自動車業界オワコンの可能性。トヨタですら何が起きるか分からない

自動車業界 オワコン 可能性

自動車業界がオワコンの可能性が出てきています。

トヨタ自動車ですら何が起きるか分からないと言われています。

トヨタ自動車に関しては日本の正社員が多い会社NO1ですからね。非正規社員も合わせたら怖ろしい人数です。

ホンダ、デンソー、日産自動車、アイシン精機、日本の大企業の上位に自動車業界の企業が君臨しています。

今回の記事では

  • 自動車業界がオワコンの可能性がある理由
  • 自動車業界は安泰か?

について説明します。

自動車業界がオワコンの可能性がある理由

どうして自動車業界がオワコンの可能性があるのでしょうか。

自動車業界ヤバいヤバいと言われていますが、そこには4つの理由があると思います。

1.海外の企業が自動車を真似しているから

自動車業界がオワコンの可能性がある理由の1つ目は、海外の企業が自動車を真似しているからです。

海外も技術力が進歩して自動車をどんどん作り出しています。

世界の自動車業界の市場に対して供給量が増えれば、日本国内の自動車業界に影響が出ることが予想されます。

2.日本には自動車が普及しすぎたから

自動車業界がオワコンの可能性がある理由の2つ目は、日本には自動車が普及しすぎたからです。

戦後の時代は産業がこれから発展していくという時代だったので多くの自動車が製造されて販売されていましたが、現在自動車の普及はかなり広がってしまいました。

ここからは少子化により自動車を持っていないけど買う世代というのは少しずつ減ってしまう可能性があります。

3.電気自動車が流行ってきているから

自動車業界がオワコンの可能性がある理由の3つ目は、電気自動車が流行ってきているからです。

世界は現在猛烈な電気自動車(EV)化が進んでいて、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの開発は新規プロジェクトではほとんど行われない状態になっています。

電気自動車が流行ることによって、自動車部品のユニット化、モジュール化が進んでいくと言われています。

新しく部品を設計することなく、あらかじめ準備された製品、ユニットなどから適切なものを選んで組み合わせによって新しく自動車を作り出していくことになるのですが、大量生産が可能になり、自動車に使われる部品も少なくなっていきます。

自動車の生産性が向上することにより、今までリードしていた大手自動車メーカーからすると優位性を失ってしまうことになります。

4.AIによる自動運転化で事故が減るから

自動車業界がオワコンの可能性がある理由の4つ目は、AIによる自動運転化で事故が減るからです。

事故が減ってしまうということは車の修理などを行う回数が間違いなく減ります。壊れる回数も減ります。

そうなると自動車業界全体としては仕事がなくなってしまうということに繋がります。

丈夫になればなるほど、自動車の買い替えは少なくなりますし、AIによる自動運転化で自動車業界は大きな影響を受けるでしょう。

5.自動車のシェアリングエコノミーが流行るから

自動車業界がオワコンの可能性がある理由の5つ目は、自動車のシェアリングエコノミーが流行るからです。

シェアリングエコノミーというモノの共有の時代が近づいてきています。

タクシーのライドシェアとして成長したUber、今はUber eatsとしてもめちゃくちゃ流行ってますね。マクドナルドで良くアルバイトがマックを運んでいるのを見かけます。

Airbnbなどの民泊サービスなども流行っており、自動車の共有も近々始まるのではないかと言われています。

そうなると自動車を保有する人が減ってしまう可能性があるので、単純に自動車の売上が下がります。

 

以上が、自動車業界がオワコンの可能性がある理由です。

自動車業界は安泰なのか?

自動車業界は安泰なのか?と疑問を持つ人も多いかもしれないですが、正直な所一生安泰な業界を探すということは難しいです。

AIによってどれくらいの人の仕事がなくなるかっていうのは誰にもわからないです。

「自動車業界は安泰説」というのは、今現在も信じようと思ったら信じることは出来ると思います。

今後ますます世界でも色んな自動車が発明されていくと思うので、競争は激化していくと思いますが、自動車事態は私の生活にはなくてはならないかけがえのないものです。

今現在、自動車業界で働いていて、やりがいを感じながら働いている人はそこで一生頑張ろうという思いで続けて良いと思います。

どこの業界でも不安はつきものです。

自動車業界だけが状況がヤバくてオワコンの可能性があるわけではありません。

他の業界でもっとピンチな業界もあります。

自動車業界が安泰なのか?は不安になる気持ちもあると思いますが、自動車業界だけがヤバいわけではないので安心してください。

転職したいなら他の業界も調べておきましょう

もし自動車業界の人もそうでない人も自分の勤めている業界が危ないと感じているのであれば、早めに他の業界にはどんな求人があるかというのを調べておきましょう。

調べておくのと調べておかないのでは、将来何か起きた時に雲泥の差があります。

伸びる業界もあれば、衰退する業界もあれば、本当にいろいろな業界があります。

色んな業界事情を知っておくと、いざ転職するとなった時に動き出しが早くなります。

スマホで検索する癖を日ごろからつけておきましょう。

ゆっくり暇な時に求人を見ておきましょう

転職サイト リクナビNEXT

私は転職する前は、転職サイトを使って求人情報を調べていました。

元々転職するつもりはそこまでありませんでしたが、将来のためにいろいろな業界に興味を持っておいたほうがいいという気持ちがあったので登録しました。

もしあなたが転職をを今すぐすると考えていないとしても転職サイトは登録しておいたほうがいいです。

何故ならストレスや疲労が限界に達すると、転職サイトに登録する気力すらなくなるからです。たった5分で登録できる転職サイトですら登録出来ない程、精神的に追い込まれてしまう状態に陥る可能性もあります。

もし仮に転職サイトに登録して、空いている暇な時間に、気になるなと思う求人があった時にお気に入りにして求人情報を保存しておくだけでも、「転職という選択肢」を持つことが出来ます。

そうすれば、過労で倒れてしまうという限界に追い込まれる前に転職活動を始めることが出来ます。

転職サイトは登録が無料で、あなたの条件に合った新規の求人や転職可能なおすすめの求人がメールで届いたりするので、今は転職が出来ないとしても登録しておくべきです。暇な時に見ておくと勉強になりますよ。

おすすめの転職サイトはリクナビNEXTです。

こちらに登録だけしておけば、転職という手札を持つことが出来ます。

面倒くさいと思って忘れないうちに登録をしておきましょう。基本的に今すぐ行動がベストです。

下記のボタンから登録できます。

転職サイト人気No1!

今すぐリクナビNEXTで求人を探す

5分で登録。しかも無料です…!

転職サイトの一覧については下記の記事に詳しくまとめているのでご参考にしてください。

転職サイト メリット デメリット転職サイトおすすめ一覧とメリット・デメリットまとめ。

また転職活動を本格的に始める場合は、転職サイトと一緒に転職エージェントを使うことをおすすめします。
リクルートエージェントとdodaの併用をおすすめしています。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

企業の口コミを調べるなら、キャリコネがオススメです。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

キャリコネ 嘘 使えないキャリコネはの口コミは嘘?使えないのか?危険性をチェック!