離職率が高い業界ランキング2019年度版。原因理由共通点も合わせて解説

離職率 高い 業界 ランキング

離職率が高い業界ってどういう業界だろう?と一度は考えたことがある人はあるのではないでしょうか??

離職率が高い企業=ブラック企業

このようなイメージがある人もいるかもしれないですが、実際どうでしょうか?

3年以内の離職率が、新規高卒就職者が4割、新規大卒就職者は3割ほどというデータがあります。

今回の記事は、離職率が高い業界や、会社を知りたいという人や離職質が高い原因や理由を知りたい、共通点は何だろうと思っている人の疑問にお答えする記事です。

本記事を読むと

  • 離職率が高い業界ランキング
  • 離職率が低い業界ランキング
  • 離職率が高い会社、企業
  • 離職率が高い原因
  • 離職率が高い理由
  • 離職率が高い会社の共通点

が分かります。

離職率が高い業界ランキング

離職率が高い業界ランキングをまとめます。

入社した後、転職した後、こんなにきつい業界だったんだと思わないように事前調べはしっかりとしていきましょう。
厚生労働省の新規学卒社の利殖状況のデータから参照しています。

参考 新規学卒就職者の離職状況厚生労働省

1位 飲食業界・宿泊業界

飲食業界、宿泊業界の離職率がトップです。

離職率は高卒が64.4%、大卒が50.2%で3年以内に2人に1人が辞める業界です。

飲食店は長時間労働や給料が安いという理由により、ハードな割に給料が少ないということが離職率を高めている原因の可能性があります。飲食店は接客をするので店舗によってはクレームも非常に多いです。

居酒屋などの飲食店は特に酔ったお客に絡まれて暴言を吐かれたり、時には暴力を振るわれる危険性もあります。

宿泊業界は特にホテルのスタッフが辞めることが多いです。不規則なシフト制でこちらも接客でお客様と対応するわりに給料も少ない場合が多いので離職率が高いです。

ホテルフロント 辞めたいホテルの夜勤フロント業務が辛くて辞めたい人に伝えたい

飲食店・宿泊業界が離職率が高い理由・原因

飲食店・宿泊業界の離職率が高い理由・原因は、以下のようなものがあります。

  • 給料が低い
  • 激務
  • 長時間労働
  • 休みが少ない
  • 将来性がない(人口減少)
  • サービス残業が多い
  • 参入しやすい業界なので競争が激しい
  • 忙しくて新人を育てる時間がない
  • 人間関係のストレスが多い

参入しやすい業界なのでいつ個人経営の飲食店がつぶれるか分からないので、一生勤めると考える時にリスクがあります。

キャリアアップの為に飲食店・宿泊業界に勤めて能力を高めるという目的であれば良いですが、忙しくて上司も新人を育てる余裕がない場合があるので、主体性が求められます。

2位 生活関連サービス業界・娯楽業界

生活関連サービス業界・娯楽業界が2位です。

離職率は高卒が59.4%、大卒が46.3%でこちらも半分程が辞めることになります。

生活関連サービス業界は、クリーニング業、理容業、美容業、銭湯、結婚相談業、リラクゼーション業、ネイルサービス業、エステティック業、旅行業、ブライダル業、家事サービス業、冠婚葬祭業など幅広い職業があります。

娯楽業界は、映画館、スポーツ施設、遊園地、競馬、競輪、パチンコ店、ゲームセンターなど幅広い仕事があります。

私たちの身近にある仕事で、利用する人は何気なく使っているかもしれないですが、働く人は苦労していることが多いです。

生活関連サービス業界・娯楽業界の離職率が高い理由・原因

生活関連サービス業界・娯楽業界の離職率が高い理由・原因は、以下のようなものがあります。

  • 給料が低い
  • 激務
  • 長時間労働
  • 休みが少ない
  • 将来性がない(人口減少)
  • サービス残業が多い
  • 参入しやすい業界なので競争が激しい
  • 忙しくて新人を育てる時間がない
  • 人間関係のストレスが多い

女性に人気の職業も多く華やかなイメージもありますが、イメージと裏腹に想像以上に過酷だったりします。

仕事の内容も大切ですが、給料の多さや、休みを取れるかどうかも大切です。

3位 教育・学習支援業界

教育業界、学習支援業界が3位です。

離職率は高卒が56%、大卒が45.4%です。

学習塾や予備校、公立私立学校法人、通信教育、ピアノ教室、英会話スクールなどがあります。

学習塾は、授業の準備があるので、授業の時間以外にも勿論予習が必要ですし、ビラ配りなどの営業や保護者対応もあります。

家庭教師などの場合、教材が高いわりに内容が薄いものを扱っているものもあり、これを生徒に進めてよいのかと悩んでしまうこともあります。

教育・学習支援業界が離職率が高い理由・原因

教育・学習支援業界の離職率が高い理由・原因は、以下のようなものがあります。

  • 給料が低い
  • 休みがなかなか取れない
  • 激務
  • 人口減少により将来性が見込めない
  • 参入しやすい業界などで競争が激しい
  • 教育熱心な親からのクレーム
  • 忙しくて新人を育てる時間がない

人を教えるということにはやりがいを感じると考えて、教育・学習支援業界に入った後に「こんなことあるとは思わなかった」と現実と理想のギャップを感じる人が多いです。

4位 小売業界

小売業界が4位です。

離職率は高卒が50.4%、大卒が38.6%です。

小売業界はスーパーマーケット、コンビニ、百貨店、アパレルなどがあります。

小売業界で働いている人口は多く、非正社員も多い業界です。

イオン 非正社員 辞めたいイオンの非正社員を辞めたいと悩んでいるあなたへ。

小売業界が離職率が高い理由・原因

小売業界の離職率が高い理由・原因は、以下のようなものがあります。

  • 給料が安い
  • 激務
  • 立ち仕事が辛い
  • 休日の呼び出しがある
  • 将来性が不安
  • 人間関係のストレスが多い

小売業界は、求人は多いですが、きつい仕事も多いので、慢性的な人手不足に追われています。

5位 医療福祉業界

医療福祉業界が5位です。

離職率は高卒が46.9%、大卒が37.6%です。

医療福祉業界といえば、今後高齢化社会になるので需要は大きくなっているもののハードな部分もあるので離職率は高めです。

MR、MS、介護士、看護師、薬剤師、医者などの職業があげられます。

人の為にという思いで働く人も多い職業ですが、肉体的にはしんどい部分も多そうです。

医療福祉業界が離職率が高い理由・原因

医療福祉業界の離職率が高い理由・原因は、以下のようなものがあります。

  • 激務
  • 体力的にきつい
  • 精神的にきつい
  • 怪我などで体を壊しやすい
  • 人間関係のストレスが多い

医療福祉業界は力仕事が多かったり、高齢者の要求が多かったりして、他の業界で感じないような辛さを感じることがあります。

6位 サービス業界(他に分類されないもの)

サービス業界(他に分類されないもの)が6位です。

離職率は高卒が45.7%、大卒が35.4%です。

他に分類されないものというのは、廃棄物処理業、自動車整備業、機械等修理業、職業紹介、労働者派遣業、企業経営に対して提供されるその他の事業サービス業、政治、経済、文化団体、宗教、外国公務などがあげられます。

サービス業界(他に分類されないもの)が離職率が高い理由・原因

サービス業界(他に分類されないもの)の離職率が高い理由・原因は、以下のようなものがあります。

  • 給料が安い
  • 激務
  • 忙しさが日によって大きく変動する
  • 人間関係のストレスが多い
  • 売り上げノルマがある

多岐にわたっているので、会社を辞める理由は様々です。

7位 建設業界

建築業界が7位です。

離職率は高卒が47.7%、大卒が30.5%です。

大卒の離職率は低いですが、高卒の離職率が高めですね。

建設業界に勤める人は多く、工事現場などで作業する人も含みます。

現場の仕事の人の方が離職率が高い傾向はあります。

建設業界が離職率が高い理由・原因

建設業界の離職率が高い理由・原因は、以下のようなものがあります。

  • 激務
  • 体力的にきつい
  • 人間関係のストレスが多い

建設業界は東京オリンピックのおかげで右肩上がりです。

大阪万博も2025年に開催されることになったので需要はまだまだあるでしょう。

8位 不動産業界、物品賃貸業界

不動産業界、物品賃貸業界が8位です。

離職率は高卒が47.0%、大卒が34.9%です。

不動産のディベロッパー、不動産仲介業、リース会社などです。

差別化が難しい業界なので、競争が激しい業界と言えます。

不動産業界、物品賃貸業が離職率が高い理由・原因

不動産業界、物品賃貸業の離職率が高い理由・原因は、以下のようなものがあります。

  • 激務
  • 休みが平日休み
  • ノルマがきつい
  • 人間関係のストレスが多い

不動産系は休みも土日ではないことも多いです。

 

以上、離職率が高い業界ランキングでした。

離職率が高い業界を調べていたら、離職率が低い業界も気になったので調べてみました。

離職率が低い業界ランキング

離職率が低い業界ランキングをまとめます。

1位 電気・ガス・熱供給・水道業界

電気・ガス・熱供給、水道業界が1位です。

離職率は高卒が8.1%、大卒が9.7%です。

生活の基盤を支えるインフラ系ですね。

業界全体の離職率が低く、ホワイト企業という企業が多い確率が高いです。

勿論会社によります。

2位 鉱業、採石業、砂利採取業界

鉱業、採石業、砂利採取業界が2位です。

離職率は高卒が29.9%、大卒が11.9%です。

休日を取りやすい、給料も良いという部分から離職率が低いです。

金属、鉄鋼、天然ガス、原油などいろいろな物を扱います。物作りに使われる原料やエネルギー系が多いです。

3位 製造業界

製造業は3位です。

離職率は高卒が28.9%、大卒が20.0%です。

自動車メーカー、電機メーカーなど、日本はメーカーが強いです。

給料や福利厚生もしっかりとしていて離職率が低くなっています。

4位 金融業界・保険業界

金融業界・保険業界は4位です。

離職率は高卒が25.8%、大卒が21.8%です。

銀行、証券、保険などですね。仕事はきついけど給料はそこそこあるし安定していますし、信用という部分で強いから離職率が低いのでしょうか。

ただ今後金融系の窓口の仕事はなくなっていくと言われていますし、離職率は高くなってくる可能性はあります。

UFJ銀行 1万人 削減三菱UFJ銀行1万人削減で銀行員は早めに転職するのが正解なのか?

5位 情報通信業

情報通信業は5位です。IT業界ですね。

離職率は高卒が38.9%、大卒が26.6%です。

IT業界はプログラマー、エンジニアとして働けますし、今後プログラミングのスキルを身につけるならうってつけの業界です。

ただ残業が多い、土日出勤も入ることがあるなど会社によってはかなり忙しい所もあります。

IT業界 転職エージェント まとめIT業界に強い転職エージェント、転職サイトまとめ。経験者未経験者用

 

以上が離職率が低い業界ランキングです。あなたが今いる業界はどちらでしたか?

離職率が高い会社、企業

離職率が高い会社、企業を調べてみました。

とはいえ、基本的には離職率が高い会社はわざわざ離職率を公に発表しません。

離職率高い企業は世間からブラック企業という表現をされたりしますが、ブラック企業、ホワイト企業というのは、それぞれの捉え方で変わります。

ブラック企業大賞というものがありますが、

  • 長時間労働
  • セクハラ・パワハラ
  • いじめ
  • 長時間過密労働
  • 低賃金
  • コンプライアンス違反
  • 育休・産休などの制度の不備
  • 労働組合への敵対度
  • 派遣差別
  • 派遣依存度
  • 残業代未払い

このあたりの部分が見られています。

このような労働問題が多い企業は離職率が高くなる傾向がありますね。

離職率が高い会社、ブラック企業と過去に言われた会社は無数にあるのでそれを上げることは難しいです。

  • H.I.S
  • 三菱電機
  • 日立製作所
  • パナソニック
  • モンテローザ
  • ワタミ
  • 楽天
  • サニックス
  • 日本郵便
  • 富士ソフトABC
  • トランス・コスモス
  • 東京コンピュータサービス
  • TAQ

このあたりは、話題に上がったりすることが多かった企業ですが、話題に上がると企業は状況を改善する傾向があるので、ブラック企業だったのに、今はホワイト企業だとか、離職率が高かったけれど今は離職率が低くなっているとか普通にあります。

時代の流れで変わっていくので、その時に応じてしっかりと調べていきましょう。

H.I.S 辞めたい 辞める 方法H.I.Sのエリア総合職を辞めたい時の辞める方法まとめ【保存版】 三菱電機 辞めたい 辞める三菱電機を辞めたい人が辞める方法まとめ【保存版】 郵便局 生命保険 ノルマがきつい郵便局で生命保険のノルマがきつい。ノルマがない会社に転職したい。

離職率高い原因、理由

離職率が高い業界や離職率が高い会社についてまとめてきました。

実際離職率が高い原因や理由はどういうものが多いのでしょうか??

リクナビNEXT調べ

リクナビNEXTの転職理由と退職理由のホンネランキングでは以下のような理由があげられています。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

参考 転職理由と退職理由の本音ランキングBest10リクナビNEXT

人間関係の悩みはやっぱり多いですね。

マイナビ調べ

マイナビでは、仕事を辞めたい7つの理由とリアル対処法という記事に辞めたい理由が記載されていました。

そこでは

  1. 仕事を辞めたい理由は「お金」
  2. 仕事を辞めたい理由は「人間関係」
  3. 仕事を辞めたい理由は「仕事内容」
  4. 仕事を辞めたい理由は「労働時間」
  5. 仕事を辞めたい理由は「社風」
  6. 仕事を辞めたい理由は「評価」
  7. 仕事を辞めたい理由は、「ただただ、働きたくない」

と上がっていました。

参考 仕事を辞めたい7つの理由とリアル対処法マイナビ転職

仕事を辞めたい理由は大枠ここに該当することが多いようです。

離職率が高い会社を辞める原因や理由は、人間関係が上手く行かない、評価制度や給与水準が明確じゃない、経営方針や企業理念が社員に浸透していない等様々なものがあります。

ざっくりとまとめると

  • 人間関係の問題
  • 給料が少ない
  • 労働時間が長くて忙しい
  • 仕事内容が合わない
  • 評価されない
  • 社風が合わない

このあたりが特に離職率が高い原因、理由ではないかと感じました。

離職率が高い会社の共通点

離職率が高い会社の共通点はどんなものがあるでしょうか。

  1. BtoC向けのサービスである
  2. 給料が低い
  3. 休日が少ない

このような共通点があります。

1.BtoC向けのサービスである

離職率の高い会社の共通点の1つに、BtoC向けのサービスであるということがあげられます。

BtoBは、企業向けのビジネスですが、BtoCは、消費者向けのビジネスです。

消費者はいろんな方がいるので、クレーム等も出やすく、そういう対処で精神的にも肉体的にもしんど位と感じる人が多いようです。

2.給料が低い

離職率の高い会社の共通点の1つに、給料が低いということがあげられます。

きつい仕事でも給料が良かったら続けられる人も多いと思いますが、ハードな割に給料が低い場合、もっと他に割のいい仕事があるんじゃないかと探すようになります。そのため給料が良さそうな会社を見つけたら、会社を辞めて次の会社に転職することが多いです。

3.休日が少ない

離職率の高い会社の共通点の1つに、休日が少ないということがあげられます。

仕事が忙しくてプライベートの時間もなかなか作れない状態だと、日常生活を楽しむ時間が無くなり、学生の時と比べて充実していないと感じ辞めていく人もいます。

休みが少ないと体力的にもしんどいです。

まとめ

今回は離職率が高い業界、低い業界のランキング及び離職率が高い理由、原因、共通点についてまとめました。

離職率が高い業界の傾向を少しでもつかめたら幸いです。

ですが、本当に大事なのは、離職率が高いかどうかではなく、あなたが何をやりたいかです。

あなたが別の業界に興味があるなら、興味のある業界にも目を向けてみましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

今すぐリクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

今すぐdodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

退職を言い出せないという方には退職代行サービスというものがあるので下記記事を参考にしてください。

退職代行サービス EXIT SARABA 比較退職代行サービスのEXITとSARABAどっちを使えばよいか比較してみた

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。