20代女子だけど既婚者のセクハラがマジで破廉恥。会社辞めさせたい。

20代女子 既婚者 セクハラ

私は、20代女子でとある会社のOLをしています。
今回、私が受けた数々のセクハラを書き記そうと思います。

もう我慢の限界でした。

私は、もともと田舎育ちで都会に憧れ、学生時代に都会に出た後、そのままそこで社会人になりました。学生時代は一人の彼氏と長く付き合っていたので、恋愛経験もそんなにあるわけではなく、男性慣れもそこまでしていなかったと思います。いわゆるTHE真面目女子です。

学生時代には女友達も男友達も数人ずつは出来ましたが、そこまで友達が多いわけでもなく、社会人になってからは会社の同期と仲良くなりました。

会社では飲み会が定期的にあるのですが、今回のセクハラは飲み会からがきっかけだったので、ここから話します。

会社の飲み会で無理やりキスされた

ある日いつものように会社の飲み会がありました。
会社の飲み会は同期もいますが、直属の上司や部署が違う先輩もいました。
私は最初のうちは同期達と飲んでいたのですが、同期が結構私にお酒を飲ませてくるので、ちょっとだけ酔っ払ってきてしまいました。

飲ませやすいキャラだったんでしょうね、私。
割と普段からニコニコしていて断れない性格なので。

私自身も楽しいからいいやと思いながら、飲んでいました。
でもやっぱりちょっと酔いが回ってきたなって思って、トイレも近くなってきたので、トイレにふらふらしながら向かいました。

(やっぱりしんどいな。席に戻っても飲むのはもうやめよう)

と心の中でそう思いながら、用を済ました後、トイレを出ると別の部署の先輩がトイレの外に待ち構えていました。

「え?」

するとその先輩は急に私のことを抱きしめてきました。

「え?ちょっと何してるんですか」

それでも先輩は離そうとせずに、がっちりと私を抱きしめたままでした。
私自身ちょっと酔っぱらっていたせいで、あまり抵抗が出来ず、その先輩からキスされようとしたときに、何度か拒んではいたんですが結局キスされてしました。

皆で飲んでいる席からはだいぶ離れていたし、その間誰もトイレに近づかなかったので、誰もこの出来事は知らないと思います。

その後、先輩も長く外にいすぎるとまずいと思ったのか、「戻ろっか」といって、戻ることになりました。

仕方ないことだと自分自身に言い聞かせた

私自身は、その後、仕方ないことだと自分自身に言い聞かせました。

飲みの場の勢いで、先輩もおかしくなっていたんだ、きっとそうだと思い込むようにしたのです。

ですが、やはり気になってしまったので、職場の他の先輩に、私にキスした先輩に彼女はいるのかということをこっそり質問したら、なんと既婚者であるということが判明しました。

(え、やばい)

既婚者に、キスされるなんて本当に最悪。

でも社会人になるとセクハラとかもあるみたいだし、こういう事って普通にあるのかもしれないとまたもや自分に言い聞かせましたが、正直ショックでした。

既婚者から更なる仕打ちを受けた

私はその出来事があった後、何事もない日常に戻ると思っていました。
ですが、そうではありませんでした。

彼氏みたいに装われた

いつも通り、仕事終えて帰ろうとした時、ばったり既婚者の先輩に出くわしました。
その時に、「今度また二人でご飯いこうね」と言われました。

私は怪訝そうな顔で見つめましたが、「キスする関係だったらご飯くらい行くでしょ」とコメントを残して去っていきました。

あり得ない。

その次の日、社内メールにて、業務関係で緊急で連絡しないといけない場合があるからLINEを乗せておくと既婚者の先輩から連絡がきました。
仕事のつながりはほぼないので、メールはスルーしておこうと決めてスルーしていたのですが、その日の帰り際、また声をかけられて、「業務連絡でLINEを聞かないといけないといけないのに無視したらダメじゃないか」と言われ、連絡先を教えるように言われました。

その際、周りにほとんど人がいなく、断るのも苦手で私は連絡先を教えてしまいました。

それからというもの、毎日のように、「ご飯いつにする?」「休みの日はどこ行くの?」
「ちゃんと報告しないとだめだぞ」と、追撃の嵐。

どうしようと悩んでいたら、「俺たち付き合っているよね?」とLINE。

いやいやと思ったので、「既婚者ですよね?」と連絡したら、連絡が返ってこなくなりました。
良かったと思っていたんですが、その後もまだ既婚者の先輩からの行為は終わりませんでした。

確実にアウトなセクハラ質問

とある週に、久しぶりに仕事が増えて、残業をしないといけない日がありました。

いつもは定時くらいに帰れるし、今日は頑張るかと思いましたが、社内の人は徐々に帰ってきてまばらになりました。

パソコンで事務作業をしつつ、一息つきたいと思って、自販機で飲み物を買ってこようと思い、席を立って、部屋を出るとそこには既婚者の先輩の姿が。

そこで、既婚者の先輩から「○○ちゃんは彼氏とかいるの?」と聞かれました。

「いないです」と答えたところ、「最近デートしたのいつ?」「最近俺以外とキスしたのいつ?」という質問やここでは書けないようなそれ以上の質問を矢継ぎ早にされました。

「そんなの答える義務ないですよね??」
とさすがに私もこんなこと聞かれるのはおかしいと思って、言い返し、私は一瞥してそこから立ち去りました。

あり得ないほどの言葉攻め

その日の夜、既婚者の先輩からLINEの電話がかかってきました。
普通に無視をしていたのですが、何度もかかってくるので、出て言い返そうと思って電話に出ました。

そこで急に、相手から謝ってきたので、私は意表を突かれて返す言葉が見つかりませんでした。

「迷惑をかけようと思っているわけじゃない」「いろいろ聞いて悪かった」と、謝ってきたので、私も「分かりました。大丈夫です。気にしていません」と間違って答えてしまいました。

すると、「俺が彼氏だったらこんなデートが出来る」「俺が彼氏だったら楽しいよ」と話し始めて、段々とエスカレートしてきて、「俺が彼氏だったら○○ちゃんに○○なことができる」「○○ちゃん、○○って興味ある?」「○○ちゃん、○○して欲しい?」と、下ネタ交じりのセクハラが始まりました。

私はセクハラの対応になれていなかったので、電話越しにどう対応すればいいか分からず困惑していました。

そういう風にいろいろな言葉をかけられた後、満足したのか「またかけるね」といって、彼は電話を切りました。

既婚者に言い寄られてしまった

それからというもの、会社で会ったら話しかけられるし、LINEはくるし、電話はかかって来るし、とめどないアタックが続けられました。

未婚ならまだしも既婚者ですよ。

既婚者で奥さんいるのに、なんで20代の私にちょっかいかけているんだと思いました。

ですが、現に既婚者の先輩に私は言い寄られてしまったのです。

「それでも君が好きだ」「デートしてほしい」
そういう風に言い寄られて私自身は精神的に参ってきました。

既婚者と付き合うなんて考えられないし、あり得ない。
しかも別に好きじゃないし、でもどうすればわからない。

八方ふさがりでした。

相談窓口があるものの気を使って相談できない

私はこれってセクハラだよなとずっと思っていました。
食事やデートへの執拗な誘いもずっと行われていたからです。

ストーカー気質があるのかなと思いましたが、それでも私はどうすればいいか悩んでいました。

会社にも相談窓口のような場所もあったんですが、私は会社の人に相談することを悩んでいました。
何故なら相手が既婚者だからです。

相手が明らかにセクハラをしてきていて、相手が悪いってわかっていましたが、私はその出来事を相談して、相手の家庭を崩壊させるきっかけなんて作りたくないと思ったのです。

私がそれを相談すれば、既婚者の先輩はセクハラをしていたことがばれ、相手の奥さんも恐らくそれを知ることになります。
20代女子にセクハラをしていたと奥さんが知ったらそれこそどうなるか想像に難くありません。

最悪のパターンの場合、離婚に発展すると思います。

そんなことを私自らの判断で、相手の人生に影響を与えてはいけないと感じてしまったのです。

普段から言いたいことがあまり言えずに我慢する方だったからかもしれません。

本当にもう解決できないと思ったら

私は結局、意を決して職場を変えるっていう決断をしました。

私自身はそこまで職場にこだわっているわけではなかったからです。

本当にセクハラ問題を解決しようと思うなら、相談窓口に相談して状況を解決するというのがベストです。
そうすると、最悪噂も社内に回って相手もいづらくなって、会社を自ら辞めていったかもしれません。

私自身も相手に会社を辞めて欲しいと思っていましたが、さすがに既婚者の先輩に会社を辞めさせて人生を崩壊させるって選択は私には出来ませんでした。

それなら転職が全然容易にできる私が転職して別の職場に移ってもいいと考えたのです。

転職後は、そのようなセクハラの問題は全く起きず、問題なく働いています。

むしろ給料などの待遇も上がり、今では転職して良かったと思っています。

ただ、もっとしっかりと既婚者の先輩に嫌ということを伝え、拒んでおけばよかったと思ったと後悔しています。

私が拒否をしっかりしなかったせいで恐らく新しく入った新入社員もセクハラをされるんじゃないかと思います。私が職場を変わったところで、既婚者の先輩の態度が変わるわけではありません。
他の被害者が出ているかもしれないと思うと、やっぱり社内でセクハラがあるならしっかりと社内の人に相談するのがいいと思いますよ。

出会いがない会社 うざいお局様なぜ出会いがない会社だと結婚できないウザいお局様になってしまう?

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。