人見知りにはエンジニアが向いている??果たしてコミュ力は必要あるのか?

人見知り エンジニア 向いている

人見知りにはエンジニアが向いているか。
果たしてコミュ力が必要か。
今回はそのような議論を行っていく。

今回は人見知りだけどエンジニアってどうなんだろう?エンジニアに転職もありかなと健闘している人向けの記事です。
エンジニア、又はエンジニアになりたい人向けなので、後半に少しだけ基礎知識を入れています。

最後にエンジニアの転職におすすめの転職サイトを全て公開します。

それでは、人見知りにはエンジニアは向いているのか?ということについて見ていきましょう。

人見知りにはエンジニアが向いているのか??

人見知り プログラマー 向いている

結論から言うと人見知りにはエンジニアは向いていると言えるが、完全にコミュニーション力が必要ないというわけではありません。

SE(システムエンジニア)には仕事内容としていろいろな区分があります。

その中で、上流工程区分、下流工程区分という風に大きく二つわけられたりしますが、上流区分ではお客様と話す機会があり、コミュニケーションが多少必要です。

下流工程では、プログラミングをすることが多いので、作業の際はコミュニケーション力があまり必要ありません。

人見知りで人と話すのが苦手という場合は、エンジニアの下流工程が向いています。

ただし、下流工程と言っても、社内のエンジニアと話す機会があるので全く必要ないことではありません。

SEの区分

SEの区分についてもう少し詳しく見ていって、人見知りにとってどうなのか見ていきます。SE(システムエンジニア)にはいろいろな区分があります。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトのマネジメントをする仕事です。
プロジェクトマネージャー試験という難関資格を取らないといけません。
プロジェクトを進めていくうえで、進捗管理や、現状把握、仕事や人員調整、顧客との打ち合わせ、リストやトラブルの防止等、さまざまなマネジメントを行います。

プロジェクトの進捗状況によって人員を再配置したり、仕事を振りなおしたり、新しい人材をサポートで連れてきたり等を行います。

上流工程

上流工程では、「設計図」を書く仕事です。

建築業で言うと、建築士が図面を引くことに似ています。

上流工程では、ネットワークやサーバーの設計図を書くというようなお仕事をエンジニアが行います。
システムを作る初期の段階で、お客様とのやり取りをして要望に沿ったシステムが作れるかどうかを調整します。
また開発メンバーとのやり取りが求められます。

つまりプログラムを淡々と組みたいという人はあまり望まない仕事であり、人と話すことが多いので、コミュ力が必要になる区分です。

お客様からヒアリングする部分を外部設計、システム的な側面から設計書を作成することを内部設計と言います。

下流工程

下流工程は、「設計図」を元にシステムを作る仕事です。
建築業で言うと、図面をもとに、建物を建てることに似ています。

下流工程は、上流工程で決められた設計を元に、プログラムを設計したり、実際のコードを作成します。実際にプログラミングを現場で行う仕事です。

また実際にシステムがちゃんと機能するかをテストするテスターという仕事をするエンジニアもいます。

現場で実際に経験を積むことで、技術を学びます。
どんなに一流のエンジニアも必ず下流工程を経験しています。

下流工程は、プログラミングやテストといった比較的単調な作業が多いので、経験の浅いエンジニアがやることが多いです。

上流工程と下流工程のQ&A

Q給料に違いはあるの?

A上流工程の方が給料が高い傾向があります。

Q上流工程と下流工程はどっちが偉いの??

A上流工程は下流工程に指示を出し、下流工程は上流工程からの指示を待ちますが、対等な対場です。エンジニアとして働くならどちらの部分も経験することになり、どちらの仕事も行う可能性があります。

Q上流工程と下流工程どっちが転職しやすいの??
下流工程では、プログラミングやテストなどどんどんシステム開発の仕事を行うので知識がつくので転職しやすくなります。スキルはつくので、転職の時に困らなくなります。

エンジニアというよりプログラマーが人見知りに向いている

プログラマー(PG)という職業を聞いたことがある人もいると思いますが、多くの人は、エンジニアとプログラマーをごっちゃにしますが、プロジェクトでの役割が違います。

分からない方は下記記事に違いをまとめているので、参考にしてください。

システムエンジニア プログラマー 違いシステムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いは何ぞや?

エンジニアであれば、上流工程、下流工程を経験しますが、プログラマーは、プログラムをひたすら作る仕事なので、下流工程を行います。

つまり人見知りはエンジニアが向いているというより、プログラマーが人見知りに向いています。

プログラマーは、論理的思考力集中力が求められ、一点を深める職人系の仕事といってもいいでしょう。

ただし、プログラマーとして働くと、プログラミングのスキルがものすごく身につくので、その後、キャリアアップでエンジニアを目指す人も多いです。

プログラミングスキルが現在全くないという方には下記記事がオススメです。

関連記事:転職したいけどスキルがない人はプログラミング無料学習Progateがおすすめ

転職したい スキル ない転職したいけどスキルがない人はプログラミング無料学習Progateがおすすめ

果たしてコミュ力は必要あるのか?

結局人見知りのエンジニアにコミュ力は必要あるのか??ということですが、あるに越したことはないと思います。

結局エンジニアで上流工程だとしたらお客様と打ち合わせしたりする機会があるので、しゃべる機会がありますし、下流工程だとしても、社内のエンジニアと話す機会もあります。

全くいりませんというわけではありません。

ただし、想像すればわかると思いますが、人見知りのエンジニアは非常に多いです。

おたがい人見知りなので、人見知りをディスることもなく、人見知りの人が居心地が悪いということは恐らくありません。

営業職と比べてエンジニア職では、営業職の方が高いコミュニーションスキルが求められるので、営業マンには人見知りする人は少ないです。

自分と似たような人が集まるということを考えると、特にエンジニアの仕事でコミュ力がめっちゃ必要とまではいかないでしょう。

コミュ力がなくて、マジで困ったという事態にはほとんどならないです。

エンジニアはどんな資格がいるのか

エンジニアの資格は様々です。
簡単なものから難しいものまでいろいろあります。
簡単に紹介します。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験制度:試験区分一覧より

基本情報技術者試験(FE)

数ある資格の中でほぼほぼ必要になってくるのが、基本情報技術者試験というものです。
情報処理推進機構(IPA)が行っている国家資格で、高確率で出世に関わってきます。

取得していない状態で入社すると勉強することになることが多いです。

IT系の資格として一番最初に取っておきたい資格です。

これより簡単な資格に、ITパスポート試験というものがありますが、取得していても企業に特に評価されるわけではないので取得する意味合いは少ないです。

応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験というものもあります。基礎的な知識・技能だったものが、応用的知識・技能を求められます。

IT系で働いているとすれば中級くらいのレベルになります。

高度な知識・技能としてさらなる試験もある

ここからはより細分化され、より高度な資格が存在します。ここではすべてを説明するのは割愛させていただきます。

ITストラテジスト試験、システムアーキテクト試験、プロジェクトマネージャー試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験、エンベデッドシステムスペシャリスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験、ITサービスマネージャ試験、システム監査技術者試験。

カタカナがいっぱいです。

これらは、実務を通じてどのようなSE(システムエンジニア)になりたいかによってどれを取りたいかとか決まってくるので、そうなってから勉強したい人は勉強すればよいと思います。

エンジニアにおすすめの転職エージェント

エンジニア おすすめ 転職エージェント

エンジニアにおすすめの転職エージェントを紹介します。

エンジニアは、デザインを学んだり、プログラミングを学んだり、仕事の幅が広いです。転職市場も大きいです。

エンジニアの転職は、きつくて辞めるか、ステップアップのために辞めるかのどちらもあります。
社内のプロジェクトマネージャーの仕事の配分の仕方が下手糞で、毎回ミスばっかして残業だらけという会社もあるので、そういうのが嫌で転職する人もいますし、自社で身に着けたスキルを活かして他の会社でキャリアアップしたい人もいます。

ワークポート

・ワークポート

IT業界、エンジニアの転職ならワークポートは確実に必要です。
1分で無料登録することが出来るので、IT業界、エンジニアの転職をしようと検討している人は、今登録をしておきましょう。
求人数は、約8500件ほどで業界トップクラスです。

エンジニアで転職を考える人は必ず使っているといえるでしょう。

リクルートエージェント

・リクルートエージェント

リクルートエージェントは、IT業界だけでなく、すべての業界で使える転職エージェント最大手です。
大手なので、求人数は、約8000件ほどで非常に多いです。

doda

・doda

転職サイトと転職エージェントの融合したdodaもIT業界の転職で使いやすいです。
求人数は上記2社に劣りますが、約3000件あります。

レバテックキャリア

・レバテックキャリア

レバテックキャリアもIT、Web業界に特化した転職サイトです。
特化しているので、ITやWeb系の仕事に特化して探しやすいです。

以上のサイトはIT系への転職を目指すなら、使う価値があるサイトです。

もしあなたが、少しでも転職を考えているのであれば、登録してエージェントに相談してみましょう。実際に相談しないと実際業界がどうなのかよく分かりません。

あなたが人見知りだとしてもエージェントは親身になって話を聞いてくれます。
エージェントは転職のプロなので、人見知りの人も数多く相談に乗っているのでしっかりと相談に乗ってくれますよ。

上記のエージェントであれば、転職相談もしっかりと出来るので、IT業界の転職をスムーズに進めることが可能です。手に職をつけて時代の流れに振り落とされないで生き残れる能力を身につけていきましょう。

フリーランスエンジニアになるならコミュ力はあったほうがいい

もしあなたがエンジニアの中でも、フリーランスのエンジニアになりたいのであれば、正直コミュ力はあったほうがいいです。

エンジニアとして会社で働いていると、プログラミングなどのスキルも身につくので、独立してフリーランスとして個人でやっていくことも本気であれば可能です。

ですが、その為には仕事をしっかりとってくるコミュ力や、しっかりと仕事をこなす能力が必要です。

フリーランスエンジニアになるのは、簡単ではないですが、やりがいのある仕事です。

現時点で人見知りであるとするならば、プログラミングスキルなども磨きつつ、コミュニーションスキルも徐々に磨いていったほうが、フリーランスエンジニアの道が開けるかもしれませんよ。

フリーランスのエンジニア向けの転職エージェント

フリーランスのエンジニアを目指したい方向けの、フリーランスのエンジニア向けの転職エージェントは下記になります。

ギークスジョブ

・ギークスジョブ

フリーエンジニア5日以内に案件決定!を推しにしているギークスジョブです。
しっかりとWEBで無料エントリーすれば、2日以内にエージェントから連絡が来るので、すぐに案件が決まります。

仕事をみつけてどんどん実力をつけたい方にはオススメです。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスもフリーエンジニアやデザイナーの案件を多く抱えています。
色んな案件があります。

エンジニアのフリーランスを目指す人は上記転職エージェントから案件を探してみてください。

プログラミングをしっかり学びたい場合

もしあなたがプログラミング経験がなく、本気でプログラミングを学んで、仕事でもどんどん使っていきたいと考えているのだったら、自宅で学べるオンラインのプログラミングスクールTechAcademyでプログラミングをどっぷり学ぶというのもいいです。

TechAcademyの無料体験はこちらから>>>



TechAcademyも無料体験があるので、無料体験を使用してみて、合わなかったらそのままやめることもできます。
しっかりここで学びたいと感じたら有料プランでしっかり学んでプログラミングをモノに出来たら、将来は自由にプログラミング出来るようになって、どういう職場に行っても困らなくなるでしょうね。

転職したいけどスキルがなくて悩んでいるという人は、プログラミングをちょっくらかじってみてはどうですか。

あなたの本当に向いていることが見つかるかもしれませんよ。

TechAcademyの無料体験はこちらから>>>