仕事のストレスで顔がかゆくなる?顔がかゆい時の対処方法解説

仕事のストレス  顔がかゆくなる

あなたは仕事で急に顔がかゆくなった経験はありませんか?
仕事でかゆくなるのは、もしかしたら仕事のストレスかもしれませんよ。

仕事のストレスで顔がかゆくなる時はある

仕事のストレスで顔がかゆくなる時はあります。

顔がかゆい時は蕁麻疹かもしれませんよ。顔に違和感を感じた時は、基本的に自分で判断せずに、お医者さんに相談したほうが良いです。

こんなパターンの人がいました。

事務職Aさんの場合

前職も事務職だったAさん。以前の職場は新卒で入社しましたが、他の社員は事務職でも夜9時、10時まで残っていて毎日忙しそうな様子。
新入社員であるAさんは、居残りをすることなく帰っていましたが、将来酷使されることを恐れて、数か月後に転職をしました。

事務職からの事務職は案外すんなりと決まりましたが、今後の会社は、40代、50代のおじちゃん、おばちゃんが多い会社で活気のない会社だったそうです。
職場で声を出すのは朝の挨拶くらいでその後は黙々とデスクに向かい、ひたすら事務作業。

そこで数週間働いているうちに、顔がものすごくかゆくなったそうです。
顔に何かできるというのはなかったようですが、痒くて痒くて仕方がなくなったそうで、病院に行くと仕事のストレスだと診断されたようです。

環境が変わった時は、人はストレスを感じやすくなりますが、そういう時は体調に影響する場合があります。

顔がかゆくなる時は、身体があなたに助けを求めているサインかもしれませんよ。
ちなみにストレスで体がかゆくなるのはメカニズムはあまり分かっていません。

蕁麻疹は、特にかゆくなるときのひどい症例ですが、体内のヒスタミンという物質が放出されたことによって、体内の血液成分が血管外に漏れ出して、みみずばれや、赤みや、ぶつぶつなどの症状を引き起こします。
食品、薬剤、物理的刺激、発汗、ストレス、疲労、さまざまな要因によって、ヒスタミンが体内に放出され、身体に悪影響を与えるのです。

顔がかゆい時の対処方法

顔がかゆい時の対処方法です。

顔がかゆい時は、以下の方法で問題解決できることが多いです。

顔がかゆい時の対処方法1.病院に行く

もしあなたが、仕事で顔がかゆいと思ったら、まずは病院に行くのが良いと思います。

顔のかゆみの根本は、ヒスタミンという物質が体内で放出されることによって、引き起こされます。

病院に行くと、そのヒスタミンを抑える薬を処方してもらえます。錠剤や飲み薬など形は様々ですが、ヒスタミンの作用を抑えてかゆみを抑えることが出来ます。

ただ、ヒスタミンの作用を抑える薬は、眠気がおきたり、集中力や注意力が散漫になる場合があるので、車を運転する方や受験生などの眠気があると困るような方は医師にその旨も伝えましょう。

どの病院に行くべきかというと、顔がかゆい場合は、耳鼻咽喉科や、皮膚科に行くことをおすすめします。

花粉症患者も抗ヒスタミン薬(ヒスタミンを抑える薬)を処方してもらえるため、耳鼻咽喉科に行けば、顔のかゆみに対して、抗ヒスタミン薬を出してくれます。

皮膚科の場合は、保湿剤や塗薬の場合を処方される場合があります。

顔のかゆみで耳鼻咽喉科?と思うかもしれませんが、顔のかゆみはアレルギー関係なので、どちらかというとアレルギーを診る耳鼻咽喉科の方が良いと思います。
症状がひどく蕁麻疹の可能性もありそうな場合は、皮膚科がオススメです。

どちらの科が良いかは、実際に医師に診てもらったほうがいいと思うので、顔にかゆみを感じた時は、耳鼻科か皮膚科で一度診断してもらってください。

顔がかゆい時の対処方法2.ストレスを減らす

顔にかゆみを感じた時は、まずは病院に行って薬を処方してもらうのが大切ですが、慢性的に仕事でストレスを感じているのならば、薬を使っていても、完治がなかなか難しいと思います。

原因がストレスであるならば、ストレスをしっかりと減らすことが重要です。

プライベートを充実させたり、仕事に楽しみを見出して、仕事のストレスを減らすことが出来るならそれが一番良いと思います。

その方法がもし難しいようであれば、今の職場を変えるというのも一つの方法です。

先ほどの事務職Aさんの話には続きがあります。

事務職Aさんの続きの話

先ほどあげた事務職のAさんは一度は、薬を耳鼻咽喉科で処方をしてもらい、顔のかゆみは収まったものの、職場の雰囲気の暗さや単調な作業を繰り返すことでストレスを感じ続けていました。

その時に、明るい職場でもう少し活気がある職場でイキイキと働きたいと思うようになり、販売職への転職を決意しました。
その後、Aさんは、薬局の販売の仕事に転職しました。

事務職から販売職の転職なので、内容は全然違うものでしたが、常にお客様と接する機会がありバタバタしながらも毎日刺激を感じるようになったので、やりがいを感じるようになったそうです。
顔のかゆみも職場を変えて完全になくなったそうです。

職場の環境だけでも、ストレスのたまり方って異なります。

もしあなたが仕事でストレスを抱えているとすごく感じているのであれば、環境が原因かもしれません。

ただし、ただその職場から逃げたしたいという思いの転職だとなかなか上手く行きません。

やはり転職の際も自分がどんな職種で仕事をしたいかと考えることが大切です。

今の事務職の仕事は私に合っているのかな、営業職として働いたほうが自分に向いているんじゃないかとか、販売職で色んな人と接して会話して商品を売るほうがいいんじゃないかとか、技術職で技術を身に着けていくのがいいんじゃないかとか。
しっかりと自分に合った職種はどんなものなのかを考えてみましょう。

仕事のストレスで顔がかゆくなる時は、あなたに何かを気付かせようとしている証拠です。
そのタイミングは、あなたが自分自身を見つめなおすいいきっかけになると思いますよ。

毎日顔を掻きむしっていたら、肌をいくらケアしていても肌がボロボロになってしまいます。
肌のケアも大切ですが、あなた自身のケアも忘れずに行ってくださいね。

ストレス以外の仕事で顔がかゆい原因3つ

仕事で顔がかゆくなる原因はストレス以外にもあります。

ストレス以外で環境がまずいと感じたら下記の原因も疑ってみましょう。

1.結露や空調のカビ

仕事で顔がかゆくなる原因の1つ目は、結露や空調のカビの可能性があります。

空気中のカビが多いと、顔がかゆくなります。
なぜ顔がかゆくなるというと、顔が空気中のカビに反応して「顔カビ」という炎症を引き起こしやすくなるからです。

あなたの職場があまり換気をせずどんよりとした空気が漂っているのなら、空気中にカビが漂っている可能性がありますよ。

窓の結露や、植物へ水をたくさんやったりして空気中に湿気た空気が漂っていても空気中のカビが多い可能性が高いです。

夏の場合は、特に皮脂が過剰に分泌されやすくなり顔がかゆくなりやすいので注意が必要ですよ。

2.職場の乾燥

仕事で顔がかゆくなる原因の2つ目は、職場の乾燥です。

湿気た空気だけでなく、乾燥しすぎもよくないのです。
オフィスの湿度が乾燥しすぎていると乾燥肌になって、顔がかゆくなったりします。

対策としては、しっかりと顔の保湿をしておくことがあげられます。

濡らしたタオルや、コーヒーなどの飲み物を机に置いたりすることが出来れば、その周りの湿度は若干変わるのでおすすめです。

なにかしら湿気のあるものを会社の自分の机のどこかにおいて感想対策もしていきましょう。

3.社員のペット

仕事で顔がかゆくなる原因の3つ目は、社員のペットの場合があります。
上司や同僚や部下が家で犬や猫を飼っていて、あなたがアレルギー持ちの場合、顔がかゆくなる場合があります。

犬や猫の毛は細かく目に見えないので会社の人の服についていて、そこから広がって、毛触れたところに触ってしまって、アレルギー反応を起こして顔がかゆくなる場合があります。

何か作業していろんな場所に触れた時は手を洗うようにして清潔に保ちましょう。
あまり普段から顔は触らないほうがいいですよ。

またこの場合も保湿用のクリームを塗ることは効果的です。

まとめ 顔のかゆみはあなたへのメッセージ

いかがでしたしょうか。

顔のかゆみはあなたへのメッセージです。

顔がかゆいということは何も原因がなければ起きるはずがありません。

特に何の前触れもなく急に顔がかゆくなったらサインに違いありません。

そこから察して、かゆみをしっかりとなくしていきましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。