小さな会社だと社長と反りが合わない場合は、会社を辞めて転職したほうがいい

社長と反りが合わない オワコン

小さな会社だと社長と反りが合わない場合は、会社を辞めて転職したほうがいいです。

何故って反りが合わないのは辛い!!
本当に辛いです。

小さな会社だと社長との距離感が近く、実際に社長と関わる場合もあります。
社長と反りが合わない場合は、小さな会社に居続けることは困難だと思います。

小さな会社で社長のことを嫌いになったらオワコンです

社長 嫌い オワコン

小さな会社で社長のことを嫌いになったらオワコンです。
終わりです。

小さな会社は、社長の影響力が間違いなく強いです。
特に親族から引き継がれた同族経営、ファミリー経営の会社は癖が強いです。

会長が社長の親で、社長は会長の息子で二代目社長なんてことも少なくありません。

私が以前勤めていた会社の社長も癖のある社長でした。

入社直後、他の先輩社員さんと食事に行くことが多かったのですが、そこで毎回のように出る社長の愚痴。
「入社直後に新入社員に、社長の愚痴を言うか?普通」とむしろ私は、社長の悪口を言う先輩社員のことを嫌いになりました。

ただそれだけ言われる社長にも何らかの原因があるのではないかと考えました。

社長は基本的には新入社員の私に優しく接してくれました。
表面的に見る限り悪い社長には見えなかったです。

ただし入社して時間がたつにつれて色々な社長の闇が見えてくるようになったのです。

いくつか実際に私が気になった社長の事例についてあげます。

怒鳴る パワハラ 社長怒鳴るパワハラ社長の対策・対処法4選。そんな奴はこう撃退せよ

社員の愚痴を言う社長だった

社長 愚痴が多い

社長が社員の愚痴を言う社長でした。
私はそれをよしとしませんでした。

私自身が他の人に対して、愚痴を言ったりするタイプではなかったので、私が出来ていることすらできていない社長に対して、なぜこんなに愚痴を言うのだろうと思ってしまいました。
勿論社長業は、普通の社員より圧倒的なストレスがかかります。

ですが、社員全員の愚痴を言っていたので、絶対私自身も愚痴を陰で言われていると思いました。案の定、私がいないところでは私の愚痴も言ったりしていたようです。

表向きはいい顔をして、裏では、悪口や愚痴を言っている社長に、私は失望するとともに、悪口を言う社長の下で、この会社は大きくなっていくのだろうかと不安になりました。

創業者はたいてい人格者が多いですが、そうでないと親の七光りパターンもあるからです。

社員の愚痴を言う社長にはついていきたくないという気持ちが芽生えました。

残業代を出さないのに、残っている人を評価する風潮だった

残業代 反りが合わない

残業代はほとんど出ない会社だと、基本的に定時を過ぎたら段々と社員は、仕事を終え、帰宅し始めます。

残業代がたくさん出る会社だと、逆に居残りまくって残業代を稼ぐ人もいるかもしれませんが、残業代が出ない会社だったら、早く帰る人は早く帰ります。

残業代が出ないのに、残業代をしなといけない会社が一番ヤバいですね。
それは、とっとと違うところに転職したほうがいいです。

残業代が出ないので、基本的に社員は定時を少し過ぎたら帰っていましたが、
社長はいつも「○○さんはいつも最後までいてえらいね。努力している。○○さんのように努力しろとは言わないが姿勢を見習ったほうがいい」と一番遅くまで働いている社員を評価していました。

残業をさせたいなら、残業代は出すべきだと思います。

社長の立場からしたら、残業代を出さないのに、社員がみんな残業をしてただ働きをすればその分人件費を削減できるので良いと思います。

ですが、社員は社長の奴隷ではありません。プライベートもあります。

そのように、残業代を出さないのに、残業する社員を高く評価する姿勢をあまりよく感じませんでした。

社長の方針と合わないなら、いつまでたっても方向性に従えない

反りが合わない 出世できない

社長の方針と合わないなら、いつまでたってもあなた自身が方向性に従えないでしょう。

社長の目指している道と、あなたの目指している道が違うのであれば、たどり着く先は違います。
社長の目指している道に乗っかりたいなら、社長の方向性にしっかりと従わないといけません。

そうしないと小さな会社では生きていけません。

もし、あなたが社長とは考え方が合わないと思ってしぶしぶ従っていたとしても、それは社長には見抜かれてしまいます。

小さな会社にいる限り、社長の方針に乗っかる人たちは、正義であり、社長の方針に乗っからない人は悪になります。

以前勤めていた会社で、県外に一泊する企画を社長が提案しました。
社員的には、会社とプライベートはしっかり分けたいという人が多く、そういう企画自体が気を使うし面倒くさいという人が大半でしたが、ある人がそれをポロっと愚痴をこぼしてそれが社長に伝わった後、その社員はぼろくそに叩かれました。

それ以外の社員は心の中では不満に思っていても、「社長のいうことだから乗っておかないといけない」という思いがあり、その案に賛成するといった感じでした。

「小さな会社だと社長のいうことには、すべて従ったほうがいい」と先輩社員はそうフォローしていましたが、ある意味、宗教と一緒です。

社長のことが好きであれば、その案に乗っかって楽しむということもできますが、嫌いになったら乗っかりたいとも思わないはずです。

方向性に従えない場合、社長から嫌われてしまう原因になるのです。

方向性に従えなかったら出世の道は閉ざされる

出世の道 閉ざされる

そして社長の方向性には従いたくないと思って、反抗するなら、それはすでに出世の道が閉ざされたようなものです。

「方向性に素直」これはどの組織でも重要なことです。

社長のいうことをしっかりと全うできる人は、その会社で評価されるし、そうでない人は評価されません。

つまり、あなたが今の会社で社長と距離が近く、社長が好きでついていきたいと思える会社ならばその会社で一生頑張ってもいいと思います。
そういう会社はなかなかありません。大切にしたほうがいいと思います。

ですが、社長と距離が近いのに、社長が嫌いになってしまい、この社長にはついていきたくないと思うならば、恐らくその会社一生働き続けるのは困難だと思います。
もし、一生働き続けたとしても、毎日ストレスを抱え、愚痴をはく人生になってしまうと思います。

社長に不満を言っていても問題は解決しません。
むしろ不満を言っている自分にだんだん嫌気がさすのではないでしょうか。

社長の方向性に従わなかったら、嫌われて出世の道が閉ざされます。

出世の道が閉ざされた会社で、会社のために自分の人生をささげることをあなたはできるでしょうか。

わざわざ出世が閉ざされた場所で頑張り続ける必要はないのではないかと思います。

仕事を頑張ったら、頑張っただけ評価される場所なんていくらでもあります。

評価されない場所で働き続けるか、新しい場所で挑戦するかはあなたの自由です。

出世できない会社にいるんだったら目指せる会社を探すべき

目指せる会社

出世できない会社にいるんだったら、目指せる会社を探すべきです。

社長がこういうことをやりたいと思ったことと、自分がやりたいと思うことが一緒だと、本当に仕事の充実度が違います。

自分がやりたいことが直結して社長に評価されますから、それが結果につながれば、出世は間違いないです。

小さな会社では社長との相性が本当に重要です。

社長と反りが合わない場合は、転職を検討したほうが無難です。
遅かれ早かれ、会社を辞めたいという気持ちが強くなってくると思います。

でも転職って勇気がいりますよね。

転職の勇気が出ない原因と対処法については下記記事に記載しています。

転職 勇気が出ない 対処法転職の勇気が出ない時の対処法7選!勇気を出すために大切なことはこれ! 転職 勇気が出ない 原因転職の勇気が出ない原因5選!本当の理由を突き止めよう!

転職を考えているなら転職エージェントを使うのがオススメです。

在職中に転職の相談をエージェントと呼ばれる人にすることが出来ます。

こういう不満があって、転職を考えているということを素直に伝えれば、しっかりと相談に乗ってくれます。

社長と反りが合わないオワコン状態を卒業してください。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。