国内IT大手4社富士通、NEC、NTTデータ、日立製作所系列へ転職したい

IT大手4社 富士通 NEC NTTデータ 日立製作所

国内IT大手4社の富士通、NEC、NTTデータ、日立製作所系列へ転職したいなと考えている。

IT業界は未来がないとかIT業界は不安定とか言われたりしていますが、よくよく考えるとそんなことはないです。

2020年から小学校でもプログラミングが必修化される動きもありますし、IT業界に必要な人口は今後増えていくと予想されます。

AIによって仕事が減るとも言われていますが、AIやloTを作るエンジニアが必要になるのも事実です。

新しい業界が生まれた時にも対応できるのがエンジニアです。

今回は国内IT大手4社の本体やグループ会社に転職したい方向けの記事になっています。

IT系企業に転職するなら転職エージェントに相談

IT系企業に転職をしようと悩んでいる人は、転職エージェントにまず相談するのがオススメです。

転職エージェントでは、エージェントと面談した後、色んな求人を紹介してもらえるようになります。履歴書や職務経歴書の書き方も教えてくれますし、面接対策もしてくれます。

特に現在IT業界にすでに勤めている場合、残業などでなかなか転職活動の日程調整が難しいという方もいると思います。

就職活動の時は、面接日が決まってその日に別の面接が入ったら、泣く泣くどっちかを切り捨てるしか道はなかったですよね。

日程調整なんて不可能だったと思います。

しかし、転職エージェントを利用すると、面接の日程調整もエージェントがしてくれるので今の仕事が忙しい人ほどおすすめです。

IT系の転職ならワークポートがオススメです。

下記から転職相談できます。

IT業界専門の転職エージェント!

ワークポートで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!



また転職エージェントの最王手のリクルートエージェントもIT系の求人数は多いですね。下記から転職相談できます。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

このあたりを利用することで、IT系の求人を探すことが出来ます。

転職の具体的な手順を説明

転職の具体的な手順を説明します。

STEP1.転職エージェントに登録する

まずこちらをしないと始まりません。転職エージェントに登録して、エージェントとの面談の日程調整をします。

利用は完全無料なので、気を使わずに転職エージェントを利用しましょう。

STEP2.転職エージェントのカウンセリングを受ける

次に転職エージェントのカウンセリングを受けて、自分の現状について話します。

「IT業界に転職をしたい」「NEC系の会社を志望しています」「富士通系列のグループ会社を探している」「IT業界未経験だけど大丈夫か?」と自分の持っている疑問や希望を転職エージェントに伝えます。

そうすることで、転職エージェントはあなたに合った求人を探して持ってきてくれます。

特に募集がかかっているものだと、IT系の人材不足ですぐに欲しいという場合もあるのでその時はサクサクと転職が決まってしまい、転職ってこんなに簡単だったんだと思ってしまう可能性もあります。

STEP3.求人に応募

転職エージェントが持ってきてくれた求人に応募したり、自分が気になった求人に応募していきます。

転職サイトを利用する場合は、リクナビネクストがおすすめです。

転職サイトから気になった求人を見つけた場合、それを転職エージェントに相談することで、その求人の面接を交渉してくれる場合もあります。

転職エージェントだけでなく、転職サイトを使うことでも可能性は広がりますよ。

下記からリクナビネクストは利用できます。

転職サイト人気No1!

リクナビNEXTで求人を探す

5分で登録。しかも無料です…!

STEP4.内定と退職の手続き

求人に応募し、面接の選考が進んで合格すれば、見事内定をもらえます。

そこから退職の手続きをして、最終出社日まで出社して、次の会社の入社日に入社すれば転職完了です。

 

IT業界の転職の流れはそこまで複雑ではないと感じます。

IT系は常に人材不足で需要あり

IT系は常に人材不足と言われています。

では人材不足って悪い事なのかというとそういうことではありません。

先端IT技術は現在も発展していっているため、IT業界により多くの人材が必要になっていっているのです。

  • 2020年 36.9万人エンジニア不足
  • 2030年 78.9万人エンジニア不足

このようにどんどんエンジニアの需要は伸びていきます。

エンジニアが多すぎて必要なくなるということはないので、エンジニアとして働くようになれば、エンジニアからエンジニアへの転職もしやすくなるのです。

なぜこんなにIT系は人手不足かというと新しい業界が生まれているからです。

  • Unity
  • AI
  • ビックデータ
  • IoT
  • VR(仮想現実)
  • 仮想通貨
  • ウェブサービス
  • ゲーム
  • ロボット
  • 負荷分散技術(ロードバランシング技術)

時代の流れが速すぎてそれについていける人材が少ない状態なのです。

時代の流れに追いつくためにIT系の知識を身につけて仕事をするというのは理にかなっていると思います。

人材不足ということはその業界で働くならくいっぱぐれる心配が低いです。

もちろんITスキルは少しずつ学んでいかないといけないですよ。

プログラミングスキルがあればリストラされても引く手あまた

エンジニア 転職 

IT系企業に入ってエンジニアになれば、プログラミングスキルが身につきます。

もちろんIT系企業には、エンジニア以外の職種もあるので、それ以外の職種も検討しているなら転職エージェントに相談して良いと思います。

プログラミングスキルを仕事で身につけることが出来れば、仮に業績が傾いて、人員リストラという事態が発生したとしても、その後転職しやすいです。

何故ならIT業界は常に人手不足だからです。IT業界の仕事はたくさんあります。

仕事があるのに、人が足りないという状態です。

何かしらの専門スキルを身につけておくと転職の時に有利といいますが、プログラミングスキルは今の時代に合った専門スキルだと思います。

このスキルを身につけるために一旦IT業界に転職というのも一つの選択肢として有効だと感じます。

今の時代普通にリストラは起きるので事前準備をしておいたほうがいいですよ。

富士通が5000人規模の配置転換を発表して、2850人が早期退職をしています。

NECもまたしかり。約3000人の人員削減をしました。

大手企業であっても、企業の安定のためにリストラをする時代です。IT業界だけでなく、どの業界にいたとしてもあり得る話です。

時代の流れが速すぎるので仕方がない話です。

インターネットによって情報革命が行われて、情報の伝達速度が異常なほど加速しましたからね。

IT業界未経験からの転職の場合

IT業界に転職したいけど未経験だけどどうしようという場合、別に未経験でも大丈夫ですが、事前準備で勉強しておくと転職後のスタートを勢い良く切ることが出来ます。

もし転職後のスタートダッシュを切りたいと思っているなら、プログラミングを少し先に勉強しておくといいですよ。

プログラミングの基礎を学ぶには、プログラミングスクールTechAcademyのWebアプリケーションコースがオススメです。

プログラミングを学ぼう!

Webアプリケーションコースを受講する

基礎から学んで仕事に活かせます

TechAcademyの口コミは下記記事にも記載しています。

TechAcademyの口コミ・感想と評判まとめ。どんな人に向いている?

プログラミングの勉強をしておくことで、有利なスタートダッシュを決めれますが、まずどれくらいのITの知識が必要かどうかは会社によって異なるので、転職エージェントに相談して聞いてみましょう。

IT大手4社の富士通、NEC、NTTデータ、日立製作所系列への転職を狙っていきましょう。

下記から転職相談できます。

IT業界専門の転職エージェント!

ワークポートで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!



転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!