転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職エージェントとは

転職エージェントって何?という方のために、転職エージェントとは何ぞやということについてまとめたいと思います。

転職活動中に、転職エージェントという言葉を知ったけれど、転職エージェントが何かわからなかったら使うことに不安を感じますよね。

ですが、転職活動をするならば転職エージェントは絶対に使ったほうがいいサービスです。

転職エージェントとは何か?や転職エージェントのメリットや転職エージェントが使われる理由や使うべきタイミングなどをまとめていきます。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、一言でまとめると、転職の際に使うことのできる人材紹介サービスの一つです。
求職者が抱える悩みを解決し、その求職者にとって最適な転職をするサポートをします。

具体的には、転職エージェントと呼ばれる転職のプロが、あなたに合った求人を紹介してくれたり、書類作成のお手伝いをしてくれたり、面接の受けごたえのサポートをしてくれます。

転職エージェントに登録すると面談がありますが、転職エージェントは、そこであなたの転職の悩みや次の仕事の希望をヒアリングして、あなたに合った求人を探して紹介してくれます。
求人サイトは、あなたの悩みや希望を相談するわけではなく、自ら探さないといけないので、あなたとマッチする企業を探すのがなかなか困難ですが、転職エージェントは人に相談できるのでよりあなたに合った求人を紹介してもらえます。

また転職活動では、「履歴書」や「職務経歴書」等の書類が必要になりますが、転職エージェントが応募書類を添削してくれて、より魅力的な書類になるようにアドバイスしてくれます。

そして書類の応募をした後は、面接に進みますが、転職エージェントは面接の突破もサポートしてくれます。
過去にその企業や同じ職種に応募した人の情報から、面接でどのような質問をされるかを予想し、面接で質問される可能性が高い質問などを教えてくれます。
模擬面接を行って、その質問にどのように答えたほうがいいかのアドバイスをもらうことが出来ます。

最後に、書類選考や面接を通過した後の内定後も、勤務開始日の調整や年収などの条件交渉をしてくれます。

転職エージェントは、転職活動の最初から最後までをサポートしてくれる転職サービスであるといえます。

転職市場は、目まぐるしく変化しています。人々の価値観やライフスタイルも変化してきたので、企業や求職者のニーズも様々なものになってきました。
転職者300万人と言われている時代です。

転職人口 300万人 転職人口はなんと年間300万人で2人に1人?転職は当たり前の理由4選

「転職活動を一人で進めていくのが大変」「どのような企業が自分に合っているか分からない」「自分の長所や短所が分からない」と困っている人も多いでしょう。

転職エージェントは転職の新しいサービスなので、転職活動を一度もしたことがない人は知らない人も多いと思います。
ですが、転職エージェントの利用率は年々増加しています。

ハローワークや転職サイトしか知らなかった人は転職エージェントという選択肢をプラスすることで転職活動を有利に進めることが出来ますよ。

転職エージェントは、リクルートエージェントとdodaが大手2社でおすすめです。下記から無料登録できます。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントと転職サイトとの違い

転職エージェントと転職サイトの違いは何でしょうか???

転職エージェントと転職サイトどちらを使ったほうがいいか悩んでいる人も多いかと思いますが、結論としては両者は別物なのでどちらも使ったほうがいいです。

大きな違いは、下記二つです。

  • 求人数の違い
  • サポートがあるかないかの違い

1.求人数の違い

転職エージェントと転職サイトの違いの1つ目は求人数の違いです。

転職エージェントの大手であるリクルートエージェントと、転職サイトの大手であるリクナビNEXTの求人数で比較してみます。

転職サイトは登録すると分かりますが全部の求人が一般公開されています。
リクナビNEXTの場合は約6000件です。

転職エージェントは非公開求人を多く取り扱っていて、非公開求人数が約10万件です。

案件は転職エージェントの方が多いです。

転職サイトは案件が少なく、全体公開のためライバルも多いので倍率も高めです。

求人数に大きな違いがあると言えるでしょう。

2.サポートがあるかないかの違い

転職エージェントと転職サイトの違いの2つ目はサポートがあるかないかの違いです。

転職エージェントは、転職エージェントからアドバイスを受けられるサポートがあります。
転職サイトは、サポートがありません。

転職エージェントは自分一人では不安だ、転職の相談をしながら決めていきたい人が使うことが多いです。

転職サイトは求人を自由に見ることが出来るので、一人で転職活動をすませたいという人が使うことが多いです。

転職サイトはサポートがない分、転職活動で何をすればいいか分からなくて挫折する人も多いです。

転職経験があって慣れてきたなら、転職サイトだけ使って応募するのもありだと思いますが、初めての転職は不安ばかりだと思うので、サポートのある転職エージェントを使ったほうが良いですよ。

転職エージェントと転職サイトは一緒に使う人も多い

転職エージェントと転職サイトは別物です。

最初に転職エージェントに登録してその後転職サイトに登録する人もいますし、転職サイトに登録した後で、転職エージェントに登録する人もいます。

例えば、転職エージェントに登録して転職活動をする中で、どんな仕事が他にあるのかなと調べたくなったとします。そういう時は、転職サイトだと色んな求人を検索しやすいです。
転職サイトで見つけた求人で良さそうなものがあれば、エージェントにこんな求人があったのだが応募は可能でしょうかと相談することで、その求人に応募できる場合もあります。

逆パターンもあります。

転職サイトに登録してみたものの、なかなか転職活動が思うように行かない。
書類に原因があるのか、面接の受けごたえに問題があるのか、企業の選び方に問題があるのか、何が原因かが分からないという場合は、客観的な視点で第三者に見てもらったほうが良いです。そこで転職エージェントに相談することによって、転職活動が段々と上手く行くようになるという人も多いです。

転職エージェントと転職サイトはどちらも利用が無料なので、転職活動をする時は両方登録して利用したほうがいいですよ。

・リクルートエージェント 登録はこちら【5分で完了】

・リクナビNEXT 登録はこちら【5分で完了】

リクナビNEXT リクルートエージェント 比較 違いリクナビNEXTとリクルートエージェントの比較!転職初心者にも分かる違いを解説します

転職エージェントのメリット

転職エージェントを利用するメリットは具体的に何でしょうか。

転職エージェントのメリットをまとめます。

  • 利用料が無料
  • 自分に合った求人を探してくれる
  • 非公開求人に出会える
  • 悩みを相談しアドバイスをもらえる
  • 給与交渉や面接の日時のスケジューリングをしてくれる

1.利用料が無料

転職エージェントのメリットの1つ目は、利用料が無料である点です。
転職エージェントは、企業から謝礼(紹介料)をもらうので、求職する人は無料で利用できます。

無料で転職サポートを受けられるというのは心強いです。

2.自分に合った求人を探してくれる

転職エージェントのメリットの2つ目は、自分に合った求人を探してくれるということです。
転職エージェントに登録すると、転職エージェントがあなたの悩みや希望をヒアリングしてくれるので、その条件に合った求人を探してくれます。

転職サイトでは自力で求人を見つけなければいけないので、向き不向きが分からずに応募する場合もありますが、転職エージェントでは、どういう仕事が良さそうかということをあなたの話を聞いて提案があるので、よりあなたのニーズに合った求人を見つけやすくなります。

3.非公開求人に出会える

転職エージェントのメリットの3つ目は、非公開求人に出会える点です。

転職エージェントのサービスでは一般では公開されていない非公開求人の紹介を受けることが出来ます。
非公開求人はネットで検索しても出てこない求人なので、いくら調べても見つけることが出来ません。

そういう求人を見つけるためには転職エージェントを利用しなければ知ることが出来ないので、非公開求人を見つけるためには転職エージェントを使いましょう。

4.悩みを相談しアドバイスをもらえる

転職エージェントのメリットの4つ目は、悩みを相談しアドバイスをもらえる点です。

履歴書や職務経歴書の添削や面接の受けごたえの仕方などの相談をしてもらえるので、書類審査や面接の通過率が上がります。

推薦状を出してくれる転職エージェントもあるので書類通過率は自己応募よりも格段に高くなるでしょう。

また「本当に今転職すべきなのか?」「家族にはいつ伝えるべきだろうか」「円満退職するにはどうするべきだろうか」という転職に関する相談ならなんでも乗ってくれます。

転職するかしないかで悩んでいる場合も一度転職相談することによって解決することも多いですよ。

転職するかしないか 相談転職するかしないか迷ったら相談すれば全部解決する理由4選

5.給与交渉や面接の日時のスケジューリングをしてくれる

転職エージェントのメリットの5つ目は、給与交渉や面接の日時のスケジューリングをしてくれる点です。

企業との給与交渉を個人でするのは至難の業です。
「給料を上げてほしいんですよね」という相談を企業の面接ですることは想像するだけで難しいと分かりますよね。

転職エージェントは、企業とあなたとの仲介に入るので、給与交渉などの難しい部分も代行してくれます。

エージェントが給与交渉をすることは、エージェントの売上を上げることにも繋がることなので、当たり前のように行われます。あなたが給料を上げたいから給与交渉をしているとは企業には思われません。

ですので、転職後に給料を上げたいという人は、転職エージェントに給与交渉をお願いしてもらいましょう。

どういう風にお願いするかは下記記事に詳しく乗っています。

転職活動に勝つ 年収を上げたい転職活動で勝つ!年収を上げたい場合のエージェントへの頼み方3選

面接の日時などもスケジューリングしてくれるので、仕事が忙しくてなかなか時間が取れない人にとっても安心です。

転職エージェントを使うなら

はじめて転職エージェントを使うなら、リクルートエージェントとdodaがおすすめです。

・リクルートエージェント
・doda

2社は数ある転職エージェントの中でもトップとトップ2の転職エージェントなので、求人数も特に多くこの2社を登録すれば大抵事足ります。
2社使ったほうがいいのは、どこの会社があなたに合った案件を持ってるいるか分からないので、とりあえず最初は話を聞いてみて様子見すべきです。
マッチングなどの相性もありますからね。

口コミや評判も良いです。

詳しくは下記記事に記載しています。
転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

2社ともに大手企業で信頼性も抜群にあるので、企業との交渉などもしっかりとしてくれます。

求人数が多いのは上記2社ですが、専門的な職業への転職であれば、専門の転職エージェントが存在します。
IT業界の転職、看護師の転職、薬剤師の転職、介護士の転職など専門的な分野に特化した転職エージェントもあるので、専門的なエージェントを知りたいという方は下記記事がオススメです。

転職エージェントを3社以上複数利用すべき時はどんな時?

転職エージェントがここまで使われる理由

転職エージェントの知名度、認知度が高まるとともに、転職エージェントの利用率も増えています。
転職エージェントが今ここまで使われる理由は何でしょうか。

やはり求職者の転職をより成功させることが出来るようになるからということに尽きるでしょう。

日本は転職の文化が海外の企業よりも少なく転職のサービスもほとんどありませんでした。
ですが、現在は少子高齢化によって、人材のニーズが高まっています。
人材が適材適所に移動して働けるようになる時代がすぐそこまで来ています。
転職エージェントを使うことで、より求職者の転職の知識が深まり、転職活動が上手く行くようになります。

手あたり次第で行う転職活動より、サポートを受けながらの転職活動だと、後者の方が上手く行きやすいです。

転職を成功させることが出来る確率が高まるので、転職エージェントがどんどん使われるようになっていると考えられます。

転職エージェントに登録するタイミング

転職エージェントに登録するタイミングはいつがいいのでしょうか?

正解は、会社を辞める前で転職を考えている今すぐ行動がベストです。

転職活動は辞める前か辞めてからという質問を転職経験者にアンケートを行ったところ、働きながら転職活動を行った方が全体の約76%の結果だったそうです。(リクナビNEXT調べ)

働きながら転職活動をした 76%

会社を辞めた後転職活動をした 18%

転職活動中に会社を辞めた 7%

働きながら転職を始めるという人が全体の80%を超えるのです。

転職エージェントは会社を辞める前ではなく、転職をしようか迷っているという段階で登録するべきです。

辞めた後だと下記のような失敗もあるのでおすすめしません。

転職失敗談 今すぐ会社辞めていい【転職失敗談】今すぐ会社を辞めてもいいが辞める前に絶対これだけはやっておけ!

登録を後回しにしたところで何も変わらないので、この記事を読んでいて転職について考えているこのタイミングがベストです。

仕事で時間がないですよっておもうかもしれないですが、小さく転職相談から動き始めるのがベストです。

動き始めないと景色は一生変わらないので。

まずは行動→動きつつ考えるがベスト

実は精神的に余裕がある時の方が、精神的に余裕がなくて落ちつぶされている時よりも転職活動が上手く行きます。

ストレスがたまりにたまってしまうと、ストレスで疲れ切って転職活動の気力が失われるうえ、考えることがネガティブになり、自分が悪いと思い込み、会社を辞めても同じだと思うようになります。
それで身動きが取れないという悪循環に陥ってしまうのです。
過労死はその典型的な例です。

「会社を辞めたい!」と体が悲鳴を上げる頃になってからでは遅いです。

余裕がある今転職エージェントに登録して、相談してみて考えましょう。

下記からボタンから登録できます。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

仕事が苦しい時、辛いと感じる時の原因と対処法については下記記事に詳しく書いてあるので、仕事が苦しい、辛いと感じた時はご参考にしてください。

仕事 苦しい 辛い仕事が苦しいし辛い時の原因と対策・対処法。あなたは悪くない。