今後伸びるIoT業界に転職するには?第四次産業革命によって500万人以上の仕事がなくなる?

IoT業界 転職

今後伸びるIoT業界に転職するにはどうすればいいのでしょうか。
近年時代の状況は大きく変わりつつあります。

10年後、20年後には、世の中の仕組みがガラッと変わっている可能性があります。

特に、IoT業界の台頭は、注目すべき箇所です。
IoT業界の影響によって、500万人以上の仕事がなくなると言われています。

そもそも、IoTという言葉をあまり聞きなれていない方もいると思うので、簡単に説明した後、その業界が与える影響と、今後の展望を考えていきます。

最初私はIoTという言葉の読み方すら分かりませんでした。

むしろ最初友人からLINEで送られてきたときは、困った顔の顔文字?と思ってしまいました。

実際は顔文字ではありません(T_T)

数学で習ったLot(ロット)?ととも思ってしまいました。
ロットでもありません。

そもそもIoT業界とは

IoT業界 500万人 仕事なくなる

「IoT」は、「アイ、オー、ティー」と読みます。
これは、「Internet of Things」の頭文字を取った略称になります。

直訳は、物のインターネットということですが、どういうことかというと、あらゆるモノをネットワークにつなげていく仕組みのことを指します。

IT業界とIoT業界は似ているようで全く違います。

ネットワークにモノを繋げることで、色々なデータを蓄積し、それを生かして更なるサービスにつなげていきます。
将来予想されているものの中で、代表的な例は、自動車がネットワークにつながることです。
自動車がネットワークに繋がると、路面状況、道路の込み具合、事故状況、工事の有無などが集めることが出来、そのデータをリアルタイムで他の運転手と共有することが出来ます。

IoT業界と切っても切り離せないのは、AI(人工知能)です。

IoTがモノをネットワークにつなげてデータ化するのに対して、AIが、そのデータを解析し、データの規則性を見つけて機械を制御したりします。
自動車であれば、データによって、自動運転が可能となるといったようなものです。

IoTでモノがネットワークにつながっていく弊害としてはサイバー攻撃などにより、データをハッキングされ、リモートアクセスや遠隔操作をされてしまうなどが挙げられます。
まだIoTが世間に浸透していないですが、浸透した後、そういう大きな問題が発生する可能性も十分に考えられます。

IoT業界が伸びることにより、500万人以上が職を失うと言われている??

Iot業界が伸びることによって、モノのネットワーク化により、データが蓄積されると、それに伴って、AI(人工知能)が、仕組みの自動化をして、それまで人手が必要だった場所が必要なくなる可能性があると言われています。

この流れを「インダストリー 4.0」第四次産業革命と言われています。

第一次産業革命 蒸気機関で機械を動かす
第二次産業革命 石油や電力を利用しての大量生産
第三次産業革命 コンピュータでロボットを制御して生産できるようになった(FA)
第四次産業革命 IoTのデータ化、AIの分析による自動化

この時に、人の代わりに、AIが機械を自動制御するようになると、経営や商品企画の分野、製造・調達分野、管理部門などの人が仕事を失うと言われています。

勿論機械が自動で人の行う仕事を行うから、世の中としては便利になるはずなのですが、それによって仕事に失う可能性がある人にとっては重要な問題です。

とはいえ、時代の流れが、間違いなく、そちらの方向に向かっており、流れを変えるこ都は出来ません。

私たちは時代の流れに柔軟に対応するしかないのです。

IoT業界に影響される側ではなく、関わる側へ

Iot業界が今後もっと発展していくことによって、色んな業界の色んな仕事に影響があります。

ですが、このIoT業界の発展は、事前に予測されています。
大手企業のシャープの再建などなかなか予測がしづらいことによって、人員削減が起きるという場合もありますが、IoT業界が伸びることによって、人員削減が起きるという未来が間違いなくあります。

そうなった時に、私たちが時代についていく中でIoT業界によって、仕事を変えることを余儀なくされる、やりたい仕事の部署から外されてしまう、等、自分の状況を左右されるのは嫌ですよね。

IoT業界に影響される側ではなく、IoT業界に関わる側になるというのが、今後の時代を乗り越えるための一つの選択肢であると言えるでしょう。

IoT業界は今後発展していくので、IoTを作る側の仕事の人員はどんどん必要になってきます。
ネットワークへのデータ化を行うようなエンジニアの仕事も増えてくることでしょう。

そうなった時に、10年、20年先でも安心して働ける仕事に今のうちに準備してIoTに関連する業界に今のうちに転職をしておくということが対策になると思います。

今はまだ、IoTについての知識がない人も多く、まだまだそこに関連する業界に転職しようと思っている人が少ないです。

時代の流れが変わって、「IoT業界が熱い」となった時には、IoT業界を目指す人があふれて、転職するのも難しくなっていると思います。

なので、ニーズが少しずつ伸びている今のうちに早めに、人生を考えてIoT業界に転職するというのは、すごく人生の転機になると思います。

新しい業界に飛び込むにはそれなりの勇気がいる

勿論新しい業界に飛び込むにはそれなりの勇気がいります。

今までなかった業界は、どのように伸びていくのか分かりづらいですし、その分野のプロが今現在少ないので、新しいプロジェックトに取り組んだときに、悪戦苦闘するかもしれません。

ですが、それは、新しい業界どれにも言えることです。
ベンチャー企業と同じで、どんどん伸びる場合は、収入が毎年のように右肩上がりになる可能性があります。

IoT業界に関しては、伸びることが確定しています。
第四次産業革命は内閣府なども、導入の影響などをしっかりと考えておりますし、国単位で事業化されることが予測されます。
大手企業の参入も現在増加しつつあります。

国単位の施策になるならば、国の費用がそこに補助金として使われるかもしれませんし、そうなると業界の伸びも加速します。

新しい業界に転職をすることは勇気がいります。

転職 勇気が出ない 対処法転職の勇気が出ない時の対処法7選!勇気を出すために大切なことはこれ!

普通に親しみのある業界に転職をすることの方がまだ勇気を使いません。

ですが、そこで勇気を使って一歩踏み込むと踏み込んだ分だけ、新しい世界に飛び込める可能性があります。

IoT業界に転職するなら転職エージェントを使うのがオススメ

IoT業界に転職をするなら、転職エージェントを使うのがオススメです。

転職に関しても、すでに新事業については取り上げられていて、新事業特集などもあり、すでにIoT業界の仕事の紹介も行っています。

現在の時点ではまだまだ数は少ないですが、どんどん求人数も増えています。

まだあまり業界として知られていない早めの時期程転職のチャンスです。

勿論転職エージェントも、IoT業界の求人を扱い始めたばかりですから、IoT業界について転職相談を行うことで、世間のニーズを察知し、よりIoT業界の求人数が増えていくと予想されます。

新しい業界の転職の不安や、今後の業界事情がどうなっていくか等の相談も、転職エージェントと呼ばれるサポートをしてくれる方々が親身になって教えてくれるので、転職を考えている人にはオススメです。

自分一人での転職活動はなかなか精神的にもきついです。

転職エージェントに相談して、自分の将来をしっかり考えてみてください。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。