お札が変わる?1万円渋沢栄一、5000円津田梅子、1000円北里柴三郎

本日紙幣刷新(しへんさっしん)のニュースがありました。

お札の肖像画が変わるそうです。令和の年号が発表された影響もあるでしょうね。

1万円 福沢諭吉→渋沢栄一

5000円 樋口一葉→津田梅子

1000円 野口英世→北里柴三郎

に変わるそうです。

今回の記事では新しく紙幣の肖像画になる3人はどんな人なのか調べてみました。

今回の記事を読めば

  • 1万円の渋沢栄一がどんな人か
  • 5000円の津田梅子はどんな人か
  • 1000円の北里柴三郎がどんな人か
  • これに対する世間の反応は?

が分かります。

それぞれのプロフィールを見ていきましょう。

1万円の渋沢栄一がどんな人か

1万円 渋沢栄一

1840年~1931年

渋沢栄一は、江戸時代末期から、大正初期にかけての日本の武士、官僚、実業家であり、第一銀行や東京証券取引所などいろんな企業の設立や経営に関わり、「日本資本主義の父」と言われていたそうです。

  • 武士(幕臣)
  • 官僚(政治)
  • 実業家(経営者)

武士であって、政治の世界にも携わって、経営者でもあってって何でもできる人ですね。

幕臣(ばくしん)というのは、幕府の長である征夷大将軍を直接の主君として使える武士のことで、武士の中でも位がめちゃくちゃ高いです。

歴史の教科書で必ず出てくる征夷大将軍の徳川慶喜の家臣・幕臣になりました。

渋沢栄一はなんで経済人と言われるのか??

渋沢栄一はなんで経済人と言われるのでしょうか。

渋沢栄一は明治初期の経済活動のほとんどに積極的に関わっていると言われていて、日本経済や日本の資本主義の生みの親とも言われています。

今の日本経済の基礎を作ったと言っても過言ではないのが渋沢栄一です。

具体的には下記のようなことを取り組んでいます。

  • 第一国立銀行の設立
  • 手形交換所の設立
  • 鉄道敷設
  • 商工会議所の設立
  • 紡績業
  • 海運業発展の促進

それぞれ見ていきましょう。

第一国立銀行の設立

アメリカのナショナルバンクを模範として作られた発券銀行を作りました。流通貨幣を発券できます。

この後どんどん国立銀行が作られていきます。

日本最初の銀行を生み出したのが渋沢栄一なんですね。

手形交換所の設立

手形交換所が出来て、手形取引が出来るようになりました。

債務が貨幣の機能をもつようになり、支払いと受け取りに時間差がある分、貨幣の流通量が増えることになるので経済の活性化に大きく寄与しました。

これによって銀行や金融業が大きく成長することになったのです。

鉄道敷設

渋沢栄一は明治時代の鉄道敷設に関わっていたようです。

明治維新後、新橋横浜間、京浜間、阪神間の鉄道、北海道の鉄道など様々な鉄道が生み出されました。

商工会議所の設立

渋沢栄一は商工会議所も作り出しました。商工業者の社会的立場を改善したんです。

紡績業

インド綿の採用、外国商人の販路独占への対抗戦線の結成、大阪合同紡績会社の設立など、日本の紡績業にも大きく貢献しました。

海運業発展の促進

海運業発展は三菱の岩崎弥太郎から始まりますが、三菱汽船が日本の海運業を独占しそうになって、対抗して共同運輸会社が設立されました。

その際に両者の調停をして、その後紡績業と海運業の提携をはかったのが渋沢栄一です。

渋沢栄一は紙幣の肖像画候補に挙がっていた

渋沢栄一 朝鮮 日本銀行券

渋沢栄一は今まで紙幣の肖像画候補に挙がっていたようです。

彼ほどお札にふさわしい人はいないと言われていました。

実は、渋沢栄一は明治35年の朝鮮の第一国立銀行券として使われていました。

反日感情を刺激する可能性もあるから採用されていないという噂もありましたが、今回ようやく実現するようです。

渋沢栄一の名言

渋沢栄一の名言をいくつかピックアップしてみます。

人はすべて自立独立すべきものである。

自立への精神は人への思いやりと共に

人生の根本を成すものである。

 

全て形式に流れると

精神が乏しくなる。

何でも日々に新たにという

心がけが大切である

 

人は死ぬまで

同じ事をするものではない。

理想にしたがって生きるのが

素晴らしいのだ。

5000円の津田梅子はどんな人か

津田梅子 5000円

1864年~1929年

津田梅子は、日本の教育者で、日本における女子教育の先駆者とも言われています。

女子英学塾(現在の津田塾大学)を創立しています。

津田梅子はアメリカ留学もしていて、なんとそれは6歳の時だったそうです。

現在ならまだしも当時海外にそんな小さい時に留学なんてなかなか考えられなかったはずです。

津田梅子の父は黒田清隆の計画した女子留学生に梅子を応募

津田梅子の父は幕臣で、津田仙といい、江戸幕府崩壊後、北海道開拓使になりました。

開拓使次官の黒田清隆は、新国家を創るために女性の教育指導者育成の重要性を感じており女子留学生制度を計画しました。

それに父が応募して津田梅子の渡米が決まったのです。

岩倉使節団の留学生としてアメリカに行ったのです。

ラテン語やフランス語なども学んだそうです。

10年留学生活を過ごした後、伊藤博文から推薦を受け、女子学校の英語教師になりました。

当時の女子教育は、花嫁修業だけでしたが、津田梅子が立ち上げた女子英学塾によって、新しい女子教育の方法があるということで世の中に広まりました。

ヘレンケラーやナイチンゲールとも会っている

津田梅子はヘレンケラーやナイチンゲールとも会っています。

34歳の時には日本女性の代表として、バンコク婦人クラブ連合大会でスピーチをしました。

スピーチが絶賛されたことで、ナイチンゲールと会うチャンスをもらえたそうです。

女性の本能である愛と献身が大切であると愛情のこもったスピーチで世界に感動を与えました。

津田梅子の名言

津田梅子の名言をいくつかピックアップしてみます。

一人一人の人生の航路には

独りで立ち向かわなければならない、

それぞれの困難と問題があります。

 

環境より学ぶ意志があればいい

 

男性と協力して対等に力を発揮できる、

自立した女性の育成

 

何かを始めることはやさしいが、

それを継続することは難しい。

成功させることはなお難しい。

1000円の北里柴三郎はどんな人か

北里柴三郎 1000円

1853年~1931年

北里柴三郎は、日本の医学者・細菌学者で、「日本の細菌学の父」として知られて、ペスト菌を発見し、破傷風の治療法を開発するなど感染症医学に大きく貢献しました。

ドイツベルリン大学に入学し、「近代細菌学の開祖」と呼ばれるロベルト・コッホの元で業績を上げました。

北里柴三郎は福沢諭吉や野口英世と面識があった?

北里柴三郎 福沢諭吉

北里柴三郎は福沢諭吉や野口英世と面識があったそうです。

東京に日本初の伝染病研究所が建設され、北里柴三郎が所長になりましたが、その研究所の場所と建設費を提供したのが福沢諭吉だそうです。

福沢諭吉は北里柴三郎の熱意に感動して協力することにしました。

野口英世は、北里柴三郎の研究所に助手として入りました。

日本の医療は世界でもトップクラス

北里柴三郎は、世界の医療の底上げしたともいえます。

日本の医療は世界でもトップクラスとも言われているからです。

ペスト菌の発見と予防は、日本での黒死病の伝搬を防ぎ、日本の多くの人々の命を救う結果になったと言えます。

北里柴三郎は熱意をもって医療に取り組んだことが日本の発展に大きく貢献したことは間違いないでしょう。

北里柴三郎の名言

北里柴三郎の名言をピックアップしてまとめます。

研究だけをやっていたのではダメだ。
それをどうやって世の中に役立てるかを考えよ。

 

熱と誠があれば、何事も達成する

 

医者の使命は病気を予防することにある

 

よく世の中が行き詰ったと云う人があるが、是は大いなる誤解である。

世の中は決して行き詰らぬ

日本のお札が変わることの世間の反応は?

日本のお札が変わることの世間の反応はどうだったのでしょうか。

newspicksでもいろんな意見が述べられていたので気になって調べてみました。

newspicksの反応

深夜にもかかわらず、反応してしまった。

キャッシュレス化を進めようとしてるのに、紙幣刷新は必要なんだろうか?

 

「1万円札が渋沢栄一」ーー腹落ち感があります。

「好みのタイプは諭吉さんです」というギャグも今後は「好みのタイプは栄ちゃんです」と変わるのですね。

ただ願わくば「紙の紙幣が発行される最後」にして欲しいという思いも。

■ATM
■券売機
■自動販売機 等

これらの交換・改造コストは半端ないかと。これらはすなわち現金を流通させるコスト。

現金大国日本に重いコスト ATM維持に年2兆円
https://newspicks.com/news/2712274

ATMの維持だけで2兆円。交換・改修コストは果たして?? それらコストを誰が負担しているのかを今一度考えたいところです。

 

一万円札、まだ出すのか…
なかなか日本では盛り上がらない議論だと思いますが、これが最後の一万円札ということになると良いと思います。
それとは別に造幣局のレベルでデジタルマネーを少し発行してみるとかいう企画は難しいのでしょうかね。日銀は背を向けていますが、造幣局の方で実験的なことができるのではないかという気もしています。

 

キャッシュレスって、本気で紙幣が一枚も流通しないってことを想定している人が多くて草。政治の裏金が足のつきにくい紙幣である限り、紙幣は存続する。そこが紙幣のかわりに米国永久債とかビール券(これは財務省の裏金として用いられている)で済むならあれだが。キャッシュレスこそ、ただの追加コスト。災害時とか、どうするつもり?

newspicksの意見はいつも参考になります。

キャッシュレス化についての賛否両論がありそうです。

twitterの反応

twitterの反応もいくつかピックアップします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、

  • 1万円の渋沢栄一がどんな人か
  • 5000円の津田梅子はどんな人か
  • 1000円の北里柴三郎がどんな人か
  • これに対する世間の反応は?

を紹介しました。

キャッシュレス化が推進されている今、紙幣の変更は賛否両論があるようです。

消費税増税 キャッシュレス化 ポイント還元消費税増税でキャッシュレス化が進む?ポイント還元を使うべき理由。

今あるお金はしっかりと保管してプレミアム価格がつくまで取っておきたいですね。(何年後になるのでしょうか。)

令和の時代になって、これからもいろんな新しい動きがありそうですね。

ここからの時代が楽しみです。