契約社員の不安定な理由を徹底解説。リスクあるしやめたほうがいい。

契約社員 不安定 理由

契約社員の不安定さを徹底解説します。契約社員ってめちゃくちゃ不安定なんですよ。

契約社員はリスクがあるのでやめたほうがいいです。

何故契約社員が不安定かを本記事では徹底解説致します。

現在、契約社員の方、正社員から契約社員を検討している方は読んでみてください。

本記事を読めば、

  • 契約社員が不安定である理由

が分かります。

それでは見ていきましょう。

契約社員が不安定な理由7つ

契約社員が不安定な理由をまとめます。

契約社員が不安定なのは何故なのでしょうか。契約社員が不安定なのは下記のような理由があります。

順番に見ていきましょう。

  1. 契約社員は正社員と比べてクビになりやすいから
  2. 契約社員から正社員登用の可能性は低いから
  3. 昇給・昇格の機会が正社員と比べて少ないから
  4. ボーナスや退職金が出ないことが多いから
  5. 給与が正社員よりも低い場合が多いから
  6. 転職市場価値が下がるから

1.契約社員は正社員と比べてクビになりやすいから

契約社員が不安定な理由の1つ目は、契約社員は正社員と比べてクビになりやすいからというものがあります。

もちろん法律上は契約社員という雇用形態でも、契約期間中は正社員と変わらずクビに出来ません。

これは労働契約法第17条の1項にて決まっています。

使用者は、期間の定めのある労働契約(以下この章において「有期労働契約」という。)について、やむを得ない事由がある場合でなければ、その契約期間が満了するまでの間において、労働者を解雇することができない。

ここでのやむを得ない理由というのは、

  • 会社の業績が著しく悪化(年商50%減など)
  • 懲戒解雇になるくらい会社に大損害を与えた場合

です。こういうことはよっぽどなので、これを理由にクビにされるというのはめったにないでしょう。

しかし契約社員は、契約期間が必ず決まっていて、3か月、半年、1年、2年と決められて契約期間が終了する都度契約更新を行います。

契約社員は、契約期間中はクビにすることはできませんが契約期間終了の時に、契約更新を拒否されれば事実上クビというか職を失ってしまうのです。

企業は「契約更新を拒否」するだけで法律的に問題なく、クビにすることが出来るのです。

例えば大手金融機関も最近人員削減だ、リストラだ等話題になっていますが、人員削減されるのはほとんどが契約社員だそうです。

結局正社員は簡単にクビに出来ないので、大手企業の人員削減という場合、契約社員を筆頭に人員削減の対象になってしまうのです。

また会社の業績が悪化していなかったとしても契約社員は契約更新を拒否される場合があります。

例えば上司があなたのことを気に入らなかったとか個人的な感情で決められる場合もありますし、営業成績が悪かったという理由で決められる場合もありますし、理不尽な理由で契約更新をストップされることも日常茶飯事です。

契約社員の契約は基本的には延長されるものですが、それでも正社員よりは仕事がなくなるリスクが圧倒的に高いのです。

2.契約社員から正社員登用の可能性は低いから

契約社員が不安定な理由の2つ目は、契約社員から正社員登用の可能性は低いからというものがあります。

契約社員からの正社員登用を期待して、契約社員になる人も多くいます。

ですが、契約社員を雇って、わざわざ正社員にしようと考える企業は少ないです。
だったら最初から正社員として雇うでしょう。

  • 優秀でずっといて欲しいと思うなら正社員登用
  • そうじゃなかったら、安い賃金で働かせる

こう考えて契約社員を雇っている企業は多いです。

実際優秀な人材だとしても、正社員よりも契約社員の方が給料が安く済むので、優秀な人材を安い賃金で働いてもらうことが出来ます。これは企業にとっても願ったりかなったりです。

企業だって人件費は出来るだけ抑えたいと試行錯誤していますし、契約社員という形態を人件費を抑えるという意味で利用している場合も多いのです。

「正社員登用あり」という言葉は釣り文句であって信じてはいけません。

正社員にしたら給与も高くなるし、ボーナスも出さないといけないし、クビにしづらいし企業側から見たら良いことがありません。

正社員登用ありで期待させたまま働いてもらって、結局そのまま契約社員のままということは多いので、正社員登用ありという言葉にしがみついて働くのは不安定であるといえます。

3.昇給・昇格の機会が正社員と比べて少ないから

契約社員が不安定な理由の3つ目は、昇給・昇格の機会が正社員と比べて少ないからというものがあります。

契約社員は正社員と比べて昇給や昇格の機会が少ないんですね。正社員の場合は仕事を頑張っていたら段々と給料が上がっていきます。ですが、契約社員の場合はそういうチャンスが少ないので、仮に頑張って働いても報われないということが多いです。

もし今後生活費が増えていくと予想されるなら給料が全然上がらないというのは辛いですよね。

特に家庭を持つ場合、子供が大きくなるたびに確実に生活費は大きくなります。将来どんなことでお金がかかるようになるか分からないですし給料が上がるチャンスがほとんどない契約社員は昇給・昇格面でも不利な部分がありますね。

4.ボーナスや退職金が出ないことが多いから

契約社員が不安定な理由の4つ目は、ボーナスや退職金が出ないことが多いからというものがあります。こちらも金銭的な物が理由ですが、契約社員はボーナスや退職金が出ないことが多いんですよね。

退職金に関しては、雇用契約書に記載がなければ、退職金はもらえることはありません。
ボーナスも基本的にないです。

こういった基本給以外の給料をもらうチャンスが少ないので、正社員と比べて生活費に使えるお金が少なくなり不安定です

5.給与が正社員よりも低い場合が多いから

契約社員が不安定な理由の5つ目は、給与が正社員よりも低い場合が多いからというものがあります。

結局のところ、契約社員は給与も正社員と比べて低いです。

収入が正社員と比べてどうしても低くなってしまうので貯金なども貯まりにくいので、万が一クビになってしまった時に、貯金がなくてどうしようもないという事態に陥りやすいです。

といっても契約社員で貯金を毎月貯めるというのもなかなか厳しいです。

最初から賃金の底上げが出来る正社員の方が安定した給料を稼ぐことが出来るでしょう。

6.転職市場価値が下がるから

契約社員が不安定な理由の6つ目は、転職市場価値が下がるからというものがあります。

契約社員だと、正社員と比べて会社の重要な仕事を任されることは少ないです。

そのため、誰でもできるような業務をやることになるので、将来役に立つようなスキルがなかなか身につきません。

そうすると次に転職する際も仕事でこういうスキルが付きましたとアピールすることが難しいので転職価値が下がることになります。

契約社員から契約社員の転職を繰り返してしまうと仕事の部分でアピールすることが出来なくなってしまうのです。

「転職に強くない自分になってしまう」というのは、将来のことを考えるとかなり不安定です。

7.社会的な信用度が低いから

契約社員の不安定な理由の7つ目は、社会的な信用度が低いからというものがあります。

正社員と比べてしまうと、契約社員という雇用形態はどうしても社会的信用度が低くなってしまいます。

具体的には、住宅ローン、自動車ローンを組みづらくなりますし、借入可能額も少なくなる場合があります。

万が一将来お金に困ってお金を借りなければならないとなった時も、社会的信用度が低いので貸してもらえないという可能性もあります。

結婚などでも、相手が契約社員だし大丈夫かな?と不安に思う親もいます。

 

以上のように契約社員が不安定な理由はたくさんあります。

「契約社員は不安定である」という定説はもはや間違ってはいないです。

契約社員の人が良く持つ不安や将来性についての疑問は下記記事にて解説しています。良ければ参考にどうぞ。

契約社員 不安 将来性契約社員の不安と将来性まとめ【保存版】正社員と違いを比較する

結論 契約社員はリスクあるからやめたほうがいい

契約社員 不安定 理由

今回の記事では契約社員の不安定さをまとめました。

ざっくりとまとめると契約社員は

  • 雇用の不安定さ
  • お金の面の不安定さ
  • 社会的価値の不安定さ

が付きまとっています。

契約社員は不安定さというリスクと向き合い続ける必要があるのでおすすめしません。やめたほうがいいです。

正社員になれず、やむを得ず働かないといけないなら仕方がないですが、それでも虎視眈々(こしたんたん)と正社員の座を狙っていきましょう。

あなたが正社員なら会社はあなたを会社の戦力にしようと愛情をもって大切に育ててくれますが、契約社員ならいつかやめると考えられているので大切に育ててはもらえません。

正社員登用を狙って、雇用もお金も社会的地位も安定させていきましょう。正社員を目指すなら転職エージェントがおすすめです。転職に視野を入れながら働くことは十分可能なので今すぐ行動を起こしていってください。

後で後悔しても遅いですよ。誰も助けてはくれないです。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

今すぐリクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

退職を言い出せないという方には退職代行サービスというものがあるので下記記事を参考にしてください。

退職代行サービス EXIT SARABA 比較退職代行サービスのEXITとSARABAどっちを使えばよいか比較してみた

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。