転職の勇気が出ない原因5選!本当の理由を突き止めよう!

転職 勇気が出ない 原因

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェント
リクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

転職の勇気が出ない。何が原因か分かりますか?

無理無理、転職なんて自分になんて無理と考えている人はいないでしょうか?

転職の勇気が出ないことは、普通に誰でもあることです。

ですが、転職したいなという気持ちがもやもやとある中で勇気が出ないという理由だけで足踏みしているのは勿体ないです。

どうして転職活動に勇気が出ず、あと一歩が踏み出せないのでしょうか?

それは、現状を捨てる不安です。そして未来が見えない不安です。

不安があればあるほど、人は前へ進めなくなります。

例えば、真っ暗闇の世界に放り込まれたとしますよね。
周りに何があるか分からない。
一歩前へ進むと高い壁にぶつかるかもしれない。
もしかしたら、一歩進むとそこは崖で落ちていってしまうかもしれない。
どうすればいいか分からないですよね。
先が見えないと人は動けなくなります。

戦場での戦士もそうです。
そこは地雷のたくさん埋められた地帯。
一歩足を踏み出せば、地雷が爆発して、木端微塵に吹き飛ぶかもしれません。
ですが、動かなければ、兵士は餓死してしまいます。
勇気を出して踏み出していかないと生きることはできないのです。

転職活動も同じです。
進んだ先があっているかは誰にもわからない。本当に正しい道は分からない。
だけど、動かなければ現状を変えることが出来ません。
「現状を維持するか、勇気を出して次への可能性に賭けるか」どちらかしかないのです。

今日は、転職の勇気の出ない原因について考察します。

転職の勇気が出ない原因5選

原因1 現状の職場よりいい環境が見つかるのだろうかという不安

転職 勇気が出ない 不安

転職の勇気が出ない原因の1つ目は、現状の職場よりいい環境が見つかるのだろうかという不安です。

現状の職場より本当に良い環境が見つけられるのかと考えた時に、人は今の職場の良いところを探し、「今の職場も良いところあるよなあ」と正当化します。

正当化する人は、なぜ今の職場を正当化するかというと、職場を変えない理由を探す方が簡単だからです。職場を変えない理由を見つければ、現状維持が出来、「このままでいいんだ」と考えることが出来ます。
現状維持の方が心理的には楽なんです。人は現状維持を好みます。

あなたがブラック企業の社員だとすれば、毎日残業でこの生活がこのまま続いても先が見えないと考えるかもしれません。
ただ、転職先が今の職場よりブラック企業でないかどうかは、100%の保証がないわけです。

転職前には、転職先の企業の内部事情などなかなかすべては分からないので、入ってからじゃないとわからないところがやっぱりあります。

最初から、ここは相当ブラック企業だぞと覚悟して入った人というのはそこまで多くはないはずです。入ってみて、段々残業が増えてきたぞと思い始めた人もいるはずです。

現状の職場よりさらに悪化してしまうのであれば、転職活動をしなければよかったと後悔するかもしれません。

ですが、一つ言えるのは、そんなことは誰にも分からないということです。
転職活動をする人は、必ず現在の職場よりもいい職場が見つかるのかという不安と戦います。

原因2 転職活動と現在の仕事を両立できるのだろうかという不安

転職 不安
転職の勇気が出ない原因の2つ目は、転職活動と現在の仕事を両立できるのかという不安です。

現在の仕事をしながら、転職活動をすることが果たして時間的にできるのかと悩むことです。
現在の仕事も忙しくて、ストレスもたまる。
疲れているので、家に帰宅した後は、風呂に入ってすぐに寝る、そんな生活を繰り返している自分がその状況にプラス転職活動ができるのかというところです。

あなたが、もし毎日仕事で土日も休みがないという地獄の日々を送っているのなら、本当に時間を作り出すのが難しいと感じるかもしれません。
ですが、ほとんどの人が、さすがに365日毎日働いているわけではないはずです。

そんなことがあれば企業が労働基準法に違反しています。

勿論、仕事をしながらの転職活動は大変です。
学生の時の就職活動と比べても時間が足りないと感じると思います。

転職活動をする理由が、今の仕事が忙しくてきついからという理由であれば、転職活動をさらに追加してこれ以上きつくなりたくないという心理が働くかもしれません。

ただ、今の仕事がさらに忙しくなった時、本当に転職活動が出来ない状態になってしまう可能性があります。

今ならきついけど転職活動できるかもくらいの時期に転職活動のスタートは切っておいたほうがいいのです。

原因3 採用が決まらなかったらどうするのだろうか?という不安

転職 決まらない 不安
転職の勇気が出ない原因の3つ目は、採用が決まらなかったらどうするのだろうか?という不安です。

仮に現在の仕事をやりながらではとてもじゃないけど転職活動をする時間がないという場合やストレスが溜まりすぎて今すぐ辞めてやると言って、現在の仕事をやめて、転職活動をする人もいます。

その場合、転職活動は貯金との戦いになります。

社会人でも、実家暮らしならまだ貯金はたまりやすいでしょう。それでも散在する人は、貯金通帳を見ると、「あれこれだけしかたまっていない。妹か誰かが使ったのかな」と思う人もいると思います。

仕事を辞めた場合でも、健康保険や国民年金や住民などのお金がかかってきます。
毎月の携帯代などもかかってくるでしょう。

一人暮らしであれば、なおさら、なかなか貯金がたまりません。

仕事を辞めてしまえば、迫りくる税金や家賃によって貯蓄が駆逐されます。

その時を想像すると、次の仕事が決まらなかったらどうしようという不安が生まれてくるはずです。

お金が底をついたら生活する事すらできません。

そうなってしまえば、バイトをしたりして生活資金を稼ぐ必要も出てきます。
そうなるとまた時間が無くなります。

そういうスパイラルを想像をすると不安がよぎり転職活動の勇気が出ない原因となります。

原因4 転職先で上手くやっていけるのだろうか?という不安

転職先 人間関係 不安
転職の勇気が出ない原因の4つ目は、転職先で上手くやっていけるのだろうか?という不安です。

現在の仕事内容に不満があるが、人間関係にはあまり不満がない、むしろ充実していると感じる人はこの部分を心配する人がいます。

現在の人間関係がいい場合、次の職場でもいいとは限らないと考えてしまいます。

確かに、転職先にどんな人がいるのかは未知数です。そういう将来の見えない部分は不安を作り出します。

また業種を変える場合、本当にその業種をやっていけるのかと考える人もいます。

営業職からエンジニアだったりとか、事務だったのが営業職になったりとか、違う職種につく場合は、転職先でうまく仕事をやっていけるのだろうかと不安になります。

また新入社員と違い中途採用になるので、同じ年の年齢の人との接し方複雑になるかもしれないと感じる人もいると思います。

現在は、以前よりも転職が活発化していますし、中途採用を行っている会社であれば、他にも中途採用で入社した社員がいるので、実際はそういう社員さんの仕事を見ながら次の職場になじんでいくというのがいいと思います。

原因5 今の職場に辞めることを言わなければならないという恐怖

転職活動 勇気が出ない 理由
転職の勇気が出ない原因の5つ目は、今の職場に辞めることを言わなければいけないという恐怖です。

会社の先輩がとてつもなく怖い、辞めるなんか言った瞬間、罵倒されそうと感じる場合、仕事を辞めるということを言いづらいです。
仕事が忙しすぎる、今辞めたら絶対困るという場合も、辞めるなんて言い出したら、「こんなに忙しいのに辞めるのか」と言われてしまうかもしれません。
今の会社に良くしてもらっている、先輩からは可愛がってもらっている、そういう時も辞めるということを言いづらいです。

会社を辞めると上司に辞表を出しに行く瞬間は決断したとしても勇気がいるものです。

上司を呼び出して、辞表を上司に渡す日は、本当に勇気を使います。

辞めると宣言するだけでも恐怖を感じ、勇気が出ないということも多いのです。

退職代行サービス 流行る理由退職代行サービスが流行る理由まとめ。使うか悩んでいる人へ

 

以上、転職の勇気が出ない原因5選をまとめました。

勇気が出ない原因を取り除かなければいつまでたっても転職はできません。

下記に転職する勇気が出ない時の対処法についてまとめてあります。

転職 勇気が出ない 対処法転職の勇気が出ない時の対処法7選!勇気を出すために大切なことはこれ!

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。