転職したいけど怖い?今の会社でボロ雑巾みたいになる方が怖いよ

転職 したいけど 怖い

転職したいけど怖いって思っているあなた。
転職をしない方が怖いですよ。
今の会社でボロボロのボロ雑巾みたいになるまで使い倒され捨てられます。

初めての転職活動だから不安があるのか、自分に自信がないから余計恐怖に感じるのか、何故でしょうか。

転職したいけど怖いのは当たり前だ

転職したいけど怖いのは当たり前です。

自分のことは絶対だれでも必要としてくれるし絶対採用してくれるという高学歴エリートバリバリの体育会系であれば怖いと全く思わないかもしれませんが基本的に転職活動は怖いです。

何故なら先が見えないからです。
未来が見えないから怖いです。特に就職先がまだ決まっていないのに会社を辞めるっていうのはめちゃくちゃ勇気がいるし怖いことですよね。

転職するにあたって次の就職先が見つかっていない時ほど、怖いものはこの世にないので、怖いとビビってしまう人にはすぐ会社を辞めることをおすすめしません。

転職前の会社を辞める前の期間に、転職エージェントに登録して、次の転職先を見つけてしまうのがオススメです。

転職が怖いなって人ほど転職エージェント等のサービスを使ったほうがいいです。
エージェントがあなたに合った求人を持ってきてくれたり、面接前の受けごたえの相談に乗ってくれたり、ありとあらゆる面で転職のサポートをしてくれます。

転職を恐れている人が、転職支援サービスを使っていないことはありえません。

転職エージェントの登録を恐れるくらいだったら、転職なんて絶対できないので、この際しておきましょう。

・リクルートエージェント

あなたはなぜ転職をしようと考えましたか?

あなたが何故転職をしようと思ったかによって、なぜ転職活動が怖いと思っているかの理由は変わっていきます。

人間関係が理由

人間関係が理由の場合、次の職場でもいい上司がいるかな、同僚に恵まれるかなという気持ちが心の中に存在しているはずです。
もしいなかったらどうしようという不安が、転職したいけど怖いという気持ちを駆り立てます。

ですがどんな職場に転職をするとしても、この恐怖は拭い去ることが出来ません。

あなたは高校に入学する時、どんなクラスになるかな?仲良くなれるかな?と不安になったはずです。
大学に入学するときも、学部にどんな人がいるかな?授業についていけるかな?と不安になったことでしょう。

社会人で初めて職場に行くときもこの職場にいい人いるかな?ちゃんと働けるかな?と不安になったのではないでしょうか??

行く先を選ぶのは、学校や企業ではなくあなたの選択です。
今まで親や先生が自分のレールを決めていたという人にとってはさらに勇気が必要かもしれませんね。

自分で決定したことがないから、自分で決めることにものすごく恐怖を覚えるのです。

ですが、人間関係に関しては次の職場に行かないと基本的にわからないものなのです。
これを自覚して転職活動に取り組まないといけません。

給料が少ないのが理由

給料が少ないのが理由の場合、次の職場ではしっかりと給料が上がるのかな?とか残業があった時に残業代もしっかりともらえるのかな?という不安が生まれると思います。

給料が変わらないのであれば、転職活動を無理にして、職場の環境をがらりと変えたいとは思わないはずです。

基本給やボーナスがどれくらいもらえるかどうかというのは、転職エージェントにしっかりと相談しながら決めるべきです。

転職エージェントも転職者に有意義な転職をしてもらうことがお仕事なので、企業の求人をしっかりと調べて企業の採用担当と給与交渉を行ったりします。

給料が理由で転職をしたいと考えているなら、しっかりとそれを伝えて相談しましょう。

転職活動に勝つ 年収を上げたい転職活動で勝つ!年収を上げたい場合のエージェントへの頼み方3選

仕事内容がつまらないのが理由

仕事内容がつまらない、やりがいがないというのが理由なら、次の職場にそれが果たしてそれがあるのかという不安があるはずです。

その時に一つ考えるのが職種の転換です。

例えば、事務職が本当につまらなくて、事務職をもうしたくないと思って、販売職に転職したり、技術職に転職したり、営業職に転職したりする人がいます。

職種を変えて、仕事内容ががらりと変わった時に自分は対応できるのだろうか?という怖さを感じるものです。

でもこれって仕事をやってみないと分からないんですよね。

下記の記事でも触れましたが、仕事は恋愛のようなものなんですよね。
仕事選びは、将来のパートナー選びのようなものです。

一社目 転職 当たり前一社目の転職は当たり前?新卒で入った会社を辞めたいと迷った時はこう考えろ!

最初付き合った人がネガティブで自分までマイナス思考になって合わなかった。
そうすると次は、ポジティブな人と付き合ってみようとなります。

付き合って初めて自分と合う合わないが分かり次の選択でより良い選択が出来るようになるのです。
次にポジティブすぎる人と付き合って、ポジティブすぎても自分と合わないと思ったら、っポジティブとネガティブ両面を兼ね備えた人を追い求めればいいのです。

仕事も同じで、それぞれの業種や職種でも良いところ、悪い所は必ずあります。

今あなたが転職をしたいと思っているなら、何らかの不満があって、それを取り除きたいと思っているに違いありません。
転職をすれば、その不満が取り除ける!という気持ちが高まれば高まるほど転職活動は怖くなくなり積極的に取り組めるようになります。

転職活動が怖い時は理由を明確化する

転職活動をしようと思ったきっかけ、動機は様々だと思いますが、怖いという気持ちを取り除きたいのであれば、やはり転職活動の理由を明確にすることが大切だと思います。

どうして転職をしようと思ったのか?っていうのを明確にすればするほど、転職への勇気が湧いてきます。

動かなければまずいという気持ちが起きるからです。

逆に言うと、転職活動を怖いと思っている場合は、「自分を守りたいという気持ち」と「変えないといけないという気持ち」の、「自分を守りたいという気持ち」が勝っています。

今の会社を捨てるという不安は誰だってあるはずです。本当は怖いです。

明確にすればするほど、このままでいいのか、転職しないといけないのかということが分かります。

人間関係があと数年後には解決して話しやすい職場が存在しているのか。それとも変わっていないのか。
給料は数年後にはだいぶ上昇しているのか。はたまた数千円しか変わっていないのか。

残業は数年後には減っているのか。それとも毎日のように残業する状況は続いているのか。それとももっとひどく残業をするようになっているのか。

ちょっと考えた時に、今の会社にいる未来が良くなると思えるのなら、踏みとどまってもいいんじゃないでしょうか。
踏みとどまりたいと思っているうちは無理に転職しなくてよいと思います。

ですが、状況は変わっていかないと思うなら、勇気を無理にでも出して行動に踏み切ることが大切です。

現状維持ほど怖いものはない

現状維持ほど怖いものはないんです。

  • 現状維持するとどんどん動けなくなる
  • 現状を維持しようとしても維持できない

それぞれ考えていきましょう。

現状を維持するとどんどん動けなくなる

人は現状を維持すればするほど、動けなくなります。これは本当に怖いです。
この環境でいいやと満足し、行動をしなくなります。

それって仕方がないことなんです。

幸せを追求し続けることって辛いんです。

たとえ、現状を変えてよい未来が待っていたとしても、不幸になることを恐れるのです。
その結果身動きが取れなくなり確実な今を生きるようになります。変化を求めないのもよいことですが、そこから脱却したいならほんの少しの勇気を出すことが重要です。

現状維持しようとしても維持できない

実は現状を維持しようと思っても普通現状維持って出来ないんです。

人は大きく分けて、現状を維持で満足をする人、現状よりより良い環境を目指す人、現状を維持しようとしても現状以下に行く人、3パターンいます。

現状より良い環境を目指す人は現状に満足をしていません。不満があるから現状を変えるためにあがきます。転職をして現状を変えたいと思っている人はここです。

現状を維持で満足する人は多いです。人は安定を選び変化を嫌う生き物なんです。

ですが、現状を維持しようとしても現状以下に行く人っているんですよね。なんででしょうか?

現状っていうのはあなたの内部要因(精神的要因)や外部要因(環境要因)で決まります。

自分がコントロールできる範囲か、自分でコントロールできない範囲ということで決まるということです。

つまり自分でコントロールできないところが変わった際に、現状よりも下がっていく可能性があるんです。

例えば、会社の仕事が急に増えた。長年の取引先の頼みだから断れないが薄利多売(利益が少なくたくさん売らないといけない)の商品で全然利益が出ない。
その仕事でクレームもたくさん出るようになった。

例えば、急に何人か社員が辞めて、自分の仕事がめちゃくちゃ増えた。でも会社は今は仕方がないから○○さんフォロー頼むよと言われて、急に残業続きの生活になった。

現状っていくらでも変わるんです。

同じ場所にいたら、良いこともあるかもしれませんが、下がっていくことも多いです。

不満を持ち続けたまま、仕事が増えてもこき使われていると精神的にもすり減りストレスもたまります。

だからより良い環境を追い求めてみてやっと現状維持できるかもしれません。

転職したいけど怖いなら

  • まずは転職したい理由を明確化すること。
  • 現状維持は怖いことを理解すること。

これを意識しましょう。

会社というのは外部環境なんです。
だから自分でコントロールできません。

外部環境が悪い状態の中でもまれたらあなたはボロボロのボロ雑巾のように汚れていきます。

外部環境を変えることで、心機一転することも可能です。

また一人で考えるから転職したいけど怖いんです。

転職する場合は必ず誰かに相談しましょう。
友人でもいいですが、やはり転職のプロの転職エージェントに相談したほうがいいです。

転職エージェントはどうして不安かということをヒアリングして、それに対してアドバイスをしてくれます。

今あなたが転職活動が怖くて行動に踏み切れないというなら一度エージェントに相談してもいいと思いますよ。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。