新卒1年目の23歳で社風が合わずに辞めた時、はじめての転職で何を注意してアピールすべきか?

新卒1年 23歳 社風 合わない

新卒1年目の23歳で社風が合わずに辞めた時、はじめての転職で何を注意してアピールすべきか?

新卒1年目の23歳で社風が合わないと感じて、会社を辞めた時、初めての転職活動になると思います。
そんな時、あなたは転職活動でどのようにアピールしていくべきでしょうか?

新卒1年目の転職の注意点とアピールポイントを考えていきます。

新卒の初めての転職での注意点

経験もスキルもあまり伸びていない

まだ会社に入って1年以内の状態で会社を辞めた場合、経験もスキルもあまり伸びていないということを意識しておく必要があります。

いくら新卒で入社した直後に精一杯頑張ったからと言って、企業側からすると、経験とスキルがその仕事によって身についたとはなかなか考えません。

実際に仕事の経験している量もすくないし、営業スキル、社内の情報処理スキル、電話応対スキル等、スキル自体もあまり見についていない可能性があります。

その部分は、転職の際にアピールするのは難しいと言えるでしょう。

企業はまたすぐ辞めないか心配をしている

また新卒1年目の23歳で会社を辞めた場合、企業はまた次にすぐ辞めないかということを心配しています。
企業の採用にも多額のお金がかかりますから、すぐにやめてしまう社員は基本的に困るのです。
「やめない社員を雇いたい」というのが企業の本音だと思います。

転職の際には、ずっと続けていきたいということを積極的に発信して、そのイメージを払拭すべきかと思います。

社風が合わなかったというのは辞めた理由で使わない

社風が合う合わないかというのは、会社に入らなければ、感じることが出来ません。

したがって転職活動で、「前の会社で社風が合わなかったのでやめました。御社なら社風が合うと思って今回応募しました」だと何の説得力もありません。

「うちの企業の何を分かっているんだ」と言われてしまうかもしれませんよ。

だから、転職活動の際に、社風が合わなかったという理由はあまりふさわしくないと考えます。

社風が合わないと感じるならば長く続けるのは難しい

今あげたように、新卒1年目ですぐ会社を辞めると上記のような注意点があります。

ただ、社風が合わないとあなたが感じるなら、よっぽどの変革がない限り、社風が合うと感じるようになることは少ないでしょう。

社風が合うようになるまで忍耐強く辛抱するか
社風は合わない会社で定年まで働くか
社風が合わない会社から転職するか

選択肢はどれかです。

社風が合わないなら転職してもよいと思います。
ただし、社風が合わないのは、どうしてなのかということをしっかり考えてみましょう。
どういう部分が自分に合わないと感じたのか、次働く会社では、同じような社風でない会社を探さなければいけません。

「社内全員が体育会系で、自分とは全然雰囲気が合わず反りが合わない」
「社内に意欲的な社員が少なく、新しい企画には消極的な雰囲気」

社風は、人間関係や人事評価、仕事の進め方、営業の方法など、さまざまな部分に現れます。

分からないことを全然教えてくれない会社、社員同士のコミュニケーションの少ない会社、指導がほとんど入らない会社、様々な会社が存在します。

その中のどういった部分が自分が合わなかったのかということを抑えておかないと、転職先の職場でも、同じ悩みを抱えてしまうからです。

社風が合わないと感じるならば、自分にここは譲りたくないなという軸を持ちましょう。

転職するかしないか 相談転職するかしないか迷ったら相談すれば全部解決する理由4選

アピールすべきポイント

新卒1年目で会社を辞めた時、どういうことを転職でアピールすべきでしょうか?

やりたいことにチャレンジしたいというプラスの動機を伝える

社風が合わないと感じたとしても、あえてマイナスの印象になる「人間関係による退職」という理由は伝えなくてよいと思います。

次の仕事で前向きに取り組みたいという意思をしっかり伝えることが大事になると思います。仕事について目標や夢を持ち、話せるとプラスの印象を与えることが出来ます。

会社の方向性に共感する

やはり会社の理念というのをよく調べて、それに対して、その方向性に向けて頑張りたいという意思を伝えていくのが大切です。
会社の方向性と違えば、「自分と会社が目指していることが真逆」という状態にもなりかねないので、方向性を調べて、共感していくということが大事です。

あくまでテクニックではなく、心からこんな会社で働きたいなと思えば思うほど相手に伝わりやすくなります。

伸びしろを伝える

伸びしろを伝えるというのも重要です。
新卒1年目で会社を辞めたということは、むしろまだまだ伸びる余地があるので、自分はまだまだ伸びますよっていうのを伝えないといけないです。

ただ「僕はこれから伸びますよ」と言っても全く伝わらないですよね。

伸びしろを伝えるためには、勢いや熱意が大事です。
熱意を伝えるためには、やはり事前準備が大事だと思います。
面接前に企業を多少なりとも調べて、準備するということが意外と効果があったりします。

自分の思いを形にして伝えると面接官にも思いが届きやすくなります。

なかなか決まらないと感じている時

仕事がなかなか決まらない。
会社を辞めたはいいが、転職活動をしている日々。
元々次の見込みがあったというかやりたいことがあったわけではないが、短期アルバイトや派遣の仕事で生活をつないでいる。

でもいいんです。

新卒の時は、会社がどんなものであるか分からないんです。

いざ働き始めたら「俺の社会人生活こんなはずじゃなかった」とギャップを感じる人もいると思います。

イメージと現実とのギャップを感じるのは、仕方のないことです。
だって、社会人経験が今までなかったわけですから。

社会には理不尽なこともありますし、あこがれていた企業の内部が想像と全然違ったなんてことも多々あります。

だから転職というのは一つの選択に過ぎないと考えてください。

勇気を出して転職という選択をした自分を褒めてください。

現在の日本の20代の転職市場は、少子高齢化と労働力不足により売り手市場です。
決まらないと感じていても、実際に他にも仕事はたくさんあります。

転職ははじめてだから、苦戦していて、なかなか決まらないと感じていても、人生の大きな経験になり、自分を強くさせてくれます。

新卒1年目23歳の転職は決して難しいことではありません。
むしろだいぶ月日が経って、30代後半になった時の方が難しいと思いますよ。

23歳の転職は全然間に合います

新卒1年目の転職はまだ全然間に合います。
若さという武器があるので、業界の知識がないのは当たり前のことです。

転職の時には、やはり、「自分の希望条件」だけはしっかり把握しておきましょう。

「やりたいこと」「やりたくないこと」をリストアップしておきましょう。

最初の就活では、もしかしたら、自分の軸もブレブレで就活をしてたまたま内定をもらったところかもしれません。

正直最初はそれが普通です。
明確な軸をもって就活に臨んでいた人の方が少ないです。

ですが、社会人になって仕事を通じ、自分の中にだんだんと軸が見つかってきます。

自分が大切にしたいと思う軸を見つけてください。

やりたい軸が見つかれば、次の仕事で希望条件にあてはまるものを希望できるようになります。

  • 企画にもっと携わりたい
  • 人ともっと関わる仕事をしたい
  • もっと挑戦的で新しいことをする社風の会社がいい

いろんな希望条件を自分の中に決めておいた方が、求人を探すときに取捨選択しやすくなります。
一度ノートを出して、希望条件をリストアップしてみましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。