食ハラって何?デブスにさせられる会社は辞めた方がマシ

食ハラとは

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのリクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

あなたは食ハラ(しょくはら)という言葉についてご存知でしょうか。

性的嫌がらせをするセクハラ、上司が立場を利用して精神的な苦痛や肉体的苦痛を与えるのがパワハラ、そうでない職場の嫌がらせでモラハラ、結婚適齢期に結婚を勧めるゼクハラ、妊娠出産する女性を追いやるマタハラと色んなハラスメントが横行しています。

その中でも最近注目されている食ハラの実態について考えてみました。

食ハラとは

食ハラって何?と感じた人もいると思うので食ハラについて説明します。

食ハラとは、食事を大量に食べるように強制するハラスメントのことです。

部下が食べたくないと思っているのにも関わらず、上司が仕事後に飯につき合わせて、食わせるというハラスメントです。
時間が深夜帯などお構いなしです。

上司が部下におごるというのは、悪い事ではなく良いことではあると思いますが、度が過ぎるものが食ハラです。

食ハラの事例

食ハラの事例をいくつか出してみます。

ココ壱番でご飯800gにするか8辛にするか選べ

食ハラの例を出します。

住宅系の会社の友人から聞いた話ですが、カレーの有名店coco壱番屋に深夜帯に行って、

「ご飯800gにするか8辛にするか選べ」とどちらも選びたくないような選択肢を与えられて食べさせられたようです。しかも女性社員ですよ。

そんなに食べたくないじゃないですか。

デブになるか腹壊すかの二択じゃないですか。

そんな仕事後に上司の気分で食事に付き合わされて食いたく物食べさせられてるなんてただの拷問ですよ。

飲み会の残飯処理をしろ

飲み会ではお酒を強制するパワハラのアルハラ(アルコールハラスメント)も横行していますが、飲み会が終わった後に残飯を処理しろと言われて、残った食べ物を若手が全部食べさせられるというものもあります。

「俺が若い頃はこれくらい余裕だった」と自分の価値観を若者に押し付ける空気の読めない上司が唐揚げとか油物を強制的に食べさせようとします。

誰が手の付けたか分からないような旨くもない残飯を食べさせられます。

苦手な食べ物を食べろと言う

苦手な食べ物がある方もいると思いますが、苦手な食べ物も食べるように強制されます。

多少苦手程度であれば、我慢して食べればよいですが本当に苦手な物だと食べられないものがある人もいるんじゃないでしょうか。

「みんなが食べれるからお前も食べろ」と苦手な食べ物をお皿に取り分けてきます。

食べられなくて残したりすると「もったいない」といい、「ごちそうさまが聞こえない」などとはやし立てて、違う食べ物を皿の上に取り分けてきます。

上司が断りにくい雰囲気を出しているのが問題

食ハラはなぜ起きるかというと、上司が断りにくい雰囲気を出しているのが問題です。

上司が食事の誘いをした時に、部下がおなかいっぱいの時でも連れていこうとするから問題なんです。
おなか一杯の時に食べ物を食わせるなんて完全に浪費ですよ。

時代は変わっていっています。若い時代は食うものがなかったから奢ってもらえることがありがたい時代だったかもしれないですが、現在は変わっていっています。

「俺の誘った飯が食えないのか」と言っている上司は嫌われていると自覚すべきです。

部下から好かれていたら、部下はいつでもついてきますし、食ハラ何とも思わず食べます。
部下から嫌われているから、部下はウザい上司だと思いますし、食ハラ上司だと認定するのです。

食べることのできる量は一人一人違います。

胃の大きさはそれぞれ違いますし、自分の食事の適量は自分が1番知っているんです。

それを自分の価値観を押し付けて、食え食え言っている人は、頭でっかちで古い頑固な価値観の持ち主です。恐らくそういう人は、食ハラという言葉を知ったとしても若者の戯言(ざれごと)と言って自分の間違いを正そうとはしないでしょう。

食ハラのある会社ではデブスにさせられる

食ハラ デブス

食ハラのある会社だとデブスにさせられます。

「可愛い新入社員を食事に誘い大量に食べさせてブスにする」という食ハラが横行している職場もあるようです。

上司のストレスのはけ口に新入社員になるのは、どうなんでしょうかね。

「新入社員の洗礼」という形で食ハラをされて、デブになったり、ブスになったり。

職場によっては食ハラによって太らせた社員を「デブ」とか「ブス」呼ばわりしていく人もいるみたいです。

そんな言葉を放つ時点で社員の自己肯定感は下がりますし、社員の自信がなくなれば普通売り上げも落ちますからね。

あなたがもし食べ物をたくさん食べさせられる会社に勤めていたならば、数年後かなり太らされているかもしれませんよ。

太っていると体調管理が出来ていないとみなされますし、社会的評価も下がる場合があります。

食ハラのある会社はかなり気を付けたほうが良いです。なぜかデブスになっています。

古い世代の嫌がらせから脱却せよ

古い世代は、自分たちの時代よりいい時代に生きている若者にひがんでいる場合があります。

今の時代はネットでいくらでも情報を調べることが出来ますしかなり便利な時代になりました。選択肢なんて無限になります。

昔の時代は、選択肢がそこまで多くありませんでした。遊びの種類も決まっていましたし、出会いの手段、会社選びの手段もすべて限定的でした。

大手企業ほど色んな社員がいるので、部署によってはこのようなパワハラまがいのことをされる場合があります。

もしあなたが新入社員の場合、段々とそれが当たり前だと感覚が麻痺してくる場合があります。

これが社会の当たり前だと勘違いしてしまうと後に入ってきた社員に対しても同じような食ハラを強要するクソ社員に成り下がっているかもしれないですよ。

そういう無限ループが起きやすい会社だと、いつまでたってもストレスのたまる環境から抜け出せません。

もしあなたが食ハラで悩んでいるようであればその状況を誰かに話してください。その状況が普通なのかおかしいのかを教えてくれますよ。

食ハラの盛んな会社を脱却したいのなら、転職エージェントを使った転職がオススメです。

転職エージェントはあなたの悩みを聞いて、あなたに合った求人を紹介してくれますよ。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。