仕事が苦しいし辛い時の原因と対策・対処法まとめ。あなたは悪くない

仕事 苦しい 辛い

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのリクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

仕事が苦しいし辛い

職場に行く前に憂鬱な気分になって、職場についても憂鬱な気分で仕事をして、職場から帰る時だけ解放された気分になる。

そういう風な日常を繰り返していませんか?

本当に仕事が苦しいし辛い時は、「なんでこんなに苦しいんだろう」と頭を悩ませる人も多いと思います。

私自身も前の職場で働いていた時に、「なんでこんなに苦しいし辛いんだろう」と感じたことがあります。

その時は、「早く帰りたい」「早くこの忙しい時期過ぎ去らないかな」「どうすればこの状況を良くするできるだろう」「これ以上状況を悪くしたくない」と頭の中でずっと苦悩していました。

仕事って本当に苦しいし辛いですよね。

その状況を何とかしたい人向けに、仕事が苦しいし辛い時の原因と対策・対処法をまとめます。

仕事が苦しいし辛い時の原因と対策・対処法

1.自分がやりたい仕事じゃない

仕事が苦しいし辛い時の原因の1つ目に、「自分のやりたい仕事じゃない」ということがあります。

社会人になって仕事をし始めて、段々と社会人ってこういう風かっていうのを感じると思います。

ですが、仕事をし続けるうちに「自分って本当にこの仕事がしたかったのかな?」ト考えるようになる人もいます。

専門職の人は、専門的なスキルを身につけているから、私の仕事はこの仕事しかないと思い込んでいる人もたくさんいます。

仕事をしているうちに、やっている仕事に疑問を持ってしまうと、「なんで自分はこの仕事をしているんだろう」と仕事が苦しくなってしまいます。

そうなると本当に苦痛ですよね。

仕事の意義を感じないと、自分の時間を使っていることがもったいないと感じてしまいます。

やりがいを感じない。。

やりがいを感じるか感じないかは仕事を続けるうえで非常に重要なことではないでしょうか?

最初から適職につくことが出来るのがベストですが、なかなか最初から自分に合った仕事を見つけるのってめちゃくちゃ難しいんですよね。
宝くじで一等をあてるようなものです。

「自分のやりたい仕事じゃない」時の対策・対処法としては、以下があげられます。

  • もう少し同じ仕事を続けてみる
  • 部署異動を希望する
  • 転職をする

1.もう少し同じ仕事を続けてみる

「自分のやりたい仕事じゃない」時の対策・対処法の1つ目は、もう少し同じ仕事を続けてみることです。

同じ仕事をもう少し続けているうちに、新しい仕事を任せてもらったり、今までできていなかったことが段々できるようになってきたりして、仕事にやりがいを感じる場合があります。

そうすると、「この仕事はやっぱり自分に向いている」と再認識できるのです。

ですが、同じ仕事を既にずっと続けてきて変化を感じないし無理と感じている、新しい仕事を任せてもらえるような環境ではないという場合は、同じ仕事を続けてみるという選択をするのは難しいと思います。

2.部署異動を希望する

「自分のやりたい仕事じゃない」時の対策・対処法の2つ目は、部署異動を希望することです。

自分がやりたい仕事じゃないと思ったことが、180度考えが変わって「やりたい仕事」に変わるということはなんだかんだ少ないです。

自分がこの仕事向いていないし、他の仕事をやりたいと思っている場合は、思い切って部署異動を希望してみると状況が変わる可能性があります。

部署が変わると仕事内容も大幅に変わって、苦しい、辛いと感じていた仕事が、嘘のようにきつくなくなる場合もあります。

ただし、部署異動がなかなかできない会社や、中小企業で部署がほとんどないという会社などは部署異動の希望をしても状況が変わらない場合があります。

3.転職をする

「自分のやりたい仕事じゃない」時の対策・対処法の3つ目は、転職をすることです。

社内の仕事でやりたいことがない場合は、思い切って違う業界や違う職種に転職することで状況が良くなります。

以前は転職活動で企業を探すのも一苦労でしたが、現在は昔よりもネット検索で仕事を見つけられるようになっているので、自分に合った仕事を間違いなく探しやすくなっています。

自分が興味のある分野、挑戦してみたいことに絞って、企業を探すことで、良い求人に巡り合えて、自分のやりたい仕事に転職できるかもしれませんよ。

勿論そのためには転職活動をして色々な企業を知ることが大切です。

求人はリクナビNEXT等の転職サイトで探すことが出来ますが、転職エージェントを使った転職活動が一番効率的ですよ。

リクルートエージェントが最もメジャーな転職エージェントで転職活動をしようとする人が必ず使っているエージェントです。

2.仕事内容が難しすぎる

仕事が苦しいし辛い時の原因の2つ目に、「仕事内容が難しすぎる」ということがあります。

自分の能力では処理できなくてキャパオーバーだという状況だと仕事を苦しいし辛いと感じることも多いです。

色々仕事を任してはもらえるんだけど、正直自分には難しすぎると感じる人もいるのではないでしょうか?

責任感があるからその仕事を上司から引き受けるも、難しくて毎日頭を悩ましていると、仕事が苦しいし辛いと感じやすくなります。

「自分内容が難しすぎる」時の対策・対処法としては、以下があげられます。

  • 難しくても必死にあがく
  • 上司に素直に今の仕事が難しいと伝える
  • 転職をする

1.難しくても必死にあがく

「仕事内容が難しすぎる」時の対策・対処法の1つ目は、難しくても必死にあがくことです。

難しいしキャパオーバーだと感じていてもその仕事に必死に食らいつくことで出来るようになって、自分自身の能力が上がり成長につながる場合もあります。

そうなると社内での出世にもつながりますし、他の仕事を任せてもらったり、自分で何かを企画したりすることが出来るようになります。

ですが、必死に食らいついて精神的にも体力的にも疲れてストレスを感じ、「やっぱりできない」と絶望する人もいます。

自分の限界を知るという意味では、大切なことかもしれませんが、必死にあがきすぎてうつ病になるのも問題です。

2.上司に素直に今の仕事が難しいと伝える

「仕事内容が難しすぎる」時の対策・対処法の2つ目は、上司に素直に今の仕事が難しいと伝えることです。

上司に相談することによって、今の仕事の内容を変えてもらえる場合があります。

仕事が本当に苦しいしい辛いと思っていたら、上司を頼ってもいいと思いますよ。

ただし、この方法の場合、「あなたの能力はこの程度だ」という烙印(らくいん)を上司から押されることになるので、出世を考えている人にはオススメできません。

難しいことが出来ないとなると、今やっている仕事以上の仕事を任せることが出来ないからです。

出世コースから外される原因にもなるので、出世は無理だなと思って諦めるならこの選択を取ってもいいと思います。

3.転職をする

「仕事内容が難しすぎる」時の対策・対処法の3つ目は、転職をすることです。

今の仕事内容が難しいという状況であれば、社内にいてもなかなか解決しない場合があります。

別の仕事内容だったら他の人よりも向いているということはよくあります。

転職によって道が開ける場合もあるでしょう。

求人はリクナビNEXT等の転職サイトで探すことが出来ますが、転職エージェントを使った転職活動が一番効率的ですよ。

リクルートエージェントが最もメジャーな転職エージェントで転職活動をしようとする人が必ず使っているエージェントです。

3.仕事が楽で暇すぎる

仕事が苦しいし辛い時の原因の3つ目に、「仕事が楽で暇すぎる」ということがあります。

何年たっても簡単な仕事しかやらせてもらえない、全然仕事をふってくれないという場合だと、何もすることのない時間が仕事中に出来て苦痛だと感じる人もいるかもしれません。

忙しいのも大変ですが、暇すぎるのもかなりきついんですよね。

こんなにホワイト企業過ぎて、自分の能力は上がっていくのだろうか、成長していくのだろうかと不安に覚える人もいるのではないでしょうか。

サボっていても給料をもらえることに喜びを感じる場合はそのままでもいいかもしれませんが、暇すぎると給料もらっているけど私の存在意義はなんだろうと考えて苦しいとか辛いと思う人も多いです。

「仕事が楽で暇すぎる」時の対策・対処法としては、以下があげられます。

  • 上司にもっと任せてくださいとお願いする
  • 転職をする

1.上司にもっと任せてくださいとお願いする

「仕事が楽で暇すぎる」時の対策・対処法の1つ目は、上司にもっと任せてくださいとお願いすることです。

勝手に自主的に仕事をこなしていくというのも勿論ありですが、上司に誠意を見せてもっと仕事を頑張りたいと伝えることは非常に良いことです。

あなたのやる気を評価して、仕事をどんどん振ってくれるようになるかもしれません。
その場合は、あなたの能力を理解していなかったのです。

「上司に自分はもっとできる」と伝えることで、仕事をふってもらうことで、仕事にやりがいを感じることが出来るようになる可能性があります。

この選択を取った時に、上司が仕事をそれでも振ってくれないのは問題です。
やる仕事がないということは本当に辛いことです。

無駄な時間を会社で過ごしていると感じるようになると、仕事が苦しいと感じるようになります。

2.転職をする

「仕事が楽で暇すぎる」時の対策・対処法の2つ目は、転職をすることです。

今の会社の仕事が楽で仕事量が増えなくて上司に頼んでも仕事をふってくれない場合は、転職するしか今の状況を改善できません。

上司があなたの能力が低いと思っていて任せられないと勝手に思っていて仕事をふらない場合もあります。

そういう風に思われていたらいつまでたっても他の仕事をふってもらえませんよね。

転職先はもう少しノルマがある会社にするとか、仕事内容が多岐にわたって充実している会社にすることによって、仕事が楽で暇すぎるという問題は解決される場合があります。

求人はリクナビNEXT等の転職サイトで探すことが出来ますが、転職エージェントを使った転職活動が一番効率的ですよ。

リクルートエージェントが最もメジャーな転職エージェントで転職活動をしようとする人が必ず使っているエージェントです。

4.仕事量が多くて残業時間が長すぎる

仕事が苦しいし辛い時の原因の4つ目に、「仕事量が多くて残業時間が長すぎる」ということがあります。

毎日が忙しい、日々業務に追われていると感じて、仕事が苦しいし辛いと感じている人もいるのではないでしょうか。

自分だけが特に多くていつも仕事が時間内に終わらないから残業ばかりしているという状況であれば、あなたが不満を持つのも無理ないです。

仕事がキャパオーバーな量をふられると、精神的にも体力的にもしんどいです。

「仕事量が多くて残業時間が長すぎる」時の対策・対処法としては、以下があげられます。

  • 一定期間の忙しさなら我慢する
  • 仕事の効率化をはかる
  • 上司に相談する
  • 転職をする

1.一定期間の忙しさなら我慢する

「仕事量が多くて残業時間が長すぎる」時の対策・対処法の1つ目は、一定期間の忙しさなら我慢するということです。

業界や仕事内容によっては、決算期は忙しい、年度末は忙しい、ある季節だけ忙しいという場合もあります。

そういう時は、忙しい時期は過ぎると分かっているので、仕事の量の多さを一定期間は我慢しようと耐えます。

苦しさ、辛さが一定期間だと思うことが出来れば、乗り越えることが出来ます。

2.仕事の効率化をはかる

「仕事量が多くて残業時間が長すぎる」時の対策・対処法の2つ目は、仕事の効率化をはかるということです。

年中だいたい忙しいという場合は、その仕事にどう向き合うかという姿勢が重要になってきます。

仕事量が多くて残業時間が長いのは、あなた自身がまだ仕事をてきぱきとこなせていないからかもしれません。

どうやれば仕事のスピードが速くなるのか、どうすればこの仕事の無駄な部分をなくせるのかと言ったことを日ごろから考えて自分の仕事の効率化をはかりましょう。

それによって仕事が早く終わるようになったら、だいぶ精神的にも楽ですよ。

3.上司に相談する

「仕事量が多くて残業時間が長すぎる」時の対策・対処法の3つ目は、上司に相談することです。

「この仕事量は明らかにおかしいやん」「この量絶対無理」ということであれば、上司に相談してキャパオーバーである事を伝えてみてください。

それによって仕事を他の人に任せてくれる場合があります。

ただし、それによって仕事ができないというレッテルが貼られるリスクは考えておきましょう。

その後重要な仕事を任せてもらえなくなる可能性があります。

4.転職をする

「仕事量が多くて残業時間が長すぎる」時の対策・対処法の4つ目は、転職をすることです。

何も仕事量が多くて残業時間が長い会社にいつまでもい続ける必要はありません。
勿論残業して給料を稼ごうと思っていたら、仕事量が多くて残業が多い方がよいかもしれません。

しかし残業して稼ぐということは、年を取るにつれてだんだん体力的にもきつくなってきます。

特に若いうちから体力を使う仕事であるならば、違う仕事を検討してみるのも一つの選択だと思いますよ。

求人はリクナビNEXT等の転職サイトで探すことが出来ますが、転職エージェントを使った転職活動が一番効率的ですよ。

リクルートエージェントが最もメジャーな転職エージェントで転職活動をしようとする人が必ず使っているエージェントです。

5.パワハラが多い

仕事が苦しいし辛い時の原因の5つ目に、「パワハラが多い」ということがあります。

パワハラには、身体的な攻撃、精神的な攻撃、人間関係からの切り離し、過大な欲求、過小な欲求、個の侵害など様々ありますが、パワハラを受けることで仕事が苦しいし辛いと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

「パワハラが多い」時の対策・対処法としては、以下があげられます。

  • パワハラを受け入れる
  • パワハラを解決する
  • 転職をする

1.パワハラを受け入れる

「パワハラが多い」時の対策・対処法の1つ目は、パワハラを受け入れることです。

職場にパワハラがあるのは仕方ないと割り切って、仕事をする方法です。

ですがこの方法は根本的な解決になりませんし、見てみぬふりをしているだけになります。

これで仕事の苦しさや辛さが減ればいいですが、なかなか苦しさや辛さを減らすのは難しいのではないでしょうか。

2.パワハラを解決する

「パワハラが多い」時の対策・対処法の2つ目は、パワハラを解決することです。

パワハラ問題を解決することが出来れば、仕事の苦しさや辛さから逃れることが出来ます。
泣きたい日々を卒業できるのです。

パワハラを解決するには、上司に相談したり、労働基準監督署などの公的機関に相談したりすることが有効です。

パワハラがこれで解決すればいいですが、パワハラをする人っていうのは性格がねじ曲がっているので、問題が解決した後に仕返しされる恐れもあるので注意が必要です。

3.転職をする

「パワハラが多い」時の対策・対処法の3つ目は、転職をすることです。

パワハラをする相手によっては、なかなか状況を覆せずにパワハラ問題が解決できない場合があります。

怒鳴る パワハラ 社長怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法4選。そんな奴はこう撃退せよ

そういう時は転職によって、パワハラのない職場に再就職するというのが有効です。

パワハラで苦しんでいたことから解放されますよ。

求人はリクナビNEXT等の転職サイトで探すことが出来ますが、転職エージェントを使った転職活動が一番効率的ですよ。

リクルートエージェントが最もメジャーな転職エージェントで転職活動をしようとする人が必ず使っているエージェントです。

6.セクハラが多い

仕事が苦しいし辛い時の原因の6つ目に、「セクハラが多い」ということがあります。

あなたの上司や同僚や部下はセクハラをしてきたりはしませんか?

会社内の立場を利用して、セクハラを拒否すると出世や給料や待遇に影響があるぞというようなものや、職場内で性的な話を大っぴらにしているようなものまでさまざまあります。

セクハラによって苦しいと感じたり辛いと感じたりしているならば、仕事にもチャンと向き合えなくなります。

「セクハラが多い」時の対策・対処法としては、以下があげられます。

  • セクハラを受け入れる
  • セクハラを解決する
  • 転職をする

1.セクハラを受け入れる

「セクハラが多い」時の対策・対処法の1つ目は、セクハラを受け入れることです。
多少のセクハラなら仕方がないと割り切る方法です。

ですがこれはあまりオススメしません。セクハラを受け入れたことによってもっと激しいセクハラもオッケーだと思って内容が過激になる場合もあるからです。

さらに苦しくなる可能性があるので、セクハラを受け入れるのは、基本的にやめましょう。

2.セクハラを解決する

「セクハラが多い」時の対策・対処法の2つ目は、セクハラを解決することです。

セクハラ問題をそのままにしていたらどんどんあなたの精神は削られていきます。

セクハラを解決するためには、上司に相談する、人事部に相談する、労働基準監督署や都道府県労働局雇用均等室やNPO法人労働紛争解決センターなど公的な機関に相談する等の方法が考えられます。

直属の上司がセクハラをしている場合は、上司に相談できないので、人事部などもっと立場の上のところに相談に行くべきだと思います。

3.転職をする

「セクハラが多い」時の対策・対処法の3つ目は、転職をすることです。

転職をすることによってセクハラ会社から脱出できます。

職場環境によってセクハラの有無は本当に変わります。
同性の多い職場や異性の多い職場という部分でも変わってきます。

今の会社のセクハラがどうしようもないと思ったら、転職も視野に入れるべきでしょう。

求人はリクナビNEXT等の転職サイトで探すことが出来ますが、転職エージェントを使った転職活動が一番効率的ですよ。

リクルートエージェントが最もメジャーな転職エージェントで転職活動をしようとする人が必ず使っているエージェントです。

7.人間関係が良くない

仕事が苦しいし辛い時の原因の7つ目に、「人間関係が良くない」ということがあります。

職場内に嫌いな人がいたり嫌がらせをしてくる人がいたりすると仕事内容は楽しくても会社に行くのが辛いという事態が起きます。

社風が合わなくて何となく居心地が悪いと感じるのも社内の人との人間関係じゃないでしょうか。

人間関係が良くない時は、どうすれば良いでしょうか?

「人間関係が良くない」時の対策・対処法としては、以下があげられます。

  • 人間関係を改善する
  • 人間関係を割り切る
  • 転職する

1.人間関係を改善する

「人間関係が良くない」時の対策・対処法の1つ目は、人間関係を改善することです。

現在距離を取っていた人たちと距離を縮めるために話しかけたりして相手のことを知っていきます。相手のことを良く知るようになると、相手の長所が見えてきて相手のことを好きになることもあるので、努力して相手と関わろうとして人間関係を改善していきましょう。

ですが、相手があなたと仲よくしたくないという態度やそぶりをしていると難しいです。

2.人間関係を割り切る

「人間関係が良くない」時の対策・対処法の2つ目は、人間関係を割り切ることです。

もう仲良くしなくていいや、私は仕事だけすればいいやと割り切ってしまいます。

ただし人間関係の事で悩み続けながら仕事を続けることになるので本当に割り切る強い気持ちがないといけないです。

3.転職をする

「人間関係が良くない」時の対策・対処法の3つ目は、転職をすることです。

転職をすることによって人間関係が良くない会社から脱出できます。

人間関係が良い職場、悪い職場というのは職場によって全然違います。

人間関係が本当にひどいし嫌だなと感じる場合は転職も視野に入れましょう。

求人はリクナビNEXT等の転職サイトで探すことが出来ますが、転職エージェントを使った転職活動が一番効率的ですよ。

リクルートエージェントが最もメジャーな転職エージェントで転職活動をしようとする人が必ず使っているエージェントです。

 

以上が、仕事が苦しいし辛い時の原因と対策・対処法です。

仕事が苦しい時、辛い時は本当にしんどいですよね。

自分に合った方法を見つけて実践してみましょう。

ニートやフリーターはリスク

仕事が苦しいし辛い時の対策・対処法としてどれに共通して言えるのは、転職することで現在の状況を変えることが出来るということです。

ですが、仕事が苦しい、辛いと思っているときは「今すぐにでも会社を辞めたい」と思って勢いよく辞める人がいます。

あれはよくありません。

会社員 勢い 辞めるなちょっと待て!会社員を勢いで辞めた人の末路 無職の絶望感はヤバい!

会社員を勢いよく辞めて、ニートやフリーターに一度なってしまうと、仕事をしないことが快感になり、社会復帰が難しくなります。

一度ニートやフリーターになるとずるずるとニート生活、フリーター生活を続けることになってしまうリスクがあるのです。

会社を今すぐに辞めたいと考えていたとしても転職エージェントだけは会社を辞める前に登録しておくべきです。

転職エージェントでは、転職相談が出来ますし、あなたに合う求人を探してくれるので、ニートやフリーターに一時期なったとしても、転職活動に向き合うことができるので、ニートやフリーターにずっとなってしまうという状態からは逃れられます。

仕事が苦しい。辛い。

こう思っていても、やめる前に転職エージェントを登録しておきましょう。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

仕事が楽しくて仕方がない人もいる

今回は、仕事が苦しいし辛い時の対策・対処法についてまとめましたが、世の中には仕事が楽しくて仕方がない人もいます。

仕事が楽しくて楽しくて仕方がないっていうのは、正しい場所に身を置いているから感じています。

仕事内容が向いていて楽しいと感じる環境で仕事をすればやりがいを感じて、仕事に取り組んでいる時の方がプライベートよりも楽しいという場合が本当にあります。

私自身も仕事内容によってつまらない仕事だなと思ったり、面白い仕事だなと思うことが今までありました。

本当に仕事内容や働き方によって人生の充実度は変わっていくんです。

選べる情報量が増え何でも選択できる時代になった

私たちの時代は情報化社会と言われていて本当にいろんな情報がいつでもどこでも手に入れられるようになりました。

分からないことがあれば、ネットで調べることが出来るので、疑問をすぐに解決することが出来るようになりました。

情報が手に入るということは、選択肢も無限に増えるということです。

今まで一つの仕事に固執していた時代は情報が手に入る社会になって終わりました。

何故なら人々の選択肢がより増えて自由になったからです。

何でも自分自身で選べる時代になったので、しっかりと探せばあなた自身に合った仕事を探して選ぶことが出来ます。

一つの仕事にずっとこだわりを持って向き合い続けるというのもありだと思いますが、現状仕事が苦しい、辛いと感じていたら、別の仕事に挑戦してみるというのも今の時代だったらありだと思いますよ。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。