転職活動で勝つ!年収を上げたい場合のエージェントへの頼み方3選

転職活動に勝つ 年収を上げたい

『テンカツ』は、「転職活動(テンカツ)で勝つ!(カツ)」を目的とした転職活動に関する情報をまとめていくサイトです。

今回は、転職活動で年収を上げたい場合のエージェントへの頼み方をまとめます。

転職活動で勝つという定義は、年収を上げた場合だ!と思っている人にオススメの記事です。

年収を上げたいと思っていても、ちゃんと転職エージェントにお願いしないと、エージェントが企業と給与交渉してくれない場合があります。しっかりと頼まないと、「思っていたのと違った!」となりかねません。

キャリアアップで転職するのであれば、しっかりと年収アップを勝ち取りたいですよね。
「諦めません。年収あがるまでは」

なので、エージェントにしっかりと給料を上げてもらえるように交渉するための方法をこの記事で伝えようと思います。

いくつかありますが、その前に転職したら年収は上がるのかということだけ確認しておきます。

転職したら年収は上がるものなのか??

結論から述べると、年齢によって上がりやすさは変わります。

27~29歳で年収アップをした人の割合はピークに達して、30歳を過ぎると一気に下がっていきます。

参考 転職で年収がアップする人はこんな人doda

まとめるとこんな状況です。

25~29歳の転職が年収アップのピーク
30歳を過ぎるとだんだん年収があがる割合が減っていく

また1割以上の年収の増減についても確認しておきます。

平成28年の上半期の厚生労働省「転職入職者の賃金変動状況」(転職して給料が上がったか下がったかどうかの調査)のデータを見るとこのようになっています。

年齢1割以上UP変わらない1割以上DOWN
20~24歳30%26%16%
25~29歳26%25%18%
30~34歳22%32%18%
35~39歳25%26%19%
40~44歳21%29%24%
45~49歳27%29%24%
参考 転職入職者の賃金変動状況厚生労働省

このデータから判断すると以下のようなまとめになります。

20代の転職が最も年収がアップする
30代なら変わらない
40代以上は年収が減る可能性が高くなる

20代の若手の転職は、「給料アップ」のイメージが強いですが、30代40代になってくると「給料は同じくらいか下がってしまうけど仕方がない」というイメージが強くなってくる傾向があります。

20代の転職の給料が上がりやすいのは、元の給料が低いので、上がるしかないです。
給料が上がらないなら転職をしないという人も多いので、転職する場合は給料が上がる場合が多いのです。

20代は、「お金」が優先度が高いですが、30代40代になると「家庭」の優先度が高くなる場合もあります。激務な企業に勤めてお金を稼いでいた人でも、その地位を捨て「年収は少し下がっても家庭の時間や休みの時間を作りたい」ト考える人も増えるのです。
体力もどんどんなくなってくるので、若いうちに出来ていた仕事が、体力的にしんどくなる場合もあるからです。

ということで、若いうちほど年収アップを目指したいなら、転職を考えるべきです。

稼いでいきたいと考えるなら、若いうちの転職の方が給料が上がる確立が上がります。

エージェントに頼む前の準備、心構え4つ

エージェントへの頼み方の前に、エージェントへ頼む前の準備や心構えを説明します。
これをしておかないと、エージェントへ頼む前に失敗してしまう可能性があるので説明しておきます。

年収を上げたいと思うならしっかりとした準備、心構えが必要です。

1.適切な給与水準を考える

エージェントに頼む前の準備、心構えの一つ目は、適切な給与水準を考えることです。

年収を上げようと思って失敗する人の中には、希望の給与水準が高すぎる人がいます。
企業側が提示した年収よりもだいぶ高い希望額を出した場合、企業側はどう感じるでしょうか。いい気はしないですよね。

現在の年収よりもはるかに高い給与水準を希望する場合、なかなか転職も上手く行きません。
20代はどれくらい稼いでいるのか、30代がどれくらい稼いでいるのかなどは、ある程度把握しておかないといけません。

あなたの市場価値が分かるサービスとしてMIIDASがあります。
無料登録で、あなたの基本情報、スキルなどを入力すると、あなたが現在稼げるであろう予想年収を調べることが出来ます。一つの参考に出来るので、どれくらい今の自分で稼げるのかな?ということを知りたい方は使ってみてください。

・MIIDAS

下記記事にMIIDASについて詳しく解説しています。

MIIDAS(ミーダス)評判口コミMIIDAS(ミーダス)の評判と口コミ!診断で実際自分の稼げる年収が分かる?

2.自己分析をして自分の長所を探す

エージェントに頼む前の準備、心構えの二つ目は、自己分析をして自分の長所を探すということです。

自分の長所がどこかを把握しておくとエージェントとの面談や転職の面接でアピールすることが出来ます。
やはり自分自身が自分のことを知っているのと知らないのでは全然転職活動が上手く行くか行かないかは変わっていきます。

自己分析で、就活生、転職活動をしている方がよく使う本の中で一番有名なものがストレングスファインダーという本です。

この本は、34の強みの中から上位5つのあなたの強みを診断するストレングスファインダーというツールが入っています。
購入した本についているIDを入力すれば1時間ほどで簡単な質問形式のテストをして自分の長所が分かります。

IDは1回しか使えないので、中古本を買っても全く意味ないので、購入する場合は新品を買いましょう。

下記に詳しい記事を載せておきます。

ストレングスファインダー 感想 レビュー 評価転職活動前に絶対に購入すべき本ストレングスファインダーとは?私の感想レビュー評価

他にもリクナビのグッドポイントサービスで、18種類の強みの中から5つの長所を出すことが出来ます。
こちらは無料で診断することが出来ます。

・グッドポイント診断



こういう本やサービスで自分の強みは何かということを考えておくと、エージェントや面接官にアピールできるので、しっかりと考える機会を作ってください。

下記記事でグッドポイント診断については記載しています。

グッドポイント診断は当たらない?口コミと評判を調べて実践した感想

3.業界や企業の知識を抑える

エージェントに頼む前の準備、心構えの三つ目は、業界や企業の知識を抑えるということです。

業界本を買ってもいいですし、転職サイトで業界について調べてもいいです。
このサイトでも業界についての記事を更新しているので参考にしてください。

・業界カテゴリーの記事を読む

トレンドな業界についても知識を入れておきましょう。

・トレンド業界カテゴリーの記事を読む

何故業界や企業の知識について抑えないといけないかというと、その業界や企業の人がどれくらいの年収のなのかということを客観的に把握するためにです。

例えば外食業界の平均年収は、483万円だとしたときに、外食業界で年収900万欲しいです、といっても業界的にそのような給与水準をもらえる可能性って少ないですよね。

業界によって、年収が高くなる可能性の高い業界や低くなる可能性が高い業界もあります。
しっかりと業界の知識も入れましょう。

また企業についてもある程度調べられるようにしておくと、実際の社員がどれくらい稼いでいるのかなどが分かるので、給与水準の指標にし易いです。

企業の内部事情を知りたいなら、キャリコネがおすすめです。
登録すると、企業の口コミが無料で閲覧できます。

・キャリコネ

詳しくは下記記事に記載してあります。

キャリコネ 口コミ 裏話 裏事情キャリコネの口コミで企業の裏話、裏事情を転職前にしっかりチェックせよ!

業界や企業の知識について抑えておきましょう。

4.忙しくなる可能性も覚悟する

エージェントに頼む前の準備、心構えの四つ目は、忙しくなる可能性も覚悟することです。
年収を上げたいと思うなら、仕事が忙しくなる可能性も覚悟しておいたほうがいいです。

楽で稼げる仕事が良いかもしれませんが、そんな求人はあっても少ないですし倍率もものすごく高いです。苦戦を強いられるでしょう。

勿論仕事内容が変わるだけで年収がアップすることも多いですが、キャリアアップでバリバリ仕事をして稼ぎたい等の場合で、仕事が忙しくなる分、年収がかなりアップする会社もあります。

あなたが本当に稼ぎたいと思うなら、仕事が忙しくなることもあらかじめ心にとめておけばいざそういう求人が見つかった時に視野が広がります。

自分で視野を狭めないようにいろいろな選択肢を用意しておきましょう。

エージェントへの頼み方3選

いよいよエージェントに頼む前の準備、心構えが出来たなら、エージェントと面談を行い、年収アップのお願いをします。

その時どのように頼むかの方法をまとめます。

1.エージェントに給料が理由で転職したい事を伝える

エージェントへの頼み方の1つ目は、給料が理由で転職をしたい事を伝えることです。

転職エージェントに給料が不満で転職したいと思っている、今の給料では妻や子供を養うことが厳しいと、しっかりと給料を上げたい旨を伝えましょう。

出来れば給与水準を上げる理由があったほうがより年収アップさせやすいです。
給与水準を交渉するには理由が必要です。

「結婚や出産を考えていて家族を養うにはあとこれくらいは欲しい」
「自分の年齢の平均年収や業界の平均年収を考えるとこれくらいが平均だから」

と説得する理由があったほうが良いです。
先ほど伝えたように、前準備で先ほど業界の知識を学んでいれば、答えられることですよね。

「お金」を仕事で重視している事を伝えるとエージェントも給料を上げる交渉をしてくれます。

2.エージェントに心を開いて相談する

エージェントへの頼み方の2つ目は、エージェントに心を開いて相談することです。

要は、「情に訴える」です。

自分の悩みをさらけ出し、エージェントにこの人を何とか良い所に転職を成功させたいと思ってもらえるように相手の感情に働きかけます。
なかなか難しいですが、非常に重要な部分です。

本気で現在の状況を変えたいから転職したいんです。本当に後悔のない転職をしたいんです。そうしっかりと思いを伝えましょう。

その為には、何度も相談して、転職活動に真剣に取り組むことが大切です。

人は、本気で頑張っている人のことを助けようとしますし、頑張っていない人は助けようとしない生き物です。

頑張っている姿って心打たれるものです。
年収を上げたいという気持ちが強いなら転職活動に全力で取り組みましょう。

3.スキルをアピールする

エージェントへの頼み方の3つ目は、スキルをアピールすることです。

「自分のスキルはこれくらいあるからもう少し給料を上げてほしい」とアピールします。

このお願いをする場合は事前に自分の能力を上げておく必要があります。

とは言ってもまったくスキルがないという人もいると思います。

スキルがなくても年収アップは可能ですが、やはりスキルがあるのとないのだとあった方が確実に良いです。

年収を上げるための説得の材料にもなります。

転職したいけどスキルがないという方は下記のカテゴリーを参考にしてください。

・スキルを身につける

以上がエージェントへの頼み方の3選です。

エージェントが給与交渉に成功すると

エージェントが給与交渉に成功するとあなたの給料だけでなくエージェントの報酬も上がります。

転職エージェントは、企業から転職者の年収の30%程の成果報酬をもらうビジネスなので、あなたの給料がしっかりとアップすれば、その分エージェントの売り上げも上がるのです。

従って、エージェントも自社売り上げのために積極的に給料交渉をしてくれるので、給与交渉は必ずエージェントに頼んで任せましょう。

個人で企業に交渉するのはお勧めしません。
結局企業に個人で交渉すると、入社した後も、「がめついやつ」だと思われかねません。

エージェントは間を取り持つ立場です。企業と対等な交渉が出来るので、企業の情報もしっかりと調べているので、その企業の適正年収を把握してその年収まで引き上げてくれます。

有能な担当者を見つけるだけで、年収400万が500万になったりしてくれることもあるので、給与交渉は絶対したほうがいいですよ。

給与交渉のタイミングは選考中が良い

給与交渉のタイミングは、内定後では出来ないので、選考中にしてください。

出来るならば、早めの段階でエージェントに希望年収を伝えたほうがいいです。
エージェントがあなたの希望に合わせた求人を探してきてくれます。

ちなみに企業との面談で、「前職ではいくら?」と聞かれる場合がありますが、過去の会社の年収は大目に言っておいたほうがいいです。

仮にもともと、400万の人だったら「400万です」と答えてしまう人が多いです。

ですが、企業の人材の採用の仕組みは、人材にどれくらい人件費を使えて、雇う仕事のポジションにどれくらいまで給料を払えるかという予算が予め決まっているのが普通です。

例えば、営業職に、年収500万円までなら払えると決めていたとします。

そうすると、もしあなたが前職で「400万です」と答えてしまったら、「400万~450万」くらいに調整される可能性があります。

企業としては、安く雇えるなら安く雇いたいわけです。

あなたが強気で「500万くらいもらっていた」と答えたとしても、もし予算が500万まで出せる場合だったらそのまま年収が500万になる可能性もあります。

給与交渉は、基本的に上手くエージェントが交渉してくれるので、年収を上げたい場合はエージェントに任せましょう。

給与交渉だけでなく、伸びしろを考えろ

年収アップさせるためのエージェントへの頼み方を解説しました。

転職の時にエージェントにお願いして給料を上げることも重要ですが、実際は給料の伸びしろがありそうな会社に転職して、徐々に出世をして給料を上げていくというのがオーソドックスな手法です。

給与交渉のデメリットは、給料アップを最初からお願いすることで、「その給料に見合った仕事をしなければならない」という風にハードルがあがってしまうということです。

給料アップしたから頑張らなきゃというプレッシャーに悩まされる人も多いです。
年収を上げて入社することはそういうハードルを自分に課すことになるので覚悟
しないといけないですね。

仕事が出来なければ、昇給もなかなかしないです。
結局のところ転職した後の仕事の取り組み方が大切です。

しっかりと転職後も給料アップが狙えるように、仕事を頑張っていきましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。