ゆとり世代はこれからどう生きていくべき?【真面目に考える】

ゆとり世代 どう生きていくべきか

ゆとり世代はこれからどう生きていくべきでしょうか。

ゆとり世代は何歳から何歳までか?と気になる人も多いと思いますが、ゆとり世代と言われているのは、1987年生まれ~2004年生まれが主に該当します。

特に1987年生まれ~1996年生まれはゆとり教育の学習内容を濃く受けたので、1987年~1996年生まれ(10年間)をゆとり世代と指す場合もあります。

ゆとり世代ってかなり不利なんですよね。実は。

そういう私もゆとり世代です。

今回の記事を読めば、

  • ゆとり教育の失敗
  • ゆとり世代の将来
  • ゆとり世代はどう生きていくべきか

ゆとり教育は失敗だった

ゆとり教育は失敗だったと言われています。

ゆとり教育の問題点として、良く挙げられるのが「学力低下」です。

算数などの時間を減らしたりすることだけでなく、通知表の評価を個人ごとにとる絶対評価に変えたことも学力低下を招いたともいえます。

そしてゆとり教育を受けた若者は社会人になってから、「仕事をすぐに辞めてしまう」「コミュニケーション力が低い」「言われたことしかしない」など社会的評価も低いです。

でもそれは時代の流れとして仕方がなかった可能性もあり、ゆとり教育だけのせいではないと思います。

SNSでいくらでも人と繋がれるし、ネットで情報も収集できるようになってきているので、たまたまゆとり世代が社会人になってから、上の年齢の社会人が扱えなくなってきたのを「ゆとり世代だから」と決めつけているからにすぎないかもしれません。

他の世代よりも頑張らないとできる世代の板挟みに

ですが、ゆとり世代として危機感を持たないといけないのは、自分より少し上の世代と下の世代はゆとり教育ではなく脱ゆとり教育を受けた世代であるということです。

目標設定とかどういう風に生きていくかなどの教育を受けてきて、難しい教育を受けている世代です。

特に下の世代で優秀な世代がやってくるのは、恐怖です。

年齢が自分たちよりも若い世代でも、学生時代に勉強してきた世代が社会人になってくるのです。

2020年に大卒で脱ゆとりをしている世代が入社してくる時代がやってきます。

能力が高い世代がきてゆとり世代の後輩になる時代が来るんです。

そうなった時、ゆとり世代は、他の世代より頑張らないと優秀な世代の板挟みになることが予想されます。

「なんで自分はこんなに仕事ができないんだ」

「上司にもよく怒られるし、後輩の方が仕事が早い」

こういう悩みを抱えることになります。

自分を高めていくか、ほどほどで妥協するか

そのような中でゆとり世代が選べる道っていうのは、恐らく下記の二つになると思います。

  • 自分を高めていくか
  • ほどほどで妥協するか

自分を高めていく

ゆとり世代がこれからどうやって生きるかということを考えた時に、自分を高めていくという選択をとる方法があります。

自分が他の世代よりもしっかりとした教育を受けられていないということを自覚して、自分を高めていくというのが大切です。

何に重きを置くかにもよりますが、仕事を充実させる、趣味を充実させるなど何かしらに取り組んで経験を積んでいきます。

経験を通じて、成功体験や失敗体験をしてPDCAを繰り返していくことで、どういうことをするのが向いているのか自覚することが出来ます。

自らがまだまだであるということを自覚して一生懸命頑張るということが非常に大切なのではないでしょうか。

自分を高めていくという分野では社会人だと仕事は切っても切り離せないものになると思います。

高卒であれば、18歳から働きますし、大卒であれば、22歳から働きます。

仕事を通じてどういう風になりたいかということが大切です。

仕事でやりがいを見つけたいのか、専門スキルを身につけてどこかの分野で頼られるようになりたいのか、色んな仕事を経験してゼネラリストとして生きていきたいのか。

転職を考えるなら、転職サイトの利用がオススメです。

転職サイト人気No1!

今すぐリクナビNEXTで求人を探す

5分で登録。しかも無料です…!

ほどほどで妥協するか

ゆとり世代がこれからどうやって生きるかということを考えた時に、ほどほどで妥協するかという選択をとる方法があります。

要はそこまで頑張りすぎないということです。

人生楽しんだもん勝ちということを考えて今を精一杯楽しむということです。

仕事をいくら頑張ったところで、なかなか結果を出すことが出来ないのであれば、仕事は割り切って、生きるために労働力を提供する場所と考えます。

生活費や貯金に少し回せる金額くらい稼ぐことが出来ればよいと考えることで、精神的に楽です。

どんなに頑張ったとしても、周りの世代が優秀すぎるので、勝てないと割り切ります。

結論 色んな生き方がある

今の時代、こう生きなければいけないというものはありません。

確かに、将来は不安だから、貯金をしないといけない、もっと仕事を頑張らないといけないというのは正論だとは思います。

多様性が生まれていて、色んな生き方を選択できる時代になっています。

何を重視するかが大切です。

経済面を意識するか、家庭生活面を意識するべきなのか、健康を意識するべきなのか、それぞれ大切にしているものは違うはずです。

ゆっくり暇な時に求人を見ておきましょう

転職サイト リクナビNEXT

私は転職する前は、転職サイトを使って求人情報を調べていました。

元々転職するつもりはそこまでありませんでしたが、将来のためにいろいろな業界に興味を持っておいたほうがいいという気持ちがあったので登録しました。

もしあなたが転職をを今すぐすると考えていないとしても転職サイトは登録しておいたほうがいいです。

何故ならストレスや疲労が限界に達すると、転職サイトに登録する気力すらなくなるからです。たった5分で登録できる転職サイトですら登録出来ない程、精神的に追い込まれてしまう状態に陥る可能性もあります。

もし仮に転職サイトに登録して、空いている暇な時間に、気になるなと思う求人があった時にお気に入りにして求人情報を保存しておくだけでも、「転職という選択肢」を持つことが出来ます。

そうすれば、過労で倒れてしまうという限界に追い込まれる前に転職活動を始めることが出来ます。

転職サイトは登録が無料で、あなたの条件に合った新規の求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届いたりするので、今は転職が出来ないとしても登録しておくべきです。暇な時に見ておくと勉強になりますよ。

おすすめの転職サイトはリクナビNEXTです。

こちらに登録だけしておけば、転職という手札を持つことが出来ます。

面倒くさいと思って忘れないうちに登録をしておきましょう。基本的に今すぐ行動がベストです。

下記のボタンから登録できます。

転職サイト人気No1!

今すぐリクナビNEXTで求人を探す

5分で登録。しかも無料です…!

転職サイトの一覧については下記の記事に詳しくまとめているのでご参考にしてください。

転職サイト メリット デメリット転職サイトおすすめ一覧とメリット・デメリットまとめ。

また転職活動を本格的に始める場合は、転職サイトと一緒に転職エージェントを使うことをおすすめします。
リクルートエージェントとdodaの併用をおすすめしています。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

企業の口コミを調べるなら、キャリコネがオススメです。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

キャリコネ 嘘 使えないキャリコネはの口コミは嘘?使えないのか?危険性をチェック!