国内投資信託と海外投資信託とオフショア投資(海外積立投資)の違い

国内投資信託 海外投資信託 オフショア投資 違い

マス社長です。

本記事では、海外投資信託(海外積み立て投資)とオフショア投資の違いについて説明します。

本記事を読めば

  • 国内投資信託とは?
  • 海外投資信託とは?
  • 国内投資信託と海外投資信託の違い
  • オフショア投資とは?
  • 海外投資信託とオフショア投資の違い

が分かります。

国内投資信託とは

国内投資信託とは何でしょうか?

投資信託の確認
投資信託とはファンドも呼ばれ、「投資家から集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資、運用する商品」のことです。

そこでの運用成果が投資家のそれぞれの投資額に応じて、分配される仕組みの金融商品です。

「集めた商品をどのような対象に投資をしていくか」は投資信託(ファンド)ごとに専門家が行います。

気を付けていただきたいのは、投資信託は元本が保証されている商品ではないということ。

投資信託を始める場合は、証券会社で口座開設か、ネット証券で口座開設をします。ネット証券の方が手数料が安いです。

少額の自己資金で始めることが出来ます。

投資信託(ファンド)に投資するメリットは

  • 自ら運用する必要がない
  • 分散投資が出来る
  • 投資対象が増える

等があげられます。

国内投資信託は、日本の監督省庁に届け出を行い、国内の法律に基づいて運営されるものを指します。

株や債券などの投資対象が国内外問わず、ファンドの国籍が日本国内である事を示します。

海外投資信託とは

海外投資信託とは何でしょうか?

海外投資信託とは、海外の株式や債券投資信託のことです。

日本の証券会社ではもちろん、保険会社、投信会社、郵便局、農協、銀行などでも購入することが出来ます。

また日本の投資信託と同様、少額の自己資金で始めることが出来ます。

海外投資信託は国内の投資信託より種類が多いです。

海外投資信託は、日本の投資信託と異なり、為替変動リスクがある

海外投資信託まとめ
  • 日本の証券会社で購入可能
  • 海外の株式や債券
  • 少額の自己資金で始めることが出来る

国内投資信託と海外投資信託の比較

国内投資信託と海外投資信託の違いをまとめます。

国内投資信託海外投資信託
種類制限がある豊富
配当の分配方法毎月配当型自動再投資型
信託報酬高い低い
リスク為替変動リスクがない為替変動リスクがある
カントリーリスクが少ないカントリーリスクがある

①種類の違い

国内投資信託と海外投資信託の違いの1つは種類です。

国内投資信託は規制が厳しく運用に制限があります。

海外投資信託は種類も多く、運用の自由度も高いです。

②配当の分配方法の違い

国内投資信託と海外投資信託の違いには、他にも配当の分配方法があります。

国内投資信託は主に毎月配当型という形で、運用結果で得た配当を毎月受け取ることが可能です。

海外投資信託は、自動再投資型と言って配当を毎月受け取るのではなく、出た配当を元本に足して運用していくので複利効果が生まれます。

雪だるま式に増えていくということを複利効果と言います。

③信託報酬の違い

国内投資信託と海外投資信託の違いには信託報酬の違いもあります。

資産運用の指示を出している投資顧問会社に払う手数料のことを信託報酬と言います。

国内投資信託の方が一般的に高く、海外投資信託の方が安いと言われています。

日本はアクティブファンドと呼ばれる手数料が高い運用方法が一般的で、海外ではインデックスファンドと呼ばれる手数料が安い運用方法が主流だからです。

④為替リスクの違い

ここまではどちらかというと海外投資信託の方がメリットがあると感じた人も多いと思います。

海外投資信託にはリスクもあります。

海外投資を行うには、日本の円を外貨に換える必要があります。

ドル建て、ユーロ建て等聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

利益も外貨で獲得します。

円高や円安と言われるように貨幣の価値が変動するリスクがあります。

為替変動リスクを減らすためには長期積み立て投資という形で減らすことが出来ます。

⑤カントリーリスクの違い

国内投資信託と海外投資信託の違いにはカントリーリスクの違いがあります。

カントリーリスクとは、国の政治状況によって損害を受けるリスクです。

ある国の企業に投資していて株価は上がるのに、国でデモやクーデターが起きて、その国の企業全体の株価が下がってしまうなどのケースがあります。

他の国の問題は、自分でどうすることもできないですが、格付け会社が出す各国の信用度を参考にすることで対策することが出来ます。

スタンダードプアーズ(S&P)という格付会社の格付けだと最大の格付けであるAAAで、スイス、オーストラリア、シンガポール、香港などが上がります。

アメリカは、2011年にAAAからAAに格下げになりました。

以上が国内投資信託と海外投資信託の違いになります。

オフショア投資とは?

オフショア投資とは何でしょうか?

最近耳にする人も多いかと思います。

オフショア投資というのは、オフショア地域と呼ばれる税率が低くが安い地域に直接投資する方法です。

租税回避地(タックスヘイブン)とも言われ、

  • 税率がゼロか極めて低い
  • 法人の設立が簡単でペーパーカンパニーなども容認
  • 金融規制が緩い
  • 秘匿性が高い

等の特徴があります。

オフショア投資をする方法としては

  1. 現地(海外)に赴いて投資口座を開設
  2. 仲介者を通して投資口座を開設

の2パターンあります。

海外のIFA(ファンドの売買をする独立系ファイナンシャルアドバイザー)と契約することになります。

IFAは、Independent Financial Advisiorになります。

オフショア投資の流れを図解にしました。

オフショア投資 図解 流れ

オフショア投資に関係する個人、業者は以下になります。

①購入者

②代理店

③IFA

④保険会社(信託会社)

①購入者

購入者(投資家)は、オフショア投資をする際に、基本的に代理店を通じて契約をします。

自分で現地に行って、手続きなどをすることも可能ですが、少し複雑なので手間がかかります。

②代理店

代理店は主に購入者の資産状況を聞いて、助言を行ったり、IFAとの取次ぎを行ってくれます。

③IFA

IFAは、海外の保険会社(信託会社)にどのようなファンドを選んで運用するかの運用の指示を出します。

運用成績がオフショア投資で得られる利益になるので運用成績が良く相談しやすい所を選ぶ必要があります。

④保険会社

海外の保険会社(信託会社)がファンドに投資を行い運用します。

日本人が契約できるところは

  • Investors Trust (インベスターズトラスト)
  • Premier(プレミアトラスト)
  • RL360°(旧ロイヤルロンドン)
  • Metis(メティス)
  • Cornhill(コンヒル)
  • Sun life(サンライフ)
  • Standard Life(スタンダードライフ)
  • FTlife(旧Ageas)(エフティライフ)
  • Friend Provident(フレンズプロビデント)
  • Hansard(ハンサード)

等がありましたが、日本人が契約不可になったものもありますし、ほぼほぼ日本語対応していなく実質日本人は契約できないようなものもあります。

どこの保険会社を選ぶかも大切になってきます。

海外投資信託とオフショア投資比較

海外投資信託とオフショア投資の違いをまとめます。

どちらも海外積立投資とも言われる場合もあります。

海外投資信託オフショア投資
どこから購入するか国内の金融機関海外の金融機関
購入手数料金融機関により異なる無料
送金手数料金融機関により異なる無料
その他手数料売買委託手数料やファンドへの租税、監査費用がかかる初期口座手数料、運用手数料、口座管理手数料などがかかる
利益に対する税率かかるかからない場合もある

どちらも複利効果が望めるものが大半ですが、オフショア投資の方が利益に対する税率が低い分利回りが大きくなり、大きな複利効果が期待できます。

ただし注意して欲しいのは複利効果を得たいなら長期的な運用で計画することが大切です。

短期間では大きな複利効果は望めません。

またオフショア投資は税率が安いですが、かといって、日本で税金がかからないわけではありません。

引き出す時に課税されるので確定申告の義務があります。

まとめ

本記事では

  • 国内投資信託とは?
  • 海外投資信託とは?
  • 国内投資信託と海外投資信託の違い
  • オフショア投資とは?
  • 海外投資信託とオフショア投資の違い

をまとめました。

投資信託と言っても国内外問わず色々な種類があります。

視野は広く持つことで、より良い資産運用を検討できます。

資産をしっかりと増やしていきたいですね。