしれませんね。

年功序列の仕組みが縮小される

働き方改革によって、年功序列の仕組みが縮小されると言われています。

同一労働同一賃金という仕組みが導入されようとしているからです。
同一労働同一賃金というのは、職務の内容同じ労働者に対しては、同じくらいの賃金を払うべきというものです。

大企業では特に40代、50代で仕事ができなくて平社員という人はたくさんいます。
そういう人たちは、20代と同じ仕事をしているのにもかかわらず、彼らの2倍以上の賃金をもらっている場合があります。

この差をなくそうという動きがあるので、今後は年功序列のシステムは徐々に崩壊していくといえるでしょう。

働き方改革でブラック企業は消滅していく

働き方改革で今後ブラック企業は消滅していくといえるでしょう。

働き方改革によって、長時間労働や残業がなくなっていき、色んな人材が採用されるようになります。

有休はとりやすくなり、副業は自由になり、年功序列の仕組みが崩壊していきます。

これからは長時間労働や残業の多い会社は古い会社になります。
むしろそういうことをしている会社は悪とされ、社会的に淘汰(とうた)されていくことになるでしょう。

とは言っても法律がいきなり変わったからと言って、状況が一気に変わることはあり得ません。

やはり法律が変わったあとブラック企業が減っていくまでには時差があるでしょう。

働き方改革で、ダメージを受けるのは、仕事ができない人だと思います。
逆に働き方改革で、恩恵を受けられるのは、仕事ができる人だと思います。

格差社会がますます広がりそうな気もしますが、日本経済の発展させるためには、やはり日本国内でも人々を競争させあうしかありません。

日本の少子高齢化の状況などから考えても、仕方がない流れと言えるでしょう。

今長時間労働や残業の多い会社は詰みますよ

あなたが今勤めている会社では、長時間労働はありますか??
あなたが今勤めている会社では、残業が多いですか??
あなたが今勤めている会社は、休日出勤が多いですか?
あなたが今勤めている会社は、有休ちゃんととれていますか???

あなたが今勤めている会社がブラック企業であればあるほど、働き方改革によってダメージを受けることになるはずです。

法律改正なので、すべての企業は守らないといけないですが、ブラック企業であればあるほど、状況を改善するために努力しなければなりません。

つまりブラック企業であればあるほどがたが来やすいです。

ブラック企業が社員をこき使っていたことで、なんとか経営を続けていたという場合は、働き方改革で社員の長時間労働を減らすようになったら、そもそも企業の存続が危ぶまれるようになるかもしれません。

休日出勤によって成り立っていた会社もあると思います。

そのような状況の会社にあなたが勤めていた場合、働き方改革が実行された後にがたが起きて、会社の倒産や社員のリストラが起きる可能性は否定できません。

社員は、働き方改革で、ただ何となく残業が減るからラッキーだ、有休たくさんとれる!と思うかもしれません。
ですが、その分企業の経営陣は、会社経営に苦しまされることになるのです。

働き方改革は、良いことも勿論ありますが、このような問題も発生してしまうのです。

もしあなたが長時間労働や残業の多いブラック企業にいるようなら、この機会にブラック企業を飛び出してもよいと思います。

働き方改革によって、ブラック企業は今後消えていきます。
消えていく会社にずっと勤めていると、いざ職を失った時に路頭に迷うことになります。

働き方改革が行われるここ数年が重要です。
あなたの働き方も変えていきましょう。

休日出勤 行きたくない休日出勤、土日出勤なんて行きたくない。日常茶飯事な会社は異常だ!

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。