楽天が英語の次にプログラミングを要求。今後の将来の展望は?

楽天 プログラミング 今後

Newspicksにて取り上げられていましたが、楽天の三木谷浩二会長兼社長が、プログラミング能力を社員に求めているそうです。

楽天という大手企業がプログラミング学習を推奨することによって今後の世の中はどうなっていくでしょうか??今回の出来事と今後の将来の展望についてをまとめていきます。

楽天がプログラミング学習Javaを推奨

楽天は2018年に約260任の非技術者新卒者向けにプログラミング学習言語Javaの入門レベルとネットワークアーキテクチャー構築の基本スキルを含む6か月間のコースを設けました。

今年4月入社の新卒400人も研修に3か月を使うということですが、楽天は研修を全従業員に拡大する予定はまだないそうです。

三木谷会長は、ブルームバーグ・テレビジョンのインタビューで、トヨタで働いているなら自動車の仕組みは知っているはずだから、ITサービス会社に勤めているならコンピュータについての基礎知識は必須だと強く主張したとのことです。

ホリエモン事堀江貴文氏も「java?」とコメントを残しています。

そもそもJavaって何??

Javaという言葉はプログラミングについて詳しくない人は聞きなれない言葉だと思うので、Javaとは何かについて簡単に確認します。

Javaはプログラミング言語の一つです。

Javaを学ぶことによって

  • Webサービス開発
  • Webサイト作成
  • PCアプリの開発
  • Androidアプリの開発
  • 業務システムの開発

のようなことが出来るようになります。

Webサービスの開発

Webサービスを開発するうえでJavaはよく使われます。

twitterEvernoteは、Javaによって作られました。

今でこそtwitterの存在を知らない人はいないというくらい有名なサービスですが、Javaで出来ているんですね。

Webサイトの作成

Webサイトの作成にもJavaは使われます。

ECサイト、掲示板、SNS、宿の予約サイト、色んなサイトにJavaは使えます。

PCアプリの開発

PCアプリの開発にもJavaが使われているんです。

windows、Macなどのコンピュータを問わず、PC上でアプリケーションを起動させることが出来ます。

Androidのアプリ開発

Androidのアプリ開発にJavaは使われています。

スマートフォンのAndroidはほとんどがJavaで作られています。

凄いですよね。

将来的に自分でアプリを作ってみたいという人はJavaの勉強をしておくことでアプリの制作者になれるかもしれないですよ。

業務システムの開発

業務システムの開発にもJavaは使われています。

企業の業務効率化をはかる企業システムや金融機関で使われる会計システムなどに使われています。

Javaの安定性が評価されているからこそ、三菱東京UFJ銀行などでも採用されています。

 

このようにJavaを学ぶことで、色んなことが出来るようになるので、可能性を広げることが出来ます。

この動きに対する周りの評価や反応は?

このプログラミング学習を進める動きに対する周りの評価は反応はどんな感じなのでしょうか??

  • 方向性がずれている感が。
  • 方向性は良いとしてもJavaはどうなんでしょう~w
  • 英語公用語化も開始当時に批判がありながら、長期継続して結果を出している。
  • いまはPythonとRubyあたりが使えた方がいいんだろうな。10年前はPHPとC++とPerlとShellを書いていたけども。
  • 良い取り組み。英語を義務化することで、グローバルに活動するメッセージとなる。プログラミングで、ITを活用するメッセージとなる。
  • 厳しい英語要件とあわせて優等生が増え、一芸に秀でた人が減りそうです

この動きに批判もありますが、賛成という意見もあり、どうなるかは今後の変化次第ということになりそうです。

ますますプログラミング学習が流行っていく

元々プログラミング学習というのは、徐々に世間に浸透してきていました。

ですが、楽天の会長の「英語の次にプログラミング力を伸ばす」という発言により、将来はプログラミング学習がますます流行っていくと予想されます。

楽天が英語を社内公用語化するようになって、他の企業も追随して英語の勉強を推奨する企業も増えましたし、プログラミング学習も同様に、他の企業が追随して真似をする可能性は十分に考えられます。

楽天の場合は、Javaでしたが、プログラミング言語は他にもたくさん存在するので違う言語を勉強する企業も出てきそうです。

プログラミングで副業も転職も可能に

プログラミングを学ぶことで、さまざまなことが出来るようになります。

プログラミングを学ぶことで副業や転職も可能になります。

副業に使える

プログラミングを学ぶことで副業でも使うことが出来ます。

副業でアプリを開発したり、Web制作の仕事をやることが可能です。

web制作の仕事は、クラウドソーシングというネット上で人材を集めて提供するサービスを使って見つけることが出来ます。

ランサーズクラウドワークスがクラウドソーシングの有名所です。

どちらも無料で使えてプログラミング以外の仕事もたくさん見つかるので、副業を探している人は登録してどんな仕事があるかチェックしてみましょう。

クライアント登録をして本人確認をしておけばいつでも仕事を始めることが出来ますよ。

色んな仕事を探せます!

ランサーズで仕事を探す

クラウドソーシング業界最大手です…!

転職に使える

プログラミングを学ぶことで転職でも使うことが出来ます。

スキルがないけど転職をしたいと考えている方は、プログラミングを学ぶことでスキルのアピールポイントとして使えるようになります。

IT業界の転職だと特にプログラミングが少しできるか全くできないかで差が出来ます。

将来のことを考えた時に、会社をクビになった時にまったくスキルがないと次の転職先を見つけるのはしんどいです。

プログラミングというスキルを身につけておけば、いざという時に転職に有利に働くようになります。

無料でプログラミング講座を受けることも可能

今の時代、プログラミングの学習本もたくさん出ているので、独学でも勉強をすることが出来ますし、無料でプログラミング講座を受けることが可能です。

無料で受けられるプログラミング講座としては、TechAcademyがあります。

TechAcademyは、無料で受けられる講座と有料で受けられる講座があります。

TechAcademy無料体験

・TechAcademy 無料体験

無料でプログラミングの基礎を学ぶことが出来ます。お試しで基礎を学んでみて自分がプログラミングに興味を持てるかどうかを確かめることが出来るので、興味がない人も無料なので一度やってみることをおすすめします。

下記からコースを無料受講できます。

プログラミングの基礎を学べる!

今すぐTechacademyで無料体験する

オンラインプログラミング講座です…!

Javaコース

・Javaコース
楽天が推奨していたJavaに関しては有料コースです。

4週間でjavaを習得して、webアプリケーション開発をしようというコースです。

4週間の努力で、Javaが習得出来て仕事で使えるようになるのってかなりお得やと思います。

下記からコースを受講できます。

プログラミングのJavaを学べる!

今すぐJavaコースを受講する

最短4週間でJavaが使えます…!

エンジニア転職保証コース

・エンジニア転職保証コース
転職できなければ全額返金のエンジニア転職保証コースというものもあります。

エンジニアに本気でなりたいと思っている人にとっては凄いコースです。

転職できなかったら全額返金と言うあたり、エンジニアとして転職に必要なスキルが身につけさせるために全力な講座ということです。

下記からコースを受講できます。

転職できなかったら全額返金!

今すぐエンジニア転職保証コースを受講する

エンジニアに転職できるスキルが身につきます…!

このようにいろんなコースがあるのでプログラミングに興味がある人は取り組んでみてください。

時代の流れについていけ

今回の記事では楽天のプログラミング要求についてのニュースについて取り上げました。

これからの時代はどんどん動いていきます。

時代の流れについていけない人はどんどんおいていかれます。

時代の流れについていくためには、何をすればいいかと言うと新しいことに取り組むということです。

新しいことに挑戦できない人がこの先の時代淘汰されて消えていきます。

特に年を重ねるにつれて、腰は重くなり行動が出来なくなります。新しいことを取り入れられない人は時代の流れについていけていないですよね。

若いうちこそ挑戦すべきです。自らが行動しないといけないと思っているならそれはチャンスです。

時代の流れについていくことを意識して毎日を過ごしていきましょう。