部下に厳しくしすぎて職場にいづらくなった場合転職を考えろ!やる気のない会社では毛嫌いされる?

部下 厳しく 職場いづらい

職場がいづらい・・・!

部下に厳しくしすぎて職場にいづらくなった場合転職を考えろ!やる気のない会社では毛嫌いされる?

上司になって、部下に対して、ついつい厳しくしてしまったという経験はありませんか?

部下のためを思うがあまり強く言いすぎてしまう、それによって部下に嫌われてしまった、そういう経験をした人も少なくないと思います。

それで部下からは嫌われて陰口をたたかれる。陰口をたたかれすぎて、職場の居心地も悪くなってしまった場合、それは困ったもんですよね。良かれとして思って指導していたかもしれません。

勿論厳しくしすぎることは良いことではありません。
現代の社会は、パワハラに対して厳しいです。

部下に厳しくしすぎて職場にいづらかった場合は転職を検討をするのも一つの手段です。

不燃性の会社だったかもしれない

部下 厳しい 転職
もしあなたが、部下に厳しくしすぎて嫌われるのは、不燃性の部下だったかもしれません。

不燃性とは、モチベーションをいくら上げようとこちらから働きかけても、頑張らないことです。そういう人は、こちらがどんなに相手を思った行動をとったとしても心に響かないことが多いです。

関連記事:不燃性については下記記事に詳しく乗っています。

自然性の社員になれ自然性の社員になれ!自然性の人間、可燃性の人間、不燃性の人間について徹底解説

そういう不燃性の人が多い会社も世の中にはたくさん存在します。
基本的に営業を取りに行く必要がなくノルマ等の戦いがない企業、毎日の行身を淡々とこなしていさえば、勤務態度、仕事に対する姿勢などもあまり評価に関係ない企業、そういう会社では社員もやる気が失われ、不燃性に変化してしまう場合もあります。

人が悪いのではなく、そういう雰囲気を作った会社が悪いです。

無気力の人や批判的な人、最低限の仕事しかしない人、そういう人があふれかえってしまうと、あなたの厳しさが疎ましいと感じます。

そういう人たちが多数派だと、職場の雰囲気もやる気のある人は叩かれるというものになってしまうことがあります。
それによって、職場にいづらいと感じるかもしれません。

あなたがモチベーションが高くても評価されない

部下 厳しく 転職
不燃性の会社であれば、あなたのモチベーションが高くても決して評価されません。

むしろモチベーションが高い社員を鬱陶しいとさえ思います。

例えば基本的な仕事だけしていたい、なるべく定時に上がりたい、そういう社員が多い場合、新しい仕事を取りたくないと思っている会社も世の中にはあります。

アンケートで、人材コンサルティングのギャラップ社が世界各国の企業を対象にアンケートをした結果、日本は「熱意溢れる社員」の割合がわずか6%と、調査対象国139か国中、132位と最下位クラスだったそうです。

「周囲に不満をまき散らしている社員」の割合が24%、「やる気がない社員」が70%と仕事に対する意欲が極めて低いと、結果が出ています。

これは、あくまでアンケートであって、ここまで酷くはないと考えますが、実際にモチベーションが低い会社、新しい仕事にチャレンジしない会社は存在し、工夫して新しい価値を生み出そうというインセンティブが生まれにくくなっています。

やはり大手になればなるほど業務が硬直化してしまい、職務分担なども細かく決まってしまうためです。

こういう会社では、あなたがいくら頑張っても評価されることがありません。
社風によるものだからです。

パワハラ上司にならないような工夫

パワハラ上司 ならない 工夫
仮にあなたが、部下に厳しくしすぎて、職場にいづらくなった場合は、不燃性の会社であろうとなかろうとあなた自身も気を付けないといけない部分もあります。

勿論、指導された側にも問題があると思いますが、指導の仕方も誤っていた可能性があるからです。

パワハラ上司として認識されない工夫が必要です。

適切なコミュニケーションを取って相手との関係を築く

パワハラ上司にならないためには、相手との距離感を見極めて相手とコミュニケーションをとることが重要です。
そもそも人間関係がしっかり構築されていさえすれば、部下に厳しくしすぎて、部下から不満が垂れ流しになって、やがて職場に広がり職場の居心地が悪くなるという事態は発生しません。
また部下が不満を流さなくても、職場の雰囲気が、変わってきているのであれば、指導の仕方が、他の社員から見た時に目に余るものになっている可能性があります。

部下との関係を構築するためには、細かく丁寧に仕事を説明してあげたり、上手くできたことに関しては、しっかりと褒めてあげたりするといったそういう配慮が必要です。

また仕事以外のコミュニケーションを取って、その人の基本情報も場合によっては抑えておいたほうがいいかもしれません。

どういう時に、パワハラと感じられることが多いかということを認識しておく

たとえば、こういうことがパワハラと認識されるのかということを指導していると思っている本人自身があまり知らなかったという場合があります。

「人がいる前で、上司から大声で怒られた」とか「毎朝挨拶しても無視される」とか「自分に仕事が回ってこない」とか「仕事をたくさん押し付けられる」等、さまざまな、「いじめ」「いやがらせ」のパワーハラスメントがあります。

こういったことの中には、「厳しく指導をしていた」だけでは片づけられないレベルのものもあります。

関連記事:上司の精神的攻撃のパワハラの事例とひどい時の対処法

上司 精神的攻撃 ひどい 対策上司の精神的攻撃のパワハラがひどい時の12の対策方法!攻撃的な人を撃退せよ!

部下を育てたいからと言って、残業をたくさんしないといけないくらいの仕事を与えて、こなさせるようにするだったりとか、ついつい部下のミスに対して、感情的に怒ってしまい、みんなの前で恥をかかせたとか、そういうことは、人によっては許せないと感じる人もいます。

不機嫌さをまき散らすのは、幼稚さの表れです。
社内でモチベーションが高い人は、常に上機嫌というわけではありません。
競争心も強く、出世意欲も高いが、そういう人は状況のいい時には、上機嫌にふるまうこともありますが、状況が悪いと不機嫌に変わったりします。

ネガティブな感情は社内に伝染してしまいます。

厳しさが、社内に悪影響を与えるようであれば、会社の全体の雰囲気を乱すということで、悪い意味で注目されてしまいます。

上機嫌にふるまい仕事をこなすことが出来るのは、社会人にとってのマナーであるともいえます。

厳しさの表現も、感情に任せていては、感情論だろと他の人に思われてしまっても仕方がありません。

あくまで部下を叱る時も、勢いで叱るのではなく、考えて叱るようにしましょう。
冷静に指導することが出来れば、決してパワハラ上司とは認識されないでしょう。

上昇志向の会社へ転職せよ

上昇志向の会社 転職
会社の雰囲気が自分と合わない、いくら自分が上を目指していてもなかなか評価もされない、社内の雰囲気も悪くなり仕事もしづらいし、はかどらない、そういう場合は、上昇志向の会社へ転職するのがオススメです。

会社の雰囲気がいきなり革新的に変化するということはまずありません。
自分一人の影響力で会社全体の雰囲気が変わるというのは、まず難しいでしょう。

転職を考えるなら、転職に対して前向きな理由を持つことが大事です。

「前の職場がいづらいから新しい職場に移りたい」という動機だと、面接をする側も大丈夫かなこの人と思ってしまいます。

転職することで、こういうことをしたい

というポジティブなイメージを持って、どうしたいかを考えてみてください。

そうすると、自分自身が仕事でどうしたいかが段々と見えてきます。

自分が仕事においてどういう風に向き合っていきたいかを一度見つめなおすのは人生において非常に重要なことです。それに気づかず、同じ会社でずっと働き、自分の向いていること、本当にやりたいことに気付かない人もたくさんいます。

自分が部下に厳しくしすぎてしまったことを反省しながらも、今後どうするかを考えていく中で上昇志向の会社へ転職して、上司志向のメンバーと働きたいと思うのならば、上昇志向の会社がどれくらいあるのかというのを転職活動を通して探してみてください。

根気強く転職活動を続ければ必ず見つかるはずです。
部下に厳しかったのであれば、自分にも厳しく粘っていきましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。