VR・AR・MR業界が熱い。異業種から会社を辞めて転職する方法

VR AR MR 転職

VR業界、AR業界、MR業界が熱いです。今後間違いなく成長していく産業の1つだと言えます。

今回は、VR業界、AR業界、MR業界に異業種から会社を辞めて転職する方法についてお話ししようと思います。

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのリクルートエージェント。

VR業界、AR業界、MR業界への転職ならリクルートエージェントがおすすめです。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

異業種からVR・AR・MR業界に転職する方法

異業種からVR・AR・MR業界に転職する方法をまとめます。

STEP1.転職エージェントに登録する

異業種からVR・AR・MR業界に転職するためにまず行うことが転職エージェントに登録することです。

以下2社は業界の大手二社で求人数も豊富な転職エージェントです。

・リクルートエージェント
・doda

転職活動は辞める前?辞めてからという質問に対し、転職経験者にアンケートを行ったところ、働きながら転職活動を行った方が全体の約76%の結果だったそうです。(リクナビNEXT調べ)

働きながら転職活動をした  76%

会社を辞めてから転職活動をした 18%

転職活動中に会社を辞めた   7%

今すぐに会社を辞めないといけないいう諸事情があったり、心身の状態が限界に近かったりするならば、会社を辞めてからの転職活動もありだと思いますが、基本的には会社を続けながら転職活動をする人が大半です。

転職エージェントでは同業種からの転職だけでなく、異業種からの転職の相談を多く受けています。

むしろ今の業界があまり好きではないから違う業界を検討したいという転職希望者はかなり多いです。一人でほとんど知らない業界に突っ込むというのは勇気がいるものです。

転職エージェントに「今後のVR業界はどうなるか?」「今後AR業界は伸びるのか?」「今後MR業界は熱いのか?」等質問をすることで自分の知らない業界についてプロの意見を聞くことが出来ます。

特に新しい業界程求人を募集していますし、転職エージェントであればVR業界、AR業界、MR業界の非公開求人を紹介してくれますよ。

下記から転職エージェントを登録することが可能です。

転職エージェント業界第一位!

今すぐリクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

\面談日を決めましょう/

今すぐdodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントは、少なくとも2社ほど登録しましょう。複数利用することで紹介してもらえる求人も多くなります。またもし担当のエージェントと合わない場合は、合う方のエージェントに転職相談をすればOKです。

STEP2.転職エージェントと面談

転職エージェントに登録した後数日以内に電話がかかってくるので、転職エージェントと面談の日程調整を行いましょう。

そして転職エージェントと面談を行い、あなたの状況をヒアリングしてもらいます。

「今の会社を辞めようか悩んでいる」「今すぐに転職をするつもりはないが、実際このままの現状でいいか分からない」「VR業界は未経験でも大丈夫か?」「もっと給料を上げたい」などあなたの不安や希望を転職エージェントに伝えます。

そのヒアリング内容を元に転職エージェントが求人を紹介してくれるようになります。

STEP3.自己分析&業界分析をする

求人を紹介してもらっている間に、自己分析や業界分析を行いましょう。

自己分析は、あなたの長所や短所を考えてあなたが将来どんな仕事をしたいか考えることです。

業界分析は、世の中にある業界を調べ、この業界は面白そうだな、伸びそうだなと興味を持って調べることです。

自己分析や業界分析を通じて、あなたの転職の軸が段々と定まってくるはずです。

しっかりとここで将来について考えることで、あなたの転職がうまくいくかいかないかが決まります。

自己分析のツールでは、グッドポイント診断がオススメです。10分ほどの診断であなたの強みが診断できるのでやったことがない人は今すぐにでも使ってみましょう。

\あなたの5つの強みが分かる/

今すぐグッドポイント診断をする

約10分で診断。しかも無料です…!

STEP4.求人に応募する

自己分析や業界分析をしている間に、転職エージェントから求人を紹介してもらえます。

その中に興味があった求人に応募してみましょう。

特にVR業界、AR業界、MR業界の求人はまだまだ少ないので、求人紹介があったらまず応募してみるという形で積極的に行動していくことをおすすめします。

その中で、営業職、事務職、エンジニア職など職種も検討する必要があるので、どの職種が良いのかということについてもしっかりと考えましょう。

STEP5.書類選考や面接を受ける

求人に応募したら書類選考や面接を受けることになります。

転職を既に経験している方は分かると思いますが、転職の初めての方は分からないことが多いと思うので、分からないことがあったり、迷ったりしたら担当の転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは転職のプロなのでそういった相談にしっかりと乗ってくれます。

履歴書や職務経歴書の添削や面接の対策などもしてくれますよ。

STEP6.内定と退職の手続き

最終的に内定が決まってその企業に転職したいと思った場合退職の手続きをし始めます。

次の職場でいつ働くかということについては、転職エージェントが調整してくれます。

また給与交渉なども転職エージェントに頼めばお願いすることが可能です。

また退職を言い出しづらいという場合は、退職代行サービスというのもあります。EXITかSARABAがおすすめですね。

退職代行サービス EXIT SARABA 比較退職代行サービスのEXITとSARABAどっちを使えばよいか比較してみた

内定をもらい、退職の手続きが終われば転職完了です。

次の職場で働くことが出来ます。

 

このような流れで異業種からVR業界、AR業界、MR業界に転職することが可能です。

そもそもVR・AR・MR業界とは??

そもそもVR業界、AR業界、MR業界って何?将来性はどうなの?とか思う方もいると思うので、簡単に業界の説明をします。

VR業界とは

VR業界と言うのは、VR(Virtual Reality:バーチャルリアリティ)というコンピュータ上で現実に似せた仮想世界を作り出し、あたかもそこにいるかのような感覚を再現できる技術に関する業界のことです。

日本語では、VRは仮想現実のことです。または人工現実感とも言われています。

VRゴーグルって高いのかな?って思っていたらめちゃくちゃ安いんですよね。

私は数1000円で買いました。自宅での利用が勿論可能なので、VRに興味を持った方は一度使ってみてもよいと思いますね。いかがわしいビデオも立体的に見ることが出来ます(笑)。

VR業界の今後はさらに伸びていくと予想されます。

VRに使用するデバイスは、さらに低価格化、高性能化されていき、世の中に浸透していくと予想されています。

VRを扱っている大手としては、

  • 株式会社ハコスコ
  • ソニー株式会社
  • 株式会社リコー
  • 株式会社カヤック
  • 株式会社コロプラ
  • 株式会社スクウェア・エニックス
  • サイバネットシステム株式会社
  • 株式会社ソリッドレイ研究所
  • 株式会社ダズル
  • ナーブ株式会社
  • クラスター株式会社
  • Niantic(ナイアンティック)
  • Google

等があります。

AR業界とは

AR業界というのは、AR(Augmented Reality:オーグメンテッドリアリティ)現実世界にデジタル情報を付与して、CGなどで作った仮想現実を現実世界に拡張(反映)するものを扱った業界のことです。

日本語では、ARは拡張現実のことです。

VRは、もう一つの世界、空間を作り出しますが、ARは現実世界とCGを合わせて新しい世界を作り出すイメージですね。

ARで一番有名なのが、Pokémon GO(ポケモンGO)ですね。

一時社会現象になりましたね。愛知県の鶴舞公園の噴水がモンスターボールの形に見えるということで、聖地とも呼ばれて連日人が集まりました。

スマートフォンの位置情報を利用することで、スマートフォンの画面に現実の風景と仮想のポケモンを映し出し、まるでそこにポケモンがいるかのような錯覚を生み出します。

AR業界は今後も伸びていくと予想されます。

AR業界はいろんな業界に密接に絡んでいます。

  • ゲーム
  • カードゲーム
  • 伝統芸能
  • 美術鑑賞
  • スポーツ
  • スポーツ観戦
  • 観光
  • 地図・ナビ
  • 広告
  • 物流
  • ショッピング
  • 技能訓練
  • 医療
  • 建設
  • 製造
  • シュミレーション
  • 教育

ここであげたような業界とは密接に絡んでいます。コンタクトレンズ型のARも開発されているようですし、そのように技術発展が起きれば日常生活で当たり前のようにARを使えるようになると思いますね。

ARでモデルのいないファッションショーとか行われるあたり世の中変わりすぎだなって思います。下記参考にどうぞ。

参考 ARでモデルのいないファッションショー、イランで開催MoguLive

MR業界とは

MR業界というのは、MR(Mixed Reality:ミックスドリアリティ)仮想世界と現実世界を融合させるものを扱った業界のことです。

日本語では、MRは複合現実のことです。

VRとARの上位版とも言われており、仮想世界と現実世界を合体させるというまさに夢のような技術です。

MRゴーグルなども開発されており、今後VRやARの技術が伸びていくにつれ、MR業界も伸びていくと予想されます。

まだまだVR、ARの技術が発展している段階なので、MRを扱っている企業は少ないですが、今後増えていくことになるでしょう。

SR・XRというものもある

ここまでVR業界、AR業界、MR業界について説明しましたが、SR、XRというものも最近注目されています。

発展途上なので取り扱っているところが少ないです。

どういうものなのか簡単な説明をします。

SRとは

SRというのは、SR(Substitutional Reality:サブスティチューリアリティ)は、現在見えている映像に事前に撮っておいた過去の映像を重ねることで過去に起こったことを現在進行で起きているように見せる技術のことです。

日本語では、SRは代替現実のことです。

この技術が発展していったらすごいですよね。

現実と過去をさかのぼりその境界をあいまいにして、まるでその体験者が主観が見ている現実を操作します。

これ過去の映像ということですが、この映像を想像の世界に変えたりできたら本当に何でもできるような感覚を味わうことが将来できるようになるかもしれないですね。

想像するのが怖いですが、家でSRゴーグルをつけて、ずっと代替現実を見ながら、食事の時だけSRゴーグルを取るというような恐ろしい世界が今後待ち受けているかもしれないです。

XRとは

XRとは、VR、AR、MR、XRの技術の総称です。

XR技術と書かれている場合、VR・AR・MR・SRの全てを指していることになります。未来は本当に予測できないですね。

Vtuber業界もあわせて発展していく

このように、VR、AR、MR、SRなどの技術が発展していくうちに、Vtuber業界も発展していきます。

Vtuberは、3Dモデルのキャラクターが、youtube等の動画配信するサービスで動画配信を行う動画配信者のことです。

配信者の動きや声によって、キャラクターが自在に動くという画期的なシステムです。

現在、ドワンゴ、グリー、サイバーエージェントなどがVtuber関連事業をスタートするとも言われており、youtuber同様、Vtuberという職業も生まれることになると予想されます。

Vtuber業界も今後伸びると予想されているので、IT企業各社が人材確保を求めています。

Vtuber関連事業をやってみたいという方が転職する場合も転職エージェントがオススメです。

下記から転職エージェントは登録可能です。

転職エージェント業界第一位!

今すぐリクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

\面談日を決めましょう/

今すぐdodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

Vtuberの先駆者と言われているVtuberは、キズナアイというVtuberです。

【自己紹介】はじめまして!キズナアイですლ(´ڡ`ლ)

動きがすごいですね。

他にもミライアカリ、電脳少女シロ、バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん、輝夜月などいろんなVtuberがいるみたいなので、興味がある人はyoutubeでググってみてください。

仮想現実は将来本当に高品質になる

ここまでVR、AR、MRについての説明を簡単にしましたが、仮想現実は将来本当に高品質になると予想されます。

本当の現実と区別がつかないほど高品質になれば、本当に世の中の生き方自体を変えてしまうほどの大きな影響を与えるでしょう。

富士通総研でVR、ARに今参入する意義と言う記事があったので、興味がある人は下記からお読みください。

参考 VR/ARに今、参入する意義 ―20年後の勝者になるために―富士通総研

人の認識を変えて行動を変える可能性がある業界なので、ここから生み出される新しい価値は計り知れないです。

あなたが今の会社の将来性が不安でどうしようか悩んでいるとしたら、一度転職エージェントに相談してみましょう。悩んでいるときは相談すればどうすればいいか解決します。下記に理由を説明しています。

転職するかしないか 相談転職するかしないか迷ったら相談すれば全部解決する理由4選

伸びない業界で働くより伸びる業界に移動する方が良い

あなたが働いている業界は今後伸びる業界でしょうか?

それとも伸びていない業界でしょうか?

この世の中だから言えますが、伸びない業界で働くより伸びる業界で働くほうが良いです。

伸びている業界には、どんどん企業が参入しますし、利益率も高い傾向があります。ベンチャー企業などは特にその傾向が分かりやすいと思います。

今伸びている業界に飛び込むのはある意味勇気がいることですが、成熟しきっている市場って大きな利益って見込めないんです。

人が参入していないからこそ希少価値があり、先行者利益を獲得できるのです。

今後は転職が当たり前の時代になっていくと予想されるので、自分の業界が危うい時に動けない腰の重い存在になる前に、フットワークの軽い人材になっておいたほうが、いざ職場で何か起きた時に臨機応変に対応しやすいです。

一度そういう風に新しいことに飛び込むことを経験しておくとその先の人生でも同じような場面に遭遇したときに柔軟に対応できます。

「自分の業界が傾いたときに動ける自分になる」という意味で異業種の転職を経験しておくのは人生においてプラスになります。

もちろん基本的なコミュニケーション力は仕事を通じて常に磨いておくことをおすすめします。基本的な仕事の能力があれば職場を変わったとしても対応できます。

伸びる業界で働くと、進歩の早さに驚くと思いますよ。刺激をたくさん受けながら働くことが出来ます。

やりがいを見つけることが大切

今の世の中って、この企業に勤めることが正解ということを見つけることは難しいです。

何故なら仕事は今後どんどんなくなっていき、新しい仕事が生まれる世の中になるからです。

下記記事にも書いてある通り、AIによって2040年には今の仕事の65%なくなると言われています。

AI 消える職業AIで消える職業まとめと考察【この時代で必要な3つの要素】

一生安全な仕事なんてないんです。

一生安泰な仕事を探そうとしても、見つからないというのが現実です。

そういう世の中では、

  • 今の仕事がなくなっても次の仕事を探せる自分になる
  • 仕事ではやりがいを大切にする

このようなことが重要になります。

つまりお金よりも幸福度が重要な時代になるといえるでしょう。

やりがいがないまま一生働く人、やりがいをみつけて働ける人の幸福度の差は歴然です。

やりがいを見つけることが重要になってくるといえるでしょう。

やりがいを見つけるためには動くしかない

そしてやりがいを見つけるためには動くしかないです。

現状維持で新しい発見をすることって難しいです。

新しい発見をするためには行動をするしかありません。

新しい発見をするために考える人もいますが、考えるだけだとなかなか新しい発想って思いつかないです。

行動して新しいものに触れることによって新しい気づきがあり新しい価値観が生まれます。

だからもしあなたが仕事のやりがいを見つけたいと考えているなら、考えるのではなくて行動するしかないです。

私自身、人生で新しい発見をしたのはすべて新しい行動をしたからです。

行動することによって、新しい楽しさが見つかることは本当に嬉しいです。

仕事でやりがいを見つけたい場合は、まず一歩行動してみてはいかがでしょうか。

行動しなければ人生なんて一生変わらないですよ。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

今すぐリクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

今すぐdodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

退職を言い出せないという方には退職代行サービスというものがあるので下記記事を参考にしてください。

退職代行サービス EXIT SARABA 比較退職代行サービスのEXITとSARABAどっちを使えばよいか比較してみた

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。