システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いは何ぞや?

システムエンジニア プログラマー 違い

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いは何ぞや?ということで、二つの職業の違いが分からない方向けに、両者の説明をします。

結論から、申し上げると、下記の要素が全部違います。

  • 仕事における役割
  • 誰と関わるか
  • 適性
  • 年収
  • キャリア

仕事における役割の違い、誰と関わるかの違い、適性の違い、年収の違い、キャリアの違い、全部違います。

それぞれの違いをしっかりと理解していきましょう。
今から解説していきます。

エンジニア(SE) 技術者、技師・・・システム制作を行う職業
プログラマー(PG)・・・システムプログラムのコードを書く職業

1.仕事における役割の違い

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いの一つ目は仕事における役割が違うことです。

1. 分析(顧客の打ち合わせをすること)→外部設計
要求分析・・・SE
要件定義・・・SE

2. 設計 →内部設計
基本設計・・・SE
詳細設計・・・SE

3. 実装
プログラミング・・・PG(SEも出来る)
4. 評価
単体テスト・・・PG
結合テスト・・・PG
システムテスト・・・SE
運用テスト・・・SE

5. システム稼働
6. システム稼働後のアフターフォロー・・・SE

1.2の分析と設計を上流工程、3.4の実装と評価を下流工程と呼びます。

それぞれの工程においてシステムエンジニア(SE)が担当をしたり、プログラマー(PG)が担当したりする個所があります。

よくシステムエンジニアとプログラマーは、建築士と大工の関係で例えられることが多いです。

エンジニア・・・建築士。設計を行う。
プログラマー・・・大工。設計図をもとに製作。

 

簡単にシステムつくりの流れを説明します。

まずお客様から「こういうシステムが出来ないか?」という依頼がかかります。
1の分析工程です。

要求分析で、システムを利用するお客様の「~したい」という欲求を吸いあげます。
要件定義で、システムに「~が必要」というシステムの仕様書の内容を考えます。

そして、2の設計工程で、要件定義を元にどのようにシステムを設計するかを考えていきます。基本設計は全体像をざっくりと考え、詳細設計でさらに細かくシステムの設計図を作り上げます。

そして3の実装工程で、実際にコードを打ち込みます。ここをプログラマーが行うことが多いです。システムエンジニアもこの工程は出来ます。
パソコンを向かってひたすらコードを打ちます。

その後、4の評価工程で、システムのテストを行います。
単体テストでは、個々の単位で動作を確認します。
画面上に変な表示はないか、リンクやボタンを押したときにちゃんと反応をするかそういう細かい単位でチェックしていきます。

結合テストでは、単体テストが完了したプログラム同士をくっつけた時にちゃんと動作するかの確認を行います。

システムテストは、実運用(実際に使った時)を想定したテストを行います。ユーザーにお披露目する前の最終テストです。

最後の運用テストで、ユーザーが実際の業務で使いながらテストをします。

それでオッケーだったら、システムを稼働させ、問題などが生じた場合、アフターフォローでフォローしていきます。

このようにシステムエンジニアとプログラマーは仕事の中で担当する部分が違います。

2. 誰と関わるかの違い

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いの二つ目は誰と関わるかということです。

先ほどあげたように、システムエンジニアとプログラマーは仕事の内容が異なるので、関わる相手も異なります。

システムエンジニア(SE)は、分析工程でお客様と打ち合わせして相手のニーズを聞き出します。
つまり、会社の外部の人間と話し、円滑なコミュニケーションができるスキルも求められるのです。
その後、会社の内部のプログラマーにもどのようなシステムを構築するかを伝えないといけません。システムが出来た後のアフターフォローも顧客とやり取りする必要があります。

「コミュ障だけど、システムエンジニアになったら、意外とコミュニケーションが多くて唖然とした」これはプログラマーとシステムエンジニアの違いをちゃんと理解していなかったことが原因で起きます。

プログラマー(PG)も、勿論、会社内のシステムエンジニアからこういう風にプログラミングを作って欲しいと要望を伝えられるので、コミュニーション力が必要ないというわけではありません。
しかしシステムエンジニアと比べると、会話する機会は格段に少ないです。

何故ならプログラマーはパソコンをカタカタしながらプログラミングしている時間が長いからです。

システムエンジニアの仕事と比べるとコミュニーション力をあまり要求されないと言えるでしょう。
プログラマーは、コミュニーションが苦手な人が割合としては多いです。

世間から見ても、コミュニケーション力があまりなくても大丈夫というイメージがやはりプログラマーにはあるからだと思います。

このように、誰と関わるかが異なります。

3.適性の違い

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いの三つ目は適性が違うということです。

システムエンジニアとプログラマーはどちらともプログラミングのスキルは必要です。
実務で学んでいかないといけません。

ですが、ある意味システムエンジニアは、システム政策全般に携わりますが、プログラミングはプログラミング部分中心に関わります。
ゼネラリストかスペシャリストという感覚ですね。

幅広い仕事を行うか、専門的な分野に特化するかです。

システムエンジニアに特に求められる能力

  • 基本的なプログラミングスキル
  • 基本的なコミュニケーションスキル
  • 体力
プログラマーに特に求められる能力

  • 論理的思考力
  • 集中力

他にもいろいろあるとは思いますが、自分がどっちが向いているのかが重要です。
幅広い仕事したいのか、特化したいのか。

このように、適性が異なります。

4.年収の違い

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いの四つ目は、年収が違うということです。

システムエンジニア(SE)の平均年収は、約400万~600万円です。
プログラマー(PG)の平均年収は約350万~500万円です。

つまり、システムエンジニアの方が50~100万円ほど平均年収が高くなりやすいです。

システムエンジニアは、プログラマーよりも幅広い領域の範囲の仕事をカバーするので、その分年収が高くなるのです。

年収は、年齢に応じて段階的に上がっていくことが多いです。

IT大手4社 富士通 NEC NTTデータ 日立製作所国内IT大手4社富士通、NEC、NTTデータ、日立製作所系列へ転職したい

5. キャリアの違い

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いの五つ目はキャリアが違うということです。

システムエンジニアは、システムエンジニアとして働いていき、資格を取ったりしてキャリアアップしていくパターンが王道ですが、プログラマーの場合は、プログラマーとして数年働くうちに、エンジニアに進む人が多いです。

プログラマーから自然とエンジニアに昇進するパターンもあります。

年収の違いもあるので、それで年収の高いエンジニアに変わる人も多いのです。

しかしそれぞれ適性があるので、そのままプログラマーとして働く人も勿論います。

このようにプログラマーの場合は、キャリアアップでシステムエンジニアになるパターンも多いのです。

IT業界 転職エージェント まとめIT業界に強い転職エージェント、転職サイトまとめ。経験者未経験者用

どちらも将来性のあるお仕事です

以上、システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いを5つ紹介いたしました。

現在IT業界はどんどん伸びていっています。
それにもかかわらず、世の中にプログラミングを出来る人が少なくIT業界はいつも人不足です。

納期に悩まされているエンジニアのマネジメント側の立場の人も多いのではないでしょうか。
なので、エン二ジアを派遣する仕事も増えているのです。

逆に言えば、今後も伸び続ける業界なので、一度プログラミングスキルを身に着ければ、仕事には困らなくなります。

プログラミングをIT業界で学べば、いざ何かが起きた時、例えば会社の倒産、リストラなどがあった際に、他のIT企業に転職することも出来るようになります。

プログラミングスキルは一度身につければ、生涯ずっと使うことが出来るので、「手に職が欲しい」「専門的な能力が欲しい」という人にとっては、システムエンジニア、プログラマーともに非常におススメです。

あなたが違う職種で働いていて、手に職をつけたい、先行きが不安だという場合は、IT業界への転職でスキルを身につけることをおすすめしますよ。
会社がつぶれてから転職しようと思っても遅いです。

専門的なスキルは、早めに学べば学ぶほど、知識が身につくので、早めの転職が有利です。

迷っている間にも同世代のライバルは、プログラミングの勉強をして、知識をどんどん蓄えていきますよ。

エンジニアにおすすめの転職エージェント

エンジニア おすすめ 転職エージェント

エンジニアにおすすめの転職エージェントを紹介します。

エンジニアは、デザインを学んだり、プログラミングを学んだり、仕事の幅が広いです。転職市場も大きいです。

エンジニアの転職は、きつくて辞めるか、ステップアップのために辞めるかのどちらもあります。
社内のプロジェクトマネージャーの仕事の配分の仕方が下手糞で、毎回ミスばっかして残業だらけという会社もあるので、そういうのが嫌で転職する人もいますし、自社で身に着けたスキルを活かして他の会社でキャリアアップしたい人もいます。

ワークポート

・ワークポート

IT業界、エンジニアの転職ならワークポートは確実に必要です。
1分で無料登録することが出来るので、IT業界、エンジニアの転職をしようと検討している人は、今登録をしておきましょう。
求人数は、約8500件ほどで業界トップクラスです。

エンジニアで転職を考える人は必ず使っているといえるでしょう。

リクルートエージェント

・リクルートエージェント

リクルートエージェントは、IT業界だけでなく、すべての業界で使える転職エージェント最大手です。
大手なので、求人数は、約8000件ほどで非常に多いです。

doda

・doda

転職サイトと転職エージェントの融合したdodaもIT業界の転職で使いやすいです。
求人数は上記2社に劣りますが、約3000件あります。

 

上記のエージェントであれば、転職相談もしっかりと出来るので、IT業界の転職をスムーズに進めることが可能です。手に職をつけて時代の流れに振り落とされないで生き残れる能力を身につけていきましょう。

人見知り 営業 向いていない 理由人見知りに営業マンは向いていない理由!人見知りに営業は過酷な試練だ