同じ会社で同じ仕事をすると飽きる。仕事が飽きた時の対処法7選

同じ会社 同じ仕事 飽きる

同じ会社で同じ仕事をすると必ず飽きます。
飽きるのが当たり前なんです。

事務仕事をしていて、毎日が同じ日々の繰り返しであると感じた経験がある人はいませんか?
ルート営業をしていて、相手の在庫が減ってきたら今度はこれどうですか?と単調な営業活動をしていて、これっていつも営業方法一緒だなと感じた人はいませんか?

仕事をしていると、「これってやっていること一緒だな」と言う感覚に陥ることも誰しも一度はあるのではないでしょうか。

だからといって、飽きてしまったままだと、仕事もつまらなく感じますし、仕事に向かうのもしんどいですよね。

仕事に飽きてしまった場合は、対策が必要です。

本記事では、仕事が飽きてしまった時の対処法をまとめていきます。

同じ会社で同じ仕事をするのはもう嫌だという場合は転職も手>>>

仕事が飽きた時の対処法7選

仕事 飽きた時 対処法

同じ会社で同じ仕事をすると必ず飽きが来ますが、仕事が飽きた時の対処法をここから順に説明していきます。

未来を想像する

仕事に飽きた時の一つ目の対処法は、「未来を想像する」です。
同じ会社で同じ仕事をしていても、将来別の仕事をすることが出来るのならば、その為の我慢だと割り切って耐え忍ぼうと捉えることもできます。

例えば下積みが必要で、最初は雑務が多くても段々と新しい仕事、面白い仕事を任されるようになる場合があります。
地味で泥臭いと思う仕事を淡々とこなすことで、上司はこういう作業もしっかりやってくれる部下だということで社内評価も上がりますし、将来違う仕事を任せてもらえる可能性も高くなります。

また普段から、「色んな仕事をしてみたい」と、伝えておくのも一つの手であると言えるでしょう。
そういう風な立ち振る舞いをしておくと、将来他の仕事をやらせてみるかと上司が思って違う仕事を振ってくれる場合があります。

自分の未来を想像して、同じ仕事を今は続けていても、将来は違う仕事をやれるようになる、もっと高いレベルのことが出来るようになるという未来を想像することが出来るのなら、一瞬飽きてしまったとしても前向きにとらえられるかもしれません。

ただし、今未来を想像して、それでも毎日定年まで同じ仕事をしている姿を想像してしまったら別の対策を検討すべきです。

仕事を好きになろうとする

仕事に飽きた時の二つ目の対処法は、「仕事を好きになろうとする」です。
仕事をつまらないと思って仕事をすることほど時間を無駄だなと感じる機会も多くなりますし、勿体ないです。

同じ人生であるならば、「仕事つまらない、しんどい、飽きた」と感じながらやるよりも、「仕事たのしい、やりがいがある、いつも新鮮だ」と感じながら過ごしていた方がいいです。

かといって、同じ仕事をしていても、なかなか好きになることが出来ないという人もいると思います。

それは、仕事のことをまだまだ知らない証拠かもしれませんよ。

例えば機械系のルート営業の仕事だとしても

  • 電話応対の方法を極める
  • 自社の扱っている商品のメリットデメリットを詳しくまとめる
  • 他社比較をしっかりとやる
  • 単純作業の時間をめちゃくちゃ短くする
  • スケジュールの立て方を効率的にする
  • 買う気がないお客様に対してどう買いたい気にさせるか心理学を学ぶ
  • 相手の心を動かすプレゼンの資料作りをする
  • プレゼンの時の間の取り方、視線の送り方、抑揚のつけ方なども意識する

事務の仕事だとしても

  • コピー機が空いている時間を見計らってコピーの時間を決定する
  • 上司との距離感を上手くやって面倒な仕事を任されないようにする
  • 来客応対時、お客様にいい感じの会社だなと思ってもらうようにする
  • 資料の整理などをわかりやすく行う

ただし、仕事を好きになろうとしてやりがいを見つけようとしてもやっぱり見つからない場合もあります。

そういう時は、別の対策をするべきです。

誰かのために仕事をするという意識を持つ

仕事に飽きた時の三つ目の対処法は、「誰かのために仕事をするという意識を持つ」です。

自分のためにだけだとモチベーションを持続させるのって困難なんです。
それが誰かのために仕事をすると考えて仕事に取り組めるようになると、モチベーションを保つことが出来たり、飽きにくくすることが出来ます。

例えば、

親のために、少しでも親孝行をしてあげたい。
妻のために、少しでも旅行とかに連れて行ってあげたい。
夫のために、少しでも負担を減らしてあげたい。
子供のために、少しでも多くの習い事をさせてあげたい。

目的意識があると、飽きるなどと言っていられなくなります。

自分が仕事をするときは、決して自分だけのために働いているのではないと思うことが出来るようになれば、同じ仕事をしていても飽きにくくなるでしょう。

ゲーム感覚で仕事をこなす

仕事に飽きた時の四つめの対処法は、「ゲーム感覚で仕事をこなすこと」です。

これは、今やっている単純作業をゲームなどと捉えて、仕事をすることです。
時間制限を決めて、仕事の速度を図ってみたり。
クリア出来たら、今日の昼ごはん、夜ご飯をちょっと贅沢にする等のご褒美をつける。

そうやって日々のタスクに彩をつけます。

仕事をスピード感をもってやることで、日々の成長を楽しむことが出来るようになれば、同じ仕事でも全く違った新鮮さを感じることが出来るかもしれません。

休日にしっかり休む

仕事に飽きた時の五つ目の対処法は、「休日にしっかり休む」です。

同じ会社で同じ仕事をしていて、飽きた!耐えられない!と思った時は思い切ってしっかり休むということが大切です。

やる気が全然でない時は、思い切って、やらないという選択を取って休んでもいいんです。

休日に休んで、何をするのもよしです。
寝るのもよし、普段なかなか仕事で疲れていたけれども少し頑張って遠出するのもよし。
カラオケに行くのもよし。夜遅くまでお酒におぼれてもよし。

仕事に飽きた時は、他のことに興味が行ってそっちをやりたいと思っている場合があります。

興味がある事柄をある程度やると、あ、こんなもんかと満足して再び仕事に目が向く場合もあります。

息抜きは大切なので、仕事で疲れを感じている人はぜひ息抜きをしてみましょう。

他の人に頼めるようにする

仕事に飽きた時の六つ目の対処法は、「他の人に頼めるようにする」です。

同じ仕事をしているなと感じている人は、思い切って仕事を他の人に振ってみます。
そうすることで、新しい仕事ができる時間が増えたりします。

今までは、単純作業だけで一日を終えていたとしても、その仕事の一部を他の人に受け渡すことで、自分自身はプレゼンの資料作成だったり、他の新しい業務に使う時間が増えるかもしれません。

もちろん、仕事を頼むことは勇気がいることです。
ほんの少しの勇気を使うだけで視界が広がる場合がありますので、同じ仕事をずっとしていてきついと思った人は他の人に相談してみてもいいかもしれません。

ただし、他の人に仕事を頼むことは、立場によっては間違いなく、難しいことです。
入社したばかりの時はきついことだと言えるでしょう。

ネガティブパワーを使って現状を脱出する

仕事に飽きた時の七つ目の対処法は、「ネガティブパワーを使って現状を脱出する」です。

同じ仕事を続けたくないと思う場合はネガティブな動機を使うことも必要です。

例えば、同じ仕事を続けてい居るのがしんどいなと思った場合、まず一つ考えられるのは、新しい仕事を任せられたときに、成果を出すことです。

同じような単純な仕事を繰り返している中で、新しい仕事も同時にこなすわけですから、なかなかその期間は大変ですが、新しくやってもらった仕事で、結果を出すと、上司に「今度からこっちの仕事をもっとやってみるか」と違う仕事を任せられるようになります。

ある意味、現状の立場を脱却して出世することで、違う仕事、より高いレベルの仕事ができるようになるでしょう。そうなると飽きが来なくなります。

部署異動などが多い会社もある意味、飽きにくい環境であると言えるでしょう。
逆にまったく部署異動がない会社は空きやすい原因になるかもしれません。

またもう一つネガティブパワーを使って現状を脱出する方法は、転職をするという方法です。

仕事内容というのは、どんなに努力しても同じ会社にいる限り変えられない場合も多いです。

仕事内容が全然自分に向いていないと感じるのであれば、転職というのも一つの手です。

同じ仕事だけをし続ける会社ばかりではありません。
思い切って違う仕事に挑戦するということで現状の悩みを解決できる可能性があります。

とは言っても、転職というと勇気がいりますよね。
どんな仕事があるのだろう、その仕事は実際にどんな感じで働いている人が多いのだろうと色々疑問に持つと思います。

転職を検討する場合は、転職エージェントがオススメです。

転職エージェントでは、転職エージェントと呼ばれるエージェントに相談ができるサービスで、自分自身がこんな仕事をしたいと希望を伝えると条件に合った求人を探して、教えてくれます。

転職をしたことのない人は、だいたい1つか2つは転職エージェントを使っています。

その方がはるかに効率よく転職活動が出来るからです。

仕事に飽きて、違う仕事をしてみたいという方は、日ごろからどんな仕事があるんだろうと求人を調べてみるといいですよ。

求人を調べるだけなら、リクナビNEXT 登録はこちら【5分で完了】

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。