プルデンシャル生命営業がきつい。転職失敗する前に覚悟しろ。

プルデンシャル生命 営業 きつい

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのリクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

プルデンシャル生命の営業ってきついんですよ。

金融系への転職を考えている人の中で、プルデンシャル生命を考えている人もいると思います。
生命保険業界で個人保険や個人年金における新規契約高が1位であり外資系保険会社で知名度が最も高いのではないでしょうか。
外資系生命保険会社だと、メットライフやアフラック、アクサ生命なども有名どころですね。

お客様が将来何かあった時に、連絡できるという意味で、一生お客に寄り添うという仕事であり、やりがいを感じる人も多いのではないでしょうか。
結果を出せば給料も良いです。

ただしプルデンシャル生命保険からオファーを受けて、稼げるという話を聞いて安易に転職を考えるのは気を付けたほうがいいです。

安易に考えて転職をすると失敗します。
年収1000万は超えるという言葉を鵜呑みにしてはいけません。

一番きついのは新規顧客獲得

生命保険会社の一番の課題であり一番きついと言われるのは、新規顧客獲得です。

新規顧客獲得こそが外資系生命保険会社で生き残る唯一の手段になります。

その為には例えば異業種交流会やイベントや友人の誘いなど積極的に参加して人脈を広げていきます。

人脈が途切れてしまえば、売り上げを出すことが出来ないので、人脈を広げるための努力をし続けることになります。

そのために保険の説明をした人に対しても、「身近な人に保険についての重要性を伝えたい方はいますか?」ということで紹介のお願いをしたりもします。

ですが、最初トーク力がなくて相手に思いが伝わらなかったり、自分の人格に問題があったりする場合、紹介をお願いしてもなかなか紹介してもらえなくて困る場合があります。

女友達に「彼女いないから女の子紹介して欲しい」と頼んでも、なかなか紹介してもらえなかったりしますよね。

紹介というのは、あなたのことを信頼しているから紹介してもいいかな?と相手に思ってもらえないとしてもらえません。

色んな人から応援してもらえる存在になること、ここがすごく大切です。

新規顧客が見つからないと、営業すらできないので給料があまりもらえずに生活がきつくなります。

お客様も個人相手の時も多いので、カフェでアポ取りをする場合もあると思いますが、もちろんお客様のカフェ代も自腹で負担します。

コメダ、カフェドクリエ、スターバックス、ドトール、エクセシオールなどカフェでスーツの営業マンが話している場面を見たことがある人もいると思いますが、生命保険の営業マンは多いです。

プルデンシャル生命 営業 転職プルデンシャル生命の営業に転職すべきかどうかの判断方法

ひたすら生命保険の説明をし続ける

プルデンシャル生命に転職後は、もちろん生命保険についての知識も学びながら、営業のロープレの練習をしたりしながらお客様に会うようになります。

保険の説明をひたすらして極めていく感覚です。
何十回、何百回同じ話を繰り返します。

ひたすら同じ説明をし続けるということにつらさを感じる人もいます。

どこの保険会社もある程度似ている部分はあるのではないでしょうか。

いくつか具体例を出します。

1.日本人の生命保険加入率は?

「日本における世帯当たりの生命保険の加入率はどれくらいだと思いますか?」

「実に89.2%が生命保険に入っているんです。生保レディとかが企業に行って会社の皆様は入られていますよと営業に来るので、日本人のほとんどが加入するようになってくるけれど保険についてはあまり知らない方が多いんです」

保険について意識が低いという話をすることが多いです。

最終的に少しでも保険に興味を持ったかというテストクロージングをします。
また保険の話を聞いて少しでも役に立つと感じたなら友人で紹介できる方はいないかということで紹介を依頼する場合もあります。

2.保険金はどういう時に受け取れると思いますか?

保険金はどういう時に受け取れると思いますか?と考えさせる質問をすることも多いです。

保険金は主に4つのパターンで受け取ることが出来ます。

  • 死亡
  • 高度障害
  • 入院
  • 満期

ここでそれぞれのことに考えてもらうパターンも多いですね。

死亡について

死亡については、だれしも必ず死ぬということから必ず起きるということを伝えます。

葬儀、墓石を立てたり人が死ぬ時にはいっぱいお金がかかります。

その時のお金を誰が出すのかって話ですよね。

  • 独身時代は親
  • 夫になった時は親または妻
  • 父になった時は妻又は子供
  • 老後は、妻又は子供

親に払ってもらうって選択肢があったとしても、老後の楽しみのために取っておいているお金を使わせてしまうのかって話ですよ。

親孝行したいならせめて自分の死ぬ時くらいのおしりふきくらいしましょうよという話です。

人は誰もが死ぬので、死んだ時のために生命保険を積み立てていくということは大切かもしれないですね。

高度障害について

高度障害について知らない方もいるかもしれないですが、死亡じゃなくても高度障害になってお金が必要になってしまうこともあります。

視力障害や終身常時介護状態や足の障害など、障害状態になるとお金が多くかかってしまいます。

入院について

事故に遭って入院した時に保険を払っていなかったら大変だし、実際そういう時って困りますよね。

入院の費用がすごくかかるようであれば、保険を払っていないと大変ということが起きるのです。

ですが、実際に入院して保険を払っていたことにより、多くお金を負担してもらったという割合は、0.1%程です。

そもそも事故に頻繁に合うわけではないですからね。

ただし、事故に遭わないという保証は誰もありません。

交通事故、急な病気、いつどこで誰がなるかは全く予想できません。そういう時に負担してくれる人がいるならまだしも大人になり、親にも迷惑をかけられないという風になった場合、保険に加入しているとそういう風に入院になった時にも安心です。

満期について

満期になるといくらか払っていた保険料が返ってきます。

これを貯蓄としての意味ということで伝えることもあります。

3.生命保険の基本形は3種類しかない

生命保険の基本形は3種類しかないという話をすると思います。

  • 定期保険
  • 養老保険
  • 終身保険

国内生命保険はプランが少なく安い定期預金などの形が多く、外資系生命保険は終身保険が多いです。

定期保険

定期保険は保険料が格安の代わりに、「掛け捨ての保険」と言われています。

安い代わりに、その期間が終了後の保証がないというものです。

保険にあまりお金を払えないけど、家族のことを守りたいから保険に入りたいという場合に入ることを決める人も多いです。

養老保険

養老保険は保険期間の満了時には、満期金を受け取ることが出来るようになる代わりに保険料が定期保険よりも高くなります。

解約したときにある程度お金が戻ってくる「積み立ての保険」と言われています。

終身保険

終身保険は「一生涯保障」というがコンセプトです。

定期保険よりも高いですが、一生涯保障されるということを考えるとメリットが大きい保険です。

こちらも養老保険と同じように「積み立ての保険」と言われています。

 

このように保険の話をして、保険の重要性に気付かせることが生命保険会社の営業の役割です。ひたすらと泥臭く伝え続けるのが生命保険会社の使命かもしれません。

転職前はしっかりと色んな会社を見るべき

プルデンシャル生命に限らずですが、基本的に外資系生命保険会社はそれなりの覚悟がないとやっていけない業界です。

覚悟が決まらず中途半端な気持ちで入社すると転職後に失敗したと後悔してしまう場合も多いです。

国内保険会社や外資系生命保険会社だけでもたくさんの会社があります。

オリックス生命、メットライフ生命、アフラック、東京海上日動あんしん生命、三井住友あいおい生命、損保ジャパン日本興和ひまわり生命、アクサ生命、チューリッヒ生命、マニュライフ生命、アクサダイレクト生命、ライフネット生命、セコム損保、SBI損保、チャブ保険、SBI生命、アスモ少額短期保険、ABC少額短期保険、FWD富士生命、ネオファースト生命、数多くの生命保険会社が存在します。

生命保険会社へ転職する場合、絶対強い動機があったほうがいいです。

動機がないとお客様に語れません。

過去の経験で何かしらの経験をしている人が大半です。

ライバルは同じ生命保険会社のメンバーにもなりえます。

自分自身の営業力を極めたいという思いがあるなら、外資系生命保険会社への転職の挑戦で実力が伸びると思いますよ。

ただしそこまでの思いがないかもと迷ってしまうようであれば、違う選択肢にも注目してみてください。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。