郵便局の仕事内容のきつい所まとめ。向いていないなら辞めておけ

郵便局 仕事内容 きつい

あなたが郵便局にどんなイメージがありますか?
年賀状をまとめて出すのに使うイメージですか?
ポストにはがきを入れたら郵便局の配達員が遠くまで届けてるイメージですか?

郵便局の実情はブラック企業です。今回は郵便局の仕事内容を説明しつつ、郵便局の仕事のきつい所をまとめます。

その後に郵便局の仕事の向き不向きと、郵便局の仕事の将来性、郵便局からの転職でおすすめの職種を紹介します。

郵便局の仕事内容のきつい所まとめ

郵便局の業務は、郵便、貯金、保険にわけられます。
それぞれ日本郵便株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社かんぽ生命保険が担当しています。

総合職の採用は少ないですが、地域基幹職や一般職の採用は多いです。

日本郵便の郵便の仕事

郵便局には、いくつかの業務があります。
郵便局は採用の段階でいくつかのコースが分かれています。

窓口コース

窓口のコースの仕事内容は、お客様から郵便物や荷物を預かって、配達担当の部署に引き渡すことをしています。また送りたい荷物などの相談にも乗ります。
朝はミーティングを行い情報共有し、営業後は郵便局の窓口は郵便局の顔なのでしっかりと笑顔で対応します。月に数回発売される記念切手の紹介やお中元やお歳暮のカタログなどの紹介もしたりします。閉店後は、伝票などもまとめて、引継ぎなどをして業務をおえます。

郵便局の窓口の仕事できついところはどんなことがあるでしょうか?

窓口の仕事のきついところ

  • 営業の仕事をやらされることになる
  • 切手収集家に消印の押し方で難癖を作れられることがある

窓口の仕事のきついところは、結局窓口として入社したのにもかかわらず営業の仕事をやらされることになるということです。
現在郵便局の財政状況は厳しく赤字体質なので、窓口業務だとしても、郵便や貯金や保険だけでなく、提携しているほかの企業の生命保険や損害保険、通信販売、変額年金、投資信などありとあらゆるノルマが与えられます。
営業目標を達成するという思いが強い上司がいるならば、営業ノルマが達成できないときつい言葉を浴びせられる場合もあります。俗にいうパワハラです。
職場内も赤字企業が故に殺伐とした雰囲気がしている局もあります。
営業ノルマが達成できないと自爆営業ということで、自分で年賀状を買ったりしないといけません。

また窓口の仕事のきついところは、郵便局特有のお得意様の中に切手収集家がいたりしますが、そういう人が消印の押し方にこだわり難癖をつけてくるということがあるということです。
切手マニアの人でこだわりが強い人の対応をするとそれだけで疲れます。

郵便局 窓口 辞めたい郵便局の窓口を辞めたい時の辞める方法まとめ【保存版】

郵便コース

郵便コースの仕事内容は、仕分け配達が主です。
仕分けの仕事のうち、定型の封書や小包などは機械を使って仕分けされますが、大型の定型外の郵便は手作業で仕分けされます。
スピードが命です。仕分け作業を一通り終えたら配達員がスムーズに荷物を運べるように箱に入れて台車に積みます。

仕分け作業のきつい所はどんなところでしょうか?

仕分けの仕事のきついところ

  • 立ちっぱなしで体力が必要

仕分けの仕事のきついところは何と言っても体力が必要な所です。この作業を勤務時間中永遠とし続けます。腰を壊す人も多いです。作業をこなしていかないと仕事が終わらないので一定の集中力も必要です。

 

配達の仕事は、朝駆け込みの依頼が来ていないかチェックした後、配送の準備を行います。
書留の受け取り、郵便物を道順に並べる作業、バイクの点検などを行い、配達に出発します。
午前中の配達が終わったら昼休憩をとり、その後また配達の準備を行い、同様の作業をして配達に行きます。

配達はただ郵便物をお客様に届けるだけでなく、年賀はがき、かもめーる、切手商品などの声掛けをしたりします。
そうやって配達業務を毎日繰り返していきます。

配達の仕事のきつい所はどんなところでしょうか??

配達の仕事のきつい所

  • 方向音痴だと本当に覚えられない
  • 雨の日も関係ない
  • 配達の仕事も結局営業

配達の仕事のきつい所には、まず方向音痴だと本当に覚えられないということが挙げられます。郵便局は人件費を極力削っているので、業務の効率化をはかるために、配達の業務も回れるギリギリの量を任されます。
従って効率が悪いと、回るのに時間がかかり戻るのが遅くなります。
なかなか慣れないという人は注意が必要です。

また配達の仕事のきつい所は、雨の日も関係ないということです。
配達は晴れの日でも雨の日でも雪の日でも関係なく行われます。
営業職で働いていても雨の日は出たくないと思う人も多いでしょうが、配達の仕事をする人は、郵便物を持って外に出ないといけません。書留など大事なものも雨に濡れないように運ばないといけないので大変です。

そして配達の仕事のきつい所は、結局営業の仕事をやらされることになるということです。
窓口の仕事と同様、チャンスがあれば、「年賀状いかがですか」「切手とかどうですか」と声掛けをしないといけません。
毎日のように行く企業に対して、毎日のように声掛けしていると、鬱陶しいと思わられて煙たがられる場合もあります。それでも営業しないといけないので声をかけ続けないといけないのがしんどいです。
配達では、配達の仕事だからあんまり人と話さなくていいと思っていたらギャップを感じることになります。

郵便局 配達員 辞めたい23歳の私が郵便局の配達員を辞めたい時に使った方法とは?

JP金融アドバイザーコース

金融アドバイザーコースの仕事内容は、金融渉外営業をするということが主になります。
金融渉外営業というのは、お客様の自宅に訪問し、さまざまな商品やサービスの提案をする仕事です。
保険関係では、かんぽ生命の保険や、提携先の他社の保険などを紹介したり、貯金関係では定期預金や定額預金の案内をしたり、通帳関係の手続きも行ったりします。
ひたすら電話でアポを取り毎日お客様を訪問して営業をかけることになります。

金融渉外営業のきつい所はどんなところでしょうか?

金融渉外営業の仕事のきつい所

  • 生命保険を中心にノルマが辛い
  • 残業代が出ない

金融渉外営業の仕事のきつい所は、まず生命保険を中心にノルマが辛いということです。
生命保険を中心に朝から晩までひたすら売り続けてノルマを達成しようとします。
目標の未達成は絶対に許されません。上司から鬼のような指導を受けることになるでしょう。
もちろん売れなければ自爆(自分で保険やサービスの購入)をしないといけないので、家族や配偶者、子供、友人、ありとあらゆる人脈を酷使して営業活動をさせられます。
それによって強烈なストレスを抱えてしまい、郵便局を辞める人や精神疾患者になってしまう人が続出し、離職率が高くて、いくら人材を採用しても人手不足の仕事です。

金融商品って普通、証券会社や保険会社で検討しますよね?
それを郵便局でやっても売れないのは明白です。それを金融渉外営業のせいにされて「お前が悪い」と言われたら精神的に参ってしまう人も続出するでしょう。

また金融渉外営業の仕事のきつい所は、残業代が出ないところです。残業をすると超過勤務手当になってしまうので、赤字の郵便局は決してそれを許しません。
時間は名目上出勤時間が遅い時間扱いになったりして、自主的に出勤して働いたという「ただ働き」をやらされることになります。

このような現状が、郵便局が超絶ブラック企業と言われる理由です。

郵便局はノルマが多くて超絶ブラックで辛い。ブラックさをまとめた。

ゆうちょ銀行の貯金の仕事

ゆうちょ銀行は、ゆうちょという貯金のサービスを提供しています。

ゆうちょ銀行は、窓口や渉外業務があります。

窓口

ゆうちょ銀行の窓口の仕事内容は、店舗に来店してもらったお客様の手続きを手伝うことが主です。
新規口座の開設や、現金の入出金や送金、外貨両替などの多くの業務があります。
定額定期預金の紹介なども行います。
ゆうちょ銀行の窓口の仕事のきつい所はどんなところでしょうか?

ゆうちょ銀行の窓口の仕事のきつい所

  • 迅速で正確な仕事が求められる

ゆうちょ銀行の窓口の仕事のきつい所は、お金の出し入れがあるので、やはり迅速かつ正確な仕事を求められる点です。
大雑把な人は向いていない場合もあると思います。
しかも正確な仕事を求められながらも、定額定期貯金などの紹介をしないといけないのは大変です。

渉外

ゆうちょ銀行の渉外の仕事内容は、お客様の自宅や勤務先に伺って、投資信託、変額年金保険、国債などの資産運用商品を提案していく仕事です。そのため毎日アポを取って、お客様の元に訪問し、今後のライフイベントをヒアリングしてそれに合わせた商品提案をしてきます。

ゆうちょ銀行の渉外のきつい所はどんなところでしょうか?

ゆうちょ銀行の渉外の仕事のきついところ

  • 投資信託などを売らないといけない

ゆうちょ銀行の渉外の仕事のきついところは、銀行業務なので当然といえば当然ですが、投資信託を訪問して販売しないといけません。ノルマがあり売らないといけないと考えて本当は良い商品だと思っていない商品を売らないといけない場合もあります。
これは金融系の仕事なら感じることかもしれないですが、良いと思ったものを売れないということに罪悪感を感じる人もいるでしょう。

かんぽ生命の保険の仕事

かんぽ生命の仕事内容は、代理店である郵便局に営業支援、事務指導を行います。また法人に対して、各種保険の商品を提案します。
郵便局は個人営業が多いのに対し、かんぽ生命は法人販売が多いです。

かんぽ生命の仕事のきつい所はどんなところでしょうか?

かんぽ生命の仕事のきつい所

  • 生命保険会社の中でも給料がかなり低い

かんぽ生命の仕事内容自体は、法人営業や事務職など多岐にわたっていて一概にまとめることは難しいですが、かんぽ生命全体に言えるのが、生命保険会社の同業他社に比べると給料が低いということです。
地方勤務だと特に年収が低くなります。
同じような仕事内容なのに、同業他社の方が給料が良いので、同業他社への転職を考える人も多いようです。

以上、郵便局の仕事内容のきつい所をまとめました。
いろいろなきつい所がありますが、郵便局はどんな人に向いていてどんな人に向いてないのでしょうか。

郵便局の仕事の向き不向き

郵便局の仕事はどんな人に向いていて、どんな人に向いていないのでしょうか??

郵便局が向いている人は下記のような人です。

  • 郵便局が営業体質の会社だと理解している人

これに尽きます。
郵便局の営業がここまでのものだったのかと入社して初めて知って郵便局を辞めていく人が非常に多いです。
郵便局の仕事をしっかりと理解したうえで入社しないと、入社後にノルマに追われて苦しむ人も多いです。

窓口でも配達でも渉外でも結局、生命保険や投資信託など様々な商品を売らされることになります。
つまりそれを理解しており、しっかりと営業をしてやろうという人は郵便局の仕事が向いているかもしれません。

 

逆に郵便局が向いていない人はどんな人でしょうか?

郵便局が向いていない人は下記のような人です。

  • 窓口が事務作業だと思っていた人
  • 配達が配達だと思っていた人
  • 人見知りの人

窓口が事務作業だと思っていた人は向いていません。一般職であれ同様です。
結局どの局でもノルマが課されます。もちろん局によりノルマに厳しい場所やノルマがそこまで厳しくない場所があります。

ですが、事務だけやると思っていた人は入社後のギャップがえげつないと思います。

配達が配達だと思っていた人も向いていません。
配達は慣れれば単純作業で楽だと思うかもしれませんが実際は年賀状や記念切手などの営業活動もしないといけません。
ただ配達していれば仕事が終わるわけではないので、アルバイトと違ってノルマがあるということは自覚して仕事に取り組まないといけません。

人見知りの人も郵便局に向いていません。
結局のどの業務でも、お客様に商品を売りまくらないといけないので、お客様と会話をすることが求められます。人見知りで全然話せないようではノルマを達成できません。
きつい毎日が待っています。
人見知りの場合は、他の企業の事務職を狙ったほうがノルマもなく良いと思います。

郵便局 生命保険 ノルマがきつい郵便局で生命保険のノルマがきつい。ノルマがない会社に転職したい。

郵便局の将来性

郵便局 将来性

はたして郵便局の将来はあるのかということについて考えたいと思います。
郵政民営化を機に、郵便局は民営化されました。

ゆうちょ銀行やかんぽ生命は、まだ何とかなりそうという声も上がっていますが、郵便事業は悲惨な状態です。

年賀状の発行数も年々減少しています。LINEやSNSによって今後ますます減っていくことでしょう。

給料も少ないのに郵便局員の自爆営業で郵便局員はさらに追い打ちをかけられます。

メディアでも郵便局のブラック企業さがどんどん露呈しています。
そのような状況下の中、しっかりと就活で調べる優秀な若手が入社してくるでしょうか。
現状では厳しいと感じます。

郵便局は元々国の運営であったので、公務員として働こうと入社した人が多かったはずです。
つまり公務員時代から勤めている上の世代が、一般企業の経営陣のように抜本的な改革を出来るはずはないのです。
一般企業であれば、出世をして経営陣に近づくにつれて、どういう風に企業を成長させるかを考えますが、公務員時代の郵便局員で郵便局をどう成長させようと考えていた人は少なかったはずです。

郵政民営化後に入社した世代が40、50になってはじめて、郵便局に抜本的な改革が行われる可能性が少し出てきます。

ですが、年々配達物が減少している中、どのように改革をしていくかは謎です。
そもそも改革できないかもしれません。

郵便局の仕分けや配達業務もAIによる仕分けの自動化や自動運転などでなくなるかもしれません。

郵便局の将来性は不確かなものであるといえるでしょう。

郵便局を辞めたい場合

もしあなたが郵便局で働いていて郵便局を辞めたいと思っているなら転職エージェントに相談しましょう。下記から5分あれば登録可能です。

・リクルートエージェント 公式サイト

私の友人の中に、郵便局で働いていてノルマを強いられてボロボロになった人がいます。
毎日ノルマに追われていたので転職を考える余裕もなく、毎日のように上司に怒鳴られ、自信を失い、自分が悪いと思うようになり、うつ病になって郵便局に行けなくなりました。

状態が悪化する前であれば、他の仕事に転職をすることもできますが、そうなってしまったあとだと、他の仕事をするのも難しくなります。

郵便局を辞めたいと思ったことがあるなら、後回しにせず今すぐ行動がベストです。
ノルマに憑りつかれると、思考回路がパンクして停止してしまいますよ。

郵便局からの転職でおすすめの職種3選

郵便局からの転職でおすすめの職種を紹介します。

転職の際は、業界も大事ですが、肝になるのは職種選びです。

職種によって今後のキャリアプランが作られていきます。

郵便局からの転職でどのような職種が良いのでしょうか。

1.営業職

郵便局からの転職であれば営業職がオススメです。
郵便局の窓口、配達、渉外様々な仕事をしていたと思いますが、どの仕事も必ず金融商品などの営業をしていたはずです。

郵便局の営業の経験を生かした転職だと、営業職であれば以前の経験を生かすことが出来ます。

業界にもよりますが、郵便局で扱う商品より売りやすく感じると思いますよ。

2.事務職

郵便局の転職であれば他では事務職がオススメです。

元々、事務の仕事がしたかった、人見知りだけど全然イメージと違ったという場合は事務職への転職を目指してもよいと思います。

事務職であれば、ノルマは全くありませんし、日々の業務を淡々とこなしていくことのみを求められます。プレッシャーを感じることもなくなるはずです。

3.技術職

郵便局の転職であれば技術職などもオススメです。

先行きが不透明なこの時代でやっぱり手に職をつけたいと思う人もいると思います。

その中で技術職に転職してスキルを磨けば、将来何かあった時もスキルがあるから転職先を見つけることも可能になります。

現在はCad等のお仕事も人手不足らしいので技術を身に着けたいと感じている人にはオススメですよ。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。