人見知りに営業マンは向いていない理由!人見知りに営業は過酷な試練だ

人見知り 営業 向いていない 理由

人見知りに営業マンは向いていないです。人見知りにとって営業活動とは、過酷な試練であると言っても過言でもありません。

あなたは、営業マンとして活動をしていて、営業無理ゲーだと感じてはいませんか?

あなたが人見知りだったら、一旦考えてみてください。

ちまたでは、人見知りが営業マンに向いている、実は人見知りの僕が実は営業に向いていたと囁かれていますが、それはストーリー性があるからで自分でも頑張れると思うからです。

営業マンに向いているのは、人見知りじゃない人か、人見知りを克服した人が多いです。

人見知りの営業マンがどうすればいいか理由も添えて今回はしっかり説明していきます。

コミュ力を学生時代に鍛えていた奴がトップを取る世界

数多くの営業マンを見ていますが、どの業界でも営業成績がトップクラスな人で人見知りはいません。

どの業界でも学生時代の時からコミュニケーション力が高いと思われていた人が結局高い営業成績をたたき出しています。
学生時代に部活で部長や副部長を務めていた人、社交的な人、プライドが低くてお客様に頭を下げることが出来る人、このような人は、営業マンとしての適性があることが多いです。

学生時代に恋愛を何度かして彼氏彼女を作っていたという風に異性と恋愛してきた経験の多い人も相手の気持ちを察することがうまい場合が多いのでそういう人たちも向いています。

コミュニケーション力と営業力は若干別のジャンルと言い切ることは出来ますが、コミュニケーション力は営業力の土台の部分であると言えます。

営業力

  • ヒアリング力
  • 商品知識の暗記
  • プレゼン力
  • etc..

営業マンは、相手の気持ちをやり取りの中から判断しないといけません。
顔の表情や、体の動き、声のトーン、声の大きさ、話の内容、色んなところから相手のニーズを判断しないといけないのです。

その中で、このお客様は悩みが深いか、このお客様はこの商品に興味を持っていないから今回は引いたほうがいいな、このお客様は警戒心が強く人見知りだからすぐに営業を書けないほうがいいなとか、相手によって臨機応変に対応するスキルが求められるのです。

これに関しては場数がなければ難しいです。

学生時代までに、人と話すことが多かった人たちは、その分、場数が全然違うので、相手がどういう風に考えているかを読み取り、それに応じた対応をすることにたけているのです。

人見知りの場合、明らかに人見知りでない人と比べて、今までの人生で人と話した回数が少ないでしょう。

人見知りで営業をする場合、人見知りでない人と比べた時に、会社に入った時点で明らかにハンデがあります。

これは人見知りの営業マンが向いていないと思われる理由の一つです。

商品知識を他の人よりも圧倒的にインプットするとか、資料作りを徹底して一番わかりやすくする等、コミュニケーション以外の部分で勿論挽回することが出来ますが、コミュニケーション力という一番土台の部分にハンデを負っているので、向いているとはいいがたいです。

結局その場合、コミュニケーション力が高くて、商品知識もしっかり入れて資料作りも完ぺきな営業マンが天下を取ります。

人見知りだと、新規営業、飛び込み営業はまずきつい

人見知り 営業 向いてない

人見知りの営業マンだと、新規営業、特に飛び込み営業はマジできついんじゃないでしょうか。

急に部署が異動して営業をやらされることになったが、飛び込み営業に行ってこいと言われて、困ってしまった。
そんな経験がある人はいませんか?

人見知りの営業マンの場合、飛び込み営業はものすごく精神的にきついのではないでしょうか。これも人見知りの営業マンは向いていないという理由の一つです。

初対面の人と話すのが苦手だと思いながら、飛び込み先の会社の入り口の前で、止まって地蔵になって時間を過ごしてしまったり。

人見知りの中には、人見知りしすぎて飛び込み営業をさせられても、ずっと飛び込むことすらできずに何もせずに帰ってきたという人もいます。

向いている向いていない以前の問題ですよね。

そこまで勇気を奮い立たせないと、飛び込んで話すということが出来ないので、かなり非効率的です。

しかもそれは入り口です。

新規営業で、初対面同士で一対一で話す時、その時の会話で次も会ってもらいたいと思われなければ二度目のアポイントはありません。

つまり、新規営業では、その短い営業時間内の間に、相手との距離を一気に詰める必要があるのです。

人見知りの場合、相手との距離を縮めるのに時間がかかってしまうので、新規営業だと、仲良くなれずにそのまま終了ということもありえます。

人見知りに新規営業、飛び込み営業は向いていないのです。

人と関わらない 仕事人と関わらない仕事をしたい人が一度は検討する職業11

人見知りの営業マンはどちらかと言えばルート営業のほうがいい

人見知りの営業マンは営業として生きている場合は、どちらかというとルート営業のほうがいいです。

新規営業、飛び込み営業は先ほど書いた通り向いていません。

ですが、ルート営業の場合、顧客が決まっているところに訪問します。
恐らく今まであなたの上司が通っていたところになりますから、いきなり訪問できなくなるということはありません。
会社同士の関係性もあるので、お互いアポを取ろうとしたら、「是非よろしくお願いします」という形で時間を作ってくれます。

そして最初のうちは距離感を縮められなかったとしても、段々と打ち解けて緊張感がなくなるかもしれません。
内向的で人見知りな性格だったとしても、何とかなる場合があります。

あなたが人見知りで営業マンだったとしてもルート営業であるならば、段々とお客様と仲良くなれて結果につながるかもしれません。

文系は営業職を何となく目指す傾向があるが

人見知り ゲーム

今の日本では何となく文系の大学を出ると営業職に何となくなろうと思って、特に理由もないのに営業職を志望する場合も多いです。

果たしてその選択が正しいのかどうかということです。

コミュ症、説明が下手糞、清潔感がない、プライドが高い、礼儀知らず、柔軟性がない、そのような人たちは営業マンとして向いていません。

休みの日は家に引きこもっているのが好きで、人と話さずゲームをしている方が好きという場合もかなり営業職はきついと言えるでしょう。

営業職でなくても実際はいろんな仕事があります。

今の時代だとエンジニア職の仕事も多いですし、WEBクリエイターなどの仕事なども社外との接点がそこまでなくストレスフリーで仕事ができる場合もあります。

文系だから必ず営業職をしなければならないというのは、いささか早すぎる判断だと言えるでしょう。

人見知り エンジニア 向いている人見知りにはエンジニアが向いている??果たしてコミュ力は必要あるのか?

人見知りの営業マンが選択すべきは二択のみ

人見知りの営業マンが選択すべきは二択のみだと思います。

人見知りを克服するために圧倒的に人と話す経験を積む

人見知りを克服するために圧倒的に人と話す経験を積むということがまずは一つ目の選択肢です。

営業として生きると決めた以上、あなたは人見知りを克服したほうがいいです。
人見知りを克服すると良いことは、あなたは人見知りの気持ちと、人見知りでない人の気持ちの両方の気持ちが分かるようになります。

もし最初から人見知りではない人だった場合、なかなか人見知りの人の気持ちが分かりません。

従って、人見知りを克服することで、人見知りの気持ちも分かる営業マンになることが出来るのです。
これは相当な強みになると言えるでしょう。

ただしそのためには相当な努力をしなければいけません。
営業先に行く回数を増やし、営業で話す回数を増やさなければいけません。またプライベートの時間も人と話す経験を積んだほうがいいでしょう。

飲み会に参加する、友人の誘いは断らない、交流会に積極的に参加する、デートをたくさんする。

このように日常生活で会話をする時間をどんどん増やしてください。
そうするとだんだん初対面の人と話すことが億劫ではなくなります。

人見知りを克服して、相手の懐に入り込めるようにならないと、営業でなかなか結果を出すのは難しくなります。

あなたが営業成績なんてドベでもいい、俺の人生お先真っ暗だと思っているなら話は別ですが、もしあなたが営業マンとして頑張っていきたいのならば人見知りの克服は絶対条件です。

何が何でもがむしゃらに人と話して人見知りを克服しましょう。
がむしゃらにやれば人見知りが直る場合があります。

人見知りで営業をするのを諦め別の適性のある仕事を探す

もう一つの選択肢は、人見知りで営業をするのを諦め、別の適性のある仕事を探すということです。

仕事はやっぱり向き不向きがあるというのが事実です。
世の中にいる人間が全員営業に向いているかというと絶対そうではありませんし、事務職が向いている人もいれば、エンジニアなどが向いている人もいます。

営業が向いていない人が営業を続けると、全然結果が出ず「全然仕事ができない」とネガティブになってしまい、さらにその状態で営業に行って、上手く行かずまた悲観的になると言った負の連鎖を味わう可能性があります。

人見知りが営業で結果を出せるようになるには、それなりの努力が必要で、時間もかかります。

そして努力をしたにもかかわらず、やっぱり人見知りのままだったという人もいると思います。

そういう人は、本質的に営業が向いていません。

営業マンは飲み会や接待なども多いですから、そういう場でも苦労することになりますよ。

従って、人見知りで営業が向いていないと感じているようであれば、営業は諦めて違う仕事を探したほうがいいです。

おそらく人見知りで営業を向いていないと感じているならば、もっと適した仕事が100%あると言ってもいいでしょう。

経理の仕事、WEBの仕事、プログラミングの仕事、人とあまり話さなくても成り立つ仕事はいっぱいあります。

あなたが今までそこに目を向けていなかっただけです。

世の中にはいろいろな仕事があるのですから、ぜひ視野を広げて自分に向いている仕事を探して転職をしましょう。

とはいえ、営業マンから他の職種に転職するのは、一人でやるには負担が大きくて辛い場合があります。

そこでおすすめなのが転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。

人見知りの営業マンの今後

人見知りの営業マンは、もともと人見知りでない人と比べてハンデがあったり、飛び込み営業が極端に苦手という理由から、なかなか結果が出せないと嘆くと思います。

ですが、その状態で、営業に向き合うために、人見知りを克服しようとするか、はたまた早めに営業マンに見切りをつけて違う仕事を探すかで今後の人生が変わってきます。

何事も決断は早めがいいです。しっかりと自分の人生に向き合っていきましょう。