一社目の転職は当たり前?新卒で入った会社を辞めたいと迷った時はこう考えろ!

一社目 転職 当たり前

新卒で、内定をもらった思い出の一社目。
その一社目を事情があって辞める。辞めたい。

一社目の転職は当たり前なのでしょうか?

誰しも会社に入って仕事をし始めると一度は辞めたい!!!と思ったことがあるんじゃないでしょうか?

全く会社を辞めようと思ったことがない!思うはずがない!と思う方はこのページを閉じてください。あなたはいい会社に恵まれていることでしょう。

しかし、新卒で入った会社を辞めたいと迷ったことがある人も多くいると思います。

もしあなたが一社目からの転職を少しでも考えていたとして、でもそれって普通じゃないよな、常識的に考えて一社目をすぐ辞めるなんてありえないよな、これ以上良い会社なんて見つからないよな、とか迷っているとしたら、そんなことはないと断言します。

一社目の転職は当たり前で、普通のことです。

今日は、一社目の転職っていうのが当たり前の理由を説明します。

一社目から一生涯働きたいと思う会社に巡り合える方が稀

一社目 一生涯 稀

そもそも一社目から一生涯働きたいと思える会社に巡り合うことの方が難しいんです。

女性の場合、昭和の時代は、専業主婦になる人が多く、一生涯仕事と向き合う人っていうのは少なかったかもしれません。

現在では、共働きも増え、女性も育休以外は一生働く可能性も増えてきました。

男性は、昔から、仕事からは逃げられません。一生向き合っていかないといけない重要項目の一つだと思います。

学生時代までは、恋愛だったり遊びだったりそういう予定ばかりを入れていればよかったかもしれませんが、社会人となってはそうはいきません。

基本的に、週に最低5日は仕事に向き合い、四苦八苦することでしょう。

社会人になって最初の頃は新しいことをやれるので、「仕事が楽しい」と思える人も多いです。

ですが、単純に
「休みが減った」
「朝もっと寝ていたい」
「同じことの繰り返しでつまらない」

仕事を続けているにつれ、そう感じる人も少なくないのではないかと思います。

人には向き不向きがあります。

「この仕事はこの人にとっては楽しい」けど「この仕事はこの人にとっては苦痛」というのはやはりあります。

営業職が向いている人もいます。
話すのが好きだったりして、話す仕事でなければ口が手持ち無沙汰。
止まっている仕事よりも動いていたい。

話すのが好きじゃなくても営業職が向いている人もいます。
自分から話すのは好きじゃないが、聞き上手なタイプでお客様からいろんな悩みを相談してもらえる。

パソコンを使う仕事が向いている人もいます。
タイピングがめっちゃできてパソコンを使わせたら右に出るものがいないなんて特技を持っている人もいることでしょう。

人間関係を観察し、どのような部署に、配置するのがベストかが分かるようであるならば、人事が適任かもしれません。

また業界によっても、好みが分かれます。

自動車業界は良いけど、金融業界は嫌だ。
広告業界は楽しいけどIT業界は苦手だ。

仕事はやってみなければ本当のことは分かりません。

それまで働いたことがあったとしてもアルバイトが多いと思いますが、アルバイトの仕事と正社員、派遣社員の仕事はまるで違います。

より正社員で働く方が責任も問われるので、アルバイトとは未知の世界だということを痛感すると思います。

スポーツなどもやってみないと分からないですよね。
サッカーが得意か不得意か、はたまたサッカーが好きか嫌いかも別物です。

その仕事が得意か不得意か、そしてその仕事が好きか嫌いかは別問題なのです。

一社目からこれが好きだからずっと一生涯やりたいと思う方が稀なのです。

18歳か20歳か22歳の自分が選んだだけの価値観やで

若い時 価値観 変わる

会社を決めるのって、高校卒業前の18歳や、短大や専門学校を卒業前の20歳や、大学卒業前の22歳とかが多いです。

その時の価値観って、数年たったら変わると思いませんか?

就活の時に、一社目で第一志望のところに行けるってことは意外と少ないです。
そして当時は第一志望だったとしても、価値観が変わればここで本当に良かったのかと考えるようになる場合もあります。

数年たって、仕事をするうちに、どこが自分の中で大事にすべき価値観なのかが段々見えてきます。

仕事を極めて世の中に貢献したいのか。
プライベートを優先したいのか。
人間関係のストレスのない職場で働きたいのか。
残業がない会社で働きたいのか。
残業があっても稼げる職場で働きたいのか。

今の職場では達成できないけど転職すれば達成できる箇所は、必ずあるのではないかと思います。

若い時の価値観は、経験とともに変わっていきます。
若い時の決断だけですべてを決めなくてもいい世の中になっています。

年齢とともに本当に大事なものが見えてくるものです。

仕事と恋愛は一緒

仕事 恋愛 一緒

良く言いますが、仕事と恋愛は一緒です。

パートナー選びです。

恋愛で女性を選ぶとき、男性を選ぶとき、最初は見た目だけで付き合ったりする人もいるかもしれません。
最初は中身が分からないけど恐る恐る付き合うというのもあるのではないでしょうか。

それで付き合って初めて相手の本性が分かったり、良さが見えたり、悪いところが見えたりするものです。

付き合わなければ相手の本当の姿はなかなか分からないものです。

そして、本当の姿を知ってなお、一生いたいと思ったら、プロポーズをしたり、されたりで、結婚し、一生のパートナーになるのです。

仕事も一緒です。

企業は企業でいい人材が欲しいので、最初自分の会社をよく見せようと必死になります。
最初は良いところばっかり見えていても、会社に入ると思っていたのと全然違ったというパターンも少なくありません。

会社に入って本性が初めて分かります。

勿論良いところも見えてきますし、そうでないところも見えてきます。

そこで一生この会社で骨をうずめたいと思えるなら、その会社をパートナーにして一生付き合うのです。

恋愛と違って、婚姻届けのような契約書はありませんが、確かに目に見えない何かで縛られているような感覚を覚えるのではないでしょうか。

一社目を辞めたらどうしよう。一社目せっかく受かったのに転職活動なんてしたくないな。

就職活動と転職活動は全く別物です。

就職活動は、母集団が多いですが、転職活動は、全員がしているわけではないので、明らかに人材が少ないです。

就職活動は、就職したいと頑張る若手が多いけれども、転職活動はむしろ企業がいい人材を探しているような状況です。

会社を急に辞めてしまって、新しい人材が急遽ほしい。

そういう時って就職活動と時期がずれていれば、そこから見つけるのは難しいですよね。
そうなると転職活動をしている人材から見つけるのです。

つまり、人材が不足して、会社のピンチになったりすれば、普通だったら受からないようなところも転職で受かったりするのです。

転職活動はあなたが思うほど難しいことではありません。
順序を踏めば、転職は可能なのです。

インターネットでの企業検索もできるようになっていますし、そうなると皆が色んな企業の情報を知ることが出来るので、視野が広がります。

今後の時代の流れでは、転職がより当たり前の流動性のある社会になっていくことでしょう。

人材の流動性が高ければ、よりお互いがパフォーマンスを高く発揮できるところに移動し、仕事をするようになります。

その方が社会全体から見ても、プラスになります。

今後は恋愛と同じで、仕事もパートナー選びをよりすることが出来るようになると予測されます。

今までは仕事と出会う手段が限られていましたが、今では手軽に検索して見つけることもできますし、転職エージェントに登録すれば、情報があちらからやってくることもあります。

より仕事と出会えるようになる世の中になるので、一社目の転職はより当たり前となっていくことでしょう。

一社目からの転職は全然ヤバくありません。
むしろ自分の重要にしている価値観に気付けた証拠です。

何を大切にしたいかということを、なるべく早く考えていきましょう。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。