小説家になりたい?ちょっと待て!小説家を目指す時にやるべきこと!

小説家になりたい

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェント
リクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

小説家になりたい!と心の中で叫んだ経験はありますか?

小さいころに本をたくさん読んで僕もこんな本を書くんだ!と子供ながらに夢を持った人もいると思います。

もしあなたがまだ小学生や中学生であるならば、しっかりと本をたくさん読んでください。
小説家になるなら感受性を豊かにしてください。
そして文章を書いたり、詩を書いたり、色んな表現をしてみてください。

もしあなたが高校生くらいであるならば、本格的に文章を書く練習もしていってもいいと思います。知らない表現をたくさん知るためにもっと本を読んでください。

もしあなたが大学生であるならば、学部で勉強する内容を小説の内容に使って独自性を持たせることもできるかもしれません。
文系であれば、文学部、経済学部、法学部の知識、理系であれば、医学部、薬学部、理学部、工学部の知識。擬音語、擬態語、体言止め、色んな表現を試してみて、深みを出してください。

もしあなたが社会人であるならば、どうでしょうか??
ここであなたは気づくはずです。

社会人は時間がない。社会人は時間がなくて小説家の夢を諦める人がたくさんいます。
日常の忙しさに揺さぶられて、本当にやりたいことから遠ざかっていくのです。

小説家になりたいと強く思うならば、ここからお伝えすることを噛みしめてくださいね。

時間を確保するのが最重要項目

小説家になるには、時間を確保するのが最重要項目です。

あなたが社会人になる前であるならば、小説を読むことと文章を書く練習をすべきです。
どういう文章が心に響くのか、どういうストーリー展開だと読み進めたくなるのか、どういう表現方法が頭の中のイメージを作りやすいのか。

本を読んで、自分の中に知識を蓄積していきます。インプット作業です。
その後、それを実際に自分が使えるか文章を書き表現していきます。アウトプット作業です。

小説を読むスキル、小説を書くスキルがそれを行うことで身についていきます。

ですが、社会人で小説家を目指すのであれば、あなたはもう一つのスキルが必要です。
時間管理のスキルです。

社会人であるならば、会社で働いて終わった後に家で小説を書きます。

もう既に小説家をやっていて、収入も確保できている場合や、家が裕福でニートやフリーターでも大丈夫という例外的な場合なら話は別ですが、そうでないなら、働きながら小説家を目指すのが普通です。

会社で働いて、疲れたなと思いながらも、家に帰宅した後、デスクに向かう。座ってパソコンに向かってみるものの、疲れているので頭が働かなくてなかなか進まない。

結局手を止めてベッドに寝っ転がって辞めてしまう。漫画を読みながらベッドでよだれを垂らしながら就寝。

小説家になりたいと思う場合、あなたの勤めている会社がブラック企業かホワイト企業かは非常に重要です。
それだけで夢を追えるか追えないかが変わってきます。

小説家になりたいと思うなら定時17時~18時の会社に転職せよ

小説家になりたいと思うにもかかわらず、残業が多い会社に勤めている。

そのような環境で小説家を目指せるわけがありません。

残業すれば、給料はたくさん入りますが、家での時間は手に入りません。
残業して家に帰宅して睡眠時間を削って小説を書いても眠くて良いアイデアもなかなか浮かんできません。

小説家を目指すのであれば、時間を確保は最重要項目です。

従って、残業が多い会社であるならば、黙って転職の道を選ぶべきです。

定時17時~18時くらいの会社に転職して、定時になったらすぐ帰ることを意識してください。

帰る時に人目を気にしまうようであれば、夢なんて目指せません。

「自分は夢を目指すんだから定時に帰るんだ!」

こういう思いで定時帰りを正義と捉えましょう。

転職して時間を確保できてからが小説家へのスタートです。

転職するなら転職エージェントを使いましょう。下記にリンクを乗せてあります。

・リクルートエージェント

時間を確保できるようになったらやるべきこと

小説家になる 方法

時間を確保できるようになったら何をやるべきでしょうか。

1.小説を読むこと

若くて文学賞を受賞している人の本を読むとやる気になる人もいると思います。
やはり小説家になりたいと思っているのであれば、本を読むという習慣は崩さないようにしましょう。

本を読まないと使うことのできる表現も限られてしまうので、自分の視野が狭まってしまいます。

知識のインプットの分野ですが、しっかりと本を読んで感想文なども書いて自分の中に落とし込んでいきましょう。

2.ひたすら小説を書くこと

そしてやはり時間を確保できるようになって一番やるべきことはひたすら小説を書くことです。

特に大事なことは、書き続けることです。
小説が最後まで完結することが出来なければ応募することさえできません。

あなたが小説を書き進めているときは、山を登っているような感覚だと思います。

なかなか急な山だ。辛い。でもその山を登るのを途中で登るのを辞めたら向こうの景色は見えません。

小説も同様で、最後まで完結させなければ、物語は終わりを迎えられません。
登場人物たちも小説を書く手が止まって放置されたままになると、何をすればいいか分からなくなってしまいます。

世の中には、途中までで書き捨てられた小説がごまんとあるに違いありません。

それくらい小説を最後まであきらめずに書くということは難しいことなのです。

下記動画の、「川原 礫 小説家を目指す若者へ」で、作家はある程度体力勝負だということを言っています。

川原 礫 小説家を目指す若者へ

諦めずに小説を書く手を緩めないようにしましょう。

在宅ワークとして副業してスキルを磨くのもあり

小説家になりたい場合、在宅ワークとして副業してスキルを磨くのもありです。

ランサーズという日本クラウドソーシングサイトを使うと、ライターとして文章を書きながら報酬をもらうことが出来ます。

最初は、そういう風に他の人の仕事を請け負って、「人のために真剣に仕事として取り組む」「ライターとしての忍耐力をつける」という部分で、在宅ワークで稼ぎながら能力を上げるのもありです。

よく小説家になりたい人がライターとして修業して、実際にいい文章を書けるようになったという話をよく耳にします。

モチベーションがなかなか上がらないという人にとっては、「人のために何かをやる」とか「お金を稼ぎたい」とか何かの動機があった方が最初は頑張れると思います。

いづれはそういう動機がなくても頑張れるといいですね。

ランサーズは無料登録は30秒で終わります。その後、仕事を依頼したい方はというところからすぐに仕事の募集をかけましょう。

・ランサーズ

小説を書ききったら応募する

小説を書ききったら、自己満足で終わるのではなく、応募しましょう。

公募情報をチェックして文学賞に応募しましょう。こういうところで審査されて目に留まれば、新人作家としてあなたが発掘されるかもしれません。

世の中に自分の小説を認められたいという思いがあったら、たとえ賞を取れなかったとしても諦めずに再挑戦してください。

他にもWEB上で小説を公開したり、自費出版をしたりする方法で、自分の文章を書いて他の方に小説を読んでもらうということも可能です。

小説を人々に読んでもらう方法も多様化しています。

多くの人々に読んでもらって、面白い、感動した、切ない、と心を動かすことが出来たならどれだけ喜ばしいことでしょうか。

小説家にとって、それが目標となると思います。

まとめ 定時に上がれる企業に転職するのは必須

小説家になりたい場合、最重要なのは、何度も言いますが、読むことや書くことだけでなく時間の確保が重要です。

その為には環境と整えることが重要です。

仕事をしている場合は定時にしっかり帰れる企業を選ぶべきでしょう。

なかなか定時に帰れる企業が見つからないという場合は、派遣社員も視野に入れてもよいかもしれません。

派遣社員であれば、サービス残業はなく、定時に必ず上がれます。
将来小説家になると心に決めていて、派遣で時間を作って小説を書くのに本格的に取り組むのも一つの選択肢ですよ。下記におすすめの派遣会社のリンクを乗せています。

・テンプスタッフ

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。