契約社員の不安と将来性まとめ【保存版】正社員と違いを比較する

契約社員 不安 将来性

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのリクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

契約社員って不安だな。
契約社員の将来性って大丈夫だろうか??

契約社員についての不安を持っていませんか??

今回の記事では契約社員が感じやすい不安をまとめ、正社員と違いを比較します。最後に総括として契約社員の将来性について考えてみます。非正規雇用は不安定というイメージを何となく持っている方はお読みください。

契約社員の不安まとめ

契約社員のよくある不安をまとめて正社員との違いを比較します。

雇用の安定性は大丈夫だろうか?という不安

契約社員の不安でよくあるのが雇用の安定性は大丈夫だろうかという不安です。

正社員

正社員は無期雇用です。終身雇用ともいえます。労働法に守られているのでめったに首にされない立場です。解雇されにくいという強みがあります。

自主退職や解雇事由等をしないのであれば働き続けられます。

契約社員

契約社員は有期雇用です。数か月に1回、数年に1回契約を更新することで仕事を続けることが出来ます。

原則として3年を超える契約が出来ないのが特徴です。

雇用機関が終了すれば自動的に退職させられます。

 

正社員は、現在は法律で守られている立場なので、「40代、50代、60代を一気にリストラさせよう」と簡単に首を切ることが出来ません。仮に大規模なリストラが行われるとしても早期退職希望者を募るなどという形で行われます。

契約社員の場合は、期間満了日に「更新しない」と経営者側が言うと、それで契約終了で仕事を続けることは出来ません。

若い時は給料も低くて良いので契約社員として使う企業も多いですが、30代、40代、50代になって使えない社員と認定を受けたら首を切られます。

歳をとるほど首を切られるリスクが増えていくんです。

若いうちは首を切られても「まあ仕方がない」と思えるかもしれないですが、40代、50代になって家庭もあって子供の子育てにもお金がかかるのに、いきなり首とかになったら本当にどうしようなくなります。

経営者は、個人の私情どうこうよりも会社の存続を優先するので、リーマンショックのような不景気の波が押し寄せた時に、正社員よりも契約社員の方が首を切られるリスクが高いです。

「いつ何時首を切られるか分からない」と思いながら働き続けるのは、いつまでたっても心が不安定なまま安らぐことがないです。

退職金とかもらえるの?という不安

契約社員の不安で退職金とかもらえるのだろうかという不安を持つ人がいるかもしれません。

正社員

正社員は退職金をもらえます。勤続年数に応じて退職金のもらえる額が変わってきます。

契約社員

契約社員は退職金はもらえません。

契約社員の雇用契約書に記載がなかった場合、退職金はありません。基本的に契約社員の退職金は雇用契約に書かれないので、正社員で働いた場合もらえたであろう退職金をもらえないことになります。

 

退職金は、「これまで長年ご苦労様でした」というような企業からのボーナスのようなものです。

退職金制度があるかどうかや退職金の金額は、企業の裁量次第なので、契約社員には用意がない場合が多いです。

退職金はもらうつもりがないという人もいると思いますが、退職金は数100万円から企業によっては1000万円までのところもあるので、正社員と比べて結構な差が出ます。

ボーナスとかもらえるの?という不安

ボーナスとかもらえるのだろうか?という不安を持つ人もいると思います。

正社員

正社員であれば、ボーナスは基本的に夏と冬の2回支給されます。企業によってはもっと多く支給される場合があります。個人や企業の業績が良い場合、特別ボーナスがある所もあります。

契約社員

契約社員は基本的にボーナスをもらえません。

 

ボーナスがもらえない部分はやはり正社員との大きな差でしょうか。正社員と同じ時間働いたとしても、ボーナスがもらえない分、給料の差になります。

友達同士で「今年のボーナスいくらだった?」とか「今月ボーナス入ったし焼肉行こうぜ」という会話も出来ません。

昇給や昇格はあるんだろうか?という不安

昇給や昇格はどれくらいあるんだろうかと気にする人もいると思います。

給料面ってすごく大切ですよね。

正社員

昇給や昇格はあるので、年収は段々と上がっていきます。基本給が上がるにつれてボーナスも上がるので、年収の上り幅は大きくなります。

職歴を積んだ後に転職が出来れば、年収は100万、200万円と大きく上がる可能性もあります。

契約社員

昇給や昇格のチャンスが少ないです。契約更新時のみ変わるかどうかのチャンスがあります。

 

昇給や昇格のチャンスは、正社員は年に1回ありますが、契約社員は少ないので、給料に差が出やすいです。

契約社員で給料を上げたいとどんなに思っても厳しいものがあります。努力をしていたとしても給料に反映されないので頑張っていても報われないと感じる人もいるかもしれません。

将来のキャリアとしてどうだろうか?という不安

契約社員の不安としてよくあるのが、将来のキャリアとしてどうだろうかという不安です。

正社員

徐々に仕事を任せられるようになり、責任の重い仕事もやれるようになるので、スキルアップができます。仕事の経験をアピールできるので転職などでも有利です。

管理職経験などは特に30代以上の転職で長所となります。

契約社員

会社の秘密事項を扱うような重要な仕事は任されず、簡単な仕事を任せられることが多いです。

そのため仕事上のスキルアップが難しく転職で役に立つような職務経験を積むことが出来ません。

 

将来のキャリアを積もうと思った時に、契約社員はなかなか職務経験を積むことが出来ないですが、正社員の場合は職務経験を積むことができて転職やキャリアアップに活かすことができます。

将来どうなるか分からないこのご時世では、経験を積み自分の能力を上げていくことが大切です。

少しでも難しい仕事を経験することで将来の能力は大きく変わることになるでしょう。

スキルの有無によって転職先の探しやすさも変わってきます。

スキルが培われないまま年だけ重なるといざとなった時仕事が見つからないということになってしまうかもしれません。

社会的信用はどうだろうか?という不安

契約社員の人で、社会的信用はどうだろうかと考える人もいます。

実際どうでしょうか??

正社員

ローンなどを組みやすいです。住宅や自動車を買う際などはローンを組む人も多いですが社会的信用があるので組むことが出来ます。

また結婚などでも相手の親に伝えやすいです。

契約社員

社会的信用が弱くローンなどを組みづらいです。

借り入れ可能な額が少なかったり正社員と比べて制限があったりします。

また結婚でも相手の親によっては不安に思う人もいます。

 

正社員と比較して、やはり雇用が不安定であるからかお金を借りにくくなります。正社員は、正社員と言うだけで社会的信用が確保されますが、契約社員は契約社員と言うだけで社会的信用が少なくなります。

お金というのはどういう時に必要かってその時にならないと分かりません。

親が病気をしたり、家族が交通事故に遭ったりといった災難がいつ起きるかは分からないです。

そういう時に契約社員だと正社員よりもお金を借りづらくなります。

契約社員から正社員になれるだろうかという不安

契約社員の人の不安の中で正社員になれるだろうかと不安に思いながら働いている人もいると思います。

契約の際に、正社員登用が前提と言いながらも、何かしらの理由をつけて正社員にしない会社もあります。

契約社員から正社員になれる保障というのはどこにもありません。

3年たっても正社員になれないということは普通にあったりします。

会社としては、給与が安い年代を契約社員として使い、ごく少数の優秀な人のみを正社員にするという方法を取るところもあります。

正社員になりたいと思っているなら、転職は苦労したとしても、最初から正社員を目指したほうが良いです。

契約社員から無期雇用転換できるだろうかという不安

契約社員から無期雇用転換できるだろうかと不安を持つ人もいます。

無期雇用転換というのは、5年以上働いた人が会社に対して無期雇用に転換するようにお願いすることです。

無期雇用についても新しい制度なのでしっかりと企業の人事に聞くことをおすすめします。

実際無期雇用転換したと言っても正社員ではないので正社員よりも待遇が保証されているわけではないことに注意が必要です。

契約社員の不安定さについては下記記事にも書いているので参考にしてください。

契約社員 不安定 理由契約社員の不安定な理由を徹底解説。リスクあるしやめたほうがいい。

契約社員の将来性はどうなのか?

契約社員のよくある不安をまとめました。

いかがでしたでしょうか?

契約社員は正社員と比べて、

  • 雇用形態が不安定
  • 退職金、ボーナスがもらえない
  • 昇給や昇格のチャンスが少ない
  • 将来のキャリアとして蓄積されない
  • 社会的信用が低い

といった不安定な部分が多くあります。

もちろん契約社員には時間に束縛されたくない、責任を取りたくないという理由から正社員を目指さなかった人もいます。

しかし、将来的に考えると、キャリアとしての蓄積もされず、退職金やボーナスがもらえず昇給や昇格のチャンスも少ないですし、いつ何時会社の都合で首にされるか分かりません。

先々の経済的な不安を抱えながら生活することになります。歳を重ねるごとにそれが強くなってきます。

将来の生活設計のイメージも湧きづらいです。

契約社員を続けていれば、正社員になれるという保証もありません。

 

契約社員の将来性を考えると、雇用形態に妥協せず、ゆっくりでもいいので正社員を目指したほうが良いです。

転職活動は大変ですが、ゆっくりでもいいのでキャリアアップできる正社員を目指していきましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。