社員数や売上高が多い日本企業ランキング【大手は安心?】

社員数 多い 日本企業 ランキング

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのリクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

社員数や売上高が多い企業ランキングをまとめます。

大手企業の方が実際社員数や売上高は多いと思いますが、実際はどうでしょうか??

離職率 高い 業界 ランキング離職率が高い業界ランキング2019年度版。原因理由共通点も合わせて解説

社員数が多い日本企業ランキングTOP50

社員数が多い日本企業ランキングをまとめます。

  1. トヨタ自動車
  2. 日立製作所
  3. 日本電信電話(NTTグループ)
  4. パナソニック
  5. 日本郵政
  6. 住友電気工業
  7. ホンダ
  8. ヤマトホールディングス
  9. キヤノン
  10. 富士通
  11. デンソー
  12. 東芝
  13. ブリヂストン
  14. イオン
  15. 三菱電機
  16. 日産自動車
  17. ソニー
  18. 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  19. NTTデータ
  20. アイシン精機
  21. NEC
  22. 日本電産
  23. リコー
  24. TDK
  25. 伊藤忠商事
  26. 新日鐵住金
  27. 三菱重工業
  28. ミネベアツツミ
  29. 富士フィルムホールディングス
  30. 三井住友フィナンシャルグループ
  31. 三菱商事
  32. JR東日本
  33. セイコーエプソン
  34. 住友商事
  35. 京セラ
  36. 日本通運
  37. 三菱ケミカルホールディングス
  38. ソフトバンクグループ
  39. ダイキン工業
  40. スズキ
  41. 第一生命ホールディングス
  42. ジェイエフイーホールディングス
  43. 村田製作所
  44. LIXILグループ
  45. みずほフィナンシャルグループ
  46. 豊田通商
  47. フジクラ
  48. 電通
  49. セブン&アイ・ホールディングス
  50. ヤマハ発動機
参考 最新!これが正社員数の多いトップ500社だ東洋経済

1位のトヨタ自動車は36万4445人を抱える企業で2位の日立製作所が30万3887人です。

売上高が大きい日本企業ランキングTOP50

売上高が大きい日本企業ランキングについてまとめます。

  1. トヨタ自動車
  2. 本田技研工業
  3. 日本郵政
  4. 日産自動車
  5. 日本電信電話
  6. JXTGホールディングス
  7. 日立製作所
  8. ソフトバンクグループ
  9. ソニー
  10. イオン
  11. パナソニック
  12. かんぽ生命保険
  13. 三菱商事
  14. 丸紅
  15. 豊田通商
  16. 三菱UFJフィナンシャルグループ
  17. セブン&アイ・ホールディングス
  18. 東京電力ホールディングス
  19. 三井住友フィナンシャルグループ
  20. 新日鉄住金
  21. 伊藤忠商事
  22. 東京海上ホールディングス
  23. MS&ADインシュアランスグループホールディングス
  24. デンソー
  25. KDDI
  26. 三井物産
  27. 住友商事
  28. NTTドコモ
  29. 三菱電気
  30. 三菱重工業
  31. 富士通
  32. アイシン精機
  33. 大和ハウス工業
  34. SOMPOホールディングス
  35. スズキ
  36. 出光興産
  37. 三菱ケミカルホールディングスグループ
  38. ジェイ エフ イー ホールディングス
  39. ブリヂストン
  40. みずほフィナンシャルグループ
  41. マツダ
  42. SUBARU
  43. メディパルホールディングス
  44. 関西電力
  45. 住友電気工業
  46. 東日本旅客鉄道
  47. オリックス
  48. 中部電力
  49. 日本電気
  50. アルフレッサホールディングス
参考 2018年 日本企業 売上高 ランキングstockclip

1位のトヨタ自動車は、29兆3795億1000万円と2位の本田技研工業の15兆3611億4600円を大きく引き離しています。

従業員数の多い世界企業は??

日本企業を調べていると世界のことも知りたくなったので、世界のことも調べてみました。

従業員が多い世界企業ランキングTOP9

  1. ウォルマート
  2. 中国石油天然気集団(CNPC)
  3. 台湾鴻海科技集団(富士康、フォックスコン)
  4. 中国石油化工集団(CINOPEC)
  5. 中国郵政
  6. 中国国家電網
  7. 大衆公司(フォルクスワーゲン)
  8. 美国郵政(アメリカ合衆国郵便公社)
  9. 中国航空工業集団公司

ほぼほぼ中国が多いという結果でした。

アメリカのウォルマート、アメリカ合衆国郵便公社とドイツのフォルクスワーゲン以外は中国企業という結果です。

人口が多いので当たり前かという感じですね。

従業員数が多い米国企業ランキングTOP10

  1. ウォルマート
  2. アマゾン・ドットコム
  3. クローガー
  4. アクセンチュア
  5. ホームデポ
  6. バークシャー・ハサウェイ
  7. IBM
  8. フェデックス
  9. ユナイテッド・パーセル・サービス
  10. ターゲット

中々知らない企業も多いのではないでしょうか?

ウォルマートは米国従業員数1位で、従業員を230万人抱える超絶カンパニーです。

世界最大の小売りチェーンです。

2位のアマゾンは、56万人ほどです。それでも日本のトヨタ自動車よりも大きいですね。

3位のクローガーは、ウォルマートに次ぐ全米第二位の小売業企業です。

売上高の大きい世界企業は??

売上高の大きい世界企業はどういう企業でしょうか??

売上高が大きい世界企業ランキングTOP10

  1. ウォルマート 小売り
  2. 国家電興 電力
  3. 中国石油化工 石油
  4. 中国石油天然気集団 石油&ガス
  5. ロイヤルダッチシェル 石油
  6. トヨタ自動車     自動車
  7. フォルクスワーゲン   自動車
  8. BP          石油
  9. エクソン・モービル  石油
  10. バークシャー・ハサウェイ 金融

これをみると石油すごいってなりますよね。

われらが日本企業のトヨタ自動車で6位です。

大手企業に勤めれば安心か??

では実際このような大手企業に勤めれば安心なのでしょうか。

答えは否です。

仮の大手企業だとしてもリストラで首を切られたり、リーマンショックのような景気の影響を受けて、大打撃を受ける可能性があります。

東芝の1万人リストラ問題

2015年に東芝の不正会計問題がありました。サザエさんの提供会社としても有名な東芝です。

そこから経営再建のために「新生東芝アクションプラン」というものを打ち出しましたが、早期退職の募集や配置転換により国内外で1万600人のリストラというものを行うものでした。

東芝の社員数って約20万人ですよ。20人に1人がリストラって全然安泰じゃないですよ。

2015年 
4月不正会計の発覚
9月 決算訂正で赤字転落
特設注意市場銘柄に指定
2016年
3月 医療機器子会社の売却合意
12月 米原発事業で巨額損失発覚
2017年
3月米ウェスチングハウス破綻、赤字約1兆円、財務超過転落
8月 東証1部から2部に降格
9月 半導体子会社の売却合意
10月 特注銘柄指定が解除
12月 6000億円規模の増資
2018年
3月 債務超過解消で上場維持
5月 半導体子会社の中国審査通過
6月 半導体子会社を2兆円で売却

時事ドットコムより参照です。詳しくは下記サイトをどうぞ。

参考 【図解・経済】東芝の経営危機(2018年6月)時事ドットコム

シャープの倒産危機問題

あのシャープですら倒産危機になりました。

2011年から業績の悪化が目立ち始めて、2016年には自力での立て直しがいよいよ難しくなり、外国企業に買収されるという事態になりました。

倒産寸前のシャープを買収したのは、鴻海(ホンハイ)という台湾の企業です。

シャープの買収によって多くの社員がリストラされることになりました。早期希望退職で退職金を手に入れて再就職した人もいる一方で、再就職できずに困ってしまった人もいる状況です。

海外では高品質すぎるシャープよりも安価な韓国製品の方が強い、スマホ事業で上手く行かない等いくつかの読みの誤りから大きくダメージを受けることになります。

時代の流れをしっかりと読み切れなかったということが招いた事態だと思います。

パナソニックの半導体事業大幅縮小

2013年にパナソニックが半導体事業を大幅縮小をして、国内外で現在約1万4000人いる同部門の従業員数を2014年までに7000人規模に半減される方向で検討を行いました。

半分ですよ。半分。

「2人に1人が職を失う」ってどういう状況ですかと言いたいです。

企業の安定を取ろうとするときにリストラが行われ、雇用の不安定化は避けられないと感じる出来事です。

みずほフィナンシャルグループの1万9000人削減

みずほフィナンシャルグループも構造改革案を出して、AI等で効率化をはかり業務量を減らし、2026年度までに従業員を約1万9000人削減する方針を打ち出しました。

グループ全体で6万人近くいますからね。

つまり、「3人に1人が職を失う」ってことです。

金融業界の人員削減はえげつないです。

三菱UFJフィナンシャルグループも1万人削減

みずほフィナンシャルグループと同様メガバンクの三菱UFJフィナンシャルグループも今後10年で1万人程度の人員を削減すると報道しています。

UFJ銀行も3万4000人ほどの社員がいますから、

「3人に1人が職を失う」ということです。

フィンテック業界も段々伸びてきていますし、金融業界の再編も徐々に行われていくことになるでしょうね。

UFJ銀行 1万人 削減三菱UFJ銀行1万人削減で銀行員は早めに転職するのが正解なのか?

日本ハム早期退職者募集

2018年11月に、東証一部上場のハム・ソーセージ大手の日本ハムは、200名を上限とする早期退職者を募集すると発表しました。

リストラとは言わなくても、事実上のリストラですよね。

食品業界のリストラも始まってきたのかというような印象です。

電機業界、金融業界だけでなく、どの業界でも起きうることだと暗に示唆していると思います。

製薬会社のリストラも発表

製薬会社大手の協和発酵キリンと鳥居薬品の希望退職が発表されています。

どちらとも希望退職者の定員は定めていないようです。

アステラス製薬は、600人の早期退職希望者を募った動きが見られています。

製薬会社全体の人員はここ5年4700人も減少しています。

製薬業界の雇用は安定しているという神話は崩れかけていっています。

リストラされた後ヘッドハンティングは難しい

今の時代は大手企業に勤めたから一生エリートと時代ではなくなってきています。

大手企業だったとしても、むしろ傾いたときは、何千人、何万人規模のリストラがありますし、誰がリストラされるかなんてわかりません。部長クラスとかの役員ですら当たり前にリストラされます。

一流企業出身ということで、プライドが邪魔をして次の転職先が見つからないという人はざらにいます。

能力がある人はリストラされた後も、再就職先が見つかるかもしれないですが、現実問題ヘッドハンティングされてすぐに再就職先が見つけることが出来る人は少ないです。

大手企業をリストラされた後は生活水準を落とすという死に物狂いの覚悟で再就職先を見つけないといけないです。

大手企業だからといって油断しないこと

このような事例を見ていると大手企業だからといって、油断しないことが一番大切だと感じます。

今は企業は数年でつぶれますし、起業した会社の90%は10年後に潰れると言われる時代です。

時代の移り変わりが激しい時代では、いつ何時何が起きるか分かりません。

むしろ「大企業だから安泰」と胡坐(あぐら)をかいている人程危険です。

「中小企業だからこそ頑張ろう」とがむしゃらに若いころから頑張っている人の方が将来職を失った時に能力が高い人材になっているということはざらにあります。

大切なのは、「勤める企業」ではなく、「勤める企業で何をやりどう成長するか」です。

社会人として成長していれば、いざという時にもなんとかなります。

社会人として私たちが仕事に向き合うにあたって、意識すべきは下記のようなことだと思います。

  • 自分の能力が上がるのか
  • 自分のやりたいことなのか

自分の能力が上がるのか

仕事を通じて自分の能力が上がるのかということです。

社会人としての基礎コミュニケーション力が上がる仕事なのか、専門知識が身につく仕事なのか、人と連携して組織をまとめる能力が付くのか、想像力を使う仕事なのか、自分の能力があがって成長できる仕事をしているかどうかということが大切です。

自分のやりたいことなのか

もう一つは仕事が自分のやりたいことなのかということです。

やりがいを感じる仕事であれば、仕事での吸収力も上がりますし、仕事で日々達成感を感じることが出来ます。

やりがいのある仕事を見つけて取り組んでいくという姿勢が非常に大切だと思います。

今の仕事を迷ったら向き合うことが大切

社会人をしていて、今の仕事を一生続けていくのだろうかと不安になったり、迷った人は、それに向き合わずに目を背けるのではなくて、一度将来について確信するために他の業界について調べてみるのが大切なのかなと思います。

AIによっていろんな職業が消えると言われています。下記記事に詳しく記載しています。

AI 消える職業AIで消える職業まとめと考察【この時代で必要な3つの要素】

そんな中、自分の仕事を確信できないまま仕事をがむしゃらに頑張るのって難しいと思います。

他の業界や職種を調べて比較して、やっぱり自分の今やっている仕事が良いよねと確信するのが近道です。

 

今の仕事を転職しようと思っていなくても、他の業界については調べたほうがいいですよ。

無料で色んな業界について調べるなら業界大手のリクナビネクストがオススメです。

下記から色んな業界を調べることが出来ます。

転職サイト人気No1!

リクナビNEXTで求人を探す

5分で登録。しかも無料です…!

実際に今の企業から転職をしたいと考えている場合はエージェントがオススメです。具体的に相談に乗れますし、色んな業界事情についても教えてくれます。

悩んでいても状況は変わらないので、一度相談してみることを強くお勧めします。

下記から相談できます。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。