20代の時点で会社の業績が悪いなら自分の成長の視点で会社を見よ

20代 会社の業績 悪い

20代の時点で、会社の業績が悪いなあと感じる時にあなたはどう感じるでしょうか。
私だったら不安だと感じると思います。

本記事では、20代の時点で会社の業績が悪いなら自分の成長の視点で会社を見るべきということについて説明します。

自分の成長が出来ない会社だと後で後悔する

20代の若いうちには、自分の成長が出来るかどうかということが仕事を選ぶうえで一番重要です。

自己成長が出来ない会社だと、会社の業績が悪くて傾き始めた時に後悔してしまう可能性が高まります。

今の時代は財閥と言われる三菱、三井、住友などの大企業などもいつ何時業績が傾くか分からない時代です。

そういう大企業でも傾く可能性があるのにまして中小企業だとなお傾く可能性が高くなります。

20代のうちって仕事を始めたばかりなので、業界の動きや景気の動きを判断する力が低いはずなのに、その時点で会社の業績が悪いと感じる場合は、本当に将来の最悪の想定をしたほうがいいです。

  • 会社をクビになってしまう
  • そもそも会社自体が倒産してしまう

こういう危機感は今の時代絶対持っておいたほうがいいです。

もし実際そういう風になった場合、自分が成長できていない場合どうなるでしょうか。

きっと次の行き場を失ってしまうはずです。

自分が成長できていない場合、会社の状況がさらに悪化した場合、なぜ自分はこの会社で働き続けていたのだろうと後悔してしまう可能性があるんです。

今の会社がこういう会社だと危険です

ではどういう会社が実際成長できるのでしょうか??

そしてどういう会社が成長しにくいのでしょうか??

3つ例を挙げて説明します。

  1. 専門スキルを学べない会社
  2. 人間的な成長を感じない会社
  3. やりがいを感じない会社

1. 専門スキルを学べない会社

1つ目は専門スキルを学べない会社です。

専門スキルが学べない会社では、自分の仕事のスキルがあまり上がりません。
単純作業系の会社だと、自分でなくても仕事内容を簡単に覚えられる場合があります。

簡単に覚えられる仕事だと、他の人も簡単にできるようになるので、「自分でなければならない」というスキルにはなりません。

自分でなくても他の人でもできる仕事というのは、取って代わられやすいので、そういう仕事の場合、将来的に自分のスキルにならない場合もあります。

職種で考えると営業職などは、専門スキルをつけるというより業界の知識を身につけることになるので、その業界での転職などは強くなりますが、専門スキルのアピールはなかなかできなかったりします。

事務職などもいろんな会社にありますが、専門スキルというほど専門的なスキルではないので、事務職へ転職する場合のアピールポイントになりません。

そう考えると、資格を取るような仕事を選ぶことで、専門スキルを身につけることが出来るという意味で成長できます。

IT業界だと基本情報技術者試験を受けてエンジニアをしたり、不動産業界だと宅地建物取引士を取って扱える範囲が増えたりというように仕事をする過程で専門的なスキルを身につける仕事だと、将来困った際にそれをアピールできます。

ただしその業界全体が下火だった場合は、同じ業界の別会社への転職も難しくなってアピールポイントにならない可能性もあります。

2. 人間的な成長を感じない会社

2つ目は人間的な成長を感じない会社です。

専門的なスキルを身につけていなくても人間的な成長をしていれば、いざ会社の業績が傾いたとしても人柄で再び採用されます。

人間的な魅力というと、人を引きつけるような愛嬌、職場の人たちのために率先して動ける、部下の面倒見がいい、上司のためにしっかりと結果にこだわる等々たくさんあります。

職種で考えると、営業職などの場合、専門スキルはなかなか身につきませんが、人間的な魅力は育ったりします。

  • 相手の話をしっかりと聞くことが出来る
  • 相手が悩みを打ち明けてくれる
  • その悩みに対してしっかりと向き合って最善の解決策を出せる
  • 取引先が困った時にはすぐに駆け付ける

いろんな部分で人間的な魅力が磨かれます。
勿論意識しないと難しいです。

事務職もそうですね。
事務職も専門スキルこそあまり身につかないですが、社内との人間関係を通じて人間的な魅力が育ったりします。

  • 上司が忙しい時の気遣い
  • 部下が困った時の手助け
  • 同期がプライベートで悩んだときに親身になる
  • 仕事が忙しい人のしごとを少しでも減らそうとする

人間的な成長を意識して感じることが出来るならすごくいいですが、定時に帰るために早く仕事を終わらせたいと思いながら仕事をしていたりしている人とか、技術職などで人とあまり関わらない仕事をしている人とかは、人間関係を構築するということを意識できない場合があるので、人間的な成長が出来ていないと感じる人もいると思います。

人とあまり積極的に関わろうとする仕事でないなら、自分自身の人間性が良くなっていくというのは難しいのではないでしょうか?

3. やりがいを感じない会社

3つ目はやりがいを感じない会社です。

専門スキルを勉強できる会社であっても、人間的な成長が出来る会社であっても、あなた自身がやりがいを感じないで仕事をしている場合は成長しにくいです。

人はやりがいを感じない状態で頑張り続けるのは難しいからです。

やりがいを感じない状態だと吸収力が低くなります。

この仕事が意味がないと思えば思うほど、それだったら適当にやればいいかという考えが生まれてその仕事から学ぶ意識が低くなってしまうからです。

その会社で学べるものがあるとしても、やりがいを感じない場合は成長速度が遅くなるのでいっそのこと環境をガラッと変えることで状況が変わることがあります。

3つ例を挙げて説明しましたが、あなたの現在の会社はどうでしょうか?
会社の業績が悪くても自分が成長できる会社であれば、もう少し様子を見てもいいと思います。

でも会社で成長が出来ないと感じるのであれば居続けることは要注意のサインです。

専門スキルを身に着けつつ人間力を上げていくことが重要

結局のところ、専門スキルを身につけつつ、人間力を上げていくことが一番重要だと思います。

人間力というのは、人を引き付ける人間性や、人を育てる、人を組織する等、人間関係で必要な能力のことです。

専門スキルを身につけていても、人格に問題ありと認定されると、面接で受からないこともありますし、人間性が素晴らしくても仕事の実力が無かったら、面接で受からないこともあります。

どっちか片方でもいいかもしれませんが、バランスが大切です。

専門スキルや人間的な魅力を同時にあげて成長していくことで、あなたは仕事が仮に急になくなったとしても生き残れる人材になれます。

自己成長が出来る会社を選ぶことが非常に重要です。

転職を考える場合は転職エージェントがオススメです。下記から登録可能です。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

20代のうちにやりたいことを見つけるほうが良い

20代って特に重要な時期で、やりがいを感じない場合は、早いと感じても見切りをつけたほうがいい場合もあります。

歳を重ねるほど、会社に情が湧き、やりがいを感じないとしても、会社に残り続ける選択をする人が多くいます。

ですがやりがいを見つけれなかった場合は、一生やりがいを感じない仕事をやり続けることになるのです。

それって本当に幸せなのでしょうか?

大手企業の場合、やりがいを感じなくても、給料が良いからという理由で転職をしない人も多くいます。
でも給料が良いということだけが幸せにつながるわけではありません。

やりたいことをやれる、やりがいがある仕事をやれるということも、あなたの人生を豊かにします。

20代のまだ何度か挑戦できる時期に、あなたがどういうことにやりがいを持てるのかということを実際の仕事を通じて考えていくべきです。

仕事を実際にやらないとやりがいというのは感じることが出来ません。

やりがいを感じる仕事を見つけて、この仕事を一生やりたいと思うことが出来るようになった人は凄く幸せだと思います。

そういう人は20代のうちから行動している人が多いです。

会社の業績が悪く成長もできない会社だったら思い切りも肝心です。

会社の業績が落ちて人が辞め出した後だと遅いです

会社の業績が悪いけど、実際ただ悪いだけだし仕事を変えるほどのことではないと思っている場合、少しだけ注意してほしいことがあります。

会社の業績が落ちて、人が辞め出すようになった場合、ますます会社を辞めるタイミングって自分でコントロールできなくなります。

人が辞めたら会社は忙しくなるので、あなたの仕事もたくさん増えて生活に余裕がなくなります。
転職活動に時間を使おうと思っても時間がないという事態が発生するかもしれません。

またあなたの仕事を引き継ぐ人も必要で、引き継ぐ人がいない場合、転職の時期をずらしてほしいと上司にお願いされて辞めるに辞められないという場合もあります。

こういう状況になると、結局会社を今から辞めるのって面倒くさいと感じるようになって、結局行動できず、会社にがんじがらめになってしまいます。

会社の業績が落ちた後だと、なかなか行動に踏み切れなくなります。

20代のうちに踏み出す勇気

いかがでしょうか。

20代の時点で会社の業績が悪い場合は、自分が成長できるかどうかでしっかりと会社を見てください。

成長できない会社にいるっていうのは、正直な話、人生の浪費です。

あなたの貴重な時間をその会社に捧げるんですか?

たとえ一瞬給料が下がったとしても、あなたが成長できる会社の方が将来は稼げるようになりますよ。

成長できない会社にいる場合は、成長できる会社に移動する勇気が必要です。

それさえあれば行動に移すことが出来、将来成長できます。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。