プリセプターが嫌いで合わない時どうする?怖いから化粧が出来ない

プリセプター 嫌い 合わない

プリセプターはが嫌いで本当に性格が合わない。
そう悩んでいる看護師の方はいませんか??

プリセプターとは、新人看護師の一人一人に、それぞれ先輩の看護師がついて一定期間マンツーマンの指導を行う教育方法です。
新人看護師が安心して仕事に取り組めるように成長をサポートします。

そして教えてもらえるあなたがプリセプティです。

ですが、よりによってあなたについたプリセプターが最悪で全然相性が合わないことがあるんです。

合わない時は本当に仕事に行くのが鬱になりますよね。特に病院で働き始めたばかりの頃は周りにもなかなか相談できる人も少ないはず。

看護学校や大学の看護学部の友達に、「プリセプターが本当に意地悪なんだよね」と話すくらいでしかストレス解消できません。

合わない時はどうするべきでしょうか?

プリセプターが嫌いで合わない時はどうすればよい??

プリセプター 怖い

プリセプターが嫌いで合わない時はどうすればよいでしょうか??
4つ対処法を乗せておきます。

1.修行だと割り切る

プリセプターが嫌いで合わない時の選択肢の1つ目は、修行だと割り切るということです。

看護師の新人の頃は、相当きついものです。職場は仲良しクラブではないので、仕事がきちんとできるようになるというのが大前提です。
まずはプリセプターにいろいろ言われてしんどくても、まずはプリセプターに教えを乞うつもりで修業してください。

やたら新人を馬鹿にしてきたり、陰であざ笑ったりしてくるプリセプターも中にはいると思います。人間的にはどうなの?って思うかもしれませんが、その人たちも過去にひどくプリセプターたちにひどく言われていた経験があったかもしれません。

もちろん反面教師としてそんな風にはならないって思ったほうが、立派ですよ。
あなたはここで忍耐強く看護師の仕事と向き合えば、将来強い看護師になれるでしょう。

本当にプリセプターは、さまざまな人がいます。
「知識は自分で調べないと身につかないから自分で調べろ」「技術は見て覚えろ」というようなプリセプターもいれば、宿題を出しまくるプリセプターもいれば、こっちから聞きに行かないと何も教えてくれないプリセプターもいます。

反りが合わない人がいるのなんてどこの職場に行っても当たり前のことです。

まずは、1~3年は耐えて学びましょう。

2.問題がどこにあるかを探す

プリセプターが嫌いで合わない時の選択肢の2つ目は、問題がどこにあるかを探すということです。

あなたは何故そのプリセプターを嫌いと感じ、合わないと感じているのでしょうか。
何故プリセプターを怖いと感じるのでしょうか。

それはプリセプター本人に問題があるのか、あなたに問題があるのかを考えてみてください。

単純にプリセプターの性格が悪い場合も勿論あります。
例えば、あなた以外の他の看護師に対しても当たりが強い、あなた以外のプリセプティの悪口を言っている、嫌み妬み悪口と言った類の話は全部好き。

こういう場合は、もはやプリセプターの人間性に問題があって、あなたがどうこうして解決できる問題ではありません。
そういう場合は、プリセプターがクソ野郎だと割りきったほうが良いです。

ですが、もしかしたらプリセプターが嫌いと感じるのは、あなたに問題があって、プリセプターがあなたのことを嫌いになってしまったからかもしれません。

例えば、プリセプターの話を素直に聞かずに自分勝手な方法ばかりをしてしまったり。
勉強をすべきと言ってきたことをほとんど勉強をしていなかったり。
忙しい時に、あなたがぼっーとして突っ立っていたり。

勿論何が原因かを突き止めるのかは難しいですが、あなた自身に問題があるようなら改善していくほうが良いでしょう。

プリセプターも好きであなたのことを教えているわけではありません。
あなたの言動や性格がプリセプターの気に障っている場合もあります。

問題がどこにあるかを探し、解決を目指しましょう。

3.相談相手を見つける

プリセプターが嫌いで合わない時の選択肢の3つ目は、相談相手を見つけるということです。
一人だけで悩むと、ストレスが溜まり悪化して病院に向かうのが嫌になってしまうかもしれません。

最悪のケースだと、朝起きるのも嫌だ、寝るのが怖いという状態にまで発展してしまう場合もあります。

そうならないためにも同じ病院内で他に相談できる相手を見つけるということが重要です。

同僚でもいいですし、プリセプター以外の先輩でもいいので、あなたの悩みを聞いてくれる人と仲良くなる方が良いです。

あまりあなたのプリセプターと仲いい人に相談しすぎると、ぽろっと出てしまった愚痴がプリセプターに伝わってしまうかもしれないのでその辺の人間関係は注意してくださいね。

相談相手を見つけてこまめに息抜きをしておきましょう。

4.他の病院への転職を考える

プリセプターが嫌いで合わない時の選択肢の4つ目は他の病院への転職を考えるということです。

精神的にも体力的にも辛い。苦しい。

今の職場で頑張りたいと思うのであれば、それも一番ですが、職場の合う、合わないもあると思いますよ。

あなたがまだまだ出来ないなりに懸命に努力をしていても、それに気づかないプリセプターもいます。

毎日のように怒られて、ここまで怒られ続けてこの病院で固執して働く意味があるのかと感じる場合もあると思います。

そのように自分自身での存在意義まで疑問を持ってしまった場合は、別の病院への転職を考えるのもありだと思います。

プリセプターが、優しくて親身になって教えてくれる職場もありますからね。

今の病院に固執する理由がないなら、思い切って行動することで解決につながりますよ。

 

以上が、プリセプターが嫌いで合わない時にどうすべきかの対処法です。

あなたがプリセプターが嫌いで合わないと感じた時は、何が自分が出来るか考えてみてくださいね。

プリセプターの中には本当にひどい奴がいる

プリセプター 性格悪い

プリセプターの中には本当にひどい奴がいるんです。

新人の看護師の頃採血が上手くできなくて、「あんた何回採血やったの?遅すぎ」と言われたり。
「あんた学習能力がないね」とか言われたり。

人によっては、こんなことを言われる人もいます。

「あなた仕事もできないんだから家で化粧する暇あるの?それなら早く病院に来て、仕事の準備をして早く一人前を目指しなさいよ」

こういうことを言われた看護師は怖くて化粧すらできなくなり、すっぴんで病院で働くことになります。

看護師の仕事は夜勤などもあり、精神的にも体力的にも大変な仕事ですが、その上プリセプターがここまでうるさいと本当に精神的も参ってしまいます。

転職の際は他の病院を見学することは言ってはいけない

別の病院の転職を考える際は、他の病院を見学することは言ってはいけません。

不満がたまりすぎて、口を滑らせてしまったら、そこから師長や看護部長、看護副部長、プリセプターなどから「なんで早く言わなかったんだ」「しっかりと教えていたのに恩知らずだ」とか総攻撃をされる恐れがあります。

病院を辞める前にはすぐに言わないほうがいいでしょう。

また病院を辞める場合、次の転職先は基本的に今の職場の人たちに告げないほうが良いです。

看護師の横のつながりは想像以上に広いです。

今の職場の人と関係が悪い場合は、悪い噂を流されかねないので言わない方が無難ですよ。

転職エージェントを使っていい病院を探す

いい病院を探すのであれば、転職エージェントを使うのが最も良い方法です。
病院の雰囲気や人間関係などは転職するにあたって外からはなかなか分からない要素です。

転職エージェントであれば、求人を出す病院のチェックをしているので、エージェントを仲介することで、病院の雰囲気、医者の性格、残業時間などの詳しい情報も教えてくれます。

看護師専門の転職エージェントなら、マイナビ看護師がオススメです。



全国規模で展開する大手マイナビの看護師専門の転職エージェントのため、求人数も多くあなたにあった看護師の求人を探すことが出来ます。

看護師の転職を知り尽くした転職のプロがあなたのサポートをしてくれるので、一人で転職活動をするのよりもずっと楽になります。

エージェントを使うことによって、病院の雰囲気や労働条件、福利厚生なども教えてもらうことが出来るので、労働条件の良くないブラックな病院を選ばずに済みます。
労働条件のいい病院を探しましょう。

マイナビ看護師は非常勤の求人などもカバーしているので、転職エージェントを利用して自分に合った働き方を探してみましょう。

マイナビ看護師 登録はこちら【1分で完了】