転職人口はなんと年間300万人で2人に1人?転職は当たり前の理由4選

転職人口 300万人 

転職怖いなあ。
転職人口ってどれくらいいるんだろう。

「転職人口」っと。

「!!!???」

転職人口はなんと年間300万人います。
20代、30代、40代、さまざまな年代の人たちが転職を行っています。

総務省が2016年に発表した労働力調査では、転職者数が年間306万人になりました。
リーマンショック前のピークは、346万人だったが、そこからリーマンショックで一度落ち込み再び回復しています。

「転職35歳の壁」は崩れたのか?と日経スタイルにて触れられています。

参考 転職者300万人超えの真実 「35歳の壁」は崩れたか? 日経スタイル

また2人に1人が「転職経験あり」と転職活動の実態調査で、doda(デューダ)のホンネの転職白書で記載されています。外部リンクになりますが、詳しくは下記のサイトにのっています。

参考 ホンネの転職白書doda

以下引用です。

社会人の52.5%が、転職経験あり
まず、全体の傾向を見てみると、社会人として働き始めてから現在までに、「転職をしたことがある」と回答した人は全体の52.5%となり、社会人の半数以上が転職を経験していることがわかりました。

年代別に見ると、25〜29歳では「転職をしたことがある」が35.5%、「転職を検討したことがある」人は33.1%という結果になりました。約7割の人が社会人3〜7年の間に、新卒で入社した会社を辞めて転職をしたり、転職を検討するようです。昨今、終身雇用を希望する若手社員が増えているといわれていますが、実態としては人材の流動が活発に行われていることが見受けられます。

次いで30代に着目すると、「転職をしたことがある」人の割合は、30〜34歳で59.9%、35〜39歳では53.5%となり、社会人経験の年数が短い30代前半の方が、転職経験者が多いことがわかりました。今の30代は、いわゆる氷河期世代といわれ、新卒時に希望の企業へ入れなかったケースや、正社員としての就業がかなわなかった人が多い世代です。さらに、厚生労働省が発表している有効求人倍率を見てみると、30〜34歳の人が大卒で就職活動を行った時期(1998年〜2002年)の倍率は0.55倍、35〜39歳の場合(1993〜1997年)は0.69倍で、30代前半の方が、より雇用情勢が厳しい時代だったことがわかります。こうした背景から、転職によって希望の企業へ入り直したいと考える人が、30代前半に多いと考えられます。

また企業側も、バブル崩壊後の約10年間、新卒の採用を抑えていた影響で、30代前半の管理職(候補)の人材が特に不足しており、この世代の中途採用を積極的に行う傾向にあります。こうした個人、企業双方のニーズが合致し、30代前半は転職経験者が多いのでしょう。

なぜここまで転職市場は大きく伸びたのか。
どうして転職がこれほどまでに当たり前になったのかの理由を今回は説明したいと思います。

転職が当たり前の理由4選

1.終身雇用の時代は終わったから。

転職が当たり前の理由の1つ目は終身雇用の時代は終わったからです。

今までの日本は、終身雇用が当たり前、年功序列が当たり前の時代でした。現在では大企業でさえ、倒産したり吸収合併したりして必ず終身雇用で働けるという終身雇用神話はすでに崩れ去っています。

以前の日本は、就職さえできれば、人生安泰というそういう時代でしたが、今はそういう時代ではありません。

高度経済成長期のようにただ働いていれば、勝手に業績が上がって給料が増えていくという時代ではもはやないのです。将来の退職金も年金も減る時代。

一つの会社にしがみついて一つのスキルを身につけるよりも転職してより幅広いスキルを身に着けようという人が増えたのです。

2.人手不足の時代になったから。

転職が当たり前の理由の2つ目は人手不足の時代になったからです。

団塊の世代が労働市場の中心にいた時はそこまで人手不足という状況は少なかったですが、現在は少子高齢化の時代。

子供がどんどん少なくなっており、それに伴い新しく就職する人材もどんどん減っていっています。
それにより、人がなかなか会社に入らないという人手不足が起きている会社も増えてきました。

そういう会社は人が欲しいので、今まで以上に求人を募集し、待遇を良くして新しい社員を採用しようとします。

人手不足になったことで、求人は増えているので、転職活動をする人にとっては転職しやすい環境になっています。

3.グローバル化が進んだから。

転職が当たり前の理由の3つ目はグローバル化が進んだからです。

海外との交流が増え、日本は以前にもましてグローバル化が進んでいます。
より海外の価値観が日本に入ってきている状況です。

海外では転職ということがむしろ基本で、転職をしていかないと昇進していけないとまで言われています。

それくらい海外では転職が当たり前なのです。

国内の企業もグローバルな展開を行っており、アジアやヨーロッパ、アメリカなどの拠点を持つ企業も増え、中小企業でも海外進出しています。

「海外に飛ばされて働く」など働き方も多様化しており、同じ会社でも職場の異動も多くなり、人々が職場を変えることに抵抗がなくなっているのかもしれません。

4.人々のニーズが多様化したから。

転職が当たり前の理由の4つ目は人々のニーズが多様化したからです。

今でこそ業界は多様化して、人々にとっては選択肢が増える形になりました。
新しい業界もたくさん増えてきています。

30年前の人たちは、誰がみな携帯電話を持つ時代を予想したでしょうか。

ドローン業界、フィンテック業界、IoT業界、クラウドAI業界、さまざまな新しい業界が生まれている今、新しく生まれた業界に飛び込みたいと思っている人も増えています。

関連記事: ドローン業界への転職にスカイエージェントはオススメ?評判をまとめた

ドローン業界 スカイエージェント 評判ドローン業界への転職にスカイエージェントはオススメ?評判をまとめた

このような理由から転職はもはや当たり前の時代なのです。

転職をするなら、自分の市場価値が高いうちに

転職 当たり前

転職をするなら自分の市場価値が高いうちに行ったほうがいいです。

段々と年齢が上がるにつれ、キャリアは上がりますが、専門的な業界だと、専門知識ばかりが身につき、その業界でしか通用しない人材になってしまうことが多いです。
勿論同業界での転職であれば、同業界に関する専門知識をつけている30代、40代のうちの方が有利です。

ただし、30代、40代になるにつれ、考え方が固執しやすくなり、どうしても足が重くなりがちです。

31才 転職体験談 建築系31歳の転職体験談。30歳になると腰が重くなるが建築営業に転職した話

逆にまっさらなキャンパスである20代のうちの方が、どの業界の知識もまだ浅いので、他の業界に転職したとしても、柔軟に対応しやすいです。

違う業界に転職したい場合は間違いなく早いほうがいいでしょう。
そちらの方が転職後その業界で勤める期間が長くなるので、転職先の知識が身につく量も増えます。

自分の現在の市場価値を調べる転職サービスにMIIDASがあります。
どれくらい今の自分は稼げるのだろうかという市場価値を確認できるのでおすすめです。
入力後、いくつかの質問に回答すると、自分の想定年収○○万円という形で教えてくれます。

・MIIDAS

転職を全く恐れることはない

転職人口が毎年300万人いて、2人に1人が実は転職経験があるという時代に、転職ということを全く恐れることがありません。

今では転職という行動は普通の事なのです。全く恐れる必要がありません。

転職に対してマイナスのイメージを持っている人の多くは、「給料が下がってしまったらどうしよう」「職場になじめなかったらどうしよう」と色々なマイナスを考えてしまいます。

確かに、転職にはリスクというものは必ず付きまといます。次の職場の雰囲気は全く分からないからです。

でもそれって最初の就職活動後、新入社員として入社するときもそうじゃありませんでした?誰も職場の雰囲気とか分からなかったはずです。入社して初めて分かったこともあるはずです。

小学生の時もクラス替えの時に、「クラスになじめなかったらどうしよう」ト考えたこともいるのではないでしょうか。あの感覚と一緒です。

どうなるかなんて誰も分かりません。

転職をすることは、リスクと捉える人もいますが、転職をしないことでもリスクは生まれます。

  • 一つの会社でしか通用しなくなる
  • 同じ会社ではできないことを出来るチャンスをつぶしている
  • 同じ会社にいると視野が狭くなる

このようなリスクが必ず発生します。

一つの会社でしか通用しなくなる

これは良くある話ですね。
同じ仕事をしていれば、その仕事しかできなくなってしまいます。

どういうリスクがあるかというと、会社が人材のリストラを行ったり倒産したりした時に、転職せざる負えないとなった時に、他にスキルもないので、転職先が全然見つからず路頭に迷う可能性があります。

スキルはいざっていう時のためにつけておいたほうがいいですね。

関連記事:転職したいけどスキルがない人はプログラミング無料学習Progateがおすすめ

転職したい スキル ない転職したいけどスキルがない人はプログラミング無料学習Progateがおすすめ

同じ会社ではできないことを出来るチャンスをつぶしている

同じ会社で出来ないチャンスをつぶしている可能性もあります。

自分がやりたいと思うけど、やれない仕事ってあるのではないでしょうか。
やりたい仕事がない人もいると思いますが、新しい職場に行くことで、やりたいことが見つかるかもしれません。

今の会社では、出世できるポジションが既に埋まりまくっているかもしれませんが、転職後の会社は、ポジションが多く空いていて、出世して給料がどんどん上がる可能性もあります。

転職を繰り返し、キャリアアップをしていくことで年収1000万円を超える人だっています。

そういうチャンスを失うことは非常に勿体ないことです。

同じ会社にいると視野が狭くなる

同じ会社にいると視野が狭くなります。

同じ業界の事しか知らないのであれば、他の業界のことなど分かるはずがありません。
今の会社だけにしかいないと、その会社から見える風景のみしか見えません。

転職すると違った角度で会社を見ることが出来ます。

何度か転職した人に聞くと、やはり働きやすい職場、働きにくい職場、残業ばかりの職場、残業がない職場、さまざまだそうです。

そういうことにすら、同じ会社に居続けるだけでは、気づくことすらできません。

転職という選択肢は常に持っておきましょう

転職は今の時代では当たり前のことです。

転職という手札は常に持っておくべきです。

現状に満足していても、していなくてもいつでも転職できるという選択肢を持っていれば、いざ転職したいって思った時に動き出しやすく、安心です。

もしあなたが転職は悪だと考えているのなら、その古い固執した考え方は捨ててしまいましょう。

転職するなら、転職エージェントがおすすめです。
転職をする人は必ず使っています。

・転職エージェントのリクルートエージェント 

今すぐ転職しない人は、転職サイトがおすすめです。
今すぐでなくても、求人を日ごろからチェックしておくことで思わぬ求人が見つかることがあります。

・転職サイト リクナビNEXT

ただし、転職について少しでも相談したいのなら私は転職エージェントをおすすめします。分からないことは転職エージェントに聞いたほうが早いです。

考えるよりまず行動。悩んでいたらすぐ動いてください。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

転職サイトと転職エージェントの違いを知りたい方は下記の記事をご参考ください。

リクナビNEXT リクルートエージェント 比較 違いリクナビNEXTとリクルートエージェントの比較!転職初心者にも分かる違いを解説します

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス)評判口コミMIIDAS(ミーダス)の評判と口コミ!診断で実際自分の稼げる年収が分かる?

転職エージェントで年収を上げたい場合下記記事がオススメです。

転職活動に勝つ 年収を上げたい転職活動で勝つ!年収を上げたい場合のエージェントへの頼み方3選

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。