猫のふん対策まとめ。糞尿被害を食い止めて庭に入れない方法。

猫 ふん 対策

野生の猫ってところかまわず糞や尿をするんですよね。

自分の家の庭で糞や尿をされたらくさいしたまったもんじゃありませんよね。

今回の記事を読むと、

  • 猫のふん対策
  • おすすめのふん対策

が分かります。

猫のふん対策まとめ

猫のふん対策をまとめます。

猫のふんを対策する方法はいくつかあります。

1.忌避剤を使う

猫のふん対策の1つとして、忌避剤(きひざい)を使う方法があります。

忌避剤は、猫の嫌いなにおいや刺激によって、猫を近づきにくくするものです。

忌避剤を使うメリットは、色んなもので作れるので安く済むということです。

忌避剤を使うデメリットは、雨や風により効力が長時間持たないことや、猫がにおいに慣れてくるときかなくなるということです。

忌避剤は、

  • 木酢液・竹酢液
  • 市販の忌避剤
  • みかんの皮
  • ハッカ
  • 香りの強いハーブ
  • 生ニンニク
  • たまねぎ
  • とうがらし
  • こしょう、カレーなどの香辛料
  • どくだみの葉
  • 重曹
  • 練炭
  • コーヒーかす
  • 茶殻

などが使えます。

詳しくは、埼玉県のサイトの「猫が庭に入らないようにする方法」にて書かれているので、参考にしてみてください。下記がURLです。

参考 猫が庭などに入らないようにする方法彩の国 埼玉県

2.構造物を使う

猫のふん対策の1つとして、構造物を使う方法があります。

庭の出入り口や、猫が休む場所、猫が塀を飛び越えるところの通り道に猫が嫌がる障害物を置く方法です。

  • 水を撒く
  • 砂利
  • 大きな石
  • 枯枝
  • 松ぼっくり
  • トゲのある植物
  • 地面を覆う植物を植える
  • トゲトゲシート
  • 目の細かい網
  • アルミホイル
  • 木製の柵
  • 石炭・墨粉

上記にあげたようなものを使えば、ふん対策をすることが出来ます。

構造物を使うメリットは、簡単に取り組めるものであるということです。

構造物を使うデメリットは、こちらも一時的なものなので何度も繰り返しやらないといけないということです。

猫はなわばりに対して諦めが悪い生き物なので、糞や尿をして縄張りにしたところをちょっとやそっとじゃ出ていきません。

3.道具を使って追い払う

猫のふん対策の1つとして、道具を使って追い払う方法があります。

  • 水鉄砲
  • ブザー
  • 超音波発生器

道具を使って追い払う方法のメリットは、設置式の物であれば長持ちするということです。

道具を使って追い払う方法のデメリットは、初期費用が掛かるということです。

 

初期費用はかかるものの、一度購入した後使い続けることができて、庭をそこまで気にする必要がなくなるので、長期的な視点で見たら、道具を使って追い払う方法がおすすめです。

おすすめの猫除けは番人くん

道具を使って追い払う方法の中でもおすすめのアイテムは、番人くんという猫除けアイテムです。


番人くんは超音波を発信する装置で、猫の嫌がる超音波を発信するので、猫が庭に近づかなくなります。

猫が庭に来て糞や尿をしていつも庭がぐちゃぐちゃで困っているという方は、これを使えば猫が寄ってこなくなるので、糞尿の心配はいりません。

猫のふんや尿を放置したままにすると、段々猫が居心地が良くなってきて、縄張り化してしまいます。

そうなると毎日猫のうんちやおしっこだらけということになりますが、それでも良いならほっといてもよいと思います。

近隣の人からはくさい家と言われてしまうことになってしまうので、出来れば自分の家をうんこまみれの家にはしないほうが良いとは思います。

もしあなたが野良猫のことを無視していたとしても、近隣の人はあなたが野良猫に餌付けしているからあの辺をよく猫がうろついていて、糞尿を垂れ流しているとおもうかもしれません。

あなたの名誉を守るためにも猫のふん対策は絶対したほうが良いですよ。

猫除け対策で効果が高い番人くんは下記のボタンから公式サイトに飛ぶことが出来ます。番人くん 画像

置くだけで簡単!

番人くんで今すぐ猫対策する

短期間で野良猫被害を解消します…!

下記記事に番人くんの最安値、口コミ、評判について書いてあるので参考にしてください。

番人くん 最安値 口コミ 評判番人くんの最安値はどこ?口コミや評判や評価を徹底チェック!

糞尿被害は後回しにすればするほどひどくなる

猫の糞尿被害というものは後回しにすればするほどひどくなります。

ほっといておくと糞尿被害→悪臭→掃除→糞尿被害→悪臭→掃除という無限のサイクルから抜け出せなくなり、猫の縄張りになってしまいます。

掃除をいくらしたとしても、また糞尿をされることになるので、掃除を何回もすることは全く解決策にならないのです。

特に、春から夏の時期は猫の活動が活発化する時期と言われています。

今までいなかった庭にも猫の糞尿が落ちていたりしたら注意したほうが良いですよ。

あなたの家が、次の猫の縄張りのターゲットにされているかもしれません。

縄張りになる前にしっかりとした対策をとって猫のマーキングを防止しましょう。

注意 猫は虐待してはいけません

もしあなたが猫の糞尿被害に遭った時に、ムカついてしまうかもしれませんが、猫を虐待してはいけません。

猫は愛護動物なので虐待に当たるようなことをすると、法律で罰せられます。

糞尿被害にあったとしても、苛立ちを我慢しないといけないのです。

糞尿対策によって、猫を遠ざけることは猫の虐待にはならないので、しっかりとした糞尿対策をして、野良猫を近づけないというのが最も賢明な判断だと思います。

猫に糞尿されても猫をいじめたりしないでくださいね。