飲食店を辞めたいけど引き止められて辞められない時の秘儀

飲食店 辞めたい 辞められない

飲食店を辞めたいと思っているけど引き止めに合って辞められない時、あなたはどう対応するでしょうか。

契約社員、アルバイトならまだしも正社員だと引き止めにあって全然飲食店を辞められないことがあります。

精神的にも体力的にもしんどくてもう限界なのに逃げ道を防がれていてどうしようもないって本当にきついですよね。

飲食業界はブラックな業界とも言われており労働問題が多いです。

下記記事に離職率が高い業界をまとめていますが、飲食業界は離職率1位の不動の地位を保っています。

離職率 高い 業界 ランキング離職率が高い業界ランキング2019年度版。原因理由共通点も合わせて解説

今回の記事を読めば、

  • 飲食店を辞めたい時に辞める方法
  • 飲食店は若いうちに辞めるべき理由

が分かります。

飲食店を辞めたい時に辞める方法まとめ

飲食店を辞めたいけど、引き止められて辞められないという場合は、退職代行サービスを使うことをおすすめします。

忙しくて人手不足で辞められたら困るという場合も退職代行サービスを使うことが出来ます。

以下に辞める方法を順番にまとめます。

STEP1.退職代行サービスに連絡する

まず退職代行サービスに連絡をします。

SARABAが最安値なので、おすすめです。29,800円で退職代行してもらい、会社を辞めることが出来ます。

退職代行サービス 最安値 どこ退職代行サービス最安値はどこ?一番安く使いたい人へ

下記からLINE又はメールで連絡をします。

\退職代行サービス業界最安値/

SARABAで退職相談する

相談は無料。スマホ一つで退職可能です…!

 

もしあなたが未払い給料があったり、残業代・退職金などの請求をしたかったりする場合は、交渉事に強い弁護士の退職代行サービスをおすすめします。

こちらは54,000円+オプション費がかかるので少々割高になりますが、明かに会社がおかしいし、もっと自分は給料をもらえるはずだと思う場合は、弁護士を通じた方が結局払われていなかった給料が戻ってきてお得になる場合があります。

相談は無料なので自分の勤めている会社がブラック企業でおかしいと思う場合はこちらに相談してみてください。

下記からLINE又は迷惑メールで連絡できます。

\弁護士による退職代行サービス/

汐留パートナーズで退職相談する

安心、確実、交渉事を求めるなら…!

STEP2.代金の振り込み

退職代行の依頼をお願いした後に代金の振り込みを行います。

SARABAに関しては24時間対応をしていて、返金保証もあります。

STEP3.退職代行してもらい退職完了

代金の振り込みを行った後は退職代行サービスがあなたの代わりに退職の連絡をしてくれます。

自分で退職を伝える必要はなく、郵送で手続きを済ませることが出来るので顔を見せずに退職出来ます。

親にもバレないですし、苦痛から一気に解放されます。

あなたはもう飲食店に行かなくても大丈夫です。

 

このような流れで、飲食店を一瞬で辞めることが出来ます。

精神的に限界を迎える前に利用すべき

退職代行サービスはここ最近出来た人気のサービスです。

  • 今すぐ辞めたい
  • 残業が多い
  • 仕事が合わない
  • 上司に言いだせない
  • 辞めさせてもらえない
  • もう会社に行きたくない
  • 忙しくて辞めるのが申し訳ないと感じる
  • 人手不足で迷惑がかかる

このようにいろんな理由があって会社を辞めたいけど言い出せない人が使えるサービスです。

風通しのいい職場だったら、「退職します」と簡単に言えるかもしれないですが、ブロック企業で鬼上司がいる場合は「退職します」の一言が言えなかったりします。

精神的に既に限界なのに辞めると言えなかったために、実際にうつ病になる人や最悪過労死してしまう人がいるという現状から分かるようにこの問題は深刻です。

このような日本企業の問題から労働者を救うサービスとして立ち上がったのが退職代行サービスです。

精神的に限界を迎えて、うつ病になってしまった後だと社会復帰するのにも時間がかかってしまいます。病院に通ったりすることでたくさんの費用が掛かってしまう危険性もあります。

もし仕事が辛くてきつくて限界だと感じている場合は、だらだらきつい仕事を続けるのでなくその職場からさっさと脱出することが1番の正解の可能性があります。

あなたの人生を壊す前に、早く決断をすべきです。

体調を壊してからでは遅いので、もし会社を辞めたいと悩んでいるなら一度相談してみてください。

飲食店を若いうちに辞めるべき理由

飲食業界は離職率が高く辞める人が多い業界として有名です。

社会人で飲食店に勤めている人は若いうちはいいかもしれないですが、きついと感じるようになる前に、辞めたほうが良いです。

飲食店を若いうちに辞めるべき理由を説明します。

以下3点が辞めるべき理由です。

  • 飲食店の仕事は長く続けられないから
  • 飲食店の勤務体系は改善されないから
  • 転職の市場価値があまり上がらないから

それぞれ見ていきましょう。

飲食店の仕事は長く続けられないから

飲食店の仕事は長くは続けられないんですよね。

もちろん飲食店に行けば、40代、50代、60代になっても働いている人はいます。

ですが、飲食店の仕事は立ち仕事で肉体への疲労がとても大きいです。

しゃがむ動作や背中を曲げる姿勢をとったりして、体に負担をかけることが多い仕事です。

また労働時間も長く、居酒屋などの場合は深夜営業などもあるので昼夜逆転した生活になることもよくあります。

長時間労働かつハードな仕事なので、若いうちは体力があるからいいけど、30代、40代になってきた後だと、もはやしんどくて体が追い付かなくなる可能性があります。

そして飲食店勤務で夜の仕事が多い場合、家庭を持って子供が出来た時にも、子供と話す時間がなくプライベートにも影響が出ることもあります。

飲食店の勤務体系は改善されないから

飲食店の勤務体系はなかなか改善されません。

特に全国にあるフランチャイズチェーン店の飲食店などの勤務体系を変えるといったら、それはもう手間がかかるしんどい作業ですよね。

お客様ありきの仕事なので、変えることが出来たとしても、お客様からクレームが相次ぐ可能性もあり、そんなに簡単に変えることが出来ません。

だからあなたがいくら飲食店の勤務体系に不満があって、店長やオーナーにそれを伝えようとしても意見が全然通りません。

仕事がきついと思っていて勤務体系が何とかならないかなと思っても、変わることはないのです。

転職の市場価値があまり上がらないから

飲食店で働いていても、転職の市場価値があまり上がりません。

飲食店業界で一生骨をうずめるつもりなら接客能力などはいかせると思いますが、その能力は数値化されない能力です。

例えば、英語やプログラミングなどの専門スキルなどは身につけたらアピールしやすいので転職で有利に働きますが、飲食店でそのような専門スキルはなかなか身につけることが出来ないので、転職することになった時にアピールできることが少なります。

若いうちは転職しやすいですが、年齢を重ねるとスキルがないと転職しづらくなります。

スキルを磨ける仕事をやらないなら転職の自分の市場価値はどんどん下がっていくのです。

MIIDASというサービスで自分の市場価値を無料で調べることが出来るので良かったら使ってみてください。下記記事で説明しています。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

 

このような理由から、飲食店は若いうちに辞めて転職すべきです。

40代になってからでは転職はとてつもなく難しくなります。

まとめ

今回の記事では、

  • 飲食店を辞めたい時に辞める方法
  • 飲食店は若いうちに辞めるべき理由

を説明しました。

引き止めなどあった時は辞めづらいと思いますが、自分の人生です。

 

会社を辞めるかどうかは、会社は決めることではなくあなたが決めることです。

無理して精神を壊すことに全くいいことはないので、しっかりと向き合って決断してください。

退職したいけど辞められない場合は退職代行サービスを

退職代行サービス おすすめ

退職したいけど辞められない場合は、退職代行サービスを使えば会社を辞めることが出来ます。

  • 今すぐ辞めたい
  • 残業が多い
  • 仕事が合わない
  • 上司に言いだせない
  • 辞めさせてもらえない
  • もう会社に行きたくない
  • 忙しくて辞めるのが申し訳ない
  • 人手不足で迷惑がかかる

色んな理由で会社を辞めたい人がいると思いますが、会社を辞めたいけど言い出せない人が使えるサービスです。

風通しが良い職場だったら退職しますと簡単に伝えられるかもしれませんが、厳しい職場だったら、「退職します」の一言が言えなかったりします。

精神的に限界なのに辞めると言えなかったためにうつ病になったり、過労死してしまう人がいたりする日本の現状から分かるように状況は深刻です。

このような問題から労働者を救うサービスとして立ち上がったのが、退職代行サービスです。

精神的に限界を迎えてうつ病になった後に社会復帰するのには時間もかかってしまいますし、病院に通ったりすれば費用がたくさん掛かってしまうかもしれません。

そうなる前に会社を脱出したほうが良いです。

オススメの退職代行サービスはSARABAです。以下のボタンから利用可能です。

\退職代行サービス業界最安値/

SARABAで退職相談する

相談は無料。スマホ一つで退職可能です…!

退職代行サービスは、

  1. LINE又はメールで連絡
  2. 振込
  3. 退職代行

の3STEPで簡単に会社を辞めることが出来ます。

自分で退職を伝える必要はなく、郵送で手続きを済ませることが出来るので顔を見せずに退職出来ます。

相談は無料なので、会社を辞めたい場合は相談してみましょう。

未払い給料や残業代、退職金などの請求をしたい場合

もしあなたが未払い給料があったり、残業代・退職金などの請求をしたかったりする場合は、交渉事に強い弁護士の退職代行サービスをおすすめします。

弁護士による退職代行サービスは汐留パートナーズがおすすめです。以下のボタンから利用可能です。

\弁護士による退職代行サービス/

汐留パートナーズで退職相談する

安心、確実、交渉事を求めるなら…!

こちらは少々割高になりますが、明かに会社がおかしいし、もっと自分は給料をもらえるはずだと思う場合は、弁護士を通じた方が結局払われていなかった給料が戻ってきてお得になる場合があります。

相談は無料なので自分の勤めている会社がブラック企業でおかしいと思う場合はこちらに相談してみてください。

 

退職代行サービスを使う前の注意点は下記記事に記載しているので良かったら参考にどうぞ。

退職代行サービス 使う前 注意点退職代行サービスを使う前の注意点【転職の準備を同時にすべき】

退職代行サービスのEXITとSARABAの比較記事は下記記事に記載しているので参考にどうぞ。

退職代行サービス EXIT SARABA 比較退職代行サービスのEXITとSARABAどっちを使えばよいか比較してみた

退職代行サービスの最安値については下記記事に記載しているので参考にどうぞ。

退職代行サービス 最安値 どこ退職代行サービス最安値はどこ?一番安く使いたい人へ