小さな会社だと全然丁寧に指導してもらえない場合がある?教育制度に癖がある

小さな会社 丁寧 指導してもらえない 教育制度

小さな会社だと、全然丁寧に指導してもらえない場合があります。
勿論、配属先の支店の上司の教育の仕方は人それぞれであり、大きな企業でも、あまり教育してもらえない場合がありますが、小さな会社は教育制度も行き届いていない場合があります。

小さな会社だと研修が2日で終わる??

丁寧 指導してもらえない

実際にあるのが、研修期間が二日ほどで終わる企業です。

新人研修では、電話応対や挨拶の仕方、名刺交換の仕方などの基本的なマナーを勉強しますが、大手企業であると研修期間が半年あるという企業もざらにあります。

ですが、小さな会社で研修制度が整っていない場合だと、社会人の新人研修セミナーに二日間行かされて終わりということもあります。

その際は、新人研修セミナーに参加している人たちも同様に、小規模の会社が多いことが多いです。

「二日間で新人研修セミナーで社会人の基礎をマスターできる」
そう捉えられる人なら、心配ないですが、二日で終わる企業もなかなか少ないので不安ですよね。

周りの友人の話を聞いたときに、「研修期間3か月あるんだよね。」「研修期間は話を聞いているから楽」「研修中なのに給料出るからいいよね」等様々なことを聞きますが、そういう時の研修よもやま話を友人がしている中で、自分自身はすでに社会人の本番をスタートしているということも少なくなりません。

勿論、社会人の経験をより早くしたいという人からしたら、研修期間なんていらない、研修させずに社会人の経験をさせよと思うかもしれません。

そうでない人からすると、これだけの指導で大丈夫かなと心配になるかもしれません。

小さな会社だと、どしょっぱつの研修期間が短くてすぐ社会人本番になる可能性が大いにあります。

小さな会社だと基本的なマナーが身につかない可能性も

上司 指導してくれない

小さな会社だと基本的なマナーが身につかない可能性があります。

小さな会社ほど上司の影響力が大きいです。
人数が少ないほど、一人一人の存在のウェイトが大きくなるからです。

ですが、もしその上司が、新人の教育に力を入れない人だったらどうでしょう。
あるいは、教える気があるけど、「ちょっとこのやり方おかしいよな」ということを教えてくる上司もいます。

上司のやり方が結構変わったやり方の場合、その会社ではそのやり方を真似して勉強しますが、他の会社では全く通用しないやり方の場合もあります。

例えば、営業の上司と新人が同行した際に、客先であいさつする際に
「うぇーっす」と軽い感じであいさつする上司もいます。

「営業なんて勢いだ。元気にノリよくやってればお客様はついてくるから、挨拶も軽くていいからな」

こういう体育会の上司がいる会社も普通にあります。

したがって、上司が、たまたま適当な上司だったり、雰囲気が合わない上司だったりする場合、小さな会社だと人事異動も少ないので、ずっと同じ上司の元で数十年働く可能性があるのです。

上司が合わない場合最悪です。

原因は、教育する時間がないということが大半

教育する 時間がない 大半

小さな会社で丁寧に指導してもらえない、色々質問したくてもなかなか時間を取ってもらえない理由の多くは、教育する時間がないということが大半です。

小さな会社だと、一人一人の役割も大きいです。

そうなって来ると、一人一人がこなさないといけないことが色々あって、なかなか教育に時間を割けないという場合があります。

営業が営業成績を出さないといけないから、自分のことで精一杯で、部下の指導をする余裕がないということはよくあります。

そうなると、できる部下は、上司の背中を見て、見様見真似で学習して、できるようになっていきますが、そうでない人は普通は上司の背中を見ているだけでは仕事ができるようになりません。

「上司の背中を見て学べ」という上司もいると思いますが、実際上司の背中を見て、真似できる人は相当切れ者です。

仕事では、業界によっては専門用語も増えますし、見て学ぶだけでは限界があります。

もし仕事で分からないことがあったら、新人のうちは聞きに行ったほうがいいです。

専門用語くらいなら、今の時代はインターネットで調べれば意味くらいは分かりますが、取引先の裏事情や、今まで取引先とどんな経緯のやり取りがあってこの契約が結ばれたとかは、先輩に聞かなければ絶対に分かりません。

そういうことを躊躇しないといけない会社であれば、仕事に支障をきたしてしまうでしょう。

会社のために、仕事を出来るようになりたくても、質問する機会などを作ってくれない会社であれば、自分が成長しようと思っても、成長に時間がかかってしまいます。

上司に「お忙しいと思うんですが、少し仕事について相談させていただけますか」ということに対し、「忙しいから今日は難しい」といつも言うような上司であれば、恐らく1、2年たったとしても、いつも忙しいでしょう。

忙しさにいつも追われている上司が自分の上司の場合、教育の部分では最初からあまり過度に期待しないほうがいいと思います。

最初から教育に期待しなければ、失望感に襲われることはありません。

小さな会社は、忙しい会社であれば、なかなか教育に時間を使ってもらえない場合もあると予測しておくといいト思います。
勿論そうではなく、丁寧に時間をかけて教育してもらえる会社もあります。

そもそも教育する機会がなく、上司の指導能力がない場合もある

上司 指導経験 0

また小さな会社の場合、未だ上司が部下をあまり持ったことがない、あるいはまったく部下を持ったことがない場合、部下の教育の仕方が分からないという場合もあります。

指導力というものは、正直部下を持たないとなかなか身につきません。

教える仕事を学生時代のバイトでやっている人があるなら多少はそういう指導力が身につく可能性もあります。

塾講師や家庭教師は教える仕事の代表ですね。勿論普通にアルバイトをしていて、覚えた仕事を、新しく入ったアルバイトに教えることも指導の一つです。

指導というのは、分かりやすさなども重要ですが、部下にあった指導方法を選択できるかも重要です。

「褒めて伸ばすほうがいいか」「叱ったほうが伸びるタイプか」「仕事をたくさん与えたほうがこなしていくタイプか」「仕事を絞ったほうが他の仕事を自主的にこなしていくタイプか」

部下によってもいろんなタイプがあります。

どういう風に部下を育てたらいいか分からないという上司はいっぱいいます。

自分が部下を抱えると一度は絶対抱える悩みとなるでしょう。

小さな会社だと教育の方法も、体系的に決まっているわけでなく、上司の裁量で決まった利する場合もあるので、そうなると、上司が教育が苦手であれば、なかなかしっかりとした指導を受け取れないでしょう。

上司のせいというよりは、教育体系や教育制度が整っていない会社の問題であるともいえるでしょう。

もしあなたが教えられて伸びるタイプならば

教えられる 伸びる タイプ

もしあなたが教えられて伸びるタイプならば、教育制度があまり整っていない会社は不向きかもしれません。

素直なや人や元々不器用な人の中には教えられて伸びるタイプが多いです。

素直な人は、人から教えられたことを素直に受け取るので、上司のいうことを意味が分からなくてもとりあえず従ってみるということで、新しいことに挑戦できるので仕事の中に学びがあります。

そうして上司に近づいていきます。

不器用なタイプも教えられたほうが伸びるタイプが多いです。
不器用だと自分でなかなか仕事の解決策を考えつかなかったりします。
最初のうちは、仕事が自分よりもできる上司のいうことを聞いて、勉強していった方が確実に伸びます。

逆に仕事を何でもこなす器用なタイプは、教えられなくてもできるので、逆に上司にいろいろ言われるとめんどくさいと思ってしまうかもしれません。

教えられて伸びる人、そうでない人、これはやっぱり個人差があります。

もし全然自分の会社は丁寧に指導してもらえない、この会社のままで良いのかと悩んでいるのであれば、上司が丁寧に教えてくれる会社であれば、どれほど環境が変化するのだろうかと一度考えてみてください。

上司が適当だとついていく気も失せます。

私も仕事が適当な人を見ると、ああいう風にはなりたくないと反面教師にしていました。

逆に丁寧に教えてくれる人もいましたが、この人にはついていきたいと思って仕事に取り組めました。

それくらい教育の仕方って人によってさまざまです。

上司の指導が適当で、それが嫌で、転職をした結果、教育熱心な上司に恵まれて飛躍的に仕事ができるようになったという知り合いもいます。

環境によって、成長できるかどうかが変化するので、上司に恵まれず指導もあやふやだという人は、転職を考えてみるのも一つの手段だと思います。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。