年収の上げ方は4つしかない!年収を上げる方法は出世するか、副業するか、独立するか、転職するか

年収の上げ方 出世 副業 独立 転職

年収の上げ方は4つしかありません。

年収を上げる方法は4つです。

出世するか、副業するか、独立するか、転職するかの4つです。

本記事では、それぞれどうして年収が上がるのかを考察していきます。

年収の上げ方1 出世する

年収の上げ方 出世する

年収の上げ方の1つ目は、出世するという方法です。
年収を上げるために確実なのは、時間はかかりますが、今の会社で上を目指す方法です。

最初は平社員だったとしても、係長、課長、部長となることで、給与が上がる可能性があります。

とは言っても出世するというのは、簡単なことではありません。

出世するという社員がいるということは、出世できない社員も必ず存在するのです。

出世をするためにはどうすればよいでしょうか?

関連カテゴリー: 会社員としての世渡り法 出世の仕方

実績を出す

実績を出すということもやはり一つの判断基準になります。

日本の企業は過程を重視するところもまだまだ多いですが、海外の企業などは結果主義のところばかりです。

やはり仕事で結果を出すということができれば、評価は上がりやすくなります。

取引先の人から信頼をされて仕事を勝ち取ることで、この人は出世させていかないといけないなと、判断されるものです。

信頼を積み重ねていく

出世をするためには、信頼を積み上げていくことが重要です。
約束を守る、言ったことは実行をする、嘘はつかない、隠し事はしない、等信頼を得るための行動をしていきましょう。

仕事で失敗をしたときにもミスは自分の責任だと、責任を一手に受けた利することも信頼を得るためには大切なことです。

上司との人間関係をよくする

やはり出世をするためには、上司との人間関係は大事です。

あなたがいくら頑張ったとしても上司にその頑張りが伝わらなければ評価されません。
上司に認められて気に入られるということも出世するためには必要なことです。

出世するためには、上司の推薦が必要ですし、上司のお気に入りになることがある意味必要ということになります。

そのためには性格がもし合わない上司だとしても上手く対応しないといけないし、上司に不満があっても我慢したりしなくてはいけないし、上司が喜ぶことをしないといけないしで色んな気遣いをしていく必要があります。

部下をしっかり育てる

出世するためには、下との関係も重要だったりします。

部下があなたを出世させるという判断は下せないですが、部下が育つと、あなたの仕事に余裕が生まれ、自分自身の仕事がもっとはかどるようになったりします。

また部下がしっかり育ち、あなたに感謝するようになれば、口コミであなたのいいうわさも流れますし、部下の人間との人間関係も決して侮ってはいけません。

部下をしっかり育てることで出世に間接的に影響する場合もあるのです。

主体的に仕事に取り組む

主体的に仕事に取り組む人は出世しやすいです。

全てに同調するのではなく、仕事に対して、自分の意見を持ち、違うときは違うとしっかり言える人、上司に意見を求められたときに自分の考えを持っていて言える人というのは、評価されやすいです。

上に立つ人間は、主体的に仕事に取り組み、リードしていく必要があります。

プロジェクトでも先陣を切って推し進めてパイオニアのような存在になる人は、出世もしやすいです。

ただし、意見を言いすぎて上司に嫌われたりすると出世も危うくなるので、上司との人間関係にも細心の注意を払う必要があります。

資格を取得する

資格を取得することで、出世できる会社もあります。
資格を持っている社員であれば、会社としても、経験だけでなく、裏付ける実績があれば、評価しやすいです。

中小企業診断士、日商簿記、宅地建物取引主任者、TOEIC、IRパスポート、知的財産管理技能士など様々な資格があるので、そういう資格を取って、出世コースに乗れる場合もあります。

ただし資格はあくまで補佐的な役割が強いと思います。

年収の上げ方2 副業をする

年収の上げ方 副業をする

年収の上げ方2つ目は、副業をするという方法です。

会社によっては副業、兼業を禁止している場合があるので注意が必要です。
副業禁止の会社で副業をやると最悪の場合、懲戒免職になる可能性もあるので注意が必要です。

収入を増やしたいという場合は、会社の規則を確認して副業が禁止かどうかを調べましょう。

もし副業をする場合でも、会社の人間には基本的には言わない方が良いです。
副業をするために早く帰るというと周りの人間からいい顔はされないでしょう。

副業をするなら時間を作る

副業をするなら時間を作る必要があります。
残業が多い会社に勤めてしまった場合、そもそも時間がありませんので、ハードな仕事を終えた後、副業をやる気がしないでしょう。

最初は土日祝日の休みだけ副業をやるというのがおすすめです。

土日祝日のみアルバイトをするという形でも収入は増えます。

平日にもし副業をしたいのなら、定時にいかに早く帰るかを気にするべきです。
またホワイト企業に転職するというのも一つの手です。

凡人 副業 稼げない凡人が副業で稼げない理由。稼げるようになりたい時どうすればいい?

年収の上げ方3 独立をする

年収の上げ方 独立する

年収の上げ方3つ目は、独立をするという方法です。

自分でビジネスプランを考えて実行して、会社を起業するという方法です。

代表取締役社長になって、徐々に社員を増やして利益を上げていけば、現在の年収を超えるかもしれません。

親が経営者なら、経営者の息子、娘として実家を引き継ぐパターンも考えられますよね。

要は、自分が会社員の立場ではなく、経営者の立場になると年収は上がります。

会社員であれば、自分の給料を決められないですが、経営者は自分の裁量で給料を決められます。

しかし年収を上げ方で独立という方法を上げましたが、あまり現実的でありません。
独立はよっぽどビジネスプランがしっかりしていてものすごく努力をする人だとしてもたいてい失敗をします。

上手く行かなければ借金を負う人もいます。

本当に死に物狂いで独立を目指したいという人は挑戦してもいいと思います。

年収の上げ方4 転職をする

年収の上げ方 転職をする

年収の上げ方4つ目は転職をするという方法です。

この方法が一番年収を上げるという意味では一番簡単かもしれません。出世競争に打ち勝つ方が難しい場合もあるからです。

会社に勤める限り、年収を上げる方法は基本的には、今の会社に居続けるか、転職するかの2パターンに分かれます。

恋愛もそうですよね。
付き合ったカップルの行方は、結婚か別れるの二択しかありません。

同じ会社と一生を共にするか、別の会社と新たな道を歩むのか、ある意味恋愛のパートナー選びに近いわけです。

会社の雰囲気が合わなかった
ブラック企業過ぎてきつかった
給料面で満足できなかった

色々な会社の側面を見て転職のことを考えると思います。

求人を調べる

転職をするためには求人を調べる必要があります。

リクナビNEXTにて求人を調べることが出来ます。

どういう業界や業種があってどんな仕事をしていきたいかを改めて考えるきっかけになります。

転職を具体的に考えていなかったとしても、色々な求人情報がメールにて届くので、無料登録だけ済ましておいたほうがいいと思います。

リクナビNEXT 登録はこちら【5分で完了】



リクナビNEXT

同業界、同業種に転職をする

同業界や同業種に転職をして年収を上げる人も良くいます。

同じ仕事をしている会社で給与ベースが良い会社を探して転職をするということです。

今まで培ってきたノウハウを生かして仕事をすることが出来ます。

今の仕事内容自体には不満がなく、年収だけ変えたいという人にはお勧めの転職です。

異なる業界、異業種に転職をする

異なる業界、異業種に転職をする人もいます。

そもそも今現在あなた自身が勤めている会社の業界がそもそも給与水準が低い業界かもしれません。
自動車業界、IT業界、広告業界、衣料品業界、商社、飲食業界、アパレル業界、介護業界、さまざまな業界がありますが、業界を変えることで単純に年収が上がる場合があります。

仕事内容自体も特に満足しているわけではなく、違う仕事をしてみたいという場合は、異業種の仕事に転職する選択肢もあっていいと思います。

実力主義の会社へ転職を考える

実力主義の会社への転職を考えるというのも一つの方法です。

外資系などの企業は完全に実力主義の会社です。

そういう会社に転職をすれば、転職だけで一気に給料が上がる可能性があります。
ただし、この場合は、今の会社で結果を残している人でないと難しいでしょう。

実力主義の会社では、あなたがある程度の結果を残していないと、話にならないということが多いです。

転職はプロに相談するべき

年収を上げるために転職という選択を取るなら、転職エージェントに相談をしましょう。

転職エージェントは、求職者と求人企業を結び付けるサービスです。

転職エージェントは、希望条件を伝えることが出来るので、今いる会社より給料をあげたいという希望があれば伝えることが出来ます。

転職エージェントの報酬は、求職者の採用されたときの年収で決まります。
つまり、高い年収で転職してもらったほうが転職エージェントの報酬が多くなるので、あなたをなるべく高い年収で転職させようと努力してくれるのです。

年収をどうしても上げたいという場合は、転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職サイトと転職エージェントの違いを知りたい方は下記の記事をご参考ください。

リクナビNEXT リクルートエージェント 比較 違いリクナビNEXTとリクルートエージェントの比較!転職初心者にも分かる違いを解説します

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。

終わりに

転職 上げる方法 出世 副業 起業 転職

今回は年収の上げ方は4つしかないということについて記事をまとめました。

出世をするか、副業するか、独立するか、転職するかはあなた次第です。

出世をしようと思ってもなかなか上手く行かない、副業をしようと思っても上手く行かない、そういう時はこのサイトを隅から隅まで読んでください。

出世をするための方法や、自己啓発の方法など、自分自身を高める情報をこのサイトにて更新しています。

それでもなかなか今の仕事がうまくいかないなと感じる時は転職も視野に入れておきましょう。

転職サイトの登録自体は5分で出来ます。
今すぐに転職活動をしない人でも情報収集用に登録しておいて損はないです。
会社にバレる心配はありません。

リクナビNEXT 登録はこちら【5分で完了】



リクナビNEXT