初心者でも分かる確定拠出年金(IDeCo・イデコ)の始め方

初心者でも分かるIDecoの始め方

確定拠出年金って何でしょう。

金融庁が2019年に6月に公表した「高齢社会における資産形成・管理」の内容が大きく取り上げられ「老後資金2000万円問題」と言われ、話題になっています。

年金崩壊に備えるためと言われていますが実際どうなのでしょうか。

本記事を読めば

  • 確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の概要
  • 確定拠出年金のメリット
  • 確定拠出年金のデメリット
  • 確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は特別法人税復活の可能性がある?
  • 確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の始め方
  • 確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の商品の選び方

が分かります。

確定拠出年金は2種類ある

確定拠出年金は、2種類あります。

企業型確定拠出年金(企業型DC)と、個人型確定拠出年金(iDeco・イデコ)です。

とはいえ、企業型確定拠出年金(企業型DC)というのは、会社の退職金制度です。

確定拠出年金企業型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)
加入会社が退職金制度として導入している場合に加入自分の意志で入る任意加入
掛金会社が負担自分が負担
納付方法会社から納付自分の口座から負担
金融機関の選択会社が選択自分が選択
運用商品会社が用意してくれている商品から選ぶ自分が契約する金融機関で用意している商品から選ぶ
口座管理料会社負担のケースが多い自分が負担

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)事態は2001年から始まり、初期は会社員が対象でしたが、2017年1月から専業主婦や公務員も加入可能になりました。

個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)とは?

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)って何だろう。

私的年金制度(毎月積み立て)

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は、私的年金制度と言われています。

毎月お金を積み立てていって、ある時期が来ると積み立てたお金が戻ってくる制度です。

金融商品を自分で選んで積み立てる

自分自身で銀行や証券会社で申し込んで、金融商品を選んで積み立てるのが特徴です。

自分自身で選んで運用していきます。

積み立ての支払いが節税になる

株や投資信託をしたりしても支払った行為が税金を安くすることはないですが、その支払いが控除という形で、所得を減らして節税をすることができます。

積み立ての受け取りは60歳まで受け取れない

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)で積み立てしたら、60歳になるまでは受け取ることが出来ません。

60歳の受け取り時は課税になる

積み立てしている際は、税金が安くなりますが、60歳に受け取る時には課税されます。

積立額の上限は年額14万4,000円~81万6,000円

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の積立額の上限は決まっています。

自営業者、会社員、公務員、専業主婦などによって変わってきます。

国民年金の加入状況具体例確定拠出年金の上限
第一号被保険者自営業者等年額81.6万(月額6.8万)
第2号被保険者企業型DCのない会社員年額27.6万(月額2.3万)
企業型DCに加入している会社員年額24万(月額2万)
第3号被保険者DB加入者、公務員年額14.4万(月額1.2万)
専業主婦(夫)等年額27.6万(月額2.3万)

60歳以下のだれでも確定拠出年金(iDeCo・イデコ)を使える可能性があります。

運用益が非課税

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の運用益は非課税です。

本来は20.315%かかりますが、確定拠出年金(iDeCo・イデコ)で運用した場合、課税されません。

実質解約はできない

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は一回始めると解約できません。

始める前に注意が必要です。

手数料がいくつかかかる

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は手数料がかかります。

  • 口座維持手数料
  • 収納手数料
  • 運用管理費用

この点は気を付けないといけないポイントです。

関連動画

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)については、税理士大河内薫の税金チャンネルで説明されています。

分かりやすいので動画でさくっと勉強したい人にオススメです。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の概要やメリット・デメリットを税理士が解説!初心者が商品を選ぶときのおすすめも紹介!【年金崩壊に備える②】

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の受け取り時の税金は?

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は、積み立ての時は非課税ですが、受け取り時に課税されます。

実際積み立ての時の節税と、受け取りの課税を比較したときにどちらがお得なのでしょうか。

結論から言うと

積み立ての節税>受け取りの課税

です。

ですので、運用益を出すということでお得に運用をすることが出来ます。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のメリット

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のメリットをまとめます。

  1. 原則誰でも入ることが出来る
  2. 運用益が非課税
  3. 積み立ての支払いが節税できる
  4. 投資商品を選択が可能

1.原則誰でも入ることが出来る

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の1つ目のメリットは、誰でも入ることが出来るということです。

何か資産運用を始めようと思った人が始めやすいものになります。

2.運用益は非課税

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の2つ目のメリットは運用益は非課税ということです。

運用で出た利益には課税されません。

3.積み立ての支払いが節税できる

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の3つ目のメリットは、積み立ての支払いが節税できるということです。

支払いの分所得を減らすことが出来、その分税金を減らすことが出来ます。

4.投資商品を選択できる

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の4つ目のメリットは、投資商品を選択できるということです。

自分自身で選んで資産運用が出来るので勉強をすることで上手く投資することが出来るかもしれません。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のデメリット

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のデメリットをまとめます。

  1. 手数料がいろいろかかる
  2. 実質解約不可
  3. 投資商品を選択可能

1.手数料がいろいろかかる

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のデメリットの1つ目は手数料がいろいろかかるということです。

  • 口座維持手数料
  • 収納手数料
  • 運用管理費用

などがかかってしまいます。

2.実質解約不可

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のデメリットの2つ目は実質解約不可だということです。

一度預けはじめてしまうと解約は出来ません。

3.投資商品を選択可能

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のデメリットの3つ目は投資商品を選択可能と言いうことです。

メリットでありデメリットになります。資産運用について知識がなくよく分からないという人は自分で選ぶことに悩んでしまうと思います。

「必ずしも儲かる保証はない」ということを念頭に置いておくべきでしょう。

税負担が大きい人はおすすめ

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は、どういう人が利用するのがオススメでしょうか。

確実に言えるのは税負担が大きい人はおすすめです。

税負担が大きい人ほど節税対策をすることで、払ったお金が返ってくる可能性が高くなります。

反対に所得がない方は節税効果が少ないので、確定拠出年金(iDeCo・イデコ)で受けられる恩恵は少ないです。

また定期的に積み立てを行うので、しっかりと毎月確定拠出年金(iDeCo・イデコ)に積み立てする余裕がない場合はあまりおすすめしません。

その場合は生活費の見直しをして、出費を減らしていくことを先にした方が良いです。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は特別法人税の復活の可能性がある??

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のメリットとデメリットをまとめ、税負担が大きい人ほどオススメだということについて述べました。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は特別法人税が復活する可能性があると言われています。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)のチラシですが、真ん中のちらしの下に、積立金には別途1.173%の特別法人税がかかりますが、現在まで課税が凍結されていますと記載があります。

特別法人税が復活した場合は、20%程最終的にもらえる年金給付額が減ってしまうと言われています。

しかし、平成28年度に確定拠出年金法改正で参議院で特別法人税の廃止が盛り込まれています。

どうなるかはまだ分かりませんが、もし特別法人税が復活したら確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の利用メリットは低くなってしまうかもしれません。

ただし運用益は非課税というメリットがあるので、商品の選び方次第で充分運用は可能だといえるでしょう。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の始め方

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)はどうやって始めればいいのでしょうか。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は、証券会社や銀行などの金融機関で積み立て口座を開設することが出来ます。

口座をいまだ持っていない金融機関でも申し込みが可能です。

  1. 申請書類を請求する
  2. 申請書類を返送する
  3. 口座番号とパスワードが届く

1.申請書類を請求する

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)を始める際のファーストステップは、申請書類を請求することです。

申請書類を請求する方法は3つあります。

  • インターネットで資料請求する
  • コールセンターへ資料請求する
  • 金融機関の窓口に行く

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)を始める場合、おすすめなのがネット証券のSBI証券と楽天証券です。

SBI証券の確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は、圧倒的な商品数から自分に合った商品が選べるというのが特徴です。

楽天証券の確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は厳選ラインナップから選びやすいという特徴があります。

商品数はSBI証券より少ないもののコストの安い商品も多く商品選びをし易いという特徴があります。

すぐさま選ぶ必要はないのでどういった商品があるのかを検討するためにも複数社参考にすることをおすすめします。

2.申請書類を返送する

申請書類が届いた後は、見本を参考に間違いのないように記入して金融機関に変装します。

記入漏れや誤りがあると手続きが遅れる可能性があるので注意しましょう。

また自分自身が加入している保険の種類によって変装する書類が異なります。

第一号被保険者(自営業)第三号被保険者(専業主婦、主夫)の場合

加入申出書と本人確認種類の返送

第2号被保険者(会社員)の場合

勤務先で加入対象者であることを証明してもらう必要があります。

既定の容姿が金融機関から届いた後、勤務先の担当部署に依頼して記載してもらうことが必要になります。

申請書類が届くまでに準備すること
  1. 基礎年金番号を確認する
  2. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、住民票)を用意する
  3. 掛金額を決める

3.口座番号とパスワードが届く

書類が届いて数週間後、金融機関から「申請種類を受領しました」という旨のお知らせが届きます。

1~2か月後に、口座番号とパスワードが届き、金融機関のインターネット上で年金残高を確認したり運用できるようになります。

投資の勉強をしながら無理なく将来の備えを準備していきましょう。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の商品の選び方

の運用商品はどうやって選べばいいでしょうか。

金融商品は、金融機関によって扱う商品の種類や数が異なります。

大きく分けると、商品は2種類に分かれます。

  1. 元本確保型
  2. 元本変動型

それぞれについて見ていきましょう。

1.元本確保型

あらかじめ決められた金利で運用され、満期時に元本と利息が確保される安全性の高い商品になります。

安全性を重視する場合は、掛け金の運用先として元本確保商品を100%の割合で指定することも可能です。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の定期預金という形です。

2.元本変動型

運用状況に応じて元本の変動がある商品になります。

投資信託という形です。投資信託とは、運用のプロが投資家から幅広く資金を集めて運用を行い、その運用成果を投資家に還元する仕組みになっています。元本が増える可能性も可能性もありリスクもありますが、個人では投資が難しい地域や資産に投資できるメリットがあります。

どういう商品がいいかということですが、これに関してはここの生活状況や投資で何を求めるかによって変わってきます。

元本確保型は安心かもしれませんが運用益がほとんどない可能性があり、確定拠出年金(iDeCo・イデコ)を利用してもあまり将来の準備にならない可能性があります。

運用益に非課税というせっかくのメリットがあるので、元本確保型と元本変動型を掛け合わせるという形で、安定とリスクのバランスを取りつつ運用していくのが良いです。

 

国内債券型、外国債券型、国内株式型、外国株式型などがありますが、金融商品はリスクが低いほどリターンは少なく、リスクが高いほどリターンが大きい傾向にあります。

確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は本当に年金の備えになるのか?

本記事では、

  • 確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の概要
  • 確定拠出年金のメリット
  • 確定拠出年金のデメリット
  • 確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は特別法人税復活の可能性がある?
  • 確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の始め方
  • 確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の商品の選び方

についてまとめました。

実際、確定拠出年金(iDeCo・イデコ)は年金の代わりになるのか?ということについてですが、何もやっていないよりは何かしていた方がいいと思いますが、かといって確定拠出年金(iDeCo・イデコ)をやったから将来は安心と考えるのは注意が必要です。

日本政府も副業解禁ということを押し出していますが、それは日本国民が自助努力で将来の準備をしてくださいということの裏返しにも取れます。

海外では投資の勉強は小学校中学校くらいから勉強するとも言われていますが、日本の投資教育はほとんどないのが現状です。

もし仮に投資教育が今後導入されたとしても、学んでいない今の世代は投資については全く分からないという人も多いと思います。

ですが預金をしていてもお金が増える状況でもないので、少しずつでもいいので生きるための知識として投資の勉強をしながら実際にいろいろな形で運用していけるといいなと思います。